2018年05月

ザ・広告

2018年05月27日

広告業界、二大大手代理店トップ対談と「時代の空気」新聞広告100選


広告とはなんぞや。
新しい価値を発見してもらうこと。
人の心を動かし商品を動かすこと。


広告のこれから、どうなるか?
ビッグデータを活用、レベルの高いサービスを提供する。
広告業界の社会的、存在価値をもう一度問い直す。


広告会社はどうあるべきか?
広告業界、広告会社はもっとポジティブに変わるべき。
広告は事業活動のプロセス、一つの役割を担うに徹する。


東京六本木で開催された「Advertising Week Asia 2018」で
初めて対談したメガ広告会社トップ二人の「ザ・広告」です。
まぁ、常識的な内容のトークショーでしたね。


広告は日本という社会の時代の空気を写している。
新聞ほど公正で信頼がおけるマスメディアはない。
企業広告に最適の媒体は新聞。新聞広告は広告の中心であるべき。


昨今、新聞広告に元気がない。
あえて、新聞広告だけ、見てみようではないか。とミエを切るのは・・・
40年間、新聞広告を仕事の中心に据えて数々の話題作を作り続けている・・
稀代のアートディレクター。


新聞広告が減少しているいま、新聞広告がこのまま無くなってしまうのか、
新聞から広告なくなれば、新聞もなくなるかも知れない。そうあってはならない。


広告が、生活者への幸福の手紙なら、ちゃんと効果のある
人の心に触れる表現だったら、新聞広告は復活する。ハズ・・・
企業と制作者の情熱で、新聞広告は蘇る。生かす殺すも表現しだいだ。
もう一度、紙の力で、クリエイティブの力で、新聞広告価値をたしかめたい・・
そんな心意気で新聞広告を見つめ直したい。

漢の滾る情熱をぶつけた・・副田高行がつくった新聞広告100選展が・・・・
横浜の日本新聞博物館(ニュースパーク)で開催されている。
メガ代理店のトップの広告論も良いが・・・・
新聞広告に見る「ザ・広告」展です。7月1日まで・・行かねばならないて。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年05月27日 05:50 | コメント (0)


無限の幸福

2018年05月26日

宮城県、石巻に女神が舞い降りたようです。


今年は天候不順っていうのでしょうか。
爽やかな薫風が吹き、抜けるような五月晴れだと思ったら、
いきなりみぞれが降り、翌日は真夏日になったりだったのですが。


でも、ふるさとの山並みには若葉が繁り、清流長良川には稚鮎が踊る。
5月は五月です。「目に青葉 山ほととぎす 初鰹」・・・
大自然の偉大な巡りに感謝するしかありませんね。


私の愛読紙、石巻日日新聞からクローバーの話です。
石巻の小学校4年生の女児が「女神」ではないかと・・・
彼女、花言葉で「財運」「経済的繁栄」そう呼ばれている「五つ葉」の
クローバーをいっぺんに3本も見つけのです。


見つければ幸運が訪れると言われる・・・四つ葉のクローバー
花言葉「Good luck」「Be mine」・・見つける確立は10万分の1だそうですが。
100万分の1とも言われる奇跡の「五つ葉」のクローバーを・・・地元では彼女を「女神」だと。


因みにですが。クローバーって、どこにも群生していますが、
ヨーロッパが原産地、江戸時代、オランダから輸入したガラス器の梱包に
詰め物としてクローバーが使われ、それが野生化。当時は「詰草」と言われていたそうな。


ヨーロッパでは四つ葉のクローバーは十字架に見えるので「幸運の印」とされ、
トランプのスートの一つにも付けられた・・・
如何にもヨーロッパ的ですが、四つ葉や五つ葉だけが幸運の証ではない。


そもそもが縁起の良い草で、普通の「三っ葉」が父と子そして聖霊の
三位一体をあわす聖なる草の意味を持ち・・・
一つ葉・・・困難に打ち勝つ。開拓精神の象徴。
二つ葉・・・平和、調和を意味し、
三つ葉・・・愛、希望、信仰の花言葉を持つ。


逆に、6つ葉もあり、1600万分の1で見つけると「地位と名声」が得られると。
七つ葉に至っては2億5千万分の1で「無限の幸福」をもたらすと言う。
石巻の女神が、持ち前の探察力で「七つ葉」のクローバーを見つけ・・
地域に「無限の幸運」を呼び込んくれればと、石巻日日新聞は伝える。


爽やかな5月の風吹かれ・・クローバーを探すのも良いかも。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年05月26日 05:26 | コメント (0)


和暦

2018年05月25日

中途半端な判断は国民生活をかえって混乱させるのではないか?


来年の4月30日、天皇陛下が退位され、5月1日、新天皇が即位・・元号が変わる。
政府は、4月1日に新元号の公表を前提として準備を始めると発表。
公表予定を早めに発表することで国民生活の混乱を回避したいと目論む。


なぜ、改元発表が一ヶ月前なのか?議論が巻き起こっている。
政府、自治体、行政は原則「和暦」を慣例として使用している。
改元でシステム障害が起きないようにする準備期間は1ヶ月あればなんとかなる。
国民生活の混乱は最小限で済みそうである。そんな配慮からだそうな。


更に、万が一行政関係の証明書などに旧元号を使わざるを得ない場合は
証明書を修正印で修正良し。平成と明記しても有効である文章を同封可。
希望者には新元号を表記した証明書に交換可。電子申請の申請画面に平成でも
有効だという注意書きを表示すれば認める・・・とした。


昭和天皇崩御の際、その日に新元号が発表され、翌日から施行された。
それでも何の混乱も起こりはしなかった。実に周到な準備をするものだと思う。
国民と寄り添うを心掛けてこられた天皇陛下の御心であろう。


明治の祖父、大正の父、昭和の私と子供、そして平成の孫たち・・・
私の思考回路には西暦よりも和暦が人生を織りなしているのだが・・・
新元号を即位から近づければ近づけるほど・・・・


東京都は「都民の混乱を防ぐための配慮が必要なものは西暦併記が望ましい」と
公文書切り替えに関する通知をだした。改元を契機に「和暦」が衰退し「西暦」化が
一気に進んでしまうのではないか。そんな心配をします。


「和暦」はこの国そのものであり、この国の文化です。
戦後、この国を自虐的に否定する人たちが、好んで使うのは西暦です。
新聞の一面・・・日付を見ればよくわかります。


新聞の日付は・・2018年(平成30年)5月24日と併記表示しますが、
第三種郵便物許可の表示になりますと、読売は昭和50年4月1日。
毎日も昭和25年2月1日。日経も明治25年3月29日と和暦で表示していますが・・
朝日新聞は1950年2月1日郵便物許可と西暦です。


改元発表に関する政府の配慮が、天皇陛下の退位に近くなればなるほど、
「和暦」という大切な日本の心を遠ざけるのではないかと危惧します。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年05月25日 05:32 | コメント (0)


目玉

2018年05月24日

連休で随分休んだんです。国会、会期内にしっかり議論して欲しいモノです。


会期末が見えてきて国会が慌しく動き始めました。
目玉法案、働き方改革、落ち着くところに落ち着き、可決の見通しです。
従来の働き方を時代にマッチした内容に変える・・・
なぜ・・・反対するのか首を傾げますが・・・

米国を除く11ヶ国による環太平洋経済連携協定(TPP)
「強引に発効するな」と野党が反発・・・担当大臣の不信任決議案を提出・・
採決することが確認されたのですが・・・なぜ、野党がTPPに反対するのか?
さっぱり理解できない。では、米国の思い通りにせよってことかな?


それと、カジノ法案。観光立国の目玉と目論む政府と、
ギャンブル依存症対策が不充分と反対する野党・・これほど議論が、
噛み合わないのも珍しい。


カジノ解禁法の採決で反対した公明党・・・
与党だからなのでしょうか、賛成するそうですが、一貫性がなさ過ぎる。
日本にはギャンブル依存症の患者は70万人いるそうです。


体験者によるとカジノの快感と喪失感はパチンコの比ではない。
金額に比例して脳が刺激され、やめられなくなるという。
新たな患者をつくること間違いない。慎重にすべきだと、朝日や毎日は主張する。


私もそう思う。ギャンブルで観光客を誘致する、その発想が気に入らない。
日本には、カジノのよりも、もっと素晴らしい観光資源が溢れている。
何もギャンブル場を目玉にすることはない。法案に反対です。
と申しても・・・通過するんでしょうねぇ・・・・Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年05月24日 06:16 | コメント (0)


クオータ制の導入を。

2018年05月23日

政治分野における男女共同参画推進法が成立。中途半端かな?


我が社の社員は520名。内女性が350名、68%です。(4月末)
広告会社では女性社員の比率が高いのではと思っています。


女性が活躍できる社会が求められていますが、
我が社では、ハッピーメディア、地域みっちゃく生活情報誌の
責任者は多くが女性です。女性が活躍してくれねば、成り立ちません。


国会で16日「政治分野における男女共同参画推進法」が成立しました。
法案の目的は男女が共同して参画する民主政治の発展に寄与すること。
基本原則は各種議員選において、政党その他の政治団体の候補者選定の自由、
立候補の自由を確保しつつ、男女の候補者の数ができる限り均等となることを目指して
行われるものとする。・・・・「できる限り均等」です。


国と地方自治体は基本原則が確実に実施される責務を負う。
政党、政治団体は男女の候補者数に目標を定め、自主的に取り組む努力をする。
国は国内外の実態調査や情報収集、提供を行う・・・としています。


朝日新聞は・・・成立を後押しした女性たちの記念写真を掲載、一面トップの扱い。
成立の意義を、男性中心の政界がやっと重い腰を上げた。
官僚のセクハラ問題、閣僚の心ない発言、少子化の深刻化、待機児童対策の
後回し、それらは女性議員の少なさと無関係ではないと主張・・…さらに・・・


法律は強制力のない「理念法」にとどまっているが全会派が一致した意味は大きい。
議会の男女比を均等にすることは女性だけのためではない。
性的少数者や障害のある人などにも政治参加の道を広げることになる。
と、朝日らしい視点で解説している。


基本原則は政党と政治団体に女性候補者を増やせと迫っている。
努力目標とはと申せ、ということは、国政で当選者が圧倒的に多い自民党が、
空白区を何人女性候補者にするか。既存の議員を押し退けてまで擁立できるか。
すべてはそこに掛かっているのではないでしょうか。


1730の市町村で352の議会が女性議員ゼロです。
さらに政党や団体の縛りが効かない無所属議員が圧倒的に多い。
地方自治体ではこの法律ではまったく機能しないことになる。


何事も一歩一歩ですが、それにしても、世界193ヶ国中・・・
女性議員割合順位158位を恥とするならば、クオータ制を導入することに踏み込まねば、
画期的とは言えないのではないでしょうか。中途半端の感は否めない。


この国がより豊かになるためには、女性議員の数が増えること・・が、
なんでもかんでも・・・そのせいだ・・・なんて朝日新聞的には思わないが、
そうならない一番の理由はこの国の体制が律令国家だからです。


今年の中央官僚、キャリア、女性の入省が3割を超しました。
もしも、官僚の男女比率で女性が50%を越せばこの国は確実に変わります。
議員の均等とどちらが早いか・・・そこが男女共同参画のポイントでしょうか。Goto

追伸
クオータ制・・・男女の候補者数の割合を法律で政党に義務付ける。
フランスでは男女の候補者数を半々にすることが決められている。


投稿者: 後藤 日時: 2018年05月23日 05:31 | コメント (0)


シニシズム

2018年05月22日

「良い」ジャーナリズムって、調査報道と検証報道?


さすがに朝日新聞と若干、皮肉を込めて紹介したい・・・
オピニオンのページに原則第3水曜に掲載される「メディア私評」(5/16付)・・
新聞6紙に目を通すのを日課とする私ですが・・・読みましたが難しい内容でした。


こんな書き出しです。
インターネット上には既存のメディアへの不満や不信、そして批判が溢れている。
それは現代社会のキーワードのひとつになっている。
(既存とは言ってません。ジャーナリズムやニューメディアと言ってますが)


彼らはソーシャルメディアの中で「評論家」となり・・ジャーナリズムを
格好の批判対象としている。だが、報道の裏や意図を積極的に読み解こうとする姿勢と、
ジャーナリズムの意義に対する無関心やシニシズムが奇妙に同居している・・・


私は匿名でのネット上の批判には・・例え真っ当な意見であっても懐疑的です。
傾向を分析する価値はありますが・・・


この私評の難解なところは・・・彼らには「どのようなジャーナリズムが
「良い」ものなのかが分かっていない」良いジャーナリズムを適切に評価する文化が
育たない状況ではジャーナリズムの努力でシニシズムや無関心の広がりに
歯止めを掛けることができない・・・


「良い」ジャーナリズムとは・・・(そんなものがあるのでしょうか?)調査報道である。
調査とはまだ知られていない出来事や争点を掘り起こし明るみにだす
ジャーナリズム手法である。調査報道は「勧善懲悪」のストーリーとして理解しやすい、
調査報道を「良い」ジャーナリズムの典型と評価する文化を広めるべき。


他にも「良い」ジャーナリズムがある。「検証報道」である。
過去の自社の報道や他社の報道を分析する「検証報道」は良いジャーナリズムである。
(良いとか悪いとかではない。そのような報道手法があるという話です)


最後に・・・デジタル化が進展する現代社会において、ニュース文化について
改めて理解を求める必要がある。(ネット上でメディアを批判する彼らになんでしょうか?
私にはそんな必要など全くないと思うのですが)
小欄では、これからニュース文化の現状について多角的に検討して行きたい・・と結ぶ。


カッコ内は私のブツブツですが・・・
私には難解というよりも全く何が言いたいのか理解不能な内容です。
それがです。この難解な私評が・・・えっ・・まだ続くのだそうです。
(朝日的なんでしょうか?)


シニシズムって知りませんでしたが、
道徳や習慣などを無視し万事に冷笑的に振る舞う態度・・をいうのだそうです。
私的には、この「メディア私評」こそがシニシズムではと思うのですが・・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年05月22日 05:41 | コメント (0)


全国不登校新聞・・創刊20周年を祝す。

2018年05月21日

ネットはリアルと融合してこそ、その役割を果たす時代です。


いつの世もそうなんでしょうねぇ。
次々に新たなモノが誕生し、古いものは色褪せてゆく・・メディアの世界もそうです。
取り分け、業界紙・・・時代が新聞というツールを必要としなくなったのか。
それとも、ネットに移行することでこと足りるのか・・・一抹の寂しさを覚えます。


でも、業界紙とは少し違うかも知れませんが、頑張っている新聞もあります。
今月で創刊20周年を迎える「不登校新聞」です。
ニートや引きこもり、不登校などが社会問題化した頃・・・
(今でも、鬱などと並んで重要な心の病です)


不登校の子や家族を支えようと、1998年5月、学校に行っていない子供や
その保護者たちでつくる市民団体が創刊・・・翌年からはNPO法人
「全国不登校新聞社」が月2回、タブロイド判で3100部発行。ウェブ版とも月額820円。


「学校に行けない僕のキモチ」「不登校だった私が母親になって」といった
不登校や引きこもりを経験した人たちの声を・・・不登校経験者たちが取材し、
発行されている。紙面には著名人の執筆も多く掲載され、相談先の紹介や、
不登校関連の書籍情報も取り上げている。(読売)


紙で発行するよりも、ウェブの方が手間も掛からずコスト易く済む
それに即効性もある。紙はやめた方が良いのでは、そんな声も聞こえますが、
同新聞は頑なに紙版を発行し続けています。


関係者に直接伺ったわけではありませんが。
ウェブの良さだけで・・合理性だけで・・紙面の意図が伝わるだろうか。
紙を無くしたら・・・「悩んでいる子どもたちの気持ちに寄り添う大切さが、
薄れてしまうのではないか」・・・情報の温もりが霧散するのではないか。
そんな読者の思いが、新聞を発行し続けている理由ではと思う。


昨今、ネットで本当に情報が伝わるのか。
ネットにはどこかよそよそしさが付き纏う・・
リアルと組み合わせ瞬時の情報とじっくり味わい思考する情報が、
情報の価値をより一層際立たせるのでは・・・そんな動きが顕著です。


新聞を古いメディアと申しませんが、
時代にマッチした読まれ方や価値が生まれていると思うのですが。
全国不登校新聞社・・創刊20周年をお祝い致します。頑張って下さい。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年05月21日 05:24 | コメント (0)


経常収支黒字

2018年05月20日

人は知ることを知って変化に対応することができる。


このブログの定番です。国際収支についてのコメントは。
なぜかと申しますと、この国の繁栄が維持できるかどうかは、
国際収支が黒字であることが最低の条件だと思っているからです。


国際収支とは・・・三つの収支から成り立っています。
企業の海外子会社などとの間の配当金や利子などの支払いや受け取り状況を示す「所得収支」
訪日外国人客の消費から日本人が海外で使ったお金から差し引いた「旅行収支」
そして、モノの輸出入の差し引きを示す「貿易収支」です。


2017年度。去年の4月から今年の3月までの国際収支は21兆7362億円の黒字。
リーマンショック前年の07年度(24兆3376億円以来・・10年ぶり。
統計を取るようになって、三番目の規模だそうだそうす。

取り分け、旅行収支の黒字額は、前年比47.5%増の1兆9325億円で
96年度以降で最高額を更新。観光立国をめざす成果です。
旅行を含むサービス収支全体の赤字額も56.4%減の6029億円と大幅に縮小、
18年度には初の黒字転換も視野に入りました。
その受け皿として全国の観光産業関係者の努力が着実に実っているといえます。


17年度・黒字は国家を上げて頑張った結果です。大いに喜びましょう。
国家を一軒の家、家庭だと考えてみて下さい。
支出よりも収入が多い家計は、衣食住を充実させ、子供の教育にも、
祖父母の福祉にも費用を掛けることができるではないですか。


私は、なぜ、メディアが国際収支が大幅な黒字を達成したことを・・
大々的に報じないのか疑問です。国民はその実態をしっかりと理解するべきです。
そして、国際収支の価値を理解して、外国人観光客を真摯にもてなすことの必要性や、
中東情勢が不安定になると石油などの原資価格が高騰し、貿易収支が赤字になること。
その結果、国際収支に影響を与え、日常生活に支障をきたすことを理解すべきです。


そんなことは、わかっている。あるいは理解しているとの前提で、そのことを・・・
報じないとするならば、それこそ、国力の低下を招きかねません。
この国は超高齢社会です、同時に成熟国家にならねばなりません。


成熟社会とは、国民一人ひとりが知るべきことは知っている社会です。
人は「知ることによって、変化することができる」からです。
国際収支の黒字化を素直に喜び、次に繋げたいものです。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年05月20日 06:08 | コメント (0)


連動広告を全国紙5紙に一斉掲載・・・

2018年05月19日

100周年企業の心意気を新聞広告の紙面で満喫、感動しました。


産経新聞も購読せねばいかんなぁ。
こんな大胆な発想の広告を久しぶりに見ました。
企業の心意気を感じます。


スポンサーは「ZOJIRUSHI」・・・主力商品象印魔法瓶誕生100周年記念の企画です。
何が大胆で凄い広告か申しますと・・・・
まず・・・5/10・全国紙5紙に見開き2ページの広告を掲載した。それも漫画で。
それだけでも、大胆なんですが・・・それが全紙・・広告内容が違うのです。(写真参照)


第1話は、日経新聞、像の目、象印百年物語、決意大阪の巻。
第2話は、読売新聞、希望のポットペリカンの巻。
第3話は、朝日新聞、情熱の電子ジャーの巻。
第5話は、毎日新聞、信念のみまもりホットラインの巻。(写真参照)
(4話は産経新聞に掲載、購読していない)


私は4紙購読しているので、全体が掴めましたが、
1紙しか購読していない人には・・・その広告しか分からない。
それでも、良いとの決断、心意気が潔い。


となると、なぜ、第1話日経で、第3話が朝日なのか。
どんな意図で、掲載内容と新聞を決めたのかが、気になる。
でも、広告をよく読んで見ると、全紙に共通な点がある・・
それがスポンサーの伝えたい思いなのだと分かる。


私が解説するのもおかしな話だが、広告を生業とする像の目ならぬ、
広告屋の目でこの広告を見ると・・・「暮らし見つめ暮らしを創る」の理念のもと、
「ものづくりに魔法はない」との信念でコツコツと暮らしに直結した商品を創ってきた。


100年、時代の移り変わりに恐れることなく、常にアイデアを駆使し、
暮らしを豊かにする商品を創り消費者の信頼を勝ち得る努力を惜しまなかった。
2001年に高齢社会を先取りした高齢者の「安否確認システム」付きの
ポットを開発するその発想は、未来へのチャレンジを続けるのが象印だと訴えている。
時代はIT社会、インターネットと魔法瓶を結び、IOT化積極果敢に進めている。
との企業姿勢とポリシーを。


そして、100周年を記念して、「かまどの大火力と炎のゆらぎで
お米が激しく舞い上がる・・・ふっくら感のある炊飯ジャー」を
7月21日に新発売しますと、新商品の告知・・・味わい深い広告です。


私は米をあまり食べませんが、象印の新商品炊飯ジャーで炊いたご飯・・
ひょっとしたら、私を虜にするかも知れない。
そうそう、その前に、こんな大胆な広告を打つスポンサーに敬意を表し、
産経新聞を購読せねばなるまいて。Goto

IMG_7554.JPG
5/10日本経済新聞
IMG_7555.JPG
5/10読売新聞
IMG_7556.JPG
5/10朝日新聞
IMG_7557.JPG
5/10毎日新聞

投稿者: 後藤 日時: 2018年05月19日 05:56 | コメント (0)


歯痒い・・・

2018年05月18日

スピード感溢れ、ダイナミックな展開を示す国際政治に・・・何とかならないか?


国内政治、わけがわからな理由で、国会がストップしていましたが、
元安倍首相の秘書官の参考人質疑が行われ・・何のためにやったのか
さっぱり理解不能ですが・・・兎にも角にも、振り上げた拳の落としどころとされ、
大型連休も終わったことですから、審議が再会されました。


風雲急を告げる国際情勢なのに・・「平和ボケ」以外に表現のしようがないですね。
四分五裂する野党、政治は数、民主主義の議決は数の力で決まるのです。
何が違うのかわからない分裂に歯痒いと言うより呆れます。


でも、私の経験では、何事もそうですが、強弱がはっきりしますと、
弱の側は・・それぞれが先鋭化して、ますます分裂していきます。
小異を捨てて大同につく・・・なんてことは難しいですね。

野党にお願いするのは、「モリカケ」でも「官僚批判」でも大切なことなので・・・
延々とやれば良いのですが、ダイナミックな動きを見せる国際情勢に対処するのは
国益であることを忘れないで欲しいということです。


米朝首脳会談が来月12日。シンガポールで開催されることに決定した。
北朝鮮はその前哨として拘束していた米国民3人を解放した。
そう聞くと、我が同胞、拉致被害者の解放はないのかと、歯痒い。
この機に乗じて、手を打つのが政治ではないのか。思わず叱責したくなる。


マレーシア・・・92歳のマハティール率いる野党連合が政権奪取した。
内情がどうなっているのか。新聞情報以上のことはわからないが。
25年ぶりに第7代首相についたマハティール氏、100日間で、前政権が決めた
全ての大規模公共案件を総点検をするそうです。このスピード感こそ、今の政治必要ではないか。
それにしても、90歳を過ぎてこのエネルギー、凄いですねぇ。


EUの情勢なんて、ピンと来ないかもしれないが。
仏大統領39歳。就任から1年。若さなんでしょうか。下院選挙でも大勝。
法案を通す体制が整うと同時に、やるわ、やるわ・・・凄いですよ。
「法人税33から25%に」「防衛費5割り増し」など20を超える改革断行。


切れ味鋭く「怠け者には負けない」と従業員の雇用、解雇を可能にする・・・
改革労働法を成立。終身雇用が保証されている雇用区分廃止、
若者兵役復活の公約実現にも意欲を見せている。


経済政策も家計の購買力を高めるため住民税の段階的な撤廃を決めるなど、
景気浮揚の施策も確実にススメている。
マクロン大統領の働き方、1日3から4時間の睡眠。昼夜を問わずメッセージを飛ばす。
エネルギッシュに仏メディアは「地獄のよう」と形容。
若いってことは素晴らしいですねぇ。

日本の政治にも若い力が台頭して欲しいのだが・・・
世界の名だたる指導者に備わっているのは・・・ずば抜けたスピード感ではないか。
日本政治の歯痒さの原因はスピード感がないことに尽きるのでは・・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年05月18日 05:29 | コメント (0)


梁の燕(うつばり)

2018年05月17日

忙しい日々でしょうが・・ふとひと息入れて回りに目をやりましょう。


愛鳥週間です。最近、早朝ウォーキングの途中・・・
数ヶ所で鳥が巣を作っているのに気付いた。
そこで、そうだ彼らたちに餌をと思い立ち、パンの切れ端を巣の周辺に
毎日撒くようにした。


冬の終わりから春に掛け、今も続けている。
そうするとどうでしょうか。今日この頃は、子育てに入ったのか・・・
子供が育ったのか、私が家を出るその音に気付き鳴き声が聞こえ周辺を飛び交う。


野鳥は用心深い。簡単には慣れないものだが、警戒心が薄い鳥たちなのか、
それとも、パンに釣られてなのか、私が人畜無害なのか。妙に鳥に気に入られている。
鳥といえば、毎年、我が社の駐車場にツバメが巣を掛ける。


昨年は、どんな事情なのかはわからないが、残念ながら・・・雛が孵ったが、
雛もろとも巣が落下。親鳥は途方にくれたが、二度チャレンジしたが、
雛を救うことができず・・・寂しい結果となった。


今年、飛来しても我が社では巣を作らないのではと、
思っていたのだが。杞憂に終わった。今年も巣を掛け卵を産みました。
ぜひ、孵化し雛を育てて欲しいと願います。
「梁の燕」(うつばりのツバメ)・・・申します。燕の愛情深さに学ぶことひとしおです。


ツバメの巣は家に幸運をもたらすとの俗諺は洋の東西を問わずあります。
「ツバメが巣を作るとその家は繁盛する」「ツバメの巣くわぬ年は火災あり」などと
申しますが、近年・・・そんなことにはお構いなく・・・
都会では衛生上の理由で、巣を取り外す家が多いそうです。


元来ツバメは害虫をたべてくれる益鳥です。
ツバメは人目のあるとこに巣を作ります。蛇やカラスなどの天敵から、
人間に守って貰おうとの知恵です。そんなツバメを追い払うなんて、
なんと人間は卑俗になったのでしょうか。


鳥と人間は古来より共存してきたのです。
昨今のカラスの過ぎたるには弱ったものですが、
先を急ぐ時でも・・・ふとひと息入れて回りを見渡して下さい。
そこには野鳥が、くんずほぐれつ、楽しく鳴いていますから。Goto



投稿者: 後藤 日時: 2018年05月17日 05:37 | コメント (0)


タケダにエール

2018年05月16日

グローバルにチャレンジする姿勢こそ、日本企業に必要ではないか。


私は高く評価したい。注目してみたい。
武田薬品工業が売上世界第22位・・難病治療薬に強いアイルランドの
製薬大手シャイアーを完全子会社化したことに・・・


その買収総額約6兆8000億円、日本最大規模であるが故に、全国紙各紙が一面を飾った。
経済案件の一面は珍しい朝日新聞までもがトップで掲載。
どの産業も・・日本市場が手詰まりな現状、海外に進出するのは必然。


ましてや、製薬の分野は世界規模で競争が激化している。
武田が世界ランキングトップテンに踊り出たことによる海外戦略。
難病薬を手にして世界で飛躍を遂げんとする歴代経営トップの執念。
私はタケダこそ、日本企業の範だと思う。ぜひ、この買収を成功に導いて頂きたい。


それにしても、新聞各社の論評。なぜ、バックアップできないのか。
どこか冷めていて、本質を外した詰まらぬ記事が多い。
朝日・・・タケダ、身の丈超す買収。過去の日本企業による海外企業の大型買収額の比較。
そんなランキングに何の意味があるのか。製薬業界の世界事情を解説すべき。


毎日・・・社運かけ挑む世界。負債6兆円重荷に・・・
そんなことは当然でしょう。むしろ経営者の決断をなぜ評価しないのか。
日本企業のチャレンジ精神ではないか。


読売・・・世界十指へ、武田の賭け。新薬開発10年、時間ごと買う。
読売はさすがに理解を示すのだが、 東芝や日本郵政、海外M&A巨額損失例多しと。
そんなこと敢えて言う必要があるのか?同列にはできまい。


日経・・・淡々と報じる。経済紙だけあって、社長のインタビュー記事が。
「買収1年で成果を見せる。グローバルで通用する強い製薬会社なる」と決意を。
リスクについても「製薬業界では大型買収が相次ぐ、タケダは短期的には
製品の種類や開発品目は増えるが、長期的にみて、他社に負けない独自の
研究開発力を備え、新薬のネタが継続的にでるような体制が維持できるか」と
疑問を投げるが、蛇足に過ぎない、過剰な解説であろう。


乾坤一擲。世界市場制覇を目論見、超大型の買収をしたタケダに敬意を表すとともに、
難病薬で、何としても世界人類のために、貢献できるグローバル企業になって頂きたい。
後に続く日本企業のためにも。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年05月16日 05:51 | コメント (0)


五月場所・・逸ノ城関かな。

2018年05月15日

働き方改革でゴルフ中継途中で打ち切り・・・色んなところに影響が・・・・


イカンイカン・・・大相撲5月場所が始まってしまった。
今月は連休明けからバタバタしていて、大相撲を観戦する余裕がない。
大相撲の優勝占いはブログの定番なのだが、失念した。


定番などとはおこがまし・・・占って当たった試しがないのだから・・
ただの大相撲好きなだけだ。でも、今場所は誰が優勝だい・・なんて、
冷やかしのコメントを頂くと、ついつい、その気になって占いたいのだが・・
なんせ、テレビ桟敷に座ってライブ観戦していないのだから占いようがない。


でも、今場所は関脇栃ノ心関の大関取り。先場所優勝で自信を取り戻した
横綱の鶴竜関、それに、先場所はハズれたが、関脇の逸ノ城関あたりが、
優勝争いに残るのではと思うのだが・・・どこかで時間を遣り繰りしたい。


新聞のスポーツ欄からの情報だが、7場所連続の休場、横綱稀勢の里関、
このまま引退するのではないか?そんな感じだね。
同部屋の大関高安関も休場のようだが枕を並べての休場とは寂しい。


これもスポーツ欄だが、ゴルフ、日本一のプロゴルファーを決める・・
日本プロ選手権・・50歳の谷口徹プロが若手プロを抑えてプレーオフを制した。
雄叫びを上げる谷口プロの写真に、年齢を超えたプロ魂と凄まじい精神力を感じる。


インタビューで若手に一言・・・「貪欲に」とのコメント。
6年前、プロアマ競技で一緒にラウンドして貰ったが、パターが本当に上手い。
ニアレスポイントを決め、それを信じ、パターの芯で打ちなさい・・・・

その際、入れるんだとの貪欲さが無ければ入らないですよと、教わった。
その後、彼からハガキが届き・・ニアレスポイント忘れずにと書いてあった。
心よりお祝い申し上げます。


そうそう、ゴルフ通から聞いたのだが。13日のテレビ放送・・
ライブ中継だったが、最終組18番ホールの2打目で時間切れ打ち切りになった。
メジャー第一線だからと折角ライブ中継したのに・・いいところで、
ぶった切るなんて、プロ野球中継みたいと怒りの声・・・日曜の遅い午後、
あのまま中継を続けてくれれば、日テレの株も上がったのに・・と残念がっていた。


テレビ離れが・・・進む昨今、中継を続ければ歯止めかかったが美談になるのに・・・
スポンサーと連絡を取るべき代理店の営業が休み・・働き方改革かな・・
それでは、ますますテレビの存在価値がなくなると思うのだが・・
で、大相撲の優勝占いは・・・体重が10キロ増えても動きの良い逸ノ城関です?Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年05月15日 06:05 | コメント (0)


つくりかえる

2018年05月14日

新元号と向き合うときです。早めに公表願います。


来年の話をすると鬼が笑うと申します。
どんな意味か。将来のことはわからないのだから、あれこれ言っても意味がない。
未来は予測不能です。それを決めつけるなんて鬼が笑う・・そんなことです。


鬼も笑わないのが、来年5月1日に元号が変わることです。
勿論、2020年、猛暑の東京五輪も決定です。鬼は笑いません。
むしろ、アスリートには来年が最終選考、今ここで頑張らねば・・・そんな来年でしょう。


日経が先陣を切り呼び掛けています。
年号が変わる・・・この機に乗じて、あらゆるモノを見直し、「つくりかえよう」と。
私もそう思います。来年2月に発表する新元号・・・決まっているなら・・・
もう少し早く発表した方が良いのでは・・・決定すれば、5月1日に向かって一斉に
様々なモノを「つくりかえる」ために動き出せるから・・・・

早い時期に公表すれば、天皇陛下在任中に関心が新天皇陛下に移るのではとの懸念が
自民党保守派に配慮してのことと言われていますが・・・
退位を示された天皇陛下のご意志をあまりにもないがしろにするモノではないかと。
思うのですが・・・天皇陛下はそんなこと・・・まったく。


元号は1979(昭和54)年法制化された「元号法」に基づき決定されます。
元号は中国発祥です。皇帝による「時間の支配」が根源です。
戦後、法制化が懸念されたのは、元号が天皇の権威と結びつけられ、
戦前回帰の機運が高まるのではとの不安からです。


そんな偏狭な声を払拭されたのは、現憲法下で初めて即位された現、天皇陛下です。
国民主権の憲法を重んじ、象徴として「国民に寄り添う」天皇像を
自ら作りあげてこられたからに尽きます。


昨今、一般社会では西暦を使うことが多くなりましたが、
官庁の公文書は元号使用が原則です。法的根拠はなく戦前からの習慣が
続いているのが実態だそうです。(毎日・朝刊)


ふと思うのです。尺貫法が国際基準に合わぬとメートル法に変わりました。
元号も日本の長期的課題と向き合うには、天皇の在位期間で区分されるよりも、
時間の連続性がある西暦の方がよい。新元号の発布にあたって意見があるようですが、
でも、尺貫法の時もそうですが、その結果、日本固有の文化を失いました。

新元号は国が「つくりかわる」ことを意味します。
残り一年の平成です。今こそ平成と向き合い自分の周りを見渡し・・
一つひとつを点検し「つくりかえる」準備を始めたいモノです。
来年の話をすると鬼が笑うなんてことはありませんので。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年05月14日 06:06 | コメント (0)


美濃和紙の着物

2018年05月13日

世界農業遺産地域の地場産業を集めて新たな商品を開発。


5月に入り飛騨地方では雪が舞い、その数日後には一転して猛暑日に・・・
この時期は風薫り五月晴れが続く最も過ごし易い季節なのに、
天候不順に・・・困惑しています。


ハワイ島でのキラウエア火山の噴火、溶岩が民家に迫る様は、
この世のものとは思えない、異常な状態です。
日本でも対処不能な天変地異が起こらねば良いがと気を揉みます。


杞憂に終わればと願うのですが。この夏も猛暑が予想されます。
連日、熱中症で倒れた、運ばれた、そんなニュースに触れたくないものです。
今から対策を立てる必要があるのではと思うのですが・・・


岐阜県では、1年前になります。
ふるさと岐阜県の中央を流れる長良川、その水系全域が「清流長良川の鮎」として
ユネスコの農業遺産に認定されました。1周年記念の催しが行われました。
岐阜県は海なし県です。母なる川の恵みに育まれた住民の文化が認知された意義は深い。


長良川は全長166キロ、分水嶺は飛騨との境にあり、伊勢湾に流れます。
山で切り出された材木は筏に組まれ、岐阜市まで運ばれます。
筏の木屑を餌にする魚「いかだばえ」を始め、桜の花が満開時に卵を宿す
「さくらばえ」塩焼きで頂くととても美味い。(今はほとんど水揚げされませんが)

この時期は鱒です。「サツキマス」と言われ、癖のない美味しい魚です。
イワナやヤマメを求め、釣り人が渓流に入るのもこの頃です。鮎も昨日解禁に・・・
乾季にも川は枯れることはありません。濃尾平野の北部一帯の水田も、
畑もこの川の恵みで育ちます。


取り分け、長良川の中域に位置する美濃市では古くからコウゾが採れ・・
和紙の生産が盛んです。真冬の川にコウゾを晒すのは冬の風物詩です。
江戸時代から「美濃和紙」としてその名は有名です。


岐阜の地場産業はアパレル。2014年、若い経営者達が知恵を絞り・・
暑い夏を涼しく過ごすに快適、クールビズで美濃和紙を使った
「岐阜シャツ」を開発した。地場産業同士の連携です。

シャツは和紙ならではの吸収性があり、汗を吸いやすく、
冷んやりして綿よりも軽く、夏にぴったり。
100枚の限定販売ながら大反響、好評を博した。


で、この技術を着物に取り入れようと、
和紙を細長く切って糸のように撚り、シャツよりも2割細くし、
着物の織りに合うよう工夫、色や柄は郡上本染(これも岐阜郡上市の地場産業)で
染上げ粋な着物に仕上がった。


なんせ美濃和紙の着物です。シャツ同様、夏には最高。
長良川水系、世界農業遺産認定地域の地場産業を集めた・・・猛暑対策・・・
私もこの夏、粋に美濃和紙の着物を着てみようかと思っています。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年05月13日 06:01 | コメント (0)


食事のマナー

2018年05月12日

蕎麦、あなたは音を立てて食べる派、それとも音を立てないで食べる派?


口を開けて、モノを食べてはいけません。
クチャクチャと音を立てて食べるのもご法度。
テーブルに肘をついての食事はダメ。背筋を伸ばして頂きなさい。


食べ始めには「いただきます」と手をあわせ、
恵みを与えてくれた自然に感謝の合唱をして頂きなさい。
お米を一粒も残すな、迷い箸は下品、やってはダメです。


食べ物に好き嫌いなど、持ってのほか、何でも食べなさい。
食べ終わったら、お茶を頂き「ごちそうさまでした」と料理を作ってくれた人に、
感謝しなさい。など食事のマナーを親に教わりませんでしたか?


私は、小学校に入ってからも、目前に母親がいて・・
卓袱台に正座、逐一、注意されながら食事をしたものです。
今に思えば、食は生きる基本です。この躾のおかげで日本文化を身に付けたのかも。


外国人観光客が増えています。彼らは日本の様々な日本の文化を
ネットで知り訪日、触れてみたいと思っているようです。
麺類はズルズルと音を立てて食べるものだ。なんてネットに・・・
だからなんでしょうか。ラーメン屋やうどん店に入って、
音を立てて食べるにはどうするのか、などと聞くそうです。


一方では「音を立てて食べるのはマナー違反」、「ヌードル・ハラスメント」という
和製英語も生まれ論争にも。日清は「音を立てない派」用の特殊フォークを開発、
すする音を感知すると、音楽が流れて音を隠す代物です。

担当者は「すする行為をポジティブなものに変えれば世界中の誰もが
一緒にラーメンを楽しめる」と目論見、予約が5千個に達したら、
生産を開始する予定だったが、結果は249個で惨敗。
ラーメンは「音を立てて食べる派」が圧勝したようです。(朝日・朝刊)


日本の食文化は2千年の歴史があります。音を立てて食するのも文化です。
音を立てずに食べるのは武士の文化ですが、漬物はポリポリと音立てるのは許された、
一汁一菜の色添えではなかったかと思います。


麺類で音を立てて食べるのは江戸町民の文化。それも歌舞伎や落語の演目から・・・
でもそれは蕎麦を食するときだけ。「メシ食うときぐらい気取ってるんじゃねぇやい」
武士社会への庶民の反発が根底にあるのではないか。


麺類を粋にズズッと食べても良し。品良く静かに食べても良しだが、
でも、食事マナーはその人の品性を決める。日本の食文化の基本は・・・誰もが・・
身に付けた方が良いと思うのは、食事中・・マナーの悪い人を見かけると、
あの口喧しい母親なら、なんと注意するかと思うからです。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年05月12日 05:20 | コメント (0)


長良川の鵜飼

2018年05月11日

新市長の手腕に期待がかかります。


ふるさと岐阜、夏の風物詩は・・長良川の鵜飼です。
5月11日から10月15日までの半年間、満月の日を除いて毎夜開催されます。
漆黒の闇、川面に篝火が映り・・飾り烏帽子に簑の腰巻き、12羽の鵜を操る鵜匠、


静寂を破り鵜舟の中乗りが、「鵜」を励ます。
ホウホウと中乗りが、船べりを叩き、鵜の動きが激しくなる。
一羽が鮎を咥え「どうだ」とばかり川面に顔をだし、魚を頭から飲み込む。
鵜呑みです。


鵜匠、すかさずその鵜を引き上げる・・・
観覧船の乗客、万雷の拍手、同時に芸者から・・鵜匠の名前
「ハルさん・・・」と黄色い掛け声が・・・鵜匠、首筋を掴んで鵜を高々と上げ、
魚籠に吐き出させる・・・この一瞬が鵜飼見物の醍醐味です。(今は黄色い声はない)


夜のとばりが訪れ、鵜舟が川を下ってくるまで・・・
観覧船の中では、鮎の塩焼きや花見弁当が振る舞われ芸者が入り、宴会が始まる。
鵜飼見物とは、納涼、船遊びです。夏の風物詩とはそこから来ています。


鵜飼事業は岐阜市が主管、最盛期の乗客数は年間35万人を記録しましたが・・
年々観光客は減少、昨年は11万人を切る状況が続き、市民の評判もイマイチ・・
この2月、38歳の若い市長が誕生、目標を11万5000人に引き上げたそうですが、


地域の創生、活性化の目玉は観光事業。
1400年続く長良川の鵜飼、伝統と歴史に裏づけされている本物。
「国連教育、科学、文化機関(ユネスコ)」の無形文化遺産に登録することを
目指している。


岐阜市を訪れるインバウンドは、セントレア空港から夜間に岐阜に来て、
早朝には別の地に移動する傾向があります。
鵜飼の魅力が上手く伝わり、観光客を呼び込むための知恵をだせば、
・・楽しんで貰えるのではないか。
今日はその鵜飼開き・・・新市長の手腕が期待されます。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年05月11日 05:28 | コメント (0)


人口減少問題

2018年05月10日

イスラエル出生率、3.09・・体外受精の費用、国の保険で全額賄われています。


米国大使館をエルサレムに移転すると発表した米大統領、
新たな火種を中東に撒いた。その意向を受けてなのかは定かではないが、
安倍首相がイスラエルとパレスチナ両国を訪問、和平の橋渡し役を買って出た。


宗教が根底にある根の深い問題です。簡単には行かないことを承知で難局に立ち向かい、
国際社会の安寧のため外交に着手する安倍首相に敬意を表したい。
同時に朝鮮半島の悲願、南北の統一にも、手腕を発揮して欲しい。


1948年に建国されたイスラエルには悲劇の歴史が付き纏う。
紀元前に国を追われ、2000年余、流浪の民となり・・・
第二次大戦中のホロコースト(ナチス・ドイツによるユダヤ人大虐殺)で600万人が
犠牲となり、その後の戦争でも多くの命が失われた。


ユダヤ人の国家、イスラエルにおいて最も重要な価値のひとつは、
家族を持つことです。政府は世界に類をみない出生奨励策を講じる。
そのために女性は平均3人の子供を産み先進国では突出して高い出生率を誇る。


1995年、国民医療保健制度が制定され、
女性が45歳までで現在のパートナーとの間に2人の子供を得るまでの間、
体外受精の費用が国の保険で全額が賄われ、生殖補助医療が国策となっている。
人口880万の国で体外受精は年間4万件超、件数は世界一。
年間に生まれる子どもの5%近くを占める。


日本では原則認められない代理出産もイスラエルでは認められ、
1996年には婚姻関係の有無を問わずイスラエルの国籍を持つ
男女のカップルに対し、国内での代理出産が合法化されている。


代理母と交わす契約書は保健省が審査し、
出産後、両親が裁判所で手続きすれば実子と認められる。
この20年間で824人が生まれた。


イスラエルの出生率は3.09、日本は1.46。
両国の歴史も国情も文化も伝統も違うが、ユダヤ人に染み付いた・・
悲劇の歴史を繰り返さないためには、国の存続が全て。
そのためには人口減は許されない。そのことを全ての国民が身を持って知っている。


日本人にその危機感はないが・・
安倍首相の訪イスラエル、和平の他でこの国の最大の課題である人口減少・・
イスラエルの知恵を学んで欲しいものです。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年05月10日 05:38 | コメント (0)


ホースセラピー

2018年05月09日

鬱病で悩む若者に効用が高いのではと思う。


もう何年になりますか。思い起こせば・・40年以上前のことです。
競馬の馬券も買ったことがない私ですが・・・
どんな風向きだったか忘れましたが、馬に乗って見たい、そんな願望にかられ・・・


乗馬衣装を買い込み。岐阜市北部にある乗馬ができる馬場へ。
ニッカポッカのズボンに燕尾の上着、乗馬用長靴、
そしてバックスキンでヘルメット代わりの帽子・・
格好から入る私ではないが、乗馬をやるなら、
それなりの格好をしないと馬に失礼ではと・・


「乗馬クラブに入会したいんですが」と門を叩いた。手続きを済ませると。
調教師の先生、「あなたの性格にはこの馬が良いのでは」と・・・
なぜ、挨拶を交わしただけの私に、そんなことがわかるのかと、不思議に思いながらも、


馬名は「栃光」・・・当時大相撲で大関を張った力士と同名。
「栃光」は先生の仰る通り、初心者の私の心を知るが如く・・・
初乗りではグズついたのですが、回を重ねるに付け・・・
いつの間にか「忖度」するのでしょうね・・思い通りに動くように。


週に二度ほど通いました。むしゃくしゃしていて、馬上に立つと、
栃光はそれがわかるのでしょうか。実に優しく接してくれます。
反対に意気揚々と騎乗しますと「おまえ、大丈夫か」と問うように、
微妙に、冷静になれとばかりに・・タイミングを外します。


私は犬や猫ブームでも、小鳥も含めペットを飼ったことがありません。
単に動物が嫌いなのかもしれませんが・・・
若い頃の馬との接触で・・・こんな素晴らしい動物に接したことがない。
そんな思いが潜在意識にあるのでしょうか。馬以外に手元に置きたいとは思いません。


最近、馬とのふれあいによって障害や病気を改善させるリハビリ・・
「ホースセラピー」に注目が集まっている世界的な組織で、本部は英国にある
「障害者乗馬協会」(RDA)1968年に結成。アン王女が総裁を務める。


乗馬は全身運動、馬の歩くリズムに合わせて身体が上下左右に揺れ、
視線も2メートル前後と高い。筋力とバランス感覚が養われます。
自分より大きな馬と意思疎通をはからねばならず、コミニケーション能力が磨かれ、
心身の機能回復というリハビリ効果や社会性も高めると欧米を中心に広がっています。
96年には競技性を高めた障害者馬術がパラリンピックの正式競技にもなりました。
(毎日4/28・朝刊)


日本では23の団体があり・・・今後に期待が高まっています。
馬の飼育、馬術と障害の知識などが必要なインストラクター(RDA資格)の
養成が急務だが、大人しい性格の元競走馬をホースセラピーに活用する
動きなどで馬不足解消の動きも高まっているようです。


馬とふれあうことによる障害者リハビリ・・ホースセラピー・・
私の体験では、鬱になって引きこもりがちな若い人たちにも
効用が高いのではと思う。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年05月09日 05:42 | コメント (0)


金魚めし

2018年05月08日

各務原ニンジン、全国的にも珍しい二期作・・・・


食べモノの話です。タケノコは食べられましたか?筍ご飯は?
菜の花は?つくしは?セリは?蕗の薹は?たらの芽は?
新玉ねぎは?新ジャガイモは?春物の路地トマトも美味しいですが・・・・


春は野菜の美味しい季節です。苦味のある野菜が多いですが。苦いのは苦手ですか。
菜の花って湯がいて、鰹節を掛け醤油を垂らして頂く・・チョッピリ苦いですが・・
βカロチン、鉄分、ビタミンB1・2・Cなど栄養が豊富です。


つくしはヘタを外し卵と合わせてとじ・・苦味があって上手い。
これも、食べないと春が来たとは思えませんね。長良川の堤で採ったのを。
セリと蕗の薹、たらの芽はもちろん、天ぷらですね。
サラダ油よりも、ごま油で揚げた方が、苦味にコクが交じり好きです。


桜餅は食べられましたか?塩味の桜葉と餡を一緒に・・・
春が口の中に溢れますねぇ。端午の節句・・・過ぎましたが、
かしわ餅はどうですか、柏葉は食べませんが、餅に沁みた風味がいいですねぇ。
ちまきは?笹の葉の香りが何ともいえませんね。
近所にあるお菓子屋さんのちまきは、子供、いや、孫達の成長を祈り、毎年食べます。

この地方では春野菜が終わる頃、糖度が高くて色の鮮やかで評判のニンジン、
各務原ニンジンが収穫期を迎えます。
通常ニンジンは夏タネを撒き、秋から冬に掛けて収穫しますが。


各務原ニンジンは全国でも珍しい二期作。
秋にタネを撒き、5月過ぎから収穫に入ります。この時期が旬。
ニンジンにはβ−カロチンが大量に含まれいます。ビタミンAです。
βカロチンは抗酸化剤です。そうです。老化防止です。
各務原の高齢者、ニンジンを多く食するのか、肌が綺麗で、シワが少ないと評判です。


料理方法も色々ありますが、各務原ニンジンのレシピでお勧めは、
「金魚めし」ですね。千切りにしたニンジン、すり下ろしたニンジンを入れ
炊き込みご飯にします。色が金魚に似ているから、命名された郷土料理。
筍ご飯と一味違う甘みがあり、とても美味しいです。


野菜を食べましょうなどと、ヤボなことは申しませんが。
春には春の、夏には夏の、季節の野菜を頂くと、上機嫌で
優雅な気分なるのは私だけでしょうか。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年05月08日 05:41 | コメント (0)


鯨肉

2018年05月07日

石巻魚市場に調査捕鯨のミンククジラが水揚げされました・・・・


私の愛読紙、宮城県石巻エリアで発刊されている・・
夕刊紙「石巻日日新聞」に、石巻市の鮎川港から、2年ぶりに
調査捕鯨に出港したニュースが1ヶ月ほど前に報じられました。


調査は国の指導の元に行われ、日本鯨類研究所が主管、
国際捕鯨委員会科学委員会に提出された・・・
新北西太平洋鯨類科学調査計画(NEWREP-NP)の計画案に沿って、
鮎川沖、釧路沖、八戸沖の3海域で、上限80頭の範囲で捕獲される。
調査手法は胃の内容物の確認や皮膚標本採取他、新たに耳垢栓の分析も導入された。


出港から5日目、鮎川港に2年ぶり1頭目のミンククジラ
(体長6メートル、2トン・オス)が陸揚げされた。
早速に調査団によりサンプル採取が行われ東京の研究所に送られ、
鯨資源状況の詳細化に寄与する。


今回、捕獲された鯨肉は、調査の副産物として・・・
石巻魚市場に284キロが登場。セリにかけられ、赤肉で1キロあたり
2300円から4600円の価格で取引された。


牡鹿半島では地場産のホヤ、カキと並んで鯨肉は伝統食、
石巻牡鹿地区では、鯨肉を使った創作料理の試食会が開催され、
地域の食文化を広め、街の活性化につなげようと大いに盛り上がった。


鯨肉は今では、低カロリー、低脂肪、高タンパク質で
若い人たちには人気の食材だが、我々世代にとっては・・・
肉といえば鯨肉の竜田揚げ、忘れられない味です。


試食会に訪れた石巻市長「鯨は牡鹿の代名詞。多くの観光客誘致と
リピーター作りにつながるものと期待している」と・・・気合い入る。
そういえば、最近、鯨肉を食べていないなぁ。
季節も最高だし・・「そうだ、鯨肉を食べに牡鹿半島に行こう」Goto

IMG_7549.JPG
4/11石巻日日新聞


投稿者: 後藤 日時: 2018年05月07日 05:23 | コメント (0)


許されない、絶対に許されない。

2018年05月06日

新聞は、今こそ、旧優生保護法を98年まで存続させた責任者を洗いだせ。

今こそ新聞の役割が問われている時はないと思う。
毎日新聞が2000年に発足した第三者委員会・・
「開かれた新聞委員会」を読んでその意を強くしました。


そもそもですが。新聞委員会目的は3つ。
1・報道された当事者から人権侵害の苦情に取材や報道内容に対応し
見解を示し読者に開示すること。
1・委員が報道に問題があると考えれば、意見を表明することができる。
1・今後のメディアのあり方を展望しながら良い報道を目指して提言する。


毎日新聞の綱領に基づく報道姿勢です。
誰を委員にするかの疑問は残りますが、主筆を始め編集局長、
政治、社会、医療福祉部長らが出席、議論に加わる価値は高いと評価します。


私も・・・この一連の政権不祥事を巡って「南北朝鮮半島の問題や、
トランプ大統領の保護主義、EU離脱問題や難民問題、あるいは、中国の
一路帯水への傾斜など、内外に大事な問題が山積しているに拘らず・・」
「メディアは最も大事なことを取り上げるべきだ、こんな問題・・
官僚の不祥事・・・ばかり議論していて良いのか」という立場ですが・・・


安倍一強政権による弊害を見過ごすことはできないとの委員の指摘、
理解できるのだが、ことの本質はそこにはない。
日本という国は平安の世から連綿と続く「律令国家」であることに
注視すべきではないか。文章改ざんなど有史以来続いている。


戦後のあのどさくさに紛れ、どれだけの公文書が灰になったか。
1945年、霞ヶ関はまるで野焼きのように、各省庁で煙りが上ったではないか。
それに比べれば、些細な改ざんであり・・・忖度です。
5年以内の開示を義務付ける運動を提案すれば良いと思う。


しかし、不妊手術強制が旧優生保護法(1948)のもと、
知的障害などを理由に行われた不妊手術は2万6500件うち、
1万6500件は本人の同意がない。こんなことが、96年まで放置されていたのです。


ナチスドイツは優生思想で障害者を迫害していたが、
日本で、この日本でこんな馬鹿げた法律が運用されていたなんて許されますか。
日本中の法律学者、一体何をしていたのだろう。


報道機関も一体全体、報道機関なんて偉そうなことが言えるのでしょうか・・・
私は社会的被害者の人権の回復に必死にならない報道機関なんて、インチキだと思う。
毎日新聞の「開かれた新聞委員会」は、そこに自らメスを入れようとしています。
新聞こそ、社会の公器です。ぜひ、頑張って欲しい。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年05月06日 05:51 | コメント (0)


地域みっちゃく生活情報誌5月号

2018年05月05日

子供の日です。ハッピーメディアには子供ための情報が満載。

地域みっちゃく生活情報誌、5月号出揃いました。
新潟県・新発田市、新潟市北区豊栄、胎内市、聖籠町で新規発刊の
「まるごと新発田!」(44,000部・全戸配布)が新規創刊・・・

総発行部数は33都道府県・154誌、9,358,434部なりました。
目標の1000万部には後、64万部余りとなり・・カウントダウンに入りました。
周年記念号が発刊できましたのは、東北では宮城県・仙台市泉区・富谷市の
「とみぃず」(83,900部・全戸配布)が3周年。

福島県の「すかっと」(須賀川市・鏡石町・天栄・玉川村・37,000部・全戸配布)が
2周年。新潟県「まるごと県央!」(三条・燕・加茂市・60,000部、全戸配布)が
4周年。岐阜県・大垣・海津市…・垂井、関ヶ原、養老、神戸、安八、池田町、
揖斐川、輪之内町・94,460部・全戸配布)が15周年。

静岡県・御殿場市・小山町で発行の「mydo」(32,100部・全戸配布)が1周年。
愛知県・常滑市・武豊・美浜・南知多町「くらむ」(57,000部・全戸配布)が
1周年。三重県・津市の「つぅぴーす」(103,461部・全戸配布)が創刊10周年。

滋賀県・彦根・米原市・多賀、甲良、豊郷町で発行の「konki」(65,944部・
全戸配布)が13周年を迎えました。
関係各位に改めて、感謝と敬意を表します。

5月号はこどもの日をテーマに家族の絆を深める内容が満載です。

我々のハッピーメディア、地域みっちゃく生活情報誌は、
回を重ねれば重ねるほどに、利用頂く読者の声が大きくなり、
期待が膨らんでいます。

家庭に、地域の経済活性化に、地域のコミュニティーに
なくてはならない、地域不可欠なメディアなりつつあります。
あなたの街にも、もう直ぐ届きます。乞うご期待下さい。Goto

20180501.jpg20180502.jpg20180503.jpg
20180504.jpg20180505.jpg20180506.jpg
20180507.jpg20180508.jpg20180509.jpg
20180510.jpg20180511.jpg20180512.jpg
20180513.jpg20180514.jpg20180515.jpg
20180516.jpg20180517.jpg20180518.jpg
20180519.jpg20180520.jpg20180521.jpg
20180522.jpg20180523.jpg20180524.jpg
20180525.jpg20180526.jpg20180527.jpg
20180528.jpg20180529.jpg20180530.jpg
20180531.jpg20180532.jpg20180533.jpg
20180534.jpg20180535.jpg20180536.jpg
20180537.jpg20180538.jpg20180539.jpg
20180540.jpg20180541.jpg20180542.jpg
20180543.jpg20180544.jpg
VC20180501.jpgVC20180502.jpgVC20180503.jpg
VC20180504.jpgVC20180505.jpgVC20180506.jpg
VC20180507.jpgVC20180508.jpgVC20180509.jpg
VC20180510.jpgVC20180511.jpgVC20180512.jpg
VC20180513.jpgVC20180514.jpgVC20180515.jpg
VC20180516.jpgVC20180517.jpgVC20180518.jpg
VC20180519.jpgVC20180520.jpgVC20180521.jpg
VC20180522.jpgVC20180523.jpgVC20180524.jpg
VC20180525.jpgVC20180527.jpgVC20180528.5.jpg
VC20180529.jpgVC20180530.jpgVC20180531.jpg
VC20180532.jpgVC20180533.jpgVC20180534.jpg
VC20180535.jpg


投稿者: 後藤 日時: 2018年05月05日 05:45 | コメント (0)


月曜の紙面

2018年05月04日

こんなきめ細かな広告が朝日新聞に・・・・


新聞紙面がどのようになっているのか。
そんなことを気にして新聞を開いている人は少ないと思う。
月曜の深部紙面の話です。月曜日は「働き方改革」の余波が新聞社の・・・


編集現場にも・・?・・・だと思うのですが。記事の絶対量が少ない。
ご時世です。皮肉っても仕方がないのですが。
日本の地方紙で最も世帯占有率が高い徳島新聞は、年間の休刊日がもっとも少なく。
月曜日の立てページも他紙のように減ページはしない。


薄っぺらな紙面でお茶を濁すくらいなら、一層のこと、
全月曜休刊にすれば良いと思うのだが・・・妙なところで横並びの業界。
部数の減少が著しく、コストが全く合わなくなった、夕刊も、
我慢比べのように、なかなか休刊にしない。

夕刊は読者のライフスタイルに合わないと、新聞社の大半がそう思っているのに。
夕刊に割くエネルギーを朝刊に充て、朝刊を充実させた方が合理性があり
紙面の充実が図れるのに・・そうしない。不思議な業界ですね。


いかん。批判しているのではない。ネットの台頭に抗うまでもない。
新聞の役割と使命をより時代にマッチさせる時が来ているのではないかと、
提案しているのです。


話が逸れました。4/23・月曜、岐阜市内に配達された朝日新聞の朝刊です。
月曜の紙面は・・・それはそうなんですが。その性で、だと思うのですが。
画期的な広告が掲載されました。(写真参照)


4面は定番の政治総合のページです。広告を見て下さい。集英社の大ヒット漫画、
キングダム、最新50巻、好評発売中の広告です。(写真参照)
ごく普通の書籍広告です。でも、何処か違います。


吹き出し「ぎふぅっ感謝しかない」・・・コピーは岐阜×昌文君(秦国・左丞相)
岐阜の文字が二つもついています。紙面の上を見てみます・・
すると朝日新聞の右に日付2018年(平成30年)4月23日・・・その右です。
13版・岐阜・・・とあります。


そうなんです。この紙面は岐阜県内にのみ配布される朝日新聞の13版なのです。
つまり、この広告は岐阜県民が読む紙面に掲載されているのです。
回りくどい説明ですが、日本全国統一・・キングダム主要キャラが
日本全国各都道府県で感謝の意を表明とありますので、これは版別のきめ細かな広告です。


月曜の紙面にしては手の込んだ広告ですが、記事の薄っぺらな月曜だから、
事前に準備すれば、できるのかも知れません。
こんな広告紙面作りに活路を見出せるか、注目です。Goto

IMG_7537.JPG
4/23朝日新聞

投稿者: 後藤 日時: 2018年05月04日 06:09 | コメント (1)


ふるさと納税

2018年05月03日

首長と自治体職員と地域が一体となって知恵をだす。良い制度だと思いませんか。


国立社会保障・人口問題研究所は東京への一極流入が加速している・・
地方の人口減少が止まらない状態を3/30に公表した。
このままでは地方の過疎化対策は待ったなしです。

私は・・・地方創生には以下の5点しかないと申し上げています。
地場産業の振興。働き口がなければ、人は暮らせません。
第一次産業の販売。売れれば、生産者に活力が湧きます。


観光産業の開発。その地の自然、文化、習慣、人の暮らしを資源にします。
そして、ふるさと納税の活況。今その地にあるものを創意工夫して、
返礼品にすれば寄付が集まります。地域が潤い活性化します。


ふるさと納税こそが、現実的な地方創生だと思っています。
同時に、5点目ですが、自治体と地元の業者が返礼品に知恵を絞れば、
自治体の職員に民間の経営感覚が身に付き、行政の考え方も変わります。


ですから、ふるさと納税の制度はとても重要な地方創生の要因だと思っています。
こんな記事が目にとまりました。
都会の自治体がふるさと納税によって減収が深刻だと・・・
取り分け、東京23区、18年度の減収額は計312億円に達する見込み・・・


世田谷区などは40億円。港区は30億円、減収10億円以上の区は9区、
減収額は年々膨らみ、区政運営上無視できぬ額に悲鳴が上がっている・・
ある区長は「税制を否定、全廃すべき」と息巻き、国に見直しを迫っている。


そんな首長を選んでいるのは、住民の恥だと思いませんか。
葛飾区では限定版のモンチッチや東京三味線など区内の生産品を集め、
返礼品競争に参入。区の魅了を発信、少しでも寄付を増やしたいと意気込む。


それだけではない。社会貢献型の返礼をめざす自治体も。
文京区は生活困窮家庭の子供に食品をとどける「子ども宅食」に使途を絞った返礼品で、
目標の2千万円を1ヶ月余りで達成、半年で8千万円を超え、増え続けていると。


杉並区は返礼品を希望しない場合や区内の乳児院などへ寄付を希望すれば、
3割相当の「区内共通商品券」を乳児院に贈るなど、
都市部ならではの工夫を凝らしている。


ふるさと納税の争奪戦が過激化するとの批判もあるが、
いいじゃないですか。自治体の地方創生への思いが伝わり、
同時に納税者の納税意識が変わる・・・
そして、地方の活気に繋がれば、人口増とはいかないが、減少に歯止めは掛る・・・
国が成熟する一つの証と考えれば、こんな素晴らしい納税制度はない。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年05月03日 05:24 | コメント (0)


風薫る。

2018年05月02日

春と秋がなくなり夏ばかりの日本になるらしい・・・


新緑がまばゆい季節です。
私の好きな・・木の葉に雪が積もったのではと思う・・
「なんじゃもんじゃ」の花も満開・・自然の巡りが嬉しい皐月です。


1杯目は60度ほどで淹れろ・・・甘味が楽しめる。
2杯目は70度ほど・・渋みが味わえる。
3杯目は、もう少し温度を上げた湯で、苦味が堪える。


そして、4杯目。色だけはでるが、無味の出涸らしの茶になる。
千利休は、それを淡味と呼んだ。
甘いとか渋いとかいうようでは、お茶の味がわかっていない。
4杯目の味がわかってこそ、お茶がわかるというものと利休は・・・


なるほどとは、思うのだが。出涸らしのお茶を淡味だと・・
頷くほどの修行はできていないが。今日は八十八夜。
夏も近く・・八十八夜、野にも山にも若葉が繁る・・・・
贈っていただいた新茶を頂きながら、風薫る季節、一番美しい風情を楽しんでいます。
私には無縁ですが、花粉症の人が解放されればと願いつつ。


とは申せ。五月の風情を楽しめるのも。いつまで続くかわからないらしい。
予兆では日本列島、3月に真夏日、4月に猛暑日が記録され始めている。
地球温暖化を人類の叡智で防がないと、今世紀末・・春や秋が「夏に」


20世紀末と比べ、全国平均で4.5%上昇すると気象庁は。
札幌市では真夏日が35日以上に増加。現在の水戸市の気温になると。
東京は緯度で10度南に、中国桂林市の気温に近くなると。


桂林市がどのような気候なのかわからないが、
一度訪ねた経験では、最低気温が18度で、冬でも花々が咲いていた気がする。
温暖化を人間の手で止めることができるのかどうか。
甚だ疑問だが、世紀末には、風薫る皐月はなくなりそう。

であれば、暮らす街自体が、真夏日、猛暑日に対応できるよう
そこに人間の叡智を傾けねばならないってことになります。
まずは、皐月を記録にとどめ、VRで春を楽しめるようにして、
猛暑に耐えられる体質、体力を身に付けるってことでしょうか。Goto


IMG_2200.jpg
なんじゃもんじゃの花

投稿者: 後藤 日時: 2018年05月02日 05:28 | コメント (0)


宝島社の次なる一手。

2018年05月01日

40・50代、1700万人の女性がこの国の中核を担う・・・

広告って、面白いですねぇ。
いつも驚かされる「宝島社」の広告、今回もしてやられました。
さすがです。どこの広告代理店が発案したのか、素晴らしい。


朝日新聞4/23・見開き広告(写真参照)・・・ですが、
前ページも後ページも含め実は4面広告です。
何が凄いかって・・・私の好きな女優さんが登場するからではありません。
申し述べます。


まず・・・今1番の国民的課題。女性が輝く時代に焦点を当てていることです。
それも、人口構成で70代前半に次いで多い40代から50代の女性に焦点を絞ったことです。
更に、朝日新聞社とスクラムを組んだことです。


Aging Gracefully・・・プロジェクトとタイトルです。
エイジング・グレイスフリーとは優雅に年を重ね自分らしく輝くこと。
グレイスフリーの意味は優雅、他に潔く、率直に。
主旨は40・50代の女性、その暮らし方や装い方、働き方など、
世代を取り巻く様々な社会課題をテーマに取り上げる。


出版社として、次なる読者のターゲットをしっかり見据えている点。
凄くないですか。そして、その層が求めるであろう、提案をする。
正鵠を射る・・・時代にマッチした雑誌です。


新たな雑誌を朝日新聞の持つノウハウ、鋭い時代感覚、
革新的な考え方、権力におもねるない姿勢・・・を取り込む。
実に面白い発想ではないですか。(朝日がそうだとは疑問ですが)


1700万人。40・50代の女性たち。2020年には女性の半数が50歳を超える。
彼女たちが、政治、経済のみならず、あらゆる分野で中核にならねば、
この国の未来はない。その覚悟がこの広告に溢れています。


我が社のハッピーメディア、地域みっちゃく生活情報誌、
日本全国、33都道府県、154誌、930万部発行しています。
家庭に直接お届けしています。そうです。情報誌のコアな読者は女性たちです。
彼女たちと一緒に考え、行動する、そのお手伝いって、
我々の使命であり、役割でもあります。Goto

IMG_7538.JPG
IMG_7540.JPG IMG_7541.JPG

4/23朝日新聞

投稿者: 後藤 日時: 2018年05月01日 05:39 | コメント (0)