農業のスマート化

金足農業の選手には・・・稼げる農業の雑草軍団に育って欲しい・・・・

甲子園・100回記念の高校野球が大阪桐蔭高校の優勝で終わりました。
投手と打者、二刀流で優勝の立役者となり大活躍した大阪桐蔭の根尾昴選手。
・・・岐阜・飛騨市生まれ。地元から応援バスも出る盛り上がりでした。・・優勝おめでとう。
夢はプロ野球選手、秋のドラフトが楽しみです。我らがドラゴンズに期待します。


決勝戦、金足農。東北秋田、全員が秋田出身、公立高校、それも農業高校。
大黒柱の吉田輝星投手を中心に雑草軍団と呼ばれ、農業高校では戦後初の決勝進出。
全国的にも注目を集め100回記念に相応しい大会で幕を閉じました。


「寝ていて人を起こすな」・・・金足農業高校に立つ石碑の文。
秋田の農業指導者、石川理紀之助の言葉で、同校の教育方針。
石川の指導は率先垂範「他人任せにするな、何事もまず自分から」です。


全員がのけぞって歌う校歌・・・霜しろく 土こそ凍れ 見よ草の芽に
日のめぐみ 農はこれ たぐひなき愛・・・・農業への愛、そして喜びが詩に溢れる。
彼らの活躍は準優勝には止まらない。農業に目覚めた若者が増えたのではないか。
その意味でも準優勝には農業再生の価値もあると思う。


日本の農業は高齢化に歯止めがかからない。
でも、もう一方では、農産物の輸出が伸びている。
農業は大きな曲がり角にきている。
そのキーワードはIT革命による「農業のスマート化」です。


スマート化とは、IoTとAIを駆使して、生産性を上げる試みです。
農業のIoT化、水田用の給排水バルブはスマホで給排水弁を操作できる。
自動運転トラクターは一人で複数台を遠隔操作できる。
北海道では自動運転トラクターを7台走らせ、コメ一粒の人件費が7分の1に。


AIも実用化。自動運転トラクターでは衝突防止のために使われているし、
農業ドローンでは作物の葉っぱの写真を撮影解析して、病害虫の駆除に寄与している。
スマート化はそれだけではない。多様な人材を活用するダイバーシティを促進する。


農業ドローンや自動運転トラクター化が進めば、農業そのもののあり方が変わり、
様々な人が参入しやすくなる。
多くの人が活躍できる農業に転換できれば、日本の農業は競争力が維持できる。
更には地域農協がスマート化に対応した農機をまとめて購入し
農家がシェアリングできれば「稼げる農業」の仕組みもできる。


もちろん、政府が農業のスマート化を先取りして、ガイドライン整備や規制緩和を
急げばの話であるが。農水省に頑張って欲しい。
金足農業高校の準優勝は、日本農業の救世主になるかも知れない。
願わくば、甲子園での経験を踏まえ、自ら進んで・・・
日本農業スマート化の担い手に成長し、次は農業のフィールドで優勝して欲しい。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年08月23日 05:47


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。