男の日傘

猛暑にはどんな対策でも臆せず立てて対処すべし。

台風13号の影響もあり、やっと落ち着きを取り戻したと思うのですが・・・
やはり今年の夏は過去に経験したことがない高温、猛暑になりましたね。
立秋を過ぎればどこかしこに秋の気配が漂うものですが・・…


なかなかどうして、残暑のハズが猛暑が続く・・・
この状態を気象庁は「異常気象」と定義し9月まで続くという。
人間は所詮、自然には勝てないのだから頭を垂れてやり過ごすか、
これが現実だと認識し順応するにはどうするかを考えるしかない。


私は夏が好きで、暑さには滅法強いのが自慢です。
この猛暑でも休日には平気でゴルフに出掛けます。
ホームコースの岐阜関CC、7月の豪雨以降、1ヶ月近く雨が降らない。
そのせいで、芝が枯れ始め黄色く変色、夏の青々としたイメージがない。


でも、太陽は容赦なく照り付けています。
最近のゴルフ場は大概がカートでラウンドします。
私は猛暑であれ原則歩きますので猛暑対策は日傘を差します。


ゴルフ場の日傘は、軽量で雨晴兼用、性能が良くって、完全に太陽を遮断します。
(高機能です)木陰を歩くようなモノで快適、コース内は40度以下はどこもない。
汗は溢れますが、ストレス解消には最高です。
(家の中でクーラーを入れ竦んでいるより、余程マシですが・・
オマエは異常だと言われます)


環境省って、なんでも調査するのですが、上着脱いで、ネクタイを緩め、
日傘を差すと、発汗量が2割抑制されると発表・・・
「男性用日傘の商品開発・普及も重要な対策の一つ」と奨励しています。


ゴルフのおかげでしょうか。仕事で炎天下の街を日傘を差して歩くに何の抵抗ありませんが、
朝日の記事によりますと・・日傘はそもそもが女性の日焼け防止とおしゃれ、
男性には馴染みないのですが、最近日傘デビューの男性が増えたとのこと。


でも、日傘の効用よりも、日傘を差して街を歩くことに気恥ずかしさがあって、
以外に普及しないのだそうです。何を言っているのか、やれることは何でもやって、
猛暑に向き合うことが、仕事を前に進めることになると思うのですが。


猛暑ものともせず飛び回っている我が社の男性諸君にも
日傘を勧めてみますかねぇ・・・・Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年08月10日 05:47


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。