一年間で37万人減少

人口減少に抗うのは移民しかないと、官僚は理解しているのでしょうね。


世の中って、なんでこんな矛盾がまかり通るのでしょうか。
労働人口の減少が招いている社会問題だとは思わないのですが、
日本列島、どこも人手不足で、てんやわんやの状態です。


総務省が発表した2018年、1月1日時点の人口動態調査によると
日本人の総人口は1億2520万9603人で、9年連続減少。
前年から37万4055人減り、減少幅は1968年以来最大となった。


同時に15歳から64歳の生産年齢人口は初めて全体の6割を切った。
都市化が益々進み東京、関西、名古屋圏を含む三大都市圏の人口は、
日本全体に占める人口の割合は12年連続で5割を超えた。


更に、関西圏と名古屋圏の人口は減少したが、東京圏は前年から増え・・
東京一極集中が益々顕著になった。出世数も94万8396人で、調査開始以来最少。
死亡者数は134万774人で過去最多。自然減は11年連続で、39万2378人と過去最高。


どうするのですか。この現実。人口減少がここまで顕著になったのです。
そんなこと、お構いなくって、言うのは勝手ですが、
急激な人口減少は、国力を衰えさせます。手を打てといっても、
今迄打っても抜本的に解決していないのですから、何もして来なかったと同じです。


もう一つのデータです。基本台帳に基づく人口調査では、
外国人は249万7656人、前年より17万4228人増えた。
増加幅は統計を取り始めてから最大。9年連続で減った
日本人労働力不足を外国人が補っている形です。


何もして来なかったのではない国民の合意が得られない移民を隠し、
着実に移民を増やしているのです。
表向きは移民なんて認められないといいながら、内実は、外国人労働力を増やす。
これを矛盾と言わずして何というのか。


私は、移民仕方なしという考えですが。
国民的合意無くしての移民はあり得ないと思っています。
人口減少がここまで顕著になった以上、これ以上労働力を低下させるわけにはいかない。
移民についてもう少し、真剣に論じるべきではないか。
もはや、遅きに・・・と思うのですが、何を躊躇しているのでしょう。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年07月21日 05:36


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。