大学の生産性

日本の大学、論文の数が著しく減っているのはなぜ?


日本には大学が幾つあるか?ご存知ですか?
国立82校、公立87校、私立が588校で764大学、2307学部、5146学科あります。
この数が多いのか少ないのか?私にはわかりませんが・・・
因みに人口14億人の中国が1200大学ですって。(短大、専科入れて2200)


大学の価値とはなんでしょうか。その価値はなんで測るのでしょうか。
さすがに日経新聞です。大学の価値は「学術論文数」で数値化すべきと・・
国内外の209大学を対象に、引用件数が多い論文の割合と研究者1人あたりの
有力論文数を比較した。


論文の生産性の高低が大学の価値であるとは実に明確である。
その結果、日本の大学には幾つかの問題が起こっていると指摘する。
02から06年の同調査では100位以内に8大学が入っていたが、
12から16年(今回の調査)では東大、京大、東北大、東工大の4大学のみとなったこと。


生産性でトップ立ったのはシンガポールの南洋理工大、18位からトップに。
香港城市大が2位で5位から躍進。東大は85位から94位に、京大が88位から98位、
東北大89位から99位に、東工大は87位から100位にと後退……
アジア勢の伸長に比べ、日本の大学の見劣りは否めない。


理由は「ネット時代にうまく乗れず」国際的な知のネットワークから
取り残されつつあることが要因だといわれる。
国も支援しているが、他国の研究者との共同研究が助成の条件となると、
「助成を受ける日本人はほとんどいない」淋しい状況にあるそうだ。

躍進したシンガポールや香港の大学は米国に留学した若手研究者たちを
高額と有力ポストで迎え、米大の徹底した競争主義が持ち込まれているという。
日本の「象牙の塔」体質では若い有能な研究者の居場所がない。


また、シンガポールではAIやバイオなど研究分野を明確にし、
高給を提示して研究環境の整備を徹底させているという。
それに比べてとは申さないが、日本の研究者への報酬はあまりにも
低すぎると言わねばなるまい。世界第3位の経済大国にも拘らず。


それに、もう一つ。付け加えたい。
この研究対象の大学は国内97大学である。
日本の大学の数は764大学・・・・では、残りの667大学はなぜ、
対象ならないのか?底辺は広いのに・・・疑問だ?Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年06月09日 05:50


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。