感謝と覚悟

任期4年間。五輪監督兼務・・・いいじゃないですか。


早朝ウォーキングの帰り道にサッカーJ2「FC岐阜」の本拠地、
県営の球技場を通る。毎朝、真っ黒な若い選手3・4人が、下積みなのでしょうか・・
ボールに空気を入れ、ボトルに飲料水を詰め、練習の準備をしている。


私が「オイ!日本代表になれよ!」と声を掛ける。すると、
変なおっさんが朝っぱらから・・・不審がるのだが・・
目がキラキラして、「頑張ります」となんとも清々しい若者たち。


試合に負けた翌日は、心無しか元気がなく。接戦を制した後は、挨拶にも気合が入る。
まだ、ベンチ入りもできないのだろうが、サッカーが好きなんだねぇ。
頑張れ、頑張れと祈る。

サッカー日本代表監督が「森保一(もりやすはじめ)」氏に決まった。
率直な疑問は、なぜ、ワールドカップ2ヶ月前に監督にした西野朗さんを、
変えねばならなかったのか。決勝リーグに残ったのは成果ではないのか?


企業の世界では、一定の業績をあげれば、評価されるのに。
本人が固辞したからだと聞くが、森保体制のバックアップ役を担うとか?
どうもスッキリしない感があります。

サッカー事情など皆目分からないのですが、
ベルギー戦で惜敗した折、選手たちに語った言葉が報じられました。


「背中で感じた芝生の感触、見上げた空、
ベンチにいた選手の居心地の悪い感じを忘れるな」


名言というよりも、恐ろしい覚悟を感じました。
善戦などに満足するでないぞ。この負けを身体に刻み込め、
この不甲斐なさをチーム全員が恥とせよと、魂の叫びに聞こえました。
・・・なんとも凄まじい西野監督の思いではないかと、私は思ったのですが・・・

森保新監督。「年代間の融合を図り、日本の歴史を踏まえ、
日本の良さを生かしたチームづくりをする。先輩のバトンを受け継ぎ、
覚悟と感謝の気持ちを持って職責を全うする」・・・就任の弁、良いじゃないですか。


田嶋日本サッカー協会長・・・「日本サッカーや文化を熟知する方が代表監督であるべき、
森保氏は今の代表にもっともふさわしい」・・じゃぁ・・なぜ、外国人監督を・・と、
一言、聞きたくなるのですが、そこは、抑えて・・時期が来たとしておこう。


サッカー協会のこの監督人事。二つの点でいいですね。一つは4年間の契約であること。
もう一つは五輪監督を兼ねるってことです。次回のW杯まで采配を振る安定感は
目標のベスト8が、いや、決勝戦までが夢ではなくなる気がしますね。


それに、五輪監督を兼ねる。中高一貫教育みたいで、選手を若いうちからじっくり育てられる。
ましてや、東京五輪は主催国として、すでに出場権が与えられている、
様々な実践や研究を重ねることができる。


なぜ、森保監督に落ち着いたかは、協会長の言葉に集約したい。
願わくば、いや、願いではない。日本のサッカー文化を根付かせる覚悟があるなら、
勝負事、勝ち負けは世の常。4年間、次回のW杯までは、辛抱して、
監督交代など、微塵も思わぬようにして欲しい。途中退任の危機があれば、
会長が辞める。その覚悟が欲しい。若いサッカー選手のために。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年08月03日 05:20


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。