逆走台風

酷暑の空を見上げ思いを巡らします。大自然は我々に何を訴えているのか?


季節の巡りにウソはないと、私は信じていましたが、驚きましたね。
春の次に夏が、夏の次には秋、秋がくれば冬、そしてまた春が・・
太陽は東から昇り、西に沈む。地球は回転し・・北半球では西から東に天候は流れる。

それがどうしたことか。台風12号の進路が驚天動地・・・
気象学の常識では考えられない・・・気象庁、観測以来初めて
台風が、日本列島を東から西へ縦断したのです。びっくりポンじゃないですか。


こんなことを言うと、頭がおかしいのではと思われますが。
7月の豪雨。瀬戸内海沿岸で晴れの国と言われる岡山。温暖な気候の広島が
未曾有の大雨に見舞われ、多数の死傷者をだした。
昔から瀬戸内は温暖な気候。こんな豪雨を想定していない。のだが。現実には。


それに続いて、異常気象・・・第2弾なのか、連日の猛暑。
日本列島で気温が40度を超す日が続くなんて、とても信じてられない。
それと、この観測史上例のない「三重県に上陸して関西、中国、九州へと移動する
異常台風」・・・これって天変地異じゃぁないのか?


大自然のこの一連の猛威は、地球規模、地球温暖化が原因。
世界各国が、一致団結して、地球の環境を守らねばならないと識者は叫ぶのだが・・
大自然は偉大です。人間をいくら襲ったとしても、その猛威に人間が抗うことができない。


むしろ、大自然がここまで日本列島を襲い日本人を苦しめるのは、
大自然の戒めではないか。我々に・・・「お前たち、これで良いのか」と、
日本人に日本社会に問うているのはでないか。そんな気がしてならない。


大自然の振る舞いは人間など眼中にはない。淡々と季節を巡らせるだけ、
人間の側が、大自然の憤りには身を隠し頭を垂れて憤りが収まるのを、待つしかない。
それが豪雨であり、猛暑であり、逆走台風あっても。

ちょっぴり、諄いのですが。大自然に抗うことはできないと、なぜ、悟れないのか。
なぜ、抗うことができない相手だと思えないのか。
大自然の猛威を政治や政府せいにすれば、解決するのか。するハズなどないのです。


逆走台風が何を意味するのか。この天変地異、大自然が我々に何を訴えているのか。
虚心坦懐に考えてみる必要あるのではと、酷暑の空を見上げています。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年08月04日 05:23


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。