2018年07月

東京五輪の楽しみ

2018年07月31日

世界中の人々が安全・安心で自由に移動を楽しめる社会を・・・


再来年の今日、どんな天候なんでしょうか。
熱波の中。東京五輪が佳境に入り更にヒートアップしているのでしょうか?
それとも・・・今年のように、熱中症で搬送の話題で溢れるのでしょうか。


7/24・新聞各紙にオフィシャルスポンサーの広告が掲載されました。
DNPの広告はグッときましたね。・・・
この数センチ、わずかと見るか、着実と見るか・・・


三段跳、4年間、男子46センチ、女子12年間で6センチ更新。
砲丸投、4年間、男子2センチ、女子25センチ更新。
棒高跳、4年間、男子6センチ、女子14センチ更新。


DNPは大きな革新と見ます。
挑戦し続け、革新を起こすことでしか、新しい記録は出せないからです。
技術も同じ・・・世界を驚かせるような革新は、一歩一歩着実に研究することでしか生まれない。


革新といえば、トヨタ自動車の覚悟には敬意を表したい。
「世界中のあらゆる人が安全・安心で自由に移動が楽しめる社会の実現に、
あらゆる努力を惜しまぬ」と豊田章男社長は公言する。


東京五輪では・・・トヨタならではの偉大なる近未来の車社会に挑戦する。
まず・・・公式車両を燃料電池自動車(FCV)電気自動車(EV)など含め3000台を提供する。
東京都内の深刻な渋滞の懸念に・・「ジャストインタイム」のトヨタ生産方式を導入
選手らの送迎車をインターネットと常時接続してコネクテッド・カー(つながる車)とし、
現在地、渋滞の状況を把握、最適な配車を行い大会運営を支援する。


公式車両はエコカーを使用、環境負荷が低い大会にする。
自動運転車など先進技術を導入した車両「近未来乗り物」を披露する。
人間が運転しない自動運転車を特定に公道で走らせる実験を行う。


更には、自動運転機能を持つ商用EV「イー・パレット」を選手村内の移動に使う。
燃料電池バス「ソラ」を都営バスとして観光客の移動に使う。
まだあります。小回りの利く超小型EV「iーROAD(アイロード)」は警備スタッフが使用する。


車社会です。車のない生活は考えられません。
日本が誇る世界一の自動車メーカートヨタが、
東京五輪で、「近未来の車社会」の姿を見せる・・・
もう一つの見なければ ならない東京五輪ですね。


そうそう、ハッピーメディア、地域みっちゃく生活情報誌、
愛知県での発行部数、259万部、(愛知県全世帯の77.5%)になりました。
8月号では、愛知県下42誌、全誌の表紙に、
15年間連続して、愛知県の交通死亡事故が47都道府県で最下位から、
脱去したい、せねばならないと、「サヨナラ15」キャンペーンを始めました。


県民一人ひとりが日常的に交通事故防止を意識して、
世界のトヨタの本拠地で、不名誉な記録が続かないよう、
47位から一つでも順位をあげるべく・・・
「安全・安心で移動できる愛知県のために」覚悟を決めて、取り組みます。Goto


IMG_7637.JPG
7/24朝日新聞


投稿者: 後藤 日時: 2018年07月31日 05:22 | コメント (0)


老いの一徹

2018年07月30日

政治は未来を語るモノです。いや違います。現実です。


これで安倍自民党総裁の3選は間違いなしですね。
安倍内閣の支持率がガクンと下がった。
国会の終盤、乱暴に重要法案を通したことは多少影響したのであろうが、
西日本豪雨の対策が遅いから・・・との理由で。・・・


ためにする。安倍政権の存在自体を認めない新聞の操作なんだと思う。
それが、権力に対する新聞の役割だと思っているので、仕方がない。
新聞(朝日と毎日のこと)にしてみれば、総裁選に有力な対抗馬がでてくれればと
思っているのだが、石破さんの安全保障に対する価値観ではなかなか押せない。


だからでしょうか。安倍首相では「原発ゼロ」はもう無理だ・・・と言い・・
「やればできるのに見過ごしたのは安倍さんと批判「原発ゼロは野党共闘で組むべし」と
自民党首相経験者としては異例の主張を繰り返す・・・小泉元首相のインタビューを
大きく掲載するのは朝日新聞・・・・


インタビューの最後に「もう一度総理にという考えないか」と・・問う始末。
小泉さん。さすがですね。朝日の挑発には乗らない・・
「アイムソーリー。もう若い人に任せたほうがいいよ」と煙に巻く。


小泉さん「原発ゼロ」が本気なら、野党共闘なんて手緩いことを言っていないで
そもそも「脱原発」を唱える・・・河野太郎外相を総裁候補に担いではどうか。
それが現実的です。もちろん、太郎さんも政治家、
胸の奥に閉まってチャンスを伺っているでしょうが、今ではないですよね。
それにしても、小泉さんって、「老いの一徹」・・さすが迫力です。


河野外相決断が・・・今ではないのは、この確固たる声明に象徴されます。
安倍政権の大番頭、菅官房長官・・・さすがですね。小泉さんも唸るのでは・・
「来年の夏までには、猛暑を受けた学校へのエアコン設置に、政府として、
責任持つ」と言明。「児童生徒の安全を守るための猛暑対策は緊急課題だ」と述べ、
関係各省庁に支援のあり方について検討を急ぐ考えを示した。

官房長官がこう、言い切ったのです。
全国各地でこれまで、どれだけ、要望があったか。
その結果が必要地域で41%です。予算がないとか事情は色々ありましょう。


でも、政治はこの問題への取組が本当に遅かった。
保護者のイライラは最高潮に達した・・・この異常な猛暑のこのタイミングで、
「来年夏に間に合うように、政府として責任持つ」という・・・
菅さんもなかなかの「老いの一徹」ですね。計算ずくでしょうが。


これで、安倍政権に反対する「お母さん」たちはいない。
この表明をぶち上げたのです。安倍首相の3選は決まりです。
何かご不満な点ありますか!天下の朝日さま。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年07月30日 05:42 | コメント (0)


インバウンドの波に

2018年07月29日

民泊の整備も良いですが、地方に民宿を増やすことを急ぐべきではないでしょうか。

観光庁、今年の上半期(1月から6月)訪日外国人旅行者は
推計前年同期比15.6%増、1589万8900人となり
上半期としては過去最多。年間ベースで3000万人を突破する勢いと発表。


外国人観光客、いわゆるインバウンド、政府の2020年、五輪の年に
4000万人目標に近づいている・・・ここにきて政府は
30年掛けて6000万人まで増やすと目標値を上げた・・・


この上半期、訪日客の消費額は累計で2兆2353億円。前年比9.3%増で
上半期の過去最多を記録した。この分だと、年間で5兆円規模となり、
日本経済の柱に育つことになる。


更に目標を倍増させたのですから、観光産業を10兆円超に増やすのを目指すことになります。
そこで問題なのは、二つ、一つは宿泊施設をどうするのか。6/15・住宅宿泊事業法
(民泊新法)が施行された、この法律をどのように生かして宿泊施設を確保するのか。


もう一つは、この上半期で訪日客を国別にみると中国、韓国、台湾の3ヶ国で、
全体の67%に達していること。政府レベルでこの3ヶ国との関係が悪化した場合、
忽ちに観光客は激減ってことになる、不安定要素をはらんでいることです。

取分け、中国は政府のさじ加減で、バルブを閉めれば、それで、終わりです。
その危機にどこかで歯止めを掛ける必要があるのではないでしょうか。
同時に、インバウンドの主力を東南アジア各国に移行する施策が急務ではないか。


宿泊の話ですが、法が施行される前にはネット上で6万2千件の情報が載っていたのだが、
登録は5397件に激減。原因は手続きの煩雑さ、宿泊日数の上限などを
更に厳しくするといった自治体の追加規制がネックになっているらしい。


民泊を利用する人たちは、団体観光ではない。
リピーターで、いろんな地方を尋ねてみたい、愛日家だと推察される。
日本には全国津々浦々に寺院がある。その宿坊を宿泊施設にしてはどうか。
そんな案が急浮上。民泊事業のネット企業が一斉に宿坊予約を始めると。


とても良い案ではないでしょうか。
昔から、日本人の旅行者はお寺で一宿一飯のお世話になる歴史があった。
昨今、檀家も減り、寺院の存続も厳しいモノがあります。
空き部屋を活用して「観光客との接点を持ち、仏教に触れてもらう」のも、
一考ではないでしょうか。


その間に、民泊などと中途半端な制度ではなく、
地域にちゃんとした宿泊施設を整備し、更には地域の空き家を利用して、
地域に暮らす高齢者たちが民宿を整備すれば良いのではと思う。
高齢者対策とは申しませんが、地域活性化ではあろう。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年07月29日 05:09 | コメント (0)


天変地異ですかねぇ

2018年07月28日

大自然に抗うことできませんね。                      

生まれた時から、雲は西から東に流れるモノと思っていましたし、
天気は、西から変化すると思っていたのですが・・・
台風が東から西へ、移動するなんて・・・天変地異ですよねぇ。


サンマは秋刀魚と書きます。秋に美味しい魚だからでしょうか。
漁は7月に入って北海道東部沖の太平洋で流し網漁からスタートする。
10日、全国に先駆け釧路漁協に初水揚げされた。


サンマは大衆魚って申します、庶民の食卓を飾る魚です。
それが不漁らしくて、昨年の初日、水揚げ量は約2500キロだったのですが、
今年は約700キロ・・・初値は1キロ3万3000円と過去最高だが、
漁師に言わせれば「昨年よりも身が小さい」と険しい。


釧路漁協では「この値段ではとても庶民にはだせない、水揚げが増えて
サンマらしく安く提供できれば」と異変に戸惑いを隠せない。
さて、秋までには大漁となり、我々庶民の口に入るかどうか?


豪雨に猛暑、異常気象だと、連日、メディアは報じますが、
地上の変化だけでなく、海中にも異常が生じているのか、
それとも中国を始め他国の乱獲が影響しての漁獲量減少なのか。
原因はわかりませんが、地球環境の変化にもう少し敏感になって良いのかも。


石巻日日新聞からです。
石巻の鮮魚販売店にときを経ずして、大魚が並びました。(写真参照)
体長167センチ、重さ85キロの巨大な魚です。
名前は、スズキ科のイシナギ・・・専門漁業者に言わせれば、
「これほどの大きさは地元に専門漁業者がいなくなって30年、見たことがない」と驚く・・・

イシナギは日本近海に広く生息しており、大きなモノでは200センチ超える。
入荷は地元のトロール船が漁獲、石巻漁市場に挙げられた。
鮮魚店主「大きくとも大味にならない魚。こんなサイズは2度と見られないだろう」と、


深海魚が浮上して、網にかかる。これ海流の異常がなせる技なのかも知れない。
自然体系の変化は、海にまで広がる。これって、海の怒りかも知れない思うのだが、
もう一方では、地球って、そんなに柔じゃないと思う気持ちもありますが・・・


でも、はっきり言えることがあります。
人間は無力です。大自然に抗うことなどできません。
大自然の恵みを享受させて戴くしかありません。Goto                    

IMG_7634.JPG
7/2石巻日日新聞

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月28日 05:42 | コメント (0)


SNS

2018年07月27日

コンビニで生ビール100円で販売してくれれば・・・猛暑に耐えられるのに・・・


昔からこの地方では・・一年でもっとも暑いのは・・・
梅雨明け三日と言って、梅雨が明けた後の一週間です。
それがどうですか。一週間どころか、三週間近くにも・・


さすがに気象の変化と申しますか、温暖化のスピードは予想をはるかに・・
さて、この異常猛暑をどうやり過ごすのか・・
実を申しますと、私は暑いのには滅法強くて、炎天下でも意外と平気です。
もちろん、帽子は被りますし、ネクタイはハズし、ワイシャツはクール仕立てですが・・


でも、汗っかきですので、水分の補給は心掛けています。
通常は、岐阜の名水・・「高賀の森水」をペットボトルのまま持ち歩いていますが、
実のところ、許されるなら、ビールが良いですね。
いっぱい汗をかき、喉がカラカラに乾いてのビールほど美味い飲み物はありませんから。


私は酒飲みです。ビールなど水代わり、少々飲んでも酔うことはないのですが、
酒は諸悪の根源と批判する人たちも結構いて、昼間っから飲むわけにもいかず・・・
控えているのですが・・・


このほど、セブンイレブンで専用サーバーから冷えたキリン一番搾りの生ビールが
100円で飲めると聞き(テスト販売される)・・淹れたての100円コーヒーと同じ発想で、
来客を増やすマーケティングはさすがと思いきや・・・
それが「延期ではなく販売中止」となったらしい。


「セブンが生ビール販売」・・・販売前からSNSで拡散、大炎上・・
「100円で生ビール、ええやないか」そんな声なら良いのだが・・・
どうも、「飲酒運転を助長するのではないか」そんな聖人君子のような、
苦情が殺到したようで・・・「今回の取組は現場レベルのテスト段階、
経営陣には報告していない」と担当者が弁明・・・


経営陣はイメージ低下や事故などのリスクを踏まえ中止を指示したと。
用心深いといえば、そういうことだが、ソーシャルメディアの時代。
誰しもがスマホで情報発信できる。従来の手法でのマーケティングは通用しない。


大手コンビニ7社の既存店客数は5月末まで連続27ヶ月、前年を下回る。
最大手セブンで2017年度、11年ぶり既存店の客数が前年を下回った。(日経7/20)
「店頭に置いたサーバーで鮮度の高い飲み物を提供する」
セブンの理念がSNSにもろくも崩れたということです。


予めソーシャルメディア対策もしっかり取り入れるか、
応用するかの工夫を怠ってはいけないという教訓だが、
逆もまたありで、SNSを仕掛けることも可能になることも配慮すべきではないか。


この猛暑、セブンが一杯、100円で新鮮な生ビールを提供してくれたら、
どれだけの人が、喉越しを楽しみ、猛暑に耐えられるか、平和な気分になれるか・・・
セブン経営陣の臆病風を批判する積りはないが、ビールに目を付けたとは、
さすが優秀な現場の人たちです。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年07月27日 05:48 | コメント (0)


宗教観

2018年07月26日

自分の力ではどうにもできない時、静かに合掌することも・・・


合掌して挨拶するタイの少年たち・・・生還できて本当によっかたね。
今更概況を説明する必要もないのだが・・・タイ北部の洞窟から救出された少年たち・・
後遺症の治療も含め検査入院していた彼らの健康が確認され退院、
記者会見の模様が報じられた。良かったですね。本当に・・

少年たちの頑張りに拍手ですが、同時に国家をあげての救出作戦を敢行した
タイ軍、警察、消防隊、英国を始めとする国際救助隊に改めて敬意を表したい。
そして、絶対に救助せよと厳命されたであろう「タイ国王」を忘れてはなるまい。


今後、救出の模様や暗黒の闇に押し込められた日々が
ドキュメントや本、映画などで赤裸々に報じられるでしょうが。
私は二つのことを思います。


一つは笑顔です。
記者会見・・・発見された時・・・・その様子をと聞かれ・・・
「素晴らしい瞬間だった、どう反応すれば良いか分からなかった」と
英国人ダイバーを見て思った。発見に戸惑ったのはダイバーの方ではないか。
9日間も閉じ込められていた少年たちが笑顔で迎えたのに驚きです。


普通なら憔悴しきり、安堵で泣きだすだろうに笑顔だったこと、
何と表現して良いのか分からないが、
笑顔が彼らを生還に導いたのだと思わざるをえない。


もう一つは、あのごく自然に手を合わせる姿です。
タイ人の礼は日本人のお辞儀と同じ、合掌に始まり合掌に終わるからだというが、
手を合わせるのは仏教の作法。国の背景、国民の背骨に仏教が染み込んでいるのでしょう。
これは私の持論ですが、宗教観のない人間は芯のない軟弱な人間だと思っています。


どの宗派がということではありません。
少なくとも救出された少年たちには人と接する時には、
相手を神仏のように敬い、尊ぶ、そうです。尊敬の念を抱けと教わってきたのだと思う。
人は一人では生きられない。自分と自分の周りの人たちに見守られ、
助けられて生きている。その宗教観が彼らを救ったのではと・・・


ふと考えます。
豪雨被害に駆けつけるボランティアの人たち。
この猛暑の中、メディアが熱中症に注意をと呼び掛ける報道に、
自分たちがそこに行けないもどかしさを感じているのでしょう。
引け目かもしれません。


困ったり悩んだり、苦しんだり、人は厄介な生き物ですが、
自分の力ではどうにもできないことに出会った場合、
自分の範囲内でできることはないかと必死で考える。


でも何もできないことばかりです。
そんな時、相手のために祈る。それしかできないと思わないで、
ただ祈る。そんな支援の仕方もあるのでは・・と
タイの少年たちが合掌する姿から学びました。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年07月26日 06:05 | コメント (0)


熱中症対策

2018年07月25日

直ちに・・・小中学校に、エアコンを設置せよ。


愛知県豊田市の梅坪小学校・・・例年恒例、一年生の校外学習「虫捕り」に
朝10時過ぎ・・112名が1キロ離れた公園へ・・・・気温32度。
目的地11時着、33.4度・・気象庁はこの地方に「高温注意報」をだし・・
熱中症対策を呼び掛ける。


学校に戻ると、男児に熱中症の症状が現れ、病院に搬送したが、死亡。
他にも女児3人が不調を訴え、1人は嘔吐で入院した。
その日、教室の温度は37度に達する。扇風機4台は回転するが冷房はなし。


校長「これまでこの時季の校外学習では大きな問題は起きていなかった」と、
異常な暑さが続くことに「正常性バイアス」が働き危機感がなかったことを認めた。
正常性バイアスとは「異常事態」が起きても「たいしたことではない」と
過小評価して平静を保とうとする心の働きのこと。


高温注意報が頻繁に発せられる異常な気象状況。
気象庁は「命を守る対策を」と呼び掛ける。
取分け熱中症対策には、水分補給を怠るな。冷房の効いた部屋で・・と、
「子どもに諭すように」細かな注意を喚起する。

メディアも、連日、ニュースで熱中症搬送者が激増を伝え、注意を促しいる。
私は思うのです。熱中症予防への注意は高齢者への呼び掛けになってはいないかと。
現実は高齢者も若者も子どももないのだが・・高校野球観戦での熱中症搬送は高校生です。


何事にも「ガイドライン」を設け、厳しく対応する文科省であり、教育委員会であり、
地方自治体ではないか。対策よりも異常気象の方が先だったとは言わせない。
高温注意報は昨日今日のことではない。5年以上前から毎年発令されいる。

少なくとも、男児の不幸な事故のあった日、教室の気温は37度。
全国の・・とは申しませんが、愛知県の公立中小学校のエアコン設置率は
27.8%・・・梅坪小学校も無設置。親からは何度も要請があったとも・・・

「教室でのエアコンは子どもを熱中症から守るための最低限の施設整備」
実態調査ではエアコンが設置されている自治体とない自治体は明確に別れている。
非常に不公平だといえないか。


補助を増やすなど、国の責任で一気呵成に取り組むべきではないか。
予算が・・・などと言う政治家は一人もいないハズ。なぜ早急に対策が講じられないのか。
原因は二つある。教室に冷暖房など・・と宣う、首長を選んでいる住民に。
もう一つはやっぱり、文科省の怠慢に責任があるのではと思うのだが・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月25日 05:35 | コメント (0)


鏡を見よう、日本

2018年07月24日

鏡さん、日本より人命を尊ぶ国があったら教えて下さい。


「自分を鏡に写すより、人の振り見て我が身を正せ」・・・
村田英雄さんが歌った「柔道一代」の一節です。
朝日が耕論のコーナーで、鏡を見よう、日本。という特集を組みました。


鏡よ鏡…世界で一番ステキな国はどこですか?
「それは日本」という声も多そうだが、子供が減り、急速に老いてゆくこの国
移民問題には及び腰の、その自画像を描いてみたら・・・
そんなリードで識者は語る・・・


仏国の人類学者氏・・・1990年代、初めて訪日、将来の人口動態を語る人は多かった。
欧州よりも意識が高いと思った。来日は17回・・・少子化は顕著になり人口動態は危機に
、日本人には何も行動しないまま議論し続ける能力に長けていると。


日本の問題は・・・家族人類学の視点でみると長男が家を継ぐ直系家族、
往々にして男に特権がある。消えつつある家族体型だが、
その価値観はゾンビのように生き続けている。
働く女性が子供をつくれない根本はそこにあると分析。


些か陳腐な説だが、ドイツも直系家族だったが近代化と同時に
価値観を変えた。その象徴がドイツは移民を最も受け入れる国となった。
だが、日本は直系家族の思想が移民の足枷になっているとも。


そして独特の日本文化。礼節にこだわり、人に迷惑をかけない。
移民にあてはめると、礼節という文化は瞬時に犯される。日本人には許されないだろう。
だが、現実はもはや移民を拒むことは不可能と。

技能実習生という名の「移民」はすでに始まっている。
自分たちだけで暮らしたいという閉鎖的な夢と、外への解放という現実。
意識が現実と切り離され、移民の流入はウソの中で始まっている。
政府は新たに分野を絞ってだが、50万人の実習生を受け入れると発表した。
人口動態の危機は、鏡に写っている自分に目を背けている日本があると。


もう一人、ユナイテッド・ワールド・カレッジ(UWC)代表の鏡の話も面白い。
UWCは生徒の7割が留学生。8月からの新年度、日本を含め73ヶ国から192名の生徒が。
設立の目的は「変革する人」を育てること。様々な国の文化を背負った生徒、
その価値観を知り、違いは話合いのながで、「事実」と向き合い解決策を見つける。
だれでもわかる「事実」を共有することで、理解が統一されていくことを学ぶ。


その過程で生徒たちは自らを見つめることになり、
自分は何を当たり前としてきたか、何に疑問なのか、何が得意なのか。常に問う。
それには「鏡」が必要で、当たり前が通じない人が「鏡」となる。


多様の中でアイデンティティーを見つける・・・
生徒たちの話ではない。この国の全ての人が自分たちの「当たり前」を疑ってみる
時期に来ているのかもと、投げかける。そうかも知れない。


いずれも納得できる。鏡との向き合いだと思う。
私は、災害が発生する。被害者が出る。するとどうですか。
忽ちに消防が警察が、自衛隊が緊急出動し援助にあたる。


更には、その背景には自治体職員が不眠不休でバックアップし、
インフラを復活させる手配、被害者一人ひとりが生きていくための差配を振るう。
世界にこんな素晴らしい国がありますか。
鏡よ鏡・・・日本よりも人命を大切にする国があったら、教えて欲しい。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年07月24日 05:20 | コメント (0)


相撲占いあたってまった。

2018年07月23日

大相撲御嶽海優勝に溜飲が下がる思いです・・・それと服部桜2勝目に注目。


手元に7/21付「信濃毎日新聞」の号外があります。
もちろん・・・中日新聞のも。こちらは4頁の豪華版です。
そうなんです。大相撲名古屋場所、御嶽海優勝の報です。


全ての県民がテレビ桟敷にかじりついていた・・その優勝の瞬間、
たまたま長野県にいましたので・・県民あげての大声援を共有、手にした号外です。
角界大ファンとしては嬉しいですねぇ。


ちょっぴり恥ずかしいのですが。
このブログで、今場所の優勝力士は・・・と毎場所占ってきましたが。
今まで、一度もあたったことがありませんでした。連戦連敗です。


今場所も、鶴竜の充実した気力、白鵬の復活と両横綱が安定・・・
段違いの強さを見せる新大関栃ノ心・・・カド番にめっぽう強い
豪栄道に高安の大関陣・・・優勝はこの中から出るのが順当。
でもそれではと、今場所は自力も付き圧力が増してきた・・
御嶽海もありかなぁと、思い切って、予想は御嶽海としましたら・・・


とんでもないことに・・両横綱と新大関が揃って休場・・
優勝の椅子がぽっかり空いた。そこに御嶽海が「やってまった」(岐阜弁、NHK朝ドラ・
決め台詞)・・・占いが有史以来(大袈裟です)「あたってまったであかんわ」(岐阜弁です)


「オイオイ、おめぇのいっとんさったとおりになってまったがね」
「オメェさんもやりんさるなぁ。すみにおけへんであかんわ」
(訳です。あなたの言った通りでしたね・あなたなかなかのモノですねぇ・岐阜弁)
なんて、メールやら携帯を頂きました。


偶然とは恐ろし、下手な鉄砲も数撃ちゃなんとかです。
でも「ちょうしこいとったあかへんわ。いっぺんぐれぇあたっても」、
そんなもん、まぐれやであかへんわ」「もういっきゃあたったらてぇしたもやけど」
なんて、励ましなのか、批判なのか来場所も占えって・・・・


御嶽海には、来場所、横綱稀勢の里も出場して、三横綱、三大関の上位陣と
堂々渡り合い、連覇して大関になってもらいたいモノです。


そうそう、このブログで大相撲ファンになって頂いたみなさんに、
ぜひ、応援して欲しい力士がいますので紹介します。


もう10年ほど前になりますか、地方競馬で活躍?したハルウララを覚えていますか。
そうです。192連敗で大フィーバー。負けて人気が沸騰した名物馬です。


角界、本場所は午前8時半頃・・序の口から番付順に取り組み始まります。
初土俵を踏んで以来、18場所で(年六場所ですから3年間)
2勝116敗1休、序の口34枚目(番付最下位)・・・服部桜という力士がいます。


1勝目から2年以上、勝ち星なかったその服部桜。
今場所三日目に登場、勝って2勝目あげ、連敗を89で止めました。
「負けても負けても諦めずにぶつかっていく」小兵の姿、思わず涙がでます。


服部桜の「逃げるのが一番負け」その姿勢が注目され、彼は8時半の力士と
ネット上でフィーバーしています。
NHKのBSでは8時から本場所の中継があります。
来場所は御嶽海の大関取りの他に、ぜひ、服部桜を応援しませんか。Goto

IMG_7635.JPG IMG_7636.JPG
7/21中日新聞号外     信濃毎日新聞号外

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月23日 05:00 | コメント (0)


野村証券が農業?

2018年07月22日

農業は限りない可能性秘めた投資案件か?


水に生息する「藻」をご存知ですね。
ワカメ、昆布、ひじきなどの海藻はマクロアルジェといいます。
クロレラとかユーグレナなどは微生物の部類に入る藻はマイクロアルジェといいます。


昔の話ですが。昔といっても30年以上前です。
マイクロアルジェの管理培養に携わったことがあります。
浅い楕円形のプールを造り、水を入れ繁殖させる。水車を回して撹拌、水温と栄養素を・・
CPでコントロールし一定の濃度に達したら、収穫するのです。
今で言うところの、ICT(情報通信技術)で管理し生産する農業ってとこでしょうか。


証券大手の野村が、農業に力を入れています。(朝日・経済欄))
09年、農地法が改正され、企業が農業に参入しやすくなった。
大手の食品メーカー、カゴメやカルビーなどが、既に成功を収めている。

野村も10年には北海道で農業法人を設立、今ではトウモロコシなどを出荷している。
千葉県にも野村が出資する「野村和郷ファーム」があり、甘くて高値で売れる
「フルティカ」という品種のトマトをビニールハウスで栽培。30トンを出荷している。


農業分野への投資に脈ありと、独特の臭覚と先見性で見抜いているのであろう。
記事を読んで、二つの点で面白い。一つは千葉の成田を拠点にしている。そうです。
「早朝にとれた野菜や水産物を空路で同日中に海外のスーパーへならべる」
空港を生かす点です。


もう一つは斜陽著しい「卸売市場」を再生させ、農産物輸出用に据える点です。
農産物や海産物を個別に輸出するのは難しい。そこは卸売市場ノウハウが必要。
成田市が20年をメドに空港近くに市場を移転する好条件に恵まれて。


私が大上段に振りかぶって、野村が農業分野投資の可能性を確実なものにした・・
などと申し上げるつもりはないが・・
農業は既にICTによって生産される時代へと移っている。


これに自動化が進み、AIが導入されてくれば、農産物は重要な輸出産業となる。
農業新時代も遠くない。農業は限りない可能性を秘めた投資案件か?
野村の農業投資に対する動きを注視したい。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月22日 05:07 | コメント (0)


一年間で37万人減少

2018年07月21日

人口減少に抗うのは移民しかないと、官僚は理解しているのでしょうね。


世の中って、なんでこんな矛盾がまかり通るのでしょうか。
労働人口の減少が招いている社会問題だとは思わないのですが、
日本列島、どこも人手不足で、てんやわんやの状態です。


総務省が発表した2018年、1月1日時点の人口動態調査によると
日本人の総人口は1億2520万9603人で、9年連続減少。
前年から37万4055人減り、減少幅は1968年以来最大となった。


同時に15歳から64歳の生産年齢人口は初めて全体の6割を切った。
都市化が益々進み東京、関西、名古屋圏を含む三大都市圏の人口は、
日本全体に占める人口の割合は12年連続で5割を超えた。


更に、関西圏と名古屋圏の人口は減少したが、東京圏は前年から増え・・
東京一極集中が益々顕著になった。出世数も94万8396人で、調査開始以来最少。
死亡者数は134万774人で過去最多。自然減は11年連続で、39万2378人と過去最高。


どうするのですか。この現実。人口減少がここまで顕著になったのです。
そんなこと、お構いなくって、言うのは勝手ですが、
急激な人口減少は、国力を衰えさせます。手を打てといっても、
今迄打っても抜本的に解決していないのですから、何もして来なかったと同じです。


もう一つのデータです。基本台帳に基づく人口調査では、
外国人は249万7656人、前年より17万4228人増えた。
増加幅は統計を取り始めてから最大。9年連続で減った
日本人労働力不足を外国人が補っている形です。


何もして来なかったのではない国民の合意が得られない移民を隠し、
着実に移民を増やしているのです。
表向きは移民なんて認められないといいながら、内実は、外国人労働力を増やす。
これを矛盾と言わずして何というのか。


私は、移民仕方なしという考えですが。
国民的合意無くしての移民はあり得ないと思っています。
人口減少がここまで顕著になった以上、これ以上労働力を低下させるわけにはいかない。
移民についてもう少し、真剣に論じるべきではないか。
もはや、遅きに・・・と思うのですが、何を躊躇しているのでしょう。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月21日 05:36 | コメント (0)


高校野球はプロ野球の下請けか?

2018年07月20日

軟弱なプロスポーツにちょっと怒ってみました。


お暑うございます。心頭滅却すれば・・・などとは申しません。
暑いものは、暑い。どう避けるのかも知恵です。
どうぞご自愛願います。


暑いといえば、スポーツ。女子プロゴルフの試合で・・・
2人が熱中症でダウン。ゴルフは炎天下のスポーツです。
気を付けて欲しいのですが。スコアが振るわないから・・逃げたなんて
思いたくないのですが。寒冷シーズンや夜にはできないスポーツなのです。
精神論では片付けませんが。東京五輪の開催は盛夏の八月です。
こんな軟弱アスリートでは・・・


私はゴルフが大好きで、日祭日を利用して、ラウンドしますが、
この炎天下でも、カートには乗りません。あいつは砂巻き爺さんだと
揶揄されながらも、目土用の砂袋を下げ、「高賀の森水」(奥長良川の名水)を飲みながら、
汗を拭いながらセッセと歩いています。


大相撲もなんですか。白鵬も鶴竜も。何が横綱か。
勝負事です。体調が振るわない。気力が萎える日もあるでしょう。
でも、力士にとって本場所は命を賭けた職場です。


簡単に休み過ぎではないですか。勿論、大元は8場所も連続休場の
稀勢の里を許すからです。相撲協会はどうなっているのでしょうか。
大甘の横綱審議会って、総入れ替えです。


稀勢の里、来場所出場し3日目で引退するなら許されません。
責任は理事長に取ってもらわねばならないでしょうね。
15連敗してでも土俵に上がり続けての引退なら、良くやったことになるでしょうが。
先代隆の里親方なら、もうとっくに引退させていたでしょうが。緩い・・・
白鵬も鶴竜も情けない責任感が感じられない。


と怒って見ても、結局は本人よりも相撲ファンが問題です。
いや、メディアかな。なんでもメディアのせいにはしたくないが。
大相撲も横綱の権威もわかってないから仕方ないか。


ついでに、なんですが。プロ野球オールスターの松坂。
ファン投票で投手部門のトップにしたのは、ファンです。
プロ野球がサッカーに勝てなくなるのは、時間の問題ですね。
オールドファンの懐古趣味がオールスターゲームでは。


ついでのついでにもう一つ。高校野球。100回記念だからと、
往年の名球児を次々に引っ張りだして、始球式をさせるそうですが。
高校野球は高校教育の一環なんでしょう。プロ野球の養成所なんですか。


例えそうであっても、建前は崩してはいけないのでは。
朝日新聞って、権力批判の建前を崩さないから朝日なんでしょ。
100年を機に主催権を読売に売ってはどうですか。
高校球児を巨人の従業員として面倒見てくれますから。
そうなれば、高校球児もプロの卵として、誇りを持って野球に取り組めるじゃないですが。


たかがスポーツですが、なんとも まぁ・・・
この体たらくでは無様なものです。
それにしても、この7月の猛暑に・・・2年後東京五輪ですよ。
何を考えているのでしょうかねぇ。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月20日 05:40 | コメント (0)


茗荷の効用・・・

2018年07月19日

夏バテ防止に、茗荷が役立つとは・・・                       


昨日のことさえ思い出せない高齢者ですが、
私が大好きな夏の野菜は、いや野菜と呼んで良いのか・・・
なすびでもキュウリでもトマトでもありません。


冷麦の具に最適。野菜の天ぷらにはこれがなければ・・・
そう醤油を掛けてやっと味がする奴豆腐もこれと合わせれば、
豆腐の味を引き立たせてくれる。そうです。茗荷のことです。


子供の頃から、親父どのが、刻んで鰹節を掛け、醤油を垂らすだけで、
酒の摘みにする茗荷。恨めしそうに眺めていると、
チョッとだけ、親父が口に入れてくれた・・サクサクとして、妙に後味がピリッとして、
脳細胞が活性するような刺激があって、何とも美味かった・・・


でも、母親が「子どもは茗荷を食べたらあかん。忘れっぽくなって、
物覚えが悪うなる」「あんたはタダでさえ、アホなんやで、茗荷食べたらあかんで」と
茗荷を食べさせてもらえなかった。ほんまかいな、「俺がアホなのは、
俺のせいではないく、母親が・・」などと思っていたのだが。


なぜ、「茗荷を食べると物忘れが激しくなるのか」そんなのは迷信じゃないかと
ずーっと疑問に思っていたのだが。子どもの頃に親に言われたことって結構、残っているもの。
子育て中の若い夫婦には注意です。


お釈迦様の弟子で周利槃特(しゅりはんとく)という人がいた。
物覚えが悪く(私のような坊主です)自分の名前も覚えられないために、
背中に名前を書いたのぼりを背負っていた。何でもそうですが、
能力ではない。頭の良し悪しでもない。継続して修行を重ねれば、
誰でもが一端にはなれる。槃特・・真面目にひたすら・・・
精進を重ね聖人に上り詰めた。


亡くなったあと、槃特の墓から生えた草を「名前を背負った」ことに
ちなんで、茗荷と付けた。それが茗荷を食べると物覚えが悪いとの謂れだとか。
何とも誤解されたものです。


落語にも「みょうが宿」があり、百両もの大金を帳場に預けた客に、
宿屋の夫婦、みょうが三昧の料理を食わせ、
翌日、客は金を忘れ旅立つ。夫婦はしめたと大喜び。悪事は悪事、上手く行かない、
客は思い出して戻ってきた。百両儲けそこなった夫婦。
女房、「あんた他の忘れたモノはないかい」亭主「あっ・・宿代もらうの忘れた」
そんな落ちです。(読売7/13)


茗荷は世話の掛からぬ野菜。庭の日陰でもすぐ育つ。
匂いが強い野菜。その匂いというのが、アルファビネンという成分で、
独特の香りを発し、大脳皮質に作用しボーっとした頭をシャキッと冴えさせるそうな。


カリウムを多く含み、高血圧で悩む人には血圧を下げ、
心拍数を正常に調整する作用や、水分量の調整もする。
漢方では血行を促進し、新陳代謝を旺盛にし、おまけに、
発汗作用もあり、呼吸まで整えてくれる。妙薬だそうな。


子供にはそんな薬効は必要ない。
それが、子供に茗荷を食べさせない理由だそうな。
何とも面倒な野菜だが、大いに食べて、この猛暑を乗り切りたいものです。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月19日 06:09 | コメント (0)


安倍3選への布石

2018年07月18日

熱中症で搬送される高齢者のように、支持者が増える?

暑中お見舞い申し上げます。
日本列島、猛暑の日々が続きます。
高齢者が熱中症で搬送されるニュースが連日報じられ、
盛夏の風物詩のようです。(不謹慎な言い方です)


でも、これだけメディアが、水分を取れ。冷房の効いた部屋で過ごせと、
高齢者に呼び掛けているのです。それでもこの騒ぎ・・・
猛暑に責任などない。この国には自己責任という概念ないのか。
それとも、昔から、高齢者は熱中症でバタバタ倒れていたのか。
高齢者の(まだ前期ですが)一人として、恥ずかしい思いです。


えっ・・・偉そうなことを言うな。オマエもそのうち熱中症に罹るぞ。
年寄りと言うのは、身体に自助作用がなくなり、水分管理ができないのだ。
無理に熱中症になっているのではない。バカモノ・・でも私も古希ですが・・・

いや、熱中症の話ではない。熱中症に罹っているのではと首を傾げたくなる
・・政治の話です。暑いですから、単刀直入に申します。
安倍さんの自民党総裁、3選って、ありですか?


西日本豪雨で250名もの犠牲者をだした・・外遊など行ってられないと、
取り止めたのは良いが。その豪雨日に仲間を集めドンチャン騒ぎ・・
また、それをツイッターに投稿する議員がいる・・緊張感ゼロ、
やっていることがチグハグです。完全に3選確実、気の緩みでないですか。


参院6増案・・・元自民党参院幹事長から「選挙制度は国民のためにある。
自民党のためではない。原点に立ち返って考えて欲しい」と悲痛な訴え。
3選狙いで自民党参院の取り込みが目的の法案・・許されますか。この奢り・・


もう一つ。この時期は各省庁が来年度の予算編成を始める。
その際のルールである概算要求基準を閣議決定したが、
当初予算案の歳出総額、初めて100兆円を超える可能性を容認。
成長戦略には約4.4兆円OK、消費税増税に向けての経済対策は青天井。


どうですか、この異常なバラマキ予算編成。財政危機など眼中にない。
この狙いは景気回復ですか。違うでしょう。3選のためでしょう。
どうもです。国民に痛みを強いることには目を瞑り、自民党の議員にはゴマを擦り、
政策のみならず、日本の将来に真剣味を感じない。


次々に繰り出される3選への策に、まるで熱中症に罹る高齢者のように、
自民党議員が次々に安倍支持へと搬送される。
安倍政権の施策を否定するモノではないが、政治って、こんなものでしょうか。
政治は一寸先は闇ですが・・・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月18日 06:04 | コメント (2)


W杯ウラ話

2018年07月17日

お産に立ち会うくらい家族が大切なら・・・離婚するなよ。

お暑うございます。
美談なのか。それとも時代なのか。いやこんな程度なのか?
おっさんには理解しがたいので、諸氏に判断を仰ぎたい。
日本列島を襲う熱中症の話ではない。


世界を熱中させ、フランスが優勝して閉幕したW杯のウラ話である。
私がこれぞコラム二ストと尊敬する毎日新聞の論説委員、
福本容子氏が書く夕刊、特集ワイド・・「ウラから目線」のコラム・・・・

サッカー選手なら誰もが憧れるのが・・・プロチームの選手になること。
そして、その国を背負う代表チーム入りですね。
代表入りしたら、次なる目標は4年に一度開催されるW杯の本戦出場。
そして・・・W杯優勝ですね。そのために血の滲むような努力を日々重ねる。


サッカーは世界で最も競技人口の多いスポーツです。大半が国技になっています。
国の代表に選ばれ、W杯に出場できれば、サッカー選手としては大成。
それで、生涯生きていけるほどです。ましてや、ゴールでも決めれば
富と名声を手に入れ「半端ない」人生が待っています。
他国に比べればまだまだの日本ですが、世界は凄い・・・


そんな・・・折角のW杯代表に選ばれたのに・・
試合よりも大事だとチームから離れた選手が3人います。
一人目、デンマーク代表のヨスナ・クヌセン選手(25)・・


妻の初めての出産が予定よりも3週間早まり・・・
代表チームがロシアに到着した翌日、帝王切開。母子とも健康というが、
早く会いたいのではと思ったチームメイトたち。

金を出し合い、一時帰国用のプライベートジエットを用意。
スマホで会話も映像も見られる時代だが・・妻を抱きしめ我が子に触れたいと。
さすがに家族愛溢れる欧州・・

二人目は・・・スイス代表チームのブレール・エンボロ選手(21)・…
5歳の時、母親と共に祖国カメルーンを離れ母親とスイスへ。
「スイス代表チームが僕の全て」と言うが・・・w杯決勝トーナメント進出を決め・・
終わるやいなやスイスへ帰国。理由は妻の出産。空港から病院に直行お産に立ち会う。
トンボ帰りでスェーデン戦に・・・なんとか間に合ったが・・・結果は?


3人目は、イングランド代表のファビアン・デフル選手。28歳、始めてのW杯出場・・
だが、「家族が一番」と長女、次女と一緒に妻の出産に立ち会うため戦線離脱。
妻はキャリアウーマンだし3人目の子・・・英国メディアでは賛否両論が。

この家族愛に溢れる3人・・・
日本ならどうでしょうか。長友佑都選手が妻の出産のため、決勝トーナメントを辞退
日本に帰国したら。えっ・・・日本の場合は「奥さんが母親も姉妹も付いているから
あなたは後顧の憂いなく存分に。怪我はしないでね」なんて呼び戻すことはない。
と思うのですが。(私が古いですかねぇ)


まず、W杯を放棄して出産に帰国することは時代が変わってもないのでは・・・
ところ変われば考え方も変わるもの、いや、欧米は夫婦の愛情、家族愛の強さが、
東洋の端っぽの日本とは違うのですねぇ・・・・


福本さんは・・・欧州でもちょっと前は「家族を顧みず」が断然カッコ良かったのだが、
かけがえのない仕事をすることと家族を大事にすることは二者択一ではない。
そうさせてはいけない。世界の頂点を目指す男たち新しい横顔に勇気づけられW杯だったと・・
鼻を鳴らすが・・・・

欧州の離婚率は世界で際立って高い。デンマークは60%以上。
スイスも順位は20位以内、イングランドも同様です。日本はその半分以下です。
折角、W杯に選ばれたのに、病院で管理されて産まれる子のために・・・


補欠、あるいは惜しくも選に漏れた人のことは無視して・・・それで良いのかと思うのだが。
私の願いです。この立派な3人です。離婚など絶対ないと思いますが、
離婚が日常化しいる欧州の国々です。子どもためにW杯離脱・・・
子どもと離婚は別だと言わないこと願う。諸氏はどう思われますか。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月17日 05:13 | コメント (0)


新聞を読もう

2018年07月16日

朝寝坊の解消、規則正しい生活習慣を身に付けるためにも・・・


文科省がこんな分析を続けています。
全国学力・学習状況(全国学力テスト)調査の結果分析です。
どのエリアの学力がどの程度かの調査ではありません。


小6と中3の国語、算数、数学の成績と、抽出校の保護者約14万人へのアンケート調査です。
保護者の年齢や学歴など家庭の社会・経済的背景を指標化して
4段層に分け平均正答率との比較です。


官庁の調査です。4段階の分岐点を明確にはしていませんが。
要は経済的背景・・・即ち、親の収入が子どもの学力にどの程度影響しているかを
調査、分析しているのです。分かりやすいですね。


官僚的に申します。いずれの教科でも階層が高くなると正答率も高い。
差が顕著だったのは基礎知識を問う中3の数学A。
最も高い階層の正答率は77.1%で最も低い階層が52.1%・・


なぜ、こうなるのか。簡単ですね。学習塾に行かせる余裕があるかないかです。
私的には、学校で塾に行かなくても正答率が高くなるようなぜ、教えないのか。
そんな基本的な疑問残ります。


でも、この分析で面白いデータがあります。
最も低い階層(嫌な言い方ですね)でも学力が全体の上位25%に入った子供の家庭で、
「小さい頃から絵本の読み聞かせをした」「本と新聞を読むように勧めた」
「毎日朝食を食べさせている」「計画的に勉強するように促している」との質問に
ことごとく当てはまるそうです。


子供の学力向上に生活習慣や親の意識が如何に影響を及ぼすかを示しています。
「新聞命」の私としては、子供の頃から「新聞に親しみ、新聞を読む癖」が
付きますと、子供の学力が大きく伸びるのを証明したと喜んでいます。


新聞各社は子供新聞に力を入れています。
経済的に余裕ないから新聞を購読しないなんて言わないで、
最も廉価な教育だと(だいたい週間で500円程度です)腹を括って、
購読し、読ませて欲しいものです。


経済的背景で子供の学力が低いなんて言われるのは、親の恥です。
もう一つ。新聞科学研究所なる機関があります。
1946年創立、70年の歴史があります。目的は新聞購読の普及です。


さまざまな生活シーンで新聞が役立つことを多様な調査結果から
分析、紹介することです。最新の調査結果です。
新聞の購読者と非購読者を2472人調査した結果、新聞と朝寝坊に意外な
関連性があることがわかった・・・


「寝坊が少ないか」との問いに新聞購読者は72.9%、非購読者は60.0%少ないと回答した。
その差12.9%。「朝食は必ず取るようにしている」「快眠できていることが多い」
のも購読者の方が多い。なぜか。新聞を読む習慣が規則的な生活リズムを作っているから
と分析している。この研究所は日本新聞協会のプロジェクトですが。


新聞を読もう。子供の教育にも良い。寝坊もなくなる。
梅雨空が恨めしですが・・朝が重要です。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年07月16日 05:28 | コメント (0)


人手不足

2018年07月15日

人生すべて良し。悪循環を好循環に変えて・・・・


悪循環とはこう言うことか?
労働力不足がもたらす矛盾に思わず納得せざるを得ない。
失業率が過去最低の日本。全国各地の求人倍率が最高を記録している。


であれば、賃金が上がるハズなのになかなかそうはならない。
背景には人手不足がここまで足かせとなれば、経済の活力が落ちる。
企業としては成長への期待が持てなくなり賃上げをためらう。
ためらえば、人手不足はますます激しくなる。まさに悪循環です。


どうすれば良いのか。
すべては労働人口の減少が原因、安易な手段だとの批判を覚悟で、
敢えて移民説を唱えます。他に方策はありません。しかし島国に日本です。
労働力解消だけでは済まない問題もあり簡単ではないのが現状です。


他には、高齢者に働いてもらう。ただ高齢者は短時間労働を選ぶ人が多いという
制約があり、労働力としてはいささか問題である。
定年制を70歳まで引き上げる案が手取り早いのだが、国会では議論に至っていない。


生産的の向上により、労働不足を解消する方法がある。企業の根本的な問題です。
ITを活用し労働効率をあげるのですが、それには現存の労働者を教育せねばなりません。
その手間暇を掛ける余裕が企業サイドにないのが実情です。


いずれは、人手不足がもたらす省力化の動きで生産性に寄与するでしょうが、
いずれはまで、持ち堪えられるか。人手不足を教訓に、次なる一手を打てる企業のみが、
生き残れるギリギリの時代になっているといえます。


労働力不足をバネに悪循環を好循環に変える。
人生すべて良し。上機嫌で難題に取り組みたい。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月15日 05:45 | コメント (0)


日銀短観

2018年07月14日

なんともアナグロチックな調査方法ではと思うのですが?


景気の動向は日本の経済を左右する。どのように動向を判断するのか。
日銀の企業短期経済観測調査(短観)がひとつの指標になっている。
日銀が7/2に発表した短観では2期連続で悪化・・・経済の拡大に足踏み感がと発表。


日銀短観は企業の業況調査で、3・6・9・12月に・・・
計数調査と判断調査によって判断され年4回発表される。
計数調査とは売上や雇用者数、金融機関の借入金などを計数的に計る。
判断調査は生産、売上、在庫、設備投資、企業収益、雇用、企業金融の
項目に対して「良い」「さほど良くない」「悪い」で企業アンケートを取る。


私の勝手な思いだが、3ヶ月ごとに企業の経営者に景気の判断を求めることが、
妥当かどうか、3ヶ月ではそんなに変化がないのではないか。
方向性が分かれば良いのが判断調査だろうが、それで振りまわされては、
じっくりと成長に取り組むことができないのではないか。疑問である。

今回の調査結果を見ても、目新しい判断は何もない。
原材料費の高騰が重荷となり大企業の景況感が二四半期連続で悪化した。
当たり前で、米国によるイラン封鎖、エイペックによる量産と価格統制、
石油化学製品を扱う企業が軒並み不安にかられるのは必然だ。


それと、求人倍率が軒並み2.0に近づく異常・・・人材難と人件費の上昇、
AIとは言わないが、IT化を進め生産をロボットや合理的ライン化を計るか、
それとも、外国人労働者を受け入れない限り、人件費の上昇は仕方がない。


そのことを企業が訴えているのだが、短観はコスト増を価格に転嫁できない
状況が景気拡大の足かせになっていると分析する。
しかし、物流各社は「労働コスト上昇に耐えきれず」値上げに踏切っている。

それと、車や機械関連が、米国による貿易摩擦を先行きの懸念材料と判断しているが、
それも当然のこと、中国に対する鉄鋼、アルミに340億ドルの追加関税を発動したのです。
そして、自動車や機械、非鉄金属まで米国は制裁関税の爼上に乗せたのです。
欧州も含めて世界「貿易戦争」が勃発しているのです。景況感に不安なのは当然。
短観で指摘して頂かなくても、各企業の危機感は増しています。


さて、本題です。日銀の短観を俯瞰すれば、確かに日本経済の景況感を
経営者の目で大局的に判断するには妥当だと思います。
でも、です。良し悪しの感で、判断調査に依拠するには無理があるのでは?
今やAI時代、日銀短観にもAIでの景況判断を取り入れる時ではないか?Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年07月14日 05:50 | コメント (0)


プラごみ

2018年07月13日

日本は、なぜG7の海洋プラスチック憲章に署名しないのか。


東京農工大教授の調査です。東京湾で水揚げされたカタクチイワシ・・
その8割近くからプラスチック片が検出されたと。
海に流れでたプラスチック製品が漂う間に紫外線や波の力で
粉々(細胞片・マイクロプラスチックというそうです)になり・・・


魚介類やプランクトンが餌と間違って食べた結果だそうです。
「マイクロプラスチック」は有害な化学物質を吸着し易く、
海の生き物(魚介類)が食べて体内に入り蓄積・濃縮され・・・それを人間が食べると・・
人体に悪影響がでると考えるのは容易に想像できる。


発ガン物質に変貌したとの報告はないが、今後研究されるだろう。
そうなると、いちいち魚のマイクロプラスチック含有率を調べて食するなんてことに。
魚に・・・オマエが食べれないものは食べるなと警告したいのだが、そうもいかない。


プラスチックゴミ(プラごみ)は1970年代に死んだ海鳥やウミガメらが餌と間違えて食べ、
プラごみの破片が見つかり問題になり、90年代の後半には太平洋に大量にプラごみが
漂う海域が見つかった。・・・太平洋プラごみベルトと命名されている。
ベルト地帯は、日本の国土の約4倍の面積になると・・・恐ろしいことです。


このまま放置しては地球汚染が広がる。環境破壊になると・・・
先月開催されたG7首脳会議で海のプラごみを減らす数値目標を盛り込んだ
「海洋プラスチック憲章」が採択され、6/5の世界環境をテーマに
「なくそうプラスチック汚染」が選ばれた。

海に流出するプラごみは年間800万トン。現在漂うプラごみは1億5千万トンを超すという。
(日経・ニュースな科学)・・・現在流出量が最も多い国は中国で、東南アジア諸国が続く、
EUでは使い捨てプラスチックの全廃を打ち出し、国連環境計画によれば、
世界で60以上の国が使用削減に動いていると。

日本と米国はプラゴミを多く出す新興国が参加しない「海洋プラスチック憲章」に
加わるのは意味がないと署名を見送った・・・・
他にどんな背景があるのかは、想像が付くが、やはり、世界有数の海洋国としては、
日本はこの憲章の推進役となり、中国や新興国に参加を呼びかけるべきではないか。


それと同時に、プラごみの80%は家庭ごみです。
回収、リサイクルの仕組みを強化して、再利用を可能にし、
海への流出を激減させる知恵を日本が出すべきでないか
そして、地球環境に積極的に取り組む姿勢を世界に示して欲しいと願う。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年07月13日 05:39 | コメント (0)


文科省の体質

2018年07月12日

教育は国家百年の大計です。                          

医師と弁護士では生涯実入りでどっちが多いと思いますか?
多分、医師じゃないのか。そう判断したわけではないと思うのですが。


文科省のエリート官僚が逮捕された。
医科大学に便宜を計る見返りに自分の子どもを合格させる受託収賄の疑いで。
東京地検が逮捕したのです、裏はしっかり取っているのでしょうが、
どこでどう発覚したのか?俄かには信じ難い事件です。(完全否認しているようです)


事件の背景は今後解明されて行くのでしょうが。
これが事実なら、文科省は利権の巣窟ってことになりませんか。
教育は国家百年の大計です。国の根幹です。
その教育を司る文科省が腐っているなら、この国に未来はない。


文科省と大学の関係は文科省が許認可権を持ち、学部設置許可や交付金、
助成金配分など強い権限があり大学の殺生与奪権を握っている。
因みに私学助成金は約3150億円である。


だから、文科省は大学を思いのままに扱うことができる。
去年でしたか、大学への違法な就職斡旋が問題になった。
これこそ政治の責任で完全廃止にすべきだと思うのですが。
官僚全体の天下り問題にすり替わり、曖昧に終わったと記憶している。


日経によれば、逮捕された官僚は、再就職斡旋問題の全容が明らかになり、
綱紀粛正と再発防止の責任を負う立場の官房長だった。
と言うことは、文科省そのものが、違法な天下りなど日常茶飯事、大学と癒着し、
利権を貪ることが当然視されているのでは・・・


多分だが、金銭を要求したのではない。子どもの点数を加算させたぐらいで、
収賄罪なんて、とんでもないと、塀の中でも思っているのではないでしょうか。
「やったことを、やってないことにはできない」と見栄を切り辞めた幹部がいましたが、
彼はこの件にどんなコメントをするのでしょうか。


まさか。犯罪だとは思っていない。
「やってないことを、やったとはいえない」とでも強弁するのでしょうか。
識者は大学の過当競争が生んだ悲劇のように言うが、少子化が顕著になり、
人口減少が叫ばれているにも拘らず、大学を認可し続けたのは文科省です。


乱暴ですが、この事件は文科省の体質が生んだ事件ではないのか。
エリート官僚個人の犯罪に留めず、文科省の解体も視野に
存在意義そのものを政治が問うて欲しい。教育は国家百年の大計ですから・・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月12日 05:45 | コメント (0)


大相撲名古屋場所を占う

2018年07月11日

全国大相撲ファンのブログ読者各位、大胆予想です。


そう何度も催促されても・・・
今月も元気に地域みっちゃく生活情報誌が出揃いましたと書いた・・
7/5のブログで春日井市で発行する「はるる」の特集記事を紹介した折、


大相撲名古屋場所の優勝力士は新大関栃ノ心関だと、占いましたのに・・・
へぇ・・・そんなこと、書いてあったか?と疑われても・・・困るなぁ。
えっ・・・どうせハズれるんだろうから、もう一度予測せよって。


どうせはないでしょうが、大の角界ファンに向って・・・
そこまで言われるなら。昨日は中入から、すべて、つぶさに観戦しましたので、
やりますかねぇ。調子に乗り過ぎですね。あとで赤面するのが関の山ですが。

まず、前半戦の勝負審判、時計係りがあの大横綱貴乃花。
色々あっての相撲協会で最下位の年寄り。ここは一兵卒で辛抱ですね。
放送で、赤房下審判は貴乃花と紹介、館内がワッとなる。人気は相変わらずです。


今場所、遠藤関が良いですねぇ。下半身に粘りがでてきました。
先場所怪我で途中休場でしたが、三役を張った経験が大きいですかねぇ。
初日から三連勝。優勝はあるかって。星次第では横綱、大関とも当たるかも。
絶好調の横綱鶴竜に土を付けて、三賞の技能賞はありかな。
そして来場所小結復帰、そこまででしょうね。(如何にも最もらしい解説でしょ)


若手では、一押しは錦木関ですね。10番いけるんじゃないでしょうか。
腰の座りが良くなってきました。それと、ベテランですが、贔屓の妙義龍関が
体調良さそうです。なんせ、所作が良い。最も相撲取りらしい体型です。
大相撲は神事ですから、所作が大事ですね。


ベテランでは嘉風関が心配ですね。いっときの激しさがなくなりまた。
年寄り株買ったのかな。勝負事はハングリー精神が無ければねぇ。
余計な事ですが、勢関、序盤は上位陣と当たりますので、苦戦が続きますが、
なんせ、ゴルフ界、女子プロの実力者、比嘉真美子さん(綺麗なスイングです)
と婚約、後半戦には勢いがでて、良い相撲を取るのではと期待します。


ごちゃごちゃと書きましたが、今場所、大横綱白鵬関も動きが良い。
全盛期のスピードが戻り、2020年、東京五輪で土俵入りをと、目標も明確。
優勝候補から外し難い。勿論、三連覇が掛かる鶴竜関は横綱らしい横綱になり強い。
筆頭ですかねぇ。でも、栃ノ心関は気力が充実、本気で横綱を狙っています。


女性を土俵に上げるなと問題になった巡業部長、
親方のせいではないのにバッシング。大関に昇進したのも、横綱を目指すのも
二所ノ関親方への恩返しってところが憎いね。師弟愛、大相撲らしいね。
もう一人、大関豪栄道関もカド番脱出に燃えています。稽古も十分です。
終盤で激し星の潰し合いになるのでは・・・


でも、敢えて占いますと、11勝4敗の優勝なら・・・関脇御嶽海関です。
相撲が上手い。天性のモノがあります。それに地力がついてきました。
風格もでてきました。九州場所では新大関もありかな。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月11日 05:10 | コメント (0)


ユースセンター

2018年07月10日

大人年齢が18歳に下がりました。教育予算を増やすべきではないでしょうか。


「自分たちのことを自分たちで決める」・・・
北欧で地域に存在する青少年の組織「ユースセンター」があるのをご存知ですか?
日本の行政が管理する児童館とよく似ています。


北欧を中心に発展している組織で中高生(ユース世代)が
放課後、余暇活動をする場所で、若者の自主性や主体性が尊重されています。
ユースセンターは若者たちの秘密基地であり若者たちの意見設定が絶対な場所で、
北欧の民主的な思想が育まれる源と言われています。


今年に入り、英国、ロンドンで起きた殺人件数がニューヨークを上回ったことが判明、
紳士の国英国の首都が治安の悪いので評判のニューヨークよりも、殺人件数が多いとは・・
世界を驚愕させています。


ロンドン警視庁の発表では・・昨年4月から今年3月までの一年間、殺人件数は
前年比44%増。若者犯罪件数が約3割増加。銃の発砲事件は23%、ナイフ犯罪は21%上昇
週末になるとロンドンで10代の少年や20代の若者が刺殺、射殺されたというニュースが
頻繁に流れ「ユースクライム(若者犯罪)」という言葉が定着しています。(朝日・欧州季評)


なぜ・・・こんなことに・・・原因は政府や地方自治体の財政事情にある。
ロンドン警視庁では08年から16年までに地域治安維持補助官が65%削減され、
市内149カ所あった警察署や交番が半数以上閉鎖されて73ヶ所になった。


同時にロンドンではユースセンターが11年から17年までに88ヶ所が閉鎖された。
ユースセンターは地域に10代の青少年が放課後や余暇を過ごせる場所。
そこで働くユースワーカー達がティーンの話を聞き、問題を抱えた青少年を指導し、
学校や福祉課、警察と連絡を取りながら支援してきたのだが、予算削減で激減。


10年以降、公的な若者支援へに支出は3億8千万ポンド削減され、12年から
16年までに閉鎖された全国のユースセンターは603にも上る。
他にも11年には低所得家庭の学生を対象とする教育維持補助金が廃止、
10年から14年の間に16歳から19歳の青少年への教育予算は実質で14%削減された。


その結果、メンタルヘルスの不足で国民健康サービスから然るべき
カウンセリングを受けることが不可能になっており、問題ある青少年への
社会的支援が疎かになり、放置されている、それが犯罪の温床になりつつあると。


英国政府がなぜ、青少年の教育予算を削減するのかは明白である。
国家財政の再建に他ならない。その結果、ユースクライムが増加するとしたら、
それこそ、「角を矯めて牛を殺す」ことではないか。
そんなことがわからぬ英国政府ではなかろが、背に腹は変えられぬと、
国家100年の大計を失うとは、政治の無慈悲を嘆く他ない。


日本では大人年齢を18歳に下げた。青少年の健全な育成は急務である。
行政、地域を上げて中高生の自主性や主体性を育むユースセンターの創設・・
日本でも早急に考える必要があるのではないだろうか。
予算?予算は高齢者への社会保障を削減すればよい。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月10日 06:07 | コメント (0)


豪雨に思う

2018年07月09日

大自然は人間にとって恵みですが、人間など相手にはしていない。


岐阜県がこの豪雨で有名になりました。
全国の仲間から心配のメールを頂き恐縮しています。
ご心配お掛けしました。大丈夫です。みんな元気です。
岐阜は、本来比較的自然災害が少ないエリアです。


こんな・・・梅雨前線が日本列島に停滞、その中心線の一角に
岐阜県が位置するなんて、岐阜で生まれ育った私の経験では初めてです。
いや、正確な気象情報なんて、まだ五十数年の話、太古より押し測れば、僅か・・


統計とか数値化する以前にはこんなことは例年の出来事だったのかも知れませんね。
私の子どもの頃を思い浮かべても、集中豪雨で川が決壊して、
梅雨が明ける・・なんて毎年の話でした。

私的には岐阜県内の豪雨情報、大きな問題になりましたが、
山が崩れるのは致し方ないと思います。
昔から、川からは離れて住め。山からはその高さの倍は離れて
家を建てろと、この地方では言っていました。


でも、今度の豪雨は、そんな教訓を遥かに超えています。
それ以上に降ったのです。自然の猛威には予測ができません。
人間は、大自然の力には抗うことはできないのです。


それを誰かのせいにするのは間違いです。
政治も行政も、地域社会も必死で対応したのです。
警察も消防も自治団体も自衛隊も必死で命を守ってくれました。


私は被害にあった方々に心よりお見舞いを申し上げますが、
それ以上に、危ない場所に暮らさざるを得ないこの国の風土が問題だと思います。
そのことをよく検討しようではありませんか、


山際に住めば、必ず豪雨に脅かされます。
川のほとりに住めば、川が襲ってきます。
大自然は最高の恵みですが、人間など相手にはしていません。
そのことを抜きにこの国に暮らしてはいけないと思います。


昨日の雨空が嘘のような青空が広がっています。
梅雨が明けました。梅雨明け三日が一年で一番暑いです。
ご自愛くださいね。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年07月09日 05:30 | コメント (0)


せんべろ

2018年07月08日

豪雨被害お見舞い申し上げます。
例年、梅雨の終わりには天が大暴れして明けるのですが、
頭を垂れ、ただ安全な地に逃げ込み通り過ぎるのを待つしか方法はない。
なんと人間は無力かと忸怩たる思いです。


今日は雨空を恨めしく見上げながら・・・「せんべろ」について・・・

社会学者には、安酒を煽る社会をもう少し分析して欲しいものです。


15年も前の話です。今更と思わぬでもないのが、
中島らもさんの「せんべろ探偵が行く」がブレーク・・・
巷では1000円でベロベロに酔える「せんべろ」に人気が集まっています。

私的には巷が問題で、この巷とは都会のことと解釈できます。
地方では、公共交通機関の駅近くのお店以外は・・・どこも酒を出す飲食店は閑古鳥。
「せんべろ」であろうが、「ワンコベロ」であろうが、関係なさそうなのが残念です。


折角のブレーク、ローカルまで波及すれば、地方の飲食店も元気になるのですが。
如何せん・・・厳格なる飲酒運転の取り締まりは、ロードサイドの飲食店を
壊滅状態に追い込んでいます。飲酒運転はご法度・・・仕方がないのですが・・・


全国各地にコンビニが整備されました。
そのコンビニにイートインコーナーが設けられ、コンビニで買った酒とつまみを
「コンビニ飲み」する人が増えてきたようです。都会の下町では日中から、
高齢者が4・5人集まって一杯やってる光景が日常になりつつあります。

もちろん、コンビニです。懐に優しい「せんべろ」でいい気分になれるからです。
これも日本の文化かもしれませんが。いずれは日本中どこにでもあるコンビニで
暇を持て余す老人たちが「せんべろ」する姿が見られるようになるかも。

「せんべろ」が都会ばかりか日本中で広まれば、
日本が元気になるんじゃないかと思うのですが・・・・


社会学者の言い分は、そうではないようです。
日本の社会構造を4段階に分析しての話しですが・・・
(この分類を社会学の基礎だとする考え方がもはや古典なんですが)
21世紀に入り非正規雇用の労働者が増加、正規雇用労働者と間に所得格差が広がると、
5段階目のアンダークラスが新たに生まれた。(この分析ももはや陳腐ですね)


その人たちは・・・49%が酒を飲まない(首都圏調査)
新中間階級と労働者階級は23%、資本家階級では15%が酒を飲まないのに、
アンダークラスがひときわ酒を節約している・・・
だから貧困層が酒も飲めないほど社会は分断されていると分析する。


だからこそ、「せんべろ」が広まっているのですが、そうは捉えないのが、
社会学者のようです。私は「せんべろ」でも「ワンコベロ」(ワンコインで酔う)でも、
関係なく酒を飲まない人が増えたことをもう少し丁寧に分析するべきだと思う。


いや、そもそも、日本人で酒を飲まない、好まない層はどの程度なのか、
酒と景気、酒と社会環境など、酒と日本社会の因果関係を
社会学的立場で研究して欲しいと思うのです。
何せ「せんべろ」は安酒を煽るってことなのですから・・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月08日 05:19 | コメント (0)


まわしよみ新聞

2018年07月07日

全国の新聞で教育賞の応募をすれば、日本の教育改革が起こるのでは・・・


新聞社の使命って、ニュースを報道するだけではない。
読売新聞主催、学校や地域での個人・団体の優れた教育を顕彰する
「読売教育賞」は今年で67回目を迎える。


賞の内容は13部門、幅広く、国語教育、算数・数学教育、理科教育、社会科教育、
生活科・総合学習、健康・体力づくり、外国語・異文化理解、児童生徒指導、
カリキュラム・学校づくり、地域社会教育活動の常設部門に、
昨年から始まった「NIE」、今年から特別支援教育、音楽教育も加わった。


教育は常に創意工夫です。応募できる対象が小中高校や幼稚園、保育園のほか、
児童館や学童保育所の教職員、スクールカウンセラー、更にはPTA、社会教育団体、
教育委員会、博物館も、教育に携わる全ての機関や関係者を対象にしている。


67回目の応募は8月から始まり、11月上旬に発表される。
優れた教育活動が評価されるのは、関係者にとっては励み、
また、教育現場で暗中模索している人たちにとっては成功事例が学べる。
新聞の存在意義、使命、役割を果たす素晴らしい事業です。


昨年からスタートした「NIE」部門、最優秀賞に輝いたのが、
大阪のNPO団体が取り組む「まわしよみ新聞」・・
好きな新聞記事を貼り合わせて壁新聞を作る・・手軽に新聞リテラシーを
高めることができる教育方法だと教育界で注目、全国の小中高校に急速に広がった。


ある高校では「国語表現」の選択授業でこの「まわしよみ新聞」を取り上げ、
3年生23人が3・4人の班に分かれ、持ち寄った新聞を読み、
「これぞと思う記事や広告、写真」を切り抜き編集して貼り合わせ「壁新聞化」した。


出来上がった各班の「まわしよみ新聞」・・を全員が閲覧、
「自分が選んだ記事だけでは視野が狭い。他の新聞で新しい発見ができた」との声が。
担当教諭は「新聞を使って対話を深め、一方通行ではなく、別班との意見交換もでき、
一つのモノを作り上げる体験に教育効果が高い」と。


新聞の価値が、「まわしよみ新聞」という手法で、小中高生に
定着するのは嬉しいことです。
教育賞が読売の専売特許ではなく、新聞協会をあげての取り組みならば、
応募も増え、日本の教育改革になるのにと思わずにはいられない。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月07日 06:12 | コメント (0)


真の勝者

2018年07月06日

お帰りなさい。サッカーワールドカップ観戦記・・・・・

私はどうもサッカーというスポーツが苦手です。
でも、W杯の日本チームの試合は・・日の丸を背負うってことが
如何に大変かを想像しながら、なぜ、開始時間がこんなに違うのかと・・
目を擦りながら、全て観戦しました。(半分寝てたかな)


3日、決勝トーナメントでベルギーに惜敗したのは如何にも残念・・・
最後のCKをショートコーナーで回せば、延長戦まで持ち込めたのに・・と思いながら、
日本人というのか日本のメディアが「王者をもう一歩まで追い詰めた」ことを
高く評価する報道に首を傾げています。


試合内容を素人がとやかく言えませんが。
リーグ戦でポーランドに負けて、10分以上もボールを回し決勝トーナメント進出を決めた試合。
賛否両論が渦巻きましたが、私は日本人の美学にはない選択だったと思いました。


だって、決勝トーナメントではなぜ、ロスタイムのCKです。
なぜ、引き分け延長に持ち込まなかったのか?戦術の整合性が得られません。
いずれも結果論で意味のない話ですが。


そうそう。なぜ、サッカーが苦手かと申しますと、審判の判定が曖昧だからです。
誤審がまかり通るスポーツをスポーツとは言えないからです。
でも、ビデオ判定が公式化されたことは良いことですね。
世界No,1と言われるネイマール選手の反則を誘うオーバーなジェスチャーが
ビデオで暴かれたのは痛快でした。そもそもサッカーなんてその程度だと思っていました。


それと、転び過ぎです。足も引っ掛かてもいないのに直ぐ転ぶ。
反則を誘う、それもサッカーだと言えばそうでしょうが、汚いのは嫌ですね。
私の人生も転んでばかりですが、でも、そのことで学ぶことはあっても、
自分の都合で転んだりはしません。


さすがにベルギーのエースは転びませんでしたね。
ユニホームを引っ張られようが、2人がかりでガードされようが、
無理矢理転ぶなんてことは一切ありませんでした。
一流と二流の違いですかねぇ。それにしても身長が195ですってでかいですね。


日本チームが世界に通用するかどうか。
ゴルフの松山英樹プロがそうですが、海外の一流プロと比べ、
身長も体重も見劣りしません。それが彼の強さのベースです。


日本サッカーが世界に羽ばたくのは、半数のメンバーがでかくないとダメ。
それが、第一の条件ではないでしょうか。
このW杯・・・世界を制覇した真の勝者は、そりゃ誰が何と言おうと、
日本チームのサポーターの青いゴミ袋ではないでしょうか。


フェアプレーでの決勝トーナメント進出と相通ずとでも申しておきましょう。
それで、サッカーが少し好きになりました。
選手各位には楽しませて頂きありがとうと感謝です。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月06日 05:51 | コメント (0)


子供虐待撲滅運動・・・

2018年07月05日

ハッピーメディア・地域みっちゃく生活情報誌7月号が出揃いました。


表紙の写真ご覧下さい。どれも迫力があるでしょ。
各編集室のスタッフが編集部門とクリエイティブ部門とコラボ、
この夏、この地域の最大の課題は何か。読者にどのように楽しんでもらうか。
熱く語り合った結果の7月号表紙です。


この日曜から初日を迎える大相撲名古屋場所、
注目は何と言っても、新大関栃ノ心関の去就・・
大相撲愛好家の私としては、優勝力士の筆頭に挙げますが・・・


その新大関栃ノ心関を取材、特集しているのが愛知県・春日井市で発行の
『はるる』(113,400部・全戸配布)です。まず表紙をフリモARでかざすと、
誠実な人柄が飛びだす。「春日井市のみなさんに会えるの楽しみにしています」と、
読者にメッセージ。


栃ノ心関の所属する春日野部屋、名古屋場所での宿舎が春日井市。
そんなご縁で、市民を挙げての応援が実って・・・新大関。
伊藤太市長も「大関昇進を祝し、横綱を目指して欲しい」とコメントを。
10月には巡業で春日井市が組まれている。大垣市も100周年で。
特集掲載で、大相撲と市民の絆が深まっいます。
栃ノ心関の笑顔が良いですねぇ。春日井市一気にファンが増えました。


もう一つ紹介します。表紙の迫力とちょっと違いますが、
岐阜県・飛騨地域で発行の月刊『SARUBOBO』(飛騨高山・飛騨エリア56,000部・
全戸配布)のインデックス面(5ページ)です。そこに「オレンジリボン」が掲載されています。


早いモノで2018年も半年終わりました。
新幹線で男がナタを振るい3人が死傷。富山の交番では襲撃事件が、
冷え冷えとした事件が続きますが、胸が締め付けられる・・怒りというよりも
何とかできないか。この悲惨さを・・・この世で生かされている自分の無力を責めたくなる。


親の虐待に「もうおねがい、ゆるして、ゆるしてください」とノートに書き綴って・・
虐殺された5歳の女の子事件・・・・解決の方法があるわけではないが、
地域で虐待に耳を澄まし防止する啓蒙活動をするしか道はない。


飛騨エリアの月刊『SARUBOBO』では2年以上前から、
紙面に「オレンジリボン」を掲載、読者に呼び掛けてきました。


我々の力は僅かですが。地域みっちゃく生活情報誌はこの7月号、
全国33都道府県・153誌・・・総発行部数は9,358,118部です。
既存のメデイアでは日本の家庭に最も多く到達するメディアです。
来月号から・・全誌に行政とコラボして、オレンジリボンを掲載したいと思っています。


我々の情報誌は全戸配布型のフリーのメディアです。930万の世帯に届きます。
ハッピーメディア、地域みっちゃく生活情報誌だからこそ、
やらねばならない社会的使命があります。虐待撲滅運動・・展開します。Goto

20180704201913_00001.jpg20180704201931_00001.jpg20180704202007_00001.jpg
20180704202026_00001.jpg20180704202048_00001.jpg20180704202108_00001.jpg
20180704202127_00001.jpg20180704202145_00001.jpg20180704202204_00001.jpg
20180704202222_00001.jpg20180704202243_00001.jpg20180704202302_00001.jpg
20180704202805_00001.jpg20180704202826_00001.jpg20180704202846_00001.jpg
20180704202905_00001.jpg20180704202926_00001.jpg20180704202943_00001.jpg
20180704203003_00001.jpg20180704203025_00001.jpg20180704203045_00001.jpg
20180704203103_00001.jpg20180704203121_00001.jpg20180704203138_00001.jpg
20180704203157_00001.jpg20180704203216_00001.jpg20180704203235_00001.jpg
20180704203253_00001.jpg20180704203313_00001.jpg20180704203332_00001.jpg
20180704203353_00001.jpg20180704203411_00001.jpg20180704203731_00001.jpg
20180704203748_00001.jpg20180704203807_00001.jpg20180704203826_00001.jpg
20180704203849_00001.jpg20180704203908_00001.jpg20180704203928_00001.jpg
20180704203948_00001.jpg20180704204007_00001.jpg20180704204032_00001.jpg
20180704204050_00001.jpg20180704204108_00001.jpg
20180704204129_00001.jpg20180704204146_00001.jpg20180704204208_00001.jpg
20180704204241_00001.jpg20180704204300_00001.jpg20180704204320_00001.jpg
20180704204341_00001.jpg20180704204400_00001.jpg20180704204417_00001.jpg
20180704204436_00001.jpg20180704204455_00001.jpg20180704204519_00001.jpg
20180704204539_00001.jpg20180704204557_00001.jpg20180704204615_00001.jpg
20180704204636_00001.jpg20180704204655_00001.jpg20180704204731_00001.jpg
20180704204749_00001.jpg20180704204808_00001.jpg20180704204831_00001.jpg
20180704204849_00001.jpg20180704204908_00001.jpg20180704204928_00001.jpg
20180704204947_00001.jpg20180704205006_00001.jpg20180704205026_00001.jpg
20180704205045_00001.jpg20180704205103_00001.jpg20180704205123_00001.jpg
20180704205140_00001.jpg20180704205159_00001.jpg20180704205219_00001.jpg

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月05日 05:16 | コメント (0)


党首討論は夜間に・・・

2018年07月04日

国会改革、自民党の若手の提案に賛成です。


バカバカしくて、途中で中継を見るのを止めました。
忙しい合間を縫って無理して見たのに・・(恩着せがましですね)
普通の人は働いている時間に・・開かれた国会の党首討論というショーです。


首相曰く・・・モリカケ問題ばかり質問する野党各党に対して、
同じ内容の質問ばかりするような党首討論なら、やる必要などない。
立憲代表の言葉を受けて「歴史的使命は終わった」と。


・・・面白い話を。
新聞全国紙(朝日、読売、毎日、日経)の党首討論翌日の朝刊、
一面で扱ったのは、朝日だけ、毎日だって扱っていない。
それも、立憲の代表の言葉を受けて、首相が「歴史的使命が終わった」と言ったのに、
朝日は前段の部分は記事にしない。


無所属の会(そんな政治団体ってなんだね)の代表の「首相としては、
絶対に言ってはいけない言葉ではないか」と首相のせいにすり替えている。
まぁ・・・どっちでも良いのだが。朝日は討論の内容よりも、
討論することに意義があるという、教条主義を露呈した。面白いでしょ。


えっ・・・面白くない。
だってですよ、野党が乱立。各党に割り当てられた時間、最長で15分。
それでどんな討論ができますか。批判の演説をして終わりじゃないですか。
これが国会の姿だとすれば、情けない話です。


野党がまともな政策議論をすれば、自民党の国対だって、1時間では足りない、
2時間やろうかって、なるでしょう。モリカケに国民が関心があると
思っている野党の感覚が理解できない。朝日の論調がピントはずれも良いところです。


だってです。自民党の筆頭副幹事長らがつくる「2020年以降の
経済社会構想会議」では、国会改革案を幹事長に提案・・
その中で、「モリカケ」のようなスキャンダラスな問題が起きた場合は
特別調査委員会を設け、そこでやろう。調査会に国政調査権を与えれば議論は深まるという。


その通りだと思う。この国会がそうだが、野党が「モリカケ」以外の
議論をしているのを聞いたことがない・・多分に委員会で審議されているのだろうが、
メディアはそこしか報じない。特にテレビの報道番組は。情けない話ですが現実です。


で、です。「構想会議」の国会改革提案、正鵠を射てます。
党首討論、もっとやろうではないか。2週間に一度ぐらいはどうだろう。
それも、夜間にどうかと。NHKが中継すれば、視聴者が増える。
「モリカケ」ばかり質問していると、視聴率はゼロに近いが。


外交がしっかりしないと、国が成り立たなくなる。
国会が答弁のない首相や大臣を縛り付けるのはやめよう。
これも、最もな提案ではないか。国益の毀損を防ぐことになる。


衆院の採決を参院のように押しボタン式にする。
それもそうですね。牛歩戦術なんて誰もが消耗するバカな採決方法なんて、
やめれば良いし、全党そう思っているんじゃないですか。


ことほど左様に、実に的を得た提案ではないか。
現幹事長なら、改革案に賛成するのではないか。
野党に反対理由はないハズ、では、国会改革をして、
国会を国民のための国会にしようではないか。
朝日新聞が反対するなら見解を聞いて見たい。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月04日 05:34 | コメント (0)


AIで採寸・・・

2018年07月03日

誰もが自分の好みの衣類をオーダーメードできる時代が・・・


この歳になりますと、体型に合うスーツがない。
でも、スーツが着れてネクタイを付けれるのは現役で働ける証。
感謝せねばならないのだが・・・・おっさんじゃなくておじいちゃんのスーツを
売っているところがない。もうスーツなど着ずにリタイアせよってことか。


私が頑固なのか。何ごとにも逆らいたいと思う性分なのか・・
いや、そうではない。蒸し暑い日であろうが、猛暑だろうが、
ひとたび、営業の現場に出れば、スーツにネクタイは男のユニホーム。
身なりはきちっとしたいと思い、滅多にクールビズはしない。


別段、クールビズを否定しているわけでもありませんし、
クビの回りを緩めた方が何かに付け合理的・・・むしろ奨励しています。
お客様に不快感を与えねば、それで良しです。


で、私のスーツの話です。
以前は、ABの6というサイズで、身体にフィットしていたのですが。
体型が崩れたのか、縮んだのか、既製服ではスッキリしなくなってきました。
それで、オーダーメードって言うんですか、生地を選んでサイズを測り
仕立てもらうようにしたのですが、それがしっくりこない。

時代は動いているのですねぇ。
ゾゾスーツで自動採寸してもらえば、今の体型にぴったりの服ができる。
スーツに限ったことではない。ワイシャツであろうが、パンツであろうが、
ティシャツでも可能。


仕組みは至ってシンプル。水玉模様が無数に付いた、薄手のウェットスーツ
(これをゾゾスーツと言うのですが)を着用、専用アプリを開いて、
スマホのカメラの前で360度回転すれば、それでOK。
AIが水玉のマーカーを認識し首回りから、ウエスト、そで丈、胸囲など、
全てを測定、数値化し、登録できる。そして、そのサイズに合わせて衣類を作る。


何てことはない。オーダーメードの採寸を人に代わってAIがやるってだけですが、
問題はそこから。スーツなら、私の好みに合致した生地、色、形を示してくれる。
今回は、ちょっとスリムな感じ。今回はフォーマルな感じなどと注文を出せば、
それに合わせてくれる。おじいちゃん向けのスーツが売っていないと嘆く必要は
ありません。お気に入りの服が出来上がるって仕組みです。これもIT革命ですね。

IT革命は第4次産業革命時代に、今迄の概念が根こそぎ変わると言われています。
ゾゾスーツがその革命の一つかどうかはわかりませんが、
少なくとも、真夏でもスーツを着たい、それも好みに合致した・・
そんな私の要求を満たしてくれるのは間違いない。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月03日 06:04 | コメント (0)


女性抑圧の象徴

2018年07月02日

サウジアラビアで女性が車の運転ができるようになった・・・


ニュージーランドの女性首相が女児を出産。
その名前を「ニーブ・ティアロハ」と名付けたと発表。ニーブとは「輝かしい」
「ティアロハ」はニュージーランド先住民マオリの言葉で「愛」の意味。
スクスクと育ち愛情溢れる幸せな人生を送って欲しいと祈る。


首相は産休を6週間取り公務に復帰するそうです。
その後はパートナーの男性(テレビ司会者)が主に育児を担当する。
産後、6週間で激務に復帰するのは健康上大丈夫なのかよくわからないのだが、
医学的根拠があってのことだろう。


日本で産後半年以上の産休が必要なのは、
健康上の問題ではなく、育児の問題だと改めて思う。
女性の社会進出を妨げる要因の一つに、出産があるとすれば、
育児の問題をどう解決するかに重点をおかねばならない。
単に託児所を増やせば良いという問題ではなさそうです。


育児をしながら(女性だけではない、男性も)働ける環境が
社会的に醸造されねばならないのではと思う。
子供を抱えながら働く姿、想像し難いだが、それが当然であるという
文化を醸造する必要があるのではないか。


サウジアラビアに「後見人制度」というのがある。
「女性の就労や結婚、旅行、運転、パスポート取得など父親や夫ら
男性親族が後見人になりその許可がなければ何もできない制度」


この制度、女性抑圧の象徴とされ批判されてきたが、
イスラム教の教えでは男女の役割の違いから「女性は男性に保護される存在」
として社会に浸透している。このほど、その壁の一つ女性の運転が取り払われた。


画期的なことではあるが、実は車社会がなせる技と言えないでもない。
文明の進歩などというと口幅ったいのだが、時代とともに宗教的価値観も
変わるのだという、一つの現れではないだろうか。


もう一つ。日本全国の「市」で後にも先にも、
女性議員が一人も誕生したことのない「市」がある。鹿児島県の垂水市です。
今時、珍しいのだが、考えてみると、男尊女卑の差別文化が色濃く残っている
象徴ではないか。なんとしても、壁を破って欲しい。

世界経済フォーラムで発表された男女平等ランキングでは、
144カ国中でサウジアラビアが134位、日本は114位にランキングされている。
日本以下の国々はイスラム圏とアフリカの国々のみである。


このランキングを何とかせねば、日本社会に明日はないと思うのだが・・
文化や習慣を変えるのがなぜ、こうも難しいのか。
自分の胸に充てて考えてみたい。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年07月02日 05:10 | コメント (0)


猛暑対策

2018年07月01日

日本人の叡智なんでしょうか、清涼グッズにびっくり・・・


乱暴なことを申します。働き方改革って、そもそも生産性を上げることによって、
労働時間を短縮したり、労働内容を画一化するのが目的のハズです。
それが、労働時間に焦点が移り、長時間労働を悪と捉え、
残業廃止だの時間厳守だのと、1分1秒も決めた時間より長く働くことを戒めています。


発想の根源は第二次産業のものづくりにあるのでしょうが・・・
時代は第三次産業、サービス業が産業の主流に移行しています。
そもそもサービスとは相手を思いやり、自己犠牲の精神に裏打ちされた仕事です。


顧客のわがままをどこまで聞くか。顧客の思いをどれだけ先回りして満足させるか。
その限界を探るのが、サービス業の真髄と言われます。
接客中に私の仕事時間はこれで終わりと、途中で切り上げては成り立ちません。


だから、ある程度の時間延長は仕方ない。などと申しているのではありません。
超過時間には対価を支払う。あるいは、休暇を増やすなどきめ細かな
労働契約を結べば良いのではと思うのですが、どうも時間延長に拘り過ぎです。


欧州の話ですが、労働がタイトな人ほど、夏に長い休暇をとります。
労働時間を夏休みで調整するのです。 働き方改革に長期休暇を入れてはどうでしょうか。


今年の夏は平年よりも全国的に猛暑が予想されます。
環境省の熱中症対策予防情報サイトによりますと(なぜ、熱中症対策が環境省なのか?)
例年、4万人が熱中症で救急搬送されています。
昨今は高齢者ばかりでなく、仕事中での熱中症も多くなったようです。


日本人の「猛暑対策」に関する商品開発、その知恵は凄いモノがあります。
暑ければ、国を挙げて休んでしまう欧米と猛暑でも働く日本人との
違いがそこにあるのでしょう。
働き方改革って、季節変動への考慮がまったくありませんが、
そこは重要な点ではないでしょうか。


私もびっくりな、炎天下で働く人たちのための納涼グッズを紹介します。
「水にぬらし、絞って振ると冷たくなるタオル」
携帯ケースに入り、必要応じて利用する。抗菌加工に紫外線96%カットで
肩に羽織れば、UV対策にもなる優れモノ。日本人らしいきめ細かな発想の一品です。


面白いのでは、日傘。特殊コーティングした生地で体感温度を10度下げる。
150グラムと軽量で、持ちやすい。晴雨兼用折りたたみ式、営業マン必需品です。


もっと即物的なのが、持ち歩くタイプの扇風機。扇子時代は終わりか?
私は上品な扇子を出して、静かに煽るのが好きですが。
首にかけて使える小型タイプもあり、胸元から涼しい風が吹き込む。


長くなりましたが。こんな清涼商品も。
衣類に吹きかけると、汗をかくたびに心地よい冷たさが広がる
布類専用のスプレー。効果は1時間ほど持続、通勤、通学、スポーツの際に役立ちそう。
消臭効果もあるとか。ゴルフには持って来いかな?


こんなグッズを開発してまでも、
夏の暑さをモノともせず、日本人は働き頑張るのだ。
今日から7月、猛暑もほどほどにして欲しいと願う。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月01日 06:02 | コメント (0)