2018年10月

臨時国会

2018年10月31日

憲法が始めて国会で審議される。


臨時国会が召集された。安倍首相が自民党総裁選で3選を果たしての最初の国会である。
所信表明がどんな力強い内容になるのか期待しつつ、翌日の紙面で演説の全文を読んだ。
同時に、全国紙4紙の評論を読み比べてみた。


端的に申せば、政権の看板であった経済再生に向けての「規制緩和」や
「成長戦略」に触れなかったことは経済政策を放棄したのではないか。
「デフレ脱却」が方針に含まれないのは、アベノミクスの限界が露呈したのでは、
経済軽視では………そんな印象を持った。


外国人労働者受け入れを拡大する入国管理法改正に意欲を示した。
深刻な人手不足の解消に大きく踏み出し、入管政策を抜本的に転換する方針を表明した。
「背に腹は変えられない」のだが、どう見ても「移民の受け入れ」である。


「移民」問題は国の根幹に関わる。与野党で本音の議論をして欲しい。
メディアも報じるだけでなく(逃げることなく)自らの主張を踏まえ、
旗色を鮮明にして、国民的議論を巻き起こして欲しい。
曖昧なまま、単純に労働者を増やすと将来に禍根を残すことを恐れる。


地方創生、どうも熱くない。島根県雲南市の農業にチャレンジする若者を
引き合いに、「ピンチはチャンス」と言葉は羅列されたが、
前回「地方の再生は日本の再生」と叫んだ迫力はない。おざなりの感は否めない。


悲願の憲法改正案を衆参の憲法審査会に提示する方針を示した。
これが、所信表明の本質だろう。
朝日は、改憲案を推進する人事を配したのは、異論を遠ざけるやり方、民主主義ではないと。
相変わらずピントが合っていない。本気で改憲をやろうと思えば、周辺を固めるのは必然。


毎日は、「平成の先の時代に目を逸らすな」と国会での審議入りを与野党に呼びかけるが
森友、加計問題で国会での熟議する土台を壊した首相が何をいうかと否定。
政治手法に問題ありと、話をすり替えている。


読売は、憲法審査会は国の最高法規について不断に検討を重ねるのが本来の役割、
自民党は公明党や野党の意見に耳を傾け、一致点を見出す努力を怠るなと、
議論を開始すべきと促した。


派手さや力強さはないが、国の根幹を議論する臨時国会だ。
政治家には駆け引きや審議拒否などせず、言論の府たる国会で、
正面から堂々と議論して欲しい。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月31日 05:37 | コメント (0)


駅伝

2018年10月30日

根性とは物事を最後までやり通す力です。養いたいものです。


リオ五輪、陸上競技、花形種目、男子400メートルリレー。
若き侍ジャパン4人が心を一つにバトンをつなぎ、銀メダルに輝いた。
表彰式で4人揃って刀を抜く感動的なポーズが脳裏に焼き付いています。


日本人は全体的に小柄で、体重別の競技ならば軽量級で力が発揮できるが、
重力級となると、なかなか好成績を残すことができない。
陸上もメダルに届かないのは体力と身体能力が問われるからではないでしょうか。
陸上に限らず団体競技になりますとメダルの期待が掛かります。


日本人は、自分のことはさて置き、相手のために、チームのために頑張って
それぞれの役割を果たす。スポーツだけではない。仕事に置いても
組織力で業績をあげるケースが圧倒的です。それが国民性なのでしょう。


昨今は個人主義が蔓延していて、私は私、あなたはあなたとはっきり言う
「ビックマウス」の選手がメディアの脚光を浴びることも往々にしてあります。
それとても、よくよく話を聞いて見ると、団体競技の場合が特にそうですが、
その根底にはやはり自己犠牲の精神が流れています。


それが日本人固有の文化であり、2000有余年培われた日本なのでしょうね。
21日、福岡で開催された実業団女子駅伝予選会で転倒した選手が、
足を怪我、走れなくなり中継所までの数百メートル、「四つん這い」になって
進む姿がテレビ画面に写しだされました。


擦りむいた両膝は赤く血が滲み、その必死な姿に思わず、胸が熱くなりました。
なんとか中継所に辿りつき「タスキ」をつなぎました。
監督控え室で中継を見ていた監督は「やめさせてくれ」と棄権の意思を表明、
審判が選手に伝えたところ、選手は続行の意思を示したため、そのまま続行した。


ネット上では「なぜ棄権させないのか」「美化するな」「止めるべきだった」などと
批判の声、逆に「感動した」「よく頑張った」と賞賛の声と賛否が渦巻いています。
あの状況、あの場面で、「あなたなら」どんな意見ですか。感想を持たれますか。


私はこんな風に思います。駅伝は日本発祥の陸上競技です。リレー以外にはない
陸上の団体競技です。チームの名誉と組織のプライドを掛けて戦います。
棄権を迫った審判に彼女は「あと何メートルですか」と聞いたそうです。
審判は中継所までの距離を睨んで、完走させたのは正解です。
彼も選手として駅伝を走り、駅伝を知っているひとりだったと思います。


後、数十メートルで棄権したら、彼女は一生涯、走れなくなるでしょう。
彼女は「タスキ」をつなぐために練習を積んできたのです。
監督が制止しても彼女はそれを振りきって「はった」でしょう。
それが日本発祥の駅伝と言うスポーツだからです。


その証拠に。中継所で待つ選手は涙が溢れていたと言うではありませんか。
そして、彼女の「根性」を知ったその後の選手達は力走して
予選こそ通過できなかったが21位まで順位を上げました。
このチーム来年は必ず予選を突破して本戦に臨むでしょう。


「根性」というと、封建制の遺物のようにいう人もいますが、
「根性」とは、物事をやり通す逞しい精神です。
「根性」があれば何事も成就すると信じます。それがチーム、組織であれば尚更です。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年10月30日 05:56 | コメント (0)


一語一義

2018年10月29日

新聞の一面コラムに学ぶ。                          

読売新聞の編集手帳、いつも心に響くコラムに学んでます。
新聞の顔は一面、昨日の一番大きなニュースが踊ります。
一面に掲載されるコラムを私は新聞の息遣いだと思っています。


朝日新聞の天声人語。我が社では、もう何年になるでしょうか。8年かな。
毎朝、全社員が書写しています。時々サボる人もいるようで、チェックが入りますが。
広告は間口の広い仕事です。世間の動きを知ることはとても重要です。


特に、お客様との間で共通の話題がないと仕事が円滑に進みません。
同時に、社会の出来事に自分なりの意見や考え方を持つことが大切です。
そのためには、旬な話題を独自の視点で表現する天声人語を読み込むのは参考になります。


朝日の天声人語じゃ、少し偏ってはいませんか。
経済の話題を意図的に取り上げる日経の春秋の方が良いのでは、
あるいは、懐古調ですが「人間味溢れる」読売の編集手帳が良いのでは……
そんな意見もありますが、


私は、左傾化していると批判する向きもありますが、権力を監視する姿勢を貫き、
常に弱者の側に立って……時には勢い余って、こける内容もありますが……
論陣を張ろうとする天声人語が良いと思っています。
(なぜかは不明ですが、大学入試に出題の多いのが天声人語です)


文章を構成するのは、言葉です。言葉が連なって文章は意味を為します。
私が「新聞を読もう」とブログで提唱しているのは、言葉から文章を読み取り、
その意味を知り、背景に思いを馳せることにあります。


内容がなかなか理解できない新聞記事もあります。そんなとき、ふと思うのです。
言葉の意味が一つだけではないので、伝わらないのではないかと。
学んだ編集手帳。チームプレーを向上させるには「一語一義」であるべきではないか。


サッカー、Jリーグ開設にあたり、協会強化担当部長は、用語の統一から
スタートさせたと。用語とは言葉のことです。
ゴール前にけり込むセンタリングは「クロス」に。体を寄せることは「アプローチ」
当たれという指示は「チャレンジ」、一つの言葉に一つの意味だけ持たせたそうです。


それを徹底して選手の目的意識をはっきりさせたことでチームが強くなり、
観戦する人たちもサッカーというスポーツがよく理解でき、Jリーグ成功に
繋がったと。なるほど。言葉は明瞭だが意味が不明の場合がよくあります。
それではチーム(組織)が強くなりませんね。
読売新聞の編集手帳で「一語一義」の大切さを学びました。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月29日 05:28 | コメント (0)


生きがい

2018年10月28日

老いてこそ人生。米国流の価値観に振り回されない自分なりの価値観を持ちたいものです。

人生100年時代って、夢物語ではなくなったようですね。
厚労省の年金部会がこんなデータを示しました。
1970年生まれ以降の女性は、65歳まで生きれば、3人に2人が90歳まで長生きすると。


もちろん、高齢期の就労と年金制度を議論するための参考として提出された資料ですが、
若年になればなるほど、長生きする確率が増し、女性が100歳まで生きる確率は
80年生まれ、90年生まれは20%だとしています。


他国と比べても意味はないのですが。
日本が世界一の超長寿国であることは間違いないようです。
長寿国である要因は、様々ですが、戦後75年、日本人の生活が豊かになったこと、
すなわち、経済的な繁栄が下支えとなって食生活が豊かになり、公衆衛生や医療制度などが、
充実した国になっていることに起因すると思います。


部会では「高齢者の定義を65歳でなく75歳と捉えて良いのではないか」
高齢者の就労ニーズの多様性に答える制度の改革が必要であり、
年金制度も高齢化に合わせて柔軟にするべきだとの見解で一致したようです。


別段目新しい議論ではないが。
このままでは、誰がみても年金制度が破綻することは明らかです。
その予防線としての長生き確率の資料なんでしょうが……


私は、年金制度をどうするかの議論は重要だと思いますが、
まずは日本人の叡智が世界に冠たる長寿国を作り上げたことに日本人が
誇りを持つべきだと思います。


同時に、米国流の「人生の目的は成功が全てである」そんな価値観に
振り回されない、日本人が古来より持っている「成功だけが人生ではない」
「どんな立場であろうと生きがいを持つ」価値観を大切にしたいと思います。


人生100年時代、現実になりました。であれば馬齢を重ねるだけの人生ではつまらない。
その人が生きている証、すなわち生涯現役の考え方でもよい、
趣味やITの活用でも良い「生きがい」のある人生を見出したいものです。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月28日 05:15 | コメント (0)


瓜田に履を納れず

2018年10月27日

慈母の御心に触れ、老域の我が身、同輩とともに学ぶ。


こんな拙文の爼上あげるのも畏れ多いのですが、
謹んで拝読させて頂き、一言一言に深い感慨を覚えましたので、
ついつい取り上げさせて頂きます。浅学菲才の身、踏み外しには寛容に願います。


思いやるとは……訪れた被災地、被災者の物静かに物事に耐える姿、
恐らくは一人ひとりが大きな心の試練を経験しているだろう中で、
健気に生きている子どもたちの姿にいつも胸を打たれています。


感謝とは……激しい被害、困難な状況、一人でも多くの人命を救おうと日夜全力を挙げ
救助に当たられる全ての人に対し、深い敬意を感謝の念を抱いています。


覚悟とは……陛下御自身のお立場としての義務は最優先であり、
私事はそれに次ぐものを貫かれ、新憲法に定められた「象徴」の
お立場を如何に生きるかを模索し続けられる御姿を見上げつつ過ごした日々を
深い感慨と共に思い起こしています。


慈愛とは……昭和天皇、香淳皇后から計り知れない教えを受け、寛容にお導き頂きました
3人の子どもたち、誰も可愛く、育児は眠さとの戦いでしたが、大きな喜びでした。


願いとは……陛下のご健康をお見守りしつつ、ご一緒に穏やかな日々を過ごしていければと
願っています。拉致被害者の問題などは平成の終焉と共に、急に私どもの
脳裏から離れてはならない。家族に陰ながら寄り添っていきたい。


今後は……読みたいと思って求めたまま、手つかずになっていた本を、一冊ずつ読めるのを
楽しみにしています。赤坂の広い庭に良い土地を見つけ、マクワウリを
作ってみたい。以前陛下に頂いてもよろしいかと伺うと、神様に差し上げる物
だからと仰せになられた。「瓜田(かでん)に履(くつ)を納(い)れず」をするところ
でしたので。


来年御退位される天皇陛下に寄り添い60年、
皇后様の実に慈しみ深い御心が溢れる、お誕生日のお言葉ではありませんか。
老域に入る我が身、我が同輩たちの範とすべきではと謹んで拝読致しました。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月27日 05:54 | コメント (0)


サヨナラ15、キャンペーン実施中。

2018年10月26日

交通事故ほど、無意味なことはない。自転車事故も防がねば。


愛知県下で発行するハッピーメディア・地域みっちゃく生活情報誌は265万部。
全世帯の80%に配布しています。県内では最も到達率の高い生活情報媒体として、
県民に親しまれています。ありがたいことです。


愛知県の課題の一つに、交通死亡事故が47都道府県で、
15年連続ワーストワンという不名誉な記録が続いています。
この不名誉な状況から何としても脱却したいと、
県民上げて様々な取り組みが行われています。


しかし、今年も9月時点での死亡者数は122人で、依然として最下位です。
この屈辱を晴らしたい。県民のアンハッピーをハッピーに変えたい。
そんな思いから地域みっちゃく生活情報誌では、この8月号から、
愛知県交通死亡事故ワーストワン脱却「サヨナラ15」キャンペーンをスタートさせました。


15歳の少年、少女が登場。交通事故防止への思いを語ってくれます。(動画で見られます)
8月号は、この15年間でもっとも死亡事故の多い交差点に女子学生が立ち、
「この交差点に立つと交通事故の恐ろしさが実感できます」
「信号が変わるまでの2分間がなぜ待てないの」と大人たちに訴えています。
そのポスターも愛知県下で貼られています。


私の思いは一つです。交通事故で死ぬなんて、そんなもったいない人生はない。
継続的に啓発活動を行い、日常的に交通事故を意識してもらう。
そのことによって、アンハッピーな家庭をつくらない。それだけです。


そのためには特集ページを設け265万部に掲載、毎月、毎月、15歳の学生諸君と一緒に
啓発紙面をお届けすることにあります。ワーストワンという汚名を返上するまで、
やり続けます。それが、ハッピーメディア、地域みっちゃく生活情報誌の覚悟です。


昨年12月、川崎市内で街を歩いていた女性に、スマホを操作しながら
自転車に乗っていた女学生がぶつかり、その女性は死亡。
今年8月その女学生に禁錮2年、執行猶予4年の判決が言い渡されました。


そんな事故、「チョット注意すれば防げるでしょう」そう思いませんか。
これは自転車の事故ですが、自動車でも同じです。死亡事故の6割がわき見運転です。
自転車の事故についても防止活動をしたいと思います。
それが、ハッピーメディア、地域みっちゃく生活情報誌の使命だと思っているからです。
Goto

追伸
愛知県下に貼られている「サヨナラ15」キャンペーンポスターです。
IMG_7676.JPG


投稿者: 後藤 日時: 2018年10月26日 05:26 | コメント (0)


新聞は暗聞(あんぶん)

2018年10月25日

明るいニュースでも普通のニュースでも暗く書く、よろしくないね。


10月も下旬。月日の経つのは早いモノです。
月が変われば、2018年も60余日……年度を区切りに仕事をしていますと、
この第3四半期に頑張って働き……下半期の飛躍につなげねばと思う。


新聞の見出しの付け方って、色んな意図が含まれます。
多少うがった見方ですが、気に入らないのは、毎日新聞(10/19付)経済面の見出し。
「貿易黒字88%減……上半期 原油高が重しに」どう思われますか?
記事は、貿易収支が前年同期比で「黒字幅が88%」減少したと書いてあるのですが、
一読すると「貿易収支が大幅に減って大変だ」と思わせてませんか。


私なら、貿易収支6期連続黒字。原油高騰、黒字幅縮小……と付けますね。
だって、上半期の輸出額は40兆3657億円で5.2%の伸びで……
中国向け半導体製造装置や、アラブ諸国への自動車が伸び、4期連続の増加なんですから、


輸入は10%増の40兆1437億円でしたが、要因は明確、原油高で液化天然ガス(LNG)などの
輸入額が膨らんだからで、他に特別な要因があって、黒字を圧縮したのではない。
更に重要なことは、米国大統領が米国ファーストだと、日米貿易で日本の黒字幅を
減少させろと脅しを掛けているが、この上半期対米黒字額が3期ぶりに減少、
日米貿易交渉の好材料にもなっている。


その減少分は中国への輸出額が過去最高になったことで賄うなど、
日本経済、貿易が大幅に落ち込んだような見出しを付ける事態ではない。
いたずらに不安を煽るのはよろしくない。


エッ、ちゃんと記事を読めばそうなっていないですって。
うぅーむ、横柄な、「新聞と書いて暗聞って読むのだ」から新聞が売れなくなるんです。
世の中が少々暗くても明るくなるようなHappy Newsを掲載して欲しいものです。


この上半期、貿易収支でも明らかなように、日本の貿易の鍵は、一にも二にも、
国際情勢に左右される原油の問題です。エネルギーを原油に頼っている以上は、
いつまでたっても、貿易収支が不安定です。長期的などと、言わず脱原油に
国民を挙げて舵を切る必要があります。もちろん、水素も対象に入ります。

話が大きくなりました。
毎日新聞は「煽り記事」の末尾に「下半期は赤字転落の可能性もある」と
結んでいますが、だったら、どうするのだ。そこを書かねば、悲観的な可能性だけを
述べることになる。貿易収支が赤字になれば国民が困るのです。


私は、米中が貿易戦争を激化させている今こそ、中国との関係改善を急ぎ、
貿易拡大に官民挙げて取り組めば、下半期黒字拡大間違いなしだと思うが、
なぜ、その点を強調して書かないのか。暗い記事では新聞ではなく「暗聞」です。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年10月25日 05:33 | コメント (0)


観光の基幹産業化

2018年10月24日

ローマは1日にして成らず。慌て過ぎないように……


9月の相次ぐ大規模災害で観光産業事情が変わりました。
大きく報じられましたので、ご存知かと思いますが、訪日観光客、
9月、5年8ヶ月ぶりで前年同月比で減少したと観光庁が発表しました。


要因は、関西を直撃した台風21号。関空がやられたこと。
訪日客の4分の1が関空経由、響くのも仕方がないですね。
それと北海道の地震、余震と停電が続いたのがネットで拡散、
風評被害には弱ったモノですが、訪日客の6割以上を占める韓国、台湾、香港、中国が
地震に敏感に反応したのが原因と分析した。

一方、国別では、絶対数は少ないですが、イタリア20%、ロシア17%、インド15%
ベトナム15%、スペイン13%と増加。政府の誘致が功を奏しているのでしょう。
だが、このアンバランスがインバウンドの実態です。


政府、この減少は一過性の現象。足元は堅調に推移、
2020年、4000万人目標は揺るがないと強気。


観光庁のデータでは旅行中の消費額、12年は1兆846億、(13年1000万人突破)
五年後の17年は2700万人が訪日、4兆4162億円と約4倍の伸びです。
観光が日本経済にっとて、「基幹産業」のひとつに成長したことがわかります。


因みに、産業別の市場規模は自動車が68兆円。金融が60兆円、
不動産が12兆円、広告は6兆円、精密機械が5兆円で全産業中50位です。
目標の4000万人になれば、7兆円産業になるといわれます。
日本の基幹産業の一つになります。政府が成長戦略に位置付けるのがよく理解できますね。


観光が基幹産業になるにはかなりの時間がかかるのでは……
2000年の歴史を誇る京都とか、首都東京や大都市がインバウンドの
恩恵を受けるのは理解できるのですが
観光地でないローカルまでもが、観光、観光と浮かれるのは如何なものか。


人口が減少し過疎化する地方が、簡単に観光地化するとは思えません。
当然だと思うのですが、果たして、ローカルにそれが波及するのか。
幻想だとは思わないが、他の基幹産業の歴史を見れば、「ローマは1日にして成らず」
異常気象、天変地異への備えも考慮しつつ観光の基幹産業化をと願う。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年10月24日 05:21 | コメント (0)


災い転じて福となす

2018年10月23日

7年ぶり首相の訪中、首脳会談に日中の新時代を期待したい。

外交は国と国の利害が直接にぶつかり合う場です。
日本外交のスタンスは米国一辺倒、その方針を安易に変えることはできないのだろうが、
そこはそこ、国益のために外交の妙を見せて欲しいものです。


26日、安倍首相と習近平首席が北京で首脳会談を行う。
日本の首相としては7年ぶりの訪中。米中の覇権争いに発展した貿易戦争、
中国は日本に接近して、米国への牽制効果を狙っているとの見方がもっぱら。


確かに異常な接近、これまでの経緯を踏まえれば、大丈夫かと首を傾げるのですが、
そこはそこ、外交です。米国が呼び込んだ千載一遇のチャンスかも知れません。
米国にとって日本は安全保障を握っている従属国です。地政学上も中露の防壁です。


ある程度の自由は大目に見る筈です。であれば、たとえ牽制のために利用される懸念も
あるかも知れないが、現実にはすり寄る中国です。この際、幾多の懸案事項を俎上に乗せ
真摯に議論し、互恵関係を具体化させるべきではないでしょうか。


メディアは二言目には米中の狭間で難しい外交の舵取りを迫られると評しますが。
それは間違いです。外交なんてものは、そもそもが難しいものです。
そもそも、今の日中間には信頼関係が希薄なのです。

その壁をぶち破れるのは、河野外相ですね。
彼ならば、中国と丁々発止やり合えるのではないでしょうか。
背景が米中の貿易戦争です。まずは経済、金融問題の合意でしょう。
そして、日本への渡航規制の解除ではないでしょうか。
(国民の0.05%しか訪日していないのですから)

この会談で習近平主席の訪日が決まれば、成功と考えるべきです。
そうなれば、天皇陛下に謁見するでしょう。その際、ご退位まえに、
天皇陛下が訪中されるような日程が組まれれば……
それこそ、日中の過去が清算され、新時代が始まるのではないでしょうか。


日本の諺に「災い転じて福となす」があります。
世界が困惑する災い。米国大統領のなりふり構わぬ米国ファーストが、
日中の新時代を築く切っ掛けとなるとしたら、福に転じない手はないのだが。
外交はそんなに甘いものじゃないのもまた事実ですが。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月23日 05:58 | コメント (0)


新聞に未来はあるか。

2018年10月22日

18歳の意識調査、過半数が新聞に触れたことがない。


仙台で開催された第71回新聞大会が終わりました。
果たして、新聞の未来が見えたのでしょうか。
「新聞命(しんぶんいのち)」の私としては気になるところです。


読売新聞グループ代表は「次の世代を新聞読者は変えてゆけるのか」と
懸念を表明したと朝日新聞は伝えますが。意味がよくわからない。
毎日新聞トップは「業界全体でスクラムを組むことが必要」
NIE(教育に新聞を!)を真摯に取り組もうとの主旨だが、まだまだ手緩い。


朝日の社長は「かつてのように世帯に必ず新聞がある時代ではない。
人々の生活の中に、私たちが持つ質の高いニュースをどう入れていけるかが問われる」と発言、
質の高いニュースとは……が問われているのではないか。上から目線が気になる。
大社長のコメントにコメントする非礼をお許し願いたいが………

「新聞を読もう」と訴える立場から二点指摘したい。
一つは「新聞力を磨く経営戦略」をテーマに新聞社のトップらが議論を交わしたが
朝日社長の弁である「かつてのように家庭に新聞が届けられる時代でない」という
認識ならば、なぜ、夕刊廃止の議論がなされないのか不思議である。


私は夕刊が大好きだ。読み物も充実、毎日新聞のワイド特集など、大胆な切り口で斬新です。
朝日も文化度の高い紙面を提供しています。
でも、夕刊は高度経済成長時代の遺物です。


今や、1日に二度新聞を家庭で開くライフスタイルはどこにあるのか。
私のようにコアなファンはいますが、現実は中部地方に読売の夕刊はない。
岐阜新聞も廃刊した。でも、どこからも、誰からも惜しみ憂う声はない。
夕刊の価値はないのです。腹を括って欲しい。夕刊を継続するエネルギーを未来に。


賢明な経営陣の皆様です。そんなことは承知なはずです。だったら、
なぜ……「経営戦略」で正面から議論がないのか。
平場でない場所ではやっているのでしょうが。お互いの腹の探り合いなんてことなら、
「業界全体でスクラム……」なんて、絵に書いた餅でしょう。


それともう一点です。新聞大会に向けてこんな「18歳の意識調査」が発表されました。
テーマは「新聞」……新聞を読んでいない52%、18歳の過半数が新聞に触れていない。
読まない理由「面倒くさい。読む時間がない」「新聞を取っていない、習慣がない」
「高いから、お金がかかる」と彼らは正直です。


では情報源は何で。「テレビ番組」77%、ソーシャルメディア」40%
ニュースサイト36%、新聞15%だそうです。


信頼できるメディアは何か。テレビ番組が1位。2位が新聞。
信頼する理由は、正しい情報を流していそうだから。わかりやすいなど。
なんとも辛辣な現実です。ほかにも謙虚に学ぶべき興味深い調査がされています。


問題は、新聞を読まなくても情報はテレビで事足りる。それと……新聞が提供している
情報である……ソーシャルメディア、ニュースサイトが彼らの情報源だということです。
つまり、新聞記者が足で取材した情報が元なのに、新聞以外のメディアを情報源に
していることです。タコが足を食べるような話です。


深刻なのは、テレビは情報を得るのがタダです。フリーと言ってもよいでしょう。
ソーシャルメディアもニュースサイトも同様です。
彼らは情報にお金を払わないのが当然だと思う時代の人類なのです。


この調査は18歳の若者ですが、実は社会の風潮を示す写し絵です。
新聞購読者が減少する本当の理由は、情報は無料だと思い始めているのです。
「有料」だから新聞を読まないのです。この調査では52%が読まないとなっていますが、
実態は、70%を優に超えているのではないでしょうか。


情報はタダの時代です。もう新聞の未来がどうあるべきか。
賢明な新聞経営陣はわかっています。どうすべきか、多分、答えはでていると思います。
もちろん、新聞大会が綺麗事で終わる内は、見えないでしょうが。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月22日 05:19 | コメント (0)


新聞配達の日

2018年10月21日

新聞広告を扱う広告会社として「新聞広告の日」に感謝したい。


毎朝、5時半前後、ウォーキングに出掛けますが、
夜明けがすっかり遅くなりました。
登山用の頭に取り付けて路上を照らす懐中電灯が必要です。


玄関を勢いよく飛び出して、角を二つほど曲がると、
小気味好い「カブ」の音が「おはよう。ご苦労様です」と声を掛けますと……
「おはようございます」と元気な声が。暫く先の広い通りには
自転車を漕ぐ音がして「今日もご苦労さん。ありがとう」と手を上げますと、
「おはようございます」とにっこり………。朝一番の日課です。


今日……10月21日は「新聞配達の日」です。
休刊日を除いて、毎朝決まった時間に、ポストに新聞が届くって、凄いと思いませんか。
私は感動します。ですから、思わず声を掛けてしまいます。


以前は「新聞少年の日」と言っていましたが、昨今、少年が配達していませんので、
「新聞配達の日」と変更。新聞週間の日曜日に設定されています。
新聞命(しんぶんいのち)の私としては、新聞を配達して下さる方々に
改めて感謝申し上げます。ありがとうございます。


10月20日の毎日新聞、驚かれた方も多いかと思いますが。
エッ………毎日新聞を見たことがないですって。そりゃ失礼な。
日本でもっとも、公正中立な全国紙ですよ。(笑)……チョッピリ左に傾いていますが。


一面に通常の記事がないのです。(写真参照)
どう見ても「アパレル会社の全面広告」です。アレ……「おことわり…今日の朝刊は、
「新聞広告の日」記念紙で本紙を包んでいます」と書いてなければ、
毎日新聞が、どうかなったのではと気を揉みます。


そうなんです。10月20日は「新聞広告の日」なんです。
理由は定かではありません。秋の新聞週間に合わせてでしょうか。
新聞協会では、この一年間を通して掲載された優秀な広告を表彰する
記念の式典と授賞式が盛大に行われます。


我が社も中日新聞の広告を扱わせて頂き、今日があります。
新聞広告は我が社のルーツです。この日に合わせて、新聞広告の役割や意義について、
社内できちんと議論し、再確認せねばいけません。
そして、新聞広告賞が頂けるような仕事をせねばと意を強くしています。


昨今、新聞の広告が減少しています。
発行部数が減るのですから、広告効果が……だからでしょうが。
新聞広告には、新聞の持つ信頼に裏付けされた独自の価値があります。
その価値をスポンサーに訴える努力を我々新聞広告を取り扱う広告会社が
怠っているのを恥じます。


もちろん、新聞社の広告局も、背に腹は変えられぬのでしょうか、
信頼性を損うような、子どもたちには理解できないような広告を
掲載するのですから、一概に広告会社のせいでもないと思いますが、
「新聞広告の日」です。新聞広告の原点に立ち返ってみたいものです。Goto


IMG_7675.JPG
10/20毎日新聞


投稿者: 後藤 日時: 2018年10月21日 05:28 | コメント (0)


カギケノリ

2018年10月20日

羊のゲップが地球温暖化の原因って、ご存知でしたか?

地球の温室効果についてはご存知であろう。
熱が宇宙空間へ逃げないよう大気を防ぐ全く自然な作用のことです。
太陽のエネルギーが地表に達し、一部は吸収され地上表面を温め、
一部は反射され宇宙へ戻る。………その際、温室効果ガス……
二酸化炭素が増えると地球温暖化が進む。


環境問題に真摯なニュージーランドは50年までに、大規模な植林を実施し、
温室効果ガス排出を国全体で実質的にゼロにする目標を掲げています。
ニュージーランドの温室効果ガス排出量の50%は農業が占め、
その7割が家畜のメタンガスに由来しているというではないですか。


メタンガスは温室効果が二酸化炭素の25倍という強烈さ。
豪州には2500万頭の牛と6750万匹の羊が飼育されている。
メタンガスは、その牛、羊が「ゲップ」から排出されます。


たかが、牛、羊の「ゲップ」ごときで、地球温暖化などとは、たわごとではと思うのですが。
牛や羊は「反芻動物」、胃で食べた植物を分解する際にメタンガスを発生させ、
その9割を「ゲップ」で残りの1割を「オナラ」でだす。


羊一匹が出すメタンガスの量は年間18キロと桁違い。
たかが家畜の「ゲップ」と侮るなかれ……地球上で飼われている量は膨大。
温室効果ガス排出分布図でも全世界の6%にもなる。
牛や羊に「ゲップ」させないのは、国際的な課題です。


当然、研究が進んでいます。カナダからの報告です。
海辺で放牧する牛は健康で乳の出がよい。そんなデータが元になり、
海岸に流れつく海藻を食べるので、その海藻に目をつけ調べた結果、
海藻を食べるとメタンガスが減ることが解明された。


その海藻は世界中に生息する「カギケノリ」……乾燥フレーク状にして
羊の飼料に2%混ぜて羊に与えると、85%の削減効果があった。
カギケノリに含まれる化合物が消化時に酵素の働きを抑え、
メタンガスの発生を妨げるという。それが飼料用で販売されるようになれば、
家畜の排出するメタンガスを削減する画期的な「未来の飼料」になる。


カナダの研究者は、「世界の家畜の10%がこの未来の飼料を使えば、
車を1億台減らすのと同じ効果がある」と試算しています。
どなたか、地球温暖化を防ぐ「未来の飼料」をビジネスとして起業する人はいないかと、
募っているそうです。


最近日本の経営者で、何千億円もの費用を掛けて月旅行を計画する人もいるようですが、
それも結構です。人間が、いや全ての生物が生きていけるこの地球を守るための
社会貢献をするという感性もあって良いのではと思います。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年10月20日 05:27 | コメント (0)


特定技能2号

2018年10月19日

政治が曖昧な今こそ、新聞社は旗色を鮮明にせよ。


恐々ですが、この際タブーに触れてみたい。
如何にも日本的だと思うのが、「なし崩し的に外国人労働者」を受け入れて行くこと。
今までも「研修」だとか「留学」だとかで受け入れてきたのだが。


政府は単純労働分野にも裾野を拡げ在留資格を付与するのを目的に、
関係閣僚会議で入管難民法の改正案骨子の検討に入った。
どう考えても、事実上の「移民」受け入れではないでしょうか。


労働不足は深刻です。第一次産業はもとより、サービス業に至っては、
最低賃金を上げようが、女性に門戸を拡げようが、
高齢者の再雇用条件を緩和しようが、まったく人が集まらない。


新聞は経済界の要請に屈して外国人受け入れ拡大に舵を切ったといい、
政府は「移民政策とは異なる」と繰り返し強調する。いずれも虚しい。
しかし、新法は一定の技能を持つ「特定技能1号」と熟練者対象の
「特定技能2号」が創設され、2号では家族の帯同が認めら、日本で住み続けられる。

政府はあくまでも「受け入れは人手不足の対応」と強弁するが、
どう考えても、家族で来日して、永住できれば「移民」でしょう。
そう明言できないのは「移民反対」の保守層への配慮に過ぎない。


保守層が「民族の純血を」などと移民受け入れに反対するのは、
思想的背景からわからぬでもないが、野党の態度が煮え切らない。
立憲は「国家の大きな転換点だ」と牽制するだけ、
国民も「実質移民、政令に委ねるだけ」と曖昧。
連合も「日本人の雇用が奪われるだけ」と求人倍率などお構いなしのピンボケ。
こんな状態だと、24日から始まる臨時国会で改正法案が通過する可能性が高い。


タブーに触れる。労働人口の減少は目を覆う。おまけに「働き方改革」と称して、
「労働時間を徹底的に制限」している。その象徴が来年のゴールデンウィークの
10連休であろう。理由の如何を問わず、土日、祝祭日を加え2ヶ月で、1ヶ月を
休みにすれば、経済は止まる。誰かが休みでも働かねばならない。


国民誰もが、「移民」を受け入れねば……成り立たないとわかっている。
であれば、政治は「移民」について、なし崩し的に受け入れるのではなく、
正面から向き合い真摯に議論すべきではないか。


私は「移民受け入れるべし」の立場だが、政党が曖昧な今こそ、
まずはメディアが旗色を鮮明にすべきではないか。朝日は、読売は、どうなのだ。
「移民」を受け入れるのか、入れないのか。入れるなら、どんな条件が必要なのか。
入れないなら、どんな代案があるのか。
新聞メディアがこれ以上、この問題から逃げ回るのは許されない。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月19日 05:42 | コメント (0)


迷走台風に思う

2018年10月18日

太平洋高気圧が東に下がりました。台風の襲来はもう大丈夫です。

太平洋高気圧が日本列島に張り出す力がなくなってきた10月下旬です。
もう大丈夫だと思うのが、例年になく列島を襲った台風の襲来。
今年はあたり年というのでしょうか(当たっては欲しくないですが)次々と。


ちょっとおさらいです。
毎年、夏、秋に掛けて列島を悩ます台風という奴はいったい何者か。
ご存知かも知れませんが正確に理解してみましょう。
台風とは、熱帯の海で発生する低気圧「熱帯低気圧」のうち、
北大西洋か南シナ海にあって、最大風速が秒速17メートル以上のものをいいます。


温かい海水から発生した水蒸気が上空で冷やされ、雲の粒になるときに出る熱を
エネルギーにして発達します。その目安は海面の水温が28度以上だとされています。
日本付近に近づくと、上空に寒気が流れ込み、次第に衰えて「温帯低気圧」に変わる。
その前に海面から発生する水蒸気の量が減ると、衰えて「熱帯低気圧」に戻ります。(日経)


台風そのものは自分で動くことはなく、地球の自転の影響でゆっくり北上するだけです。
赤道の北側、緯度が25度以下の地域では、東風の貿易風が吹いています。
生まれた台風はこの貿易風に乗って西に流されます。


日本に夏をもたらす太平洋高気圧の風に乗ると、右にカーブするように進みます。
高気圧は台風と反対に時計周りで風が吹き出し、ヘリは特に風が強い。
台風は日本に近づくと、上空5千から1万メートル付近を吹く偏西風の影響を受け、
向きを北東に変えます。偏西風はジェット気流といわれ、秒速50メートルを超す
猛烈な風。偏西風に流された台風はスピードを上げ一気に北東に進む。


速度を維持したまま、列島を襲うと被害が甚大になります。
関西地方を直撃した21号、24号は、猛烈なスピードで駆け抜けました。
列島に上陸するかどうかは太平洋高気圧や偏西風の位置と強さできまり、
残念ながら、その解析はまだ、できないようです。


秋になると台風が近づくのは、太平洋高気圧が弱まり東に引っ込むと、
西側のヘリが列島に掛かるようになり、台風が列島を襲いやすくなります。
夏の台風は偏西風が列島から離れた北の空で吹くため、列島に近づく台風は迷走しやすく、
7月下旬に北上してきた12号は観測以来初めて、紀伊半島の東に上陸、
中国、九州地方に逆走して抜けました。


天候は西から東に移り変わるのですが、この12号はまるで、高齢者が高速道路を
逆走するように、東から西に逆走したのです。びっくりです。
列島の南に入り込んだ寒冷渦という奴が、12号を呼び込んでの逆走だそうです。


細かな説明はよくわかりませんが、
大自然に生かされている我々です。自然には道理があって、
太陽は東から昇り、西に沈み、地球の回転軸が少し、斜めになっているので、
夏は太陽が近づき暑い日々となり、冬は遠ざかるので太陽のエネルギーが弱くなる
だから、寒い日が続くと教わっていて、そのように大自然は動いているのですが、


台風とて、当然、西から東に移動するのが本道のはず。
逆走は大自然のいたずらか、それとも異常気象、天変地異の表れか。
そのおかげで、襲来を受けた地域の被害は増大、その責任を天に取れと、
怒ってもせんなきことだが、人間は大自然には勝てないことを肝に銘じたい。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月18日 05:28 | コメント (0)


新聞週間

2018年10月17日

新聞の真髄ここにあり、新聞を読もう。


今年の新聞週間(15日からスタート)は妙に力が入っていますねぇ。
ご覧になりましたか?15日の新聞全面広告で木村拓哉さんと工藤静香さんの
お嬢さんでモデルのKokiがモデルになっている紙面。(写真参照)


この紙面、新聞週間にちなんで、日本新聞協会加盟の新聞社74社が
「♯にほんをつなげ74」と題しての大規模な連合企画です。
写真は日経、朝日、毎日、読売の4紙の紙面ですが、よく見て下さい。


右上の「ひと文字」とNoが全て違いますね。読売新聞は「つ」のNo.28、
日経は「よ」でNo.29です。それに写真も同じではありません。
モデルの口元が「ひと文字」を読んでいます。凝った紙面です。


ネット上で話題になっているそうですが、モデルに注目が集まっているのであって、
内容に興味があるのとは少し違うようですが、広告的には話題になれば良しでしょうか。
74紙をNo順に並べると、文章になるそうです。興味をそそりますが。


よく考えてみれば、74紙を手にする人などいません。ですから、
その意味は誰にもわからないってことです。結局はネットで知ることになります。
ネットで情報を取って下さいというのなら、皮肉ですね。


新聞の衰退はネットでニュースが見れる。敢えて新聞を購読しなくてもが要因と言われてます。
その象徴のような紙面構成を新聞協会が手助けしているのですから。
真面目にやって下さいと申し上げたい。(笑)


新聞週間になりますと、新聞社によって「新聞の魅力」の伝え方が違うのが
よくわかります。真剣に取り組まない新聞社は、協会が仕込んだ文化人や著名人の記事で
お茶を濁します。それでも取り組まない新聞社もありますので良しとしますが。


今年はサッカー監督の森保一さんと、押切もえさん。そして中学生作家鈴木るりかさんが
登場して、それぞれの新聞観を語っています。なかでも、鈴木さんの新聞評は読むに値する。
「新聞の魅力は毎朝届くこと。人の手を通し手元に届くのは貴重である」「大きな新聞を
広げる行為、紙の手触りが好き。新聞を読んでる自分に誇らしさを感じる」………


この評を15歳の中学生がするのです。新聞命の私としては嬉しくなってしまう。
「他界した祖父が、毎朝すごく熱心に新聞を読んでいた。その姿に憧れていたから」
「私の小説には、新聞を読んでいなければかけなかった話、出てこなかった表現がある」
「私にとって新聞はなくてはならない存在で、すごく感謝している」
古希を迎え「新聞を読もう」と訴える私にとって、15歳での小説家にもびっくりですが、
新聞をこんな風に解釈できる感性に感動です。


長くなりました。今年の新聞週間、わけのわからない広告を74会員が
掲載したことではありません。新聞週間には冷静と申しますか、
毎年おざなりだった朝日新聞が、今年はやけに力が入っています。
「取材と検証 浮かぶ真相」と題して4ページの特集を組み
「財務省公文書改ざん」報道の経過をつぶさに解説しています。


「記録を追う 歴史に残す」読みますと、これぞジャーナリズムと思わずにはいられない、
権力と対峙する朝日新聞取材班の覚悟が読み取れます。新聞かくあるべし、その心意気が
溢れています。改めて新聞週間に思います。「新聞を読もう」ではありませんか。
この国の未来のために、自らの研鑽のために。Goto


追伸
74社に掲載された「ひと文字」は、以下の通りです。
なんだか、こじつけのようで、よくわかりませんが。


「わたしは まだしらない                   
 このくにのことや                       
 せかいのこと しろう                  
 つよくなるために しろう                   
 いっぽふみだすために しろう                
 じゆうをまもるために                    
 しんぶんでみらいをひらこう」                   

IMG_7672.JPG IMG_7674.JPG
10/15毎日新聞       読売新聞                       


IMG_7671.JPG IMG_7673.JPG
10/15日本経済新聞     朝日新聞                      

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月17日 05:02 | コメント (0)


プラチナウィーク

2018年10月16日

祝日法に異議あり……ポピュリズム、ここに極まれり………


来年の話をすると鬼が笑うと申しますが、高笑いしている鬼がいることを忘れないで。
ご存知ですね。今の日本は年間の三分の一、130日が休みです。
もちろん、休めない人たちもいますが、官庁、学校、大方の企業などは完全休日です。


それに、敢えて申します。「働き方改革」なる亡国政策で、時短の奨励が進み、
働く時間が厳しく制限されています。企業は生産性をあげる努力をするか、
制限のないロボットに仕事をさせなければ、その存在が危ぶまれます。


乱暴な計算ですが、労働時間を8時間として、一年8760時間から、
休日を引き、労働時間外の16時間を引きますと、年間の実働労働時間は88日になります。
余分に見ても、一年12ヶ月で働くのは3ヶ月だけってことになります。


政府は来年5月1日の皇位継承に伴う一連の儀式を検討する「式典委員会」の
設置を決めました。その初会合で、まず首相が示した意向は、
来年、新天皇即位の5月1日と「即位礼正殿の儀」が行われる
10月22日を祝日とする方向で検討せよとのお達しです。


そうなりますと、祝日法の規定により、4月29日の「昭和の日」と「憲法記念日」との
間に挟まれる4月30日と5月2日が休日となり、ゴールデンウィークが10連休、
プラチナウィークとなります。10連休すごいですねぇ。今から10連休の計画を立てて、
大いに遊びましょう。平安時代の貴族は「遊びをせんとや生まれけり」と、
年中遊び呆けていたのですから、国民全体で貴族のように。


そんな馬鹿な。10連休なんて……、敢えて一年限りと強調していますが。
だったらです。だったら12月23日の現天皇陛下生誕日の祝日はどうするのか。
昭和の日という前天皇の生誕祝日と同様に平成の日とでもして、このまま祝日にするのか。


そもそも論で恐縮ですが。世界200ヶ国で、こんなに祝日という休日のある国はない。
休日とはユダヤ教の発想で、6日、一生懸命に働いたら1日安息日を設けるのが始まり。
古来より、日本人は、「遊び呆けている貴族」を除き、民は盆と正月以外、
特別なことがない限り働く、勤勉勤労な国民性なのです。


それを次から次からポピュリズムの最たるものである特別な日を作って祝日とし、
国民に働くなと奨励する。なんと愚かなことでしょう。祝日法に異議あり。
日本の国力が衰え国際競争力を失うことを喜んでいる鬼がいることを
忘れないようにしたいものです。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月16日 05:25 | コメント (2)


ネット広告の疑問

2018年10月15日

ネット広告とリアル媒体との一体化の時代がそこまで。


どこで乗り遅れたのだろうか。振り返ってもせんなきことだが、
世の中、ネット社会になってあらゆる情報がネット上で簡易に得られる時代。
広告のネット市場規模は高まるのだが、こんな問題にはどう対処して良いのか……


ネット勝ち組企業をその頭文字を並べて「GAFA」と呼ぶ。
Gは検索エンジンクラフトのGoogle。Aはデジタルデバイス(iPhone、iPad、Mac)の
Apple。SNS(ソーシャルネットワーク)のFacebook。そして、もう一つのAは
世界最大のネット通販Amazon.comのこと。


日本の企業はどこにも姿を見せませんね。
日本の先駆的経営者たちにチャンスがなかったのでしょうか。
私はあったと思っています。でも、そうならなかった。
理由は色々あるでしょうが、最たるモノは通信規制だったのではないでしょうか。


電波行政を取り仕切る郵政省、今の総務省が電波利権を解放する判断力も
勇気も先を見通す力もなかった。同時に通信と放送との融合を恐れる既存メディアが、
保身に走り、通信事業を阻害した。それが遅れの根本理由ではなかったかと思う。
20年とは申しません。10年前に通信の規制緩和が……。今更嘆いてもせんなきことです。


デジタル広告の市場が2兆円に迫る勢いです。
情報収集手段の中心がネットに移行した以上はあたり前ですが、
物事には限度というモノがあります。ネットの広告効果となると膨大な情報の海に沈み、
訴求対象者に届かないという、大きな悩みが顕在化しています。


同時に、インターネット広告でこんな問題も指摘されています。
View ability……広告は掲載(インプレッション)したが実際に消費者が閲覧したかどうか。
CPM(課金方式)での広告インプレッションに対してコストが発生する仕組みになっているが、
消費者が目に触れなくてもコストが請求されることへの疑問。


Ad fraud……広告の閲覧回数を不正に水増しすること。最近は人が見なくても
Bot(インターネット上の操作で閲覧クリック)で回数を稼ぐこと。これは明らかに詐欺行為です。
横行しているかどうかは別として、チェックするのは難しい。


Brand safety……公序良俗に反する記事に広告が出稿され、企業の商品や
ブランドイメージを毀損するリスクに対処するすべがないという問題が指摘されています。
それらを称して、ネット広告の闇などと言われています。


新たな媒体であるが故に、問題点や疑問が生じるのは致し方ないのですが、
日本人の習性でしょうか。何か評判になれば、一気にそれに流れる傾向があります。
その弊害だとは、申しませんが、ネット広告の限界も見極めたいものです。


最近の動きですが、GAFAの一角である。Amazonは、通販の分野ですが、
リアル店舗を買収、ネットとリアルの融合に舵を切っています。
ネット広告の分野も既存のリアル媒体との併用で効果が高まる方向に移行しています。


我が社がご家庭に手配りでお届けする地域みっちゃく生活情報誌のリアル性が、
ネット広告とのコラボでよりレスポンス効果の高い媒体となるでしょう。
後、65万部で、目標の日本全国1000万部の大台に乗ります。乞うご期待。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年10月15日 05:20 | コメント (0)


FTU

2018年10月14日

皮膚科の薬には、もうひと工夫欲しいモノです。


この記事を読んだとき、製薬会社の回し者かと思ったのですが、
よく読んでみると、なるほどと思い直しました。
アトピー性の皮膚炎(タムシなど)や水虫などの塗り薬のことです。


医者で処方してもらった「塗り薬」………医師や薬剤師の説明を受けるのだが、
分量や頻度など、適当に「広く薄く伸ばすべきだ」などと勝手に思い込み、
医師や薬剤師が必要だと思う量に比べ、少量しか塗らない患者が多いそうです。


そういえば、我が家にも、処方してもらった量を使い切らずに、
使い掛けのチューブが結構薬箱に放置されています。


皮膚科医の間ではこんなことが奨励されています。
再診時に、処方した軟膏の空きチューブを持ってこさせ、
患者の塗る量が処方通りかチェック、少量しか塗らないのを防ぐとか。


「FTU」(Finger Tip Unit)を合言葉にして、患者に塗る量の目安を指導しているそうです。
「FTU」とは大人の人さし指の一番先から第一関節までの量のこと。
軟膏ならば約0・5グラムで、大人の両手の面積に塗れる量です。


塗り薬はチューブの太さや大きさで塗る量は曖昧。
多めに塗る意識を根付かせるには「FTU」単位の案内が効果的。
最近、皮膚が赤くなったり剥がれ落ちたりする乾癬(かんせん)が蔓延しています。


皮膚科医に言わせれば、「正しい薬の塗り方」で治療すれば、効果はてきめん。
薬の効果を疑う前に正しく塗っているかを確認することが必要だと訴える。


たっぷり塗ろうとか、頻繁に塗って下さいなどと、いわれると、
消費量を増やせと促す製薬会社のバックアップのように思えるのですが、
外用薬は飲み薬に比べ継続が難しい、軟膏ベタつくことを嫌い塗る量を
自己規制してしまうのが原因の一つ。


であれば、製薬会社も塗り薬を「貼り薬」に改良する開発をしてはどうか。
そうすれば、皮膚科医の悩みも解消するのではと思うのだが。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月14日 05:16 | コメント (0)


子ども新聞

2018年10月13日

読売と朝日、ライバルは子ども新聞でも競い合う。


新聞各社が、子ども新聞に力を入れています。
理由は、いくつかあるのでしょうが、加速する未購読世帯の増加を食い止めるには、
子どもに新聞の価値を理解させ、新聞に馴染ませることに尽きるからでしょうか。


もちろん、小学生から新聞を読むことで、読む力を養い、考える力が身につきます。
社会の動きやニュースに触れることは子どもの健全な成長に役立つに間違いありません。
その意味では、子ども向けの新聞は社会的な役割だといえます。
そのことに、子ども自身が気付いてくれることが大切です。


それには親がまず新聞を読み、新聞を日常生活に取り入れねばなりませんが、
最近の若い夫婦は新聞を購読しません。それで子どもに新聞を読もうと言っても、
なかなか浸透しないものです。


学校で新聞が教材に使われる「NIE」活動は、
子どもにとって新聞がいかに役立つかを認知させる上で重要な取り組みです。
NIE活動が指導要綱に取り入れられたことで、
全国的に新聞を使った授業が行われていますが、
残念ながら、教材になる新聞は、子ども新聞ではありません。


仕組みがよく分かりませんが、少なくとも、子ども新聞を教材にすれば、
よりわかりやすい授業になるのではと思うのですが、
どうも、子ども新聞を使っての授業をやっているところはないようです。


朝日新聞も読売新聞も、子ども新聞は二種類発行しています。
朝日、日刊の「朝日小学生新聞」は丁寧な作りで圧巻です。
週刊の「朝日中高生新聞」は大学入試に即決する内容で受験生必読と言われています。


読売新聞は、週刊の「読売KODOMO新聞」が月極めで500円とワンコイン、
今月から、12月まで中学受験用の特集もスタートしました。真剣度が伝わります。
「読売中高生新聞」も内容は充実しています。


両新聞社とも、もっとも新聞を購読している祖父母世代に、
孫のために、購読してやってはどうか、そんな呼びかけをしています。
マーケティングとしては適切ですが、残念ながら、その主旨が届いていないのが現状です。
Goto

IMG_7665.JPG IMG_7666.JPG
9/7朝日新聞        9/20読売新聞











追伸
昨日の彼です。

IMG_7670.JPG
10/11朝日新聞

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月13日 05:14 | コメント (0)


酒の味

2018年10月12日

酒を楽しむ写真に、私たちがよく知る「彼」がいます。


年のせいです。とは申したくはないのですが、
あれだけ好きだった「酒」がとんと消化しなくなった。
「消化しない」なんて自分ながらいい表現ですね。


いや、そんなことはどうでもよろしい。
酒量が減って、不思議なことが。酒の味がわかるようになりました。
酒と言っても、様々です。日本酒もあれば、ビールも焼酎もスコッチ、ワインもあります。
それぞれの酒にもまた、様々な種類があります。


ワインなら、白、赤にロゼ、シャンパン。日本酒なら製法や生産地によって味が違うし、
ビールもクラフトもあればラガーも、発泡酒も、焼酎だって、泡盛もあればチューハイも。
味がわかるようになった、違った種類のそれぞれの酒の味が……という意味ではない。
そんなことは、違う酒を飲めば味が違うのだから。


まず、料理の友としての酒。この料理にはこの酒が。ワインで言えば、魚系には白。
肉には赤といわれているが、料理人がこの料理にはこの酒が合うと考えて作った
逸品であれば、その酒をチビりと料理に合わせ含むと、なるほど酒とは…こういう味か。
と酒の味がわかり料理が引き立つ。


会話の友としての酒。一杯のお茶より、一杯の酒という。人間関係を円滑にするに
酒は効果がある。食事をしながら会話を進めるのは日常茶飯事。酒を酌み交わすと、
頭が刺激されるのでしょうか、酒を飲まない会話と飲みながらの会話では
相手の話しの消化度が違う。もちろん、飲み過ぎれば………だが。適量が良い。


気の置けない仲間との酒。大勢で酒を飲む時(食事をするときかな)
私がいちばん好きなシーンは、カンパイ(乾杯)です。どうでしょうか、
乾杯の音頭で杯を掲げ、周りの人たちと杯を合わせて一口浸す。


誰もが満面の笑みになりませんか。そして満場の拍手……、お茶や水では味わいが薄い。
その時の酒の味、格別だとは思いませんか。乾杯の酒が、ビールであろうが、
シャンパンであろうが、酒とはこんなに美味しいものかと、思う、至福です。


写真をご覧く下さい。欧州なのか、米国なのかは、分かりませんが、
シャンパンで乾杯、そして記念写真に収まる(10/4日経と朝日新聞、10/11読売新聞に掲載)
至福の瞬間を切り取りました。左の写真は10/4読売新聞、10/11日経新聞に掲載されました。
主人が料理し、客に振る舞う。これ以上楽しい食事会はない、その瞬間です。


で、です。どちらも登場人物は同じです。
なぜ、新聞によって、写真が違うのか疑問が残りますが。
登場人物で、私たちがよく知っている「彼」が写っています。
この超高級シャンパンの広告になぜ……と思いつつ、
こんなシャンパンには手が出ないが、こんな仲間と楽しく酒が飲めれば、
ごく少量でも酒の味も格別だと思います。Goto

IMG_7667.JPG IMG_7669.JPG
10/4読売新聞_10/11日経新聞     10/4朝日新聞・日経新聞_10/11読売新聞

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月12日 05:13 | コメント (0)


パンからクラフトビール

2018年10月11日

ビールは夏の飲みモノではなくなったのでは……

季節はウソはつかないようですね。
10月に入ってから急に日の出が遅くなり、めっきり冷え込んできました。
以前、クラフトビールのことを書きましたら、尊敬する先輩から、
「呑んでみるかい」と色んな種類を頂きました。


ビールの概念は、(そんな大袈裟なものではありませんが)
「取り敢えずビールを」と食前酒として飲むか、「まずはビールで喉を潤してから」と
喉の渇きを潤すか、あるいはチェイサーとして飲むのが定番ですが、


クラフトビールは違います。ゴクゴクと飲むモノではありません。
色、香り、味など、じっくりと楽しんで飲むビールです。
頂いたクラフトビールも小ぶりなグラスで、チビリと味わうと
醸造者の顔や醸造地の風景が浮かび、日頃飲んでいるビールとは違う飲みモノになります。


日本ではクラフトビールといえば地ビールのこと……
1994年に酒税法が改正され、酒類の規制が緩和、
一定の条件を満たせば醸造できるようになり全国各地で誕生した。


しかし、製造者のイメージも大手メーカーの地域版という発想だったのでしょうか。
消費者も別物なので比較しても意味がないのに大手のビールと比べたのか。
地ビールは高くて、味がちょっとね、なんて言われ下火になった。


でも、あれから、20年以上の歳月が流れ、様々に研究されたんでしょうね。
その名のように、クラフト(職人の手作り)として、個性あるビールに変貌したようです。
クラフトビールは新たな酒類として定着してきたようです。


米国と並んでブームを牽引する……クラフトビールの本場、英国の話です。
その前に、クラフトビールの条件を整理します。
小規模であること。(日本の場合60KL). 独立していること(酒造メーカーの傘下でない)
そして伝統的であること(手作りってこと)が条件です。


ロンドン郊外でクラフトビールの小さな醸造所の話です。原材料がなんと廃棄予定のパン。
造り方は、パンを乾燥させて砕き、大麦麦芽、イースト、ホップ、水を加えてビールを仕込む。
えっと驚くことはない。紀元前4000年、メソポタミアやエジプトでは、
小麦のパンからビールを造ったレシピが残っている。


その醸造所はそのレシピを基に造られている。(英国内では他に15のパンでの醸造所がある)
英国内の食品廃棄量は年間1500万トンを超え、その内売れ残った4割強がパンです。
醸造所ではパン屋での売れ残り、製造者が捨てるパンの耳を集め原料にしている。


廃棄予定のパンでクラフトビールをつくり、食品廃棄の問題に一石を投じられれば、
ビール好きの英国人も新たなビール文化の創造として、大いに飲まれるであろう。
同醸造所ではパンで造ったビールの収益は全額、食品廃棄の解決に向けて活動する
市民団体に寄付しているそうな。


さすがにビールのメッカだと思う。
日本の食品廃棄は英国の比ではない。パンの廃棄がどの程度かはわからないが、
日本でも廃棄食品を原料にクラフトビールを醸造する人が現れても良いのではと思う。
Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年10月11日 05:27 | コメント (0)


天高く馬肥ゆる秋

2018年10月10日

今日は10月10日……「元体育の日」日本の秋は、空にあるのではないでしょうか。


理由は分かっています。でも、納得できないのは……
世界中がなんでもかんでも、ファーストの時代なのに、
なぜ、東京五輪の日程が選手ファーストではないのか…、


7月の下旬。日本の気候がどうかって、おわかりでしょう。
熱中症で高齢者が搬送され、かつ、死亡が最も多い梅雨明け3日間……
一年を通じて、日本列島が「猛暑日」が続く時期です。
今年の例をとってもわかるように、連日湿度は80%以上、気温は40度を越す日々です。


それでも、7月24日開会……8月中旬まで開催されるのです。
朝日新聞的に申せば、五輪って、商業主義の最たるモノ……
まずは、IOCが儲かれば良いのです。この時期でなければ、
膨大な「テレビ放映権」を米国のテレビ局に払わせられないのです。

今更、東京五輪の開催日程にとやかく言っても、せんなきことですが。
日本の雨季は梅雨の時期、6、7月だと思っている人も意外と多いのですが、
9月の中旬から下旬に掛けても、秋雨前線が停滞、毎週末のように、
列島を襲う台風と重なり……この時期も雨季なのです。


この秋雨前線が遠のくと……「天高く馬肥ゆる秋」といわれる
抜けるような青空と秋爽な天気が続き、スポーツに最適な季節になるのです。
だから、1964年の東京五輪の開会式は……気象庁の統計上、
年間を通じて晴れの確率がもっとも高いとの理由で10月10日なったのです。


その当時は、五輪も「スポーツの祭典」「平和の祭典」だったので、
開催国の開催都市に開催日の日程を決める権限があったのですね。
今は、「商業主義の祭典」「金儲けの祭典」ですが。


気象庁は、天気ってどのように決めているのでしょうか。
ビッグデータの時代です。AIに決めさせることになるのでしょうが、
実はビックリするくらいアナログで「雨」とか「曇り」とか「晴れ」を決めています。
平均雲量8.5未満だったら「晴れ」それ以上だったら「曇り」と定義されています。


「雲量」とは、全天空に占める雲に覆われた部分の割合のことで、
東京ですと気象庁の職員が1日に7回、空を見上げて観測するのです。
空全体が雲に覆われていると指数は10なんですって。まったく雲がないと0になります。


平均雲量は職員が空を見上げて4回の平均値です。「半分青い」場合は雲量5ってことです。
5は「晴れ」なのか「曇り」なのか……5と6の違いは生じないのか。担当官は
「経験と知識が豊富な職員が観測しているので個人差や誤差はない」とのこと、立派です。

雲は10種類あり、それぞれに出現高度が異なります。
「すじ雲」と呼ばれる「巻雲」や「いわし雲」と呼ばれる「巻積雲」は
高度5から13キロの上層に現れ、高層雲です。
「入道雲」と呼ばれる「積乱雲」は地面付近から高さ13キロまで発達する雲です。


「すじ雲」や「いわし雲」は秋に現れる雲です。だから「秋の空は高く感じる」のです。
屋外でやるスポーツは抜けるような青空のもとでやるのが最適です。
だから「スポーツの秋」です。東京五輪も10月10日が開会式であれば、
選手も観客もそして世界中でテレビ観戦する人たちも
日本の美しい空を満喫していただけるのに……Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月10日 05:14 | コメント (0)


助かる命

2018年10月09日


児童虐待防止運動を展開します。


誰を恨む積もりもないのですが、子供は国の宝、
社会全体で守るしかすべはないと思うのですが。


厚労省の専門委員会が取りまとめた「検証報告書」を読むと、
当該「児童相談所」(児相)が、もう少し本気になれば……
幼い命は救われたのではと思うと、胸が痛いです。

今年3月、東京都目黒区の5歳の女児が病院に急搬送され死亡した事件。
体重は5歳児の平均を約7キロ下回る12.2キロしかなく、
頭や体に複数の傷やあざがあった。自宅には「ゆるしてください、おねがいします」
などと綴ったノートも見つかった。養父と母親が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕、起訴された。


経過。(僅か5年の命です。その間に何があったのか、詳細に綴ります)
2016/8月。香川県の自宅。子供の泣き声がすると、近隣の住民が通告。児相が状況を確認。
同年12月、自宅前に長時間放置され、体にあざがあることから児相が一時保護


2017/2月、児相一時保護解除。県警が養父を傷害容疑で書類送検。後に不起訴。
3月、再び自宅前に長時間放置。あざが見つかり2回目の一時保護。
5月、県警が養父を再び傷害容疑で書類送検。不起訴。(不起訴ってなんだ)
(関係機関会議で「施設入所」が検討される)


7月、一時保護解除、児相が養父や母親への指導開始。
8月から9月。病院があざを確認し、児相に2回情報を提供。
(病院は傷やあざがあり、親の同意がなくとも施設へに入所が必要だと意見)
12月、養父が東京都に転居。

2018年、1月4日香川の児相、両親への指導を解除。
同月、23日、母親と東京都へ転居。
31日、香川の児相が東京の児相に虐待の全資料を送付。


2月9日、東京の児相が家庭訪問。女児に会えず。
20日、小学校で入学説明会、母親だけ出席。
21日、香川の病院が東京の児相に虐待の情報を電話で提供。
3月2日、女児、搬送先の病院で死亡。


お読みになって、如何ですか。どう思われますか。
香川の児相の責任でしょうか。それとも東京の……
責任の所在を論じてもせんなきことですが、もう少し誰かが、本気で
守ってあげれば命を救えたと思いませんか。

政治は、この国会で児童虐待防止法を児相も警察ももう一歩踏み込めるよう
一部改正しました。政府も児相の担当者を2000名以上増員できる処置を講じました。
こんな痛ましい虐待事件が二度と起こらないようにせねばなりません。


それには社会全体で児童虐待が起こらないようにせねばなりません。
私は、地域みっちゃく生活情報誌の社会的使命として、まずは、岐阜県で発行する
ハッピーメディア、地域みっちゃく生活情報誌(73万6千部発行、県世帯カバー率93%)
の紙面を使って、岐阜県が児童虐待のない県になるまで、
読者のみなさんと一緒の児童虐待を防止する覚悟です。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月09日 05:31 | コメント (0)


散り椿

2018年10月08日

縦の線に日本の美、日本人の深みを観ました。


モントリオール世界映画祭で、準グランプリを受賞した、
木村大作監督、岡田准一主演の「散り椿」を観ました。
黒澤映画が蘇った感があり、時代劇の再興になればと思いました。


花鳥風月、鳥は馬でしたが、それに雪を頂く立山連峯の景観、
丁寧に作りこまれた、武家の佇まい。セットがないオールロケなんでしょう。
日本美と申しますか、日本人の心がズシンと響く、美しさ落ち着いた作品でした。
原作は遅咲きの作家葉室麟さん。昨年の暮れに他界されその哀悼の意が滲んでいました。


映像全体に流れるのは真っ直ぐな「縦の線」です。
竹林と四季、闘いの場に登場する勇壮な杉林、語りの場面に割って入る柱、
そして主人公の真っ直ぐな気性、その妻の一途な思い。
「縦の線」って、一本では分断や区切りを意味するが何本も重ねると奥行きを増す。


岡田准一と西島秀俊が風に舞う椿の前で演じる殺陣。圧巻です。
楚々として演じる黒木華の秘めたる想いが色を添える。
今年の日本アカデミー賞は、この作品で決まりでしょう。


と、絶賛するのですが、気掛かりは一つ。
田舎のシネコンだからなのでしょうか。三分の一ほどの客席、
若い人は皆無、9割方が、高齢者だという現実。
日本映画の限界なのか、それとも時代劇が遠くなったのか。
若い人もぜひ「散り椿」映画館に足を運んで日本の四季を楽しんで下さい。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月08日 05:19 | コメント (0)


変化は唯一の永遠である。

2018年10月07日

我が社のイノベーション事業部、年間500本以上の企業研修や講師派遣を手掛けています。

感慨深いものがあります。
「初めて会ったのは20年前、私は課長、孫さんは社長だった」と
移動サービス分野でトヨタとソフトバンクが提携、新会社設立を発表した
共同記者会見で語った……トヨタ自動車の豊田章男社長の発言……。


ソフトバンク創業の折、社員の前で、みかん箱の上に立ち、
「みなさんと一緒にこの会社を1兆、2兆円規模の会社にする」と豪語、
豆腐屋じゃあるまいし、そんなことが……と従業員が笑った、そんな逸話が残っていますが。
ソフトバンクの売上は9兆円、時価総額8.8兆円です。


その頃、孫正義社長は駆け出し社長として、全国で「情報社会の到来」を
米国仕込みの独特の世界観で講演していた。
当時、我が社に「教育研修事業部」があり、企業研修の提案や講師派遣、
イベントなどを手掛けていた。(もちろん、今はイノベーション事業部として
年間500本以上の講師派遣などを行なっている)


20年以上前でしょうか。トヨタ本社の依頼で、オールトヨタの課長係長級研修を
担当させていただいた。その講師に新進気鋭、次世代の情報社会を担う・・・・
ソフトバンク孫正義社長を講師派遣した。


その時の孫さんの講演内容…
米国での体験を踏まえ「物事は頭の皮がよじれるほど考えなければならない」
そのフレーズを今でも鮮明に覚えている。今のソフトバンクは
「頭の皮がよじれる」ほどに考える孫社長の姿勢が源流であると思っている。


その研修に課長時代と合致する豊田章男社長が、
参加されていたかどうかは定かでないが、
孫社長が「大岩壁のようなトヨタ」と始めて関係を持ったのが、
その研修だったことは間違いない。(講師交渉の折の記録から)


と思うと、両社、両者と申し上げた方が良いでしょう。
「モビリティー(移動体)で世界一のトヨタと人工知能のソフトバンクが、
新しく進化したモビリティー時代を生みだすことで完全に一致したことは、
企業成長の要諦である「変化こそ唯一の永遠である」を実践した
トヨタの大英断ではないかと思う。


ここまで、歩を進めてきた孫正義社長に敬意を表するとともに、
時価総額、日本一のトヨタと2位のソフトバンクの提携は「Maas(モビリティー・
アズ・ア・サービス)」分野で世界を席巻するでしょう。そうあって欲しいと願いたい。


遠い昔、その縁結びの一コマを手掛けたとしたならば、
我が社の「教育研修事業部」(現イノベーション事業部)の役割と使命、
存在意義は大きい。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月07日 05:06 | コメント (0)


秋祭りに出掛けませんか。

2018年10月06日

ハッピーメディア地域みっちゃく生活情報誌10月号が出揃いました。


毎週のように台風が列島を襲いますが、
自然の恵みにウソはないようです。五穀豊穣、実りの秋が訪れました。
地域みっちゃく生活情報誌10月号日本全国32都道府県、149誌、
9,342,143部、秋祭りの話題満載です。


まずは、周年号の報告です。
三重県、松坂市を中心に発行する「ふぁみんぐ」が10周年を迎えました。
ありがとうございます。情報誌として定着させて頂きました。
10年を機に市民にとってなくてはならない情報誌へ、社員一同邁進します。


岐阜県、中津川、恵那市の「Maika」が創刊12周年になりました。
関係各位のご尽力の賜物です。中津川の友人からも、12周年おめでとうと、
連絡がありました。心より感謝です。ありがとうございます。


名古屋フリモ(千種版、南区版)がもう6周年になりました。
今月はまだか。などと読者の方からお声が掛るようになりました。有り難いことです。
山形の寒河江市の「Moriver」が5周年。日本で最も雪深いといわれる地域です。
雪といえば、福井の坂井、あわら市「ちゅんちゅん」と愛知、北名古屋、岩倉市
の「くれよん」がおかげさまで4周年を迎えました。


3周年は新潟、妙高、上越市の「まるごと上越」と愛知の「はなまる新城」が。
2周年は長野、飯田市「Yuika」と愛知、豊田市の「ぶらりん」が。
1周年は東京「墨田フリモ」静岡、浜松市「HANAMARU」
愛知、知立市「ちるる」、弥富市、蟹江町の「カヤット」が迎えました。


周年記念は節目です。年数を重ねるほどに地域に愛されるのが、
ハッピーメディア、地域みっちゃく生活情報誌の特徴です。
周年記念を迎えた関係各位に改めて感謝の意を表します。


10月号の巻頭特集は、秋祭りがいっぱいです。
伝統の祭りから、新興手作りの祭りまで、18誌が取り上げています。
富永神社例大祭(愛知、はなまる新城)、山形天童「八峰祭」(さふら)
、愛知西尾市「棉租祭」(ぶらりん)は木綿発祥の地が1200年前から続く。
愛知、碧南、高浜「おまんと祭り」は伝統を受け継ぎ絆を繋ぐ、勇壮な馳け馬神事です。


群馬高崎「かみつけの里古墳祭り」は市民参加型。
山形天童の「八峰祭」は山形大学の学園祭を兼ねて。
鳥取倉吉の「倉吉ばえん祭」は鳥取県中部地震復興記念と銘打って。


新潟燕三条の「耕場(こうば)の祭典」は三年目の農産物を祝う市民の祭り。
栃木小山の「”新生”西口まつり」は商店街が力を合わせて。
などなど、その地域の様々な祭りを紹介しています。詳細は中広HPで。

ハッピーメディア地域みっちゃく生活情報誌は、日本の伝統を一緒に継承します。
市民手作りのお祭りを一緒に盛り上げます。
秋です。ぜひ、お祭りにお出掛け頂き、地域の元気を共有して下さい。Goto

20181001.jpg20181002.jpg20181003.jpg
20181004.jpg20181005.jpg20181006.jpg
20181007.jpg20181008.jpg20181009.jpg
20181010.jpg20181011.jpg20181012.jpg
20181013.jpg20181014.jpg20181015.jpg
20181016.jpg20181017.jpg20181018.jpg
20181019.jpg20181020.jpg20181021.jpg
20181022.jpg20181023.jpg20181024.jpg
20181025.jpg20181026.jpg20181027.jpg
20181028.jpg20181029.jpg20181030.jpg
20181031.jpg20181032.jpg20181033.jpg
20181034.jpg20181035.jpg20181036.jpg
20181037.jpg20181038.jpg20181039.jpg
20181040.jpg20181041.jpg20181042.jpg
20181043.jpg
VC20181001.jpgVC20181002.jpgVC20181003.jpg
VC20181004.jpgVC20181005.jpgVC20181006.jpg
VC20181007.jpgVC20181008.jpgVC20181009.jpg
VC20181010.jpgVC20181011.jpgVC20181012.jpg
VC20181013.jpgVC20181014.jpgVC20181015.jpg
VC20181016.jpgVC20181017.jpgVC20181018.jpg
VC20181019.jpgVC20181020.jpgVC20181021.jpg
VC20181022.jpgVC20181023.jpgVC20181024.jpg
VC20181025.jpgVC20181026.jpgVC20181027.jpg
VC20181028.jpgVC20181029.jpgVC20181030.jpg
VC20181031.jpgVC20181032.jpgVC20181033.jpg


投稿者: 後藤 日時: 2018年10月06日 05:18 | コメント (1)


医療基本法の制定

2018年10月05日

議員立法で早期の制定を望みます。


ご存知でしたか。私はこんなにあるのかと驚いています。
国の制度、政策に関する理念を定め、基本方針を示し、
その方針に沿った措置を講ずべきことを定めている……基本法が49もあることを。


基本法は「親法」として、優越的な地位を持ち他の法律や行政を
指導、誘導する役割があります。その目的、内容などに適合するように
行政諸施策が定められ、個別法にて遂行されます。


教育、農業、森林、環境、原子力、男女共同参加など、基本法が必要だと思うものから、
へぇ、こんなモノまで基本法があるのかと首を傾げる、ものづくり、スポーツ、
サイバーセキュリティ、アルコール、アレルギーまで基本法があります。
49の基本法を眺めていて、この国って徹底した法治国家なのだと改めて思います。


ご案内の通り、社会保障予算で、医療費は年間40兆円以上が使われています。
医療は国民の健康と生活に直結します。ましてや、超高齢社会です。
このままですと、医療費は年間1兆円以上増加します。


その医療について、医療制度の目的を規定した基本法がないのはおかしいのではないか。
そんな意見が、患者の側から持ち上がり、議員立法で医療基本法を制定しようとの
機運が盛り上がったようです。


なぜ、医療基本法が今まで制定されなかったのか。
医療とは医師と患者の信頼関係によって成り立つという理念が全体的に
貫かれねばならない。医療は国民全体で守るべきものという、医療従事者側の主張と。


医療制度とは患者本位であり、病気や障害による差別があってはならない。
国民参加型の政策決定の仕組みが必要で、あくまでも患者の人権が
保証されねばならないとする患者側との理念の違いが、基本法制定を阻んできました。


しかし、憲法13条の個人尊重や25条生存権などをベースに
患者の自己決定権を尊重するという根本で大筋の考え方は合意できるハズ、
関係各位のみならず政府も加わり早期に医療基本法が制定されればと願います。


それにしてもです。基本法が49もある国で、医療、福祉、年金など社会保障の充実が
これほど叫ばれているのに、医療基本法がないのは問題ですね。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年10月05日 05:23 | コメント (0)


安倍第4次改造内閣

2018年10月04日

全員野球内閣の意味は、憲法改正のためのシナリオに沿って……


第4次安倍内閣が発足、安倍政治、最終章がスタートしました。
全員野球内閣だと、胸を張りましたが、批判メディアや野党からは、
新入閣が12人と多く在庫一掃内閣ではないかと揶揄され……


更には女性の入閣が一人なのに女性が活躍できる社会など口先だけではないか。
あるいは、党役員を含め、首相に近い人が多く、お友達内閣との批判も……
そして、相次ぐ財務省の不祥事、財務大臣の留任でそのけじめがつくのかとも……
いわれているが。


私の見方はそうではない。
何をやりたいかを明確にした布陣を敷いたと思う。
在庫一掃は総裁選支援の各派閥に対する論功行賞であり、
はっきり言えば、無難にこなしてくれれば良い。領袖の言う通りにした。
ミスれば派閥の責任ですよ。その先は分かってますね。


女性の入閣が一人しかない。現実は大臣を担いうる女性議員の絶対数が足らない。
派閥からの推薦もないし、育っていないってこと。それが問題だといえば、問題なのだが。
人が育っていないのは、野党も同じ、重要省庁の大臣を担当できる女性議員はいるのか。


安倍首相は、組閣にあたり、土台を変えないと総裁選直後から明言。
副総理を変えないのは当然。モリカケ問題で退任に追い込めなかったのです。
この場に及んで、おかしいと言ってもせんなきことではないか。


命名された内閣のキャッチフレーズの意味は、
「全員野球」の全員とは、1強なので、野党との試合、勝利は間違いない。
だったら、高校野球で例えれば、ベンチを温めていた選手を
全員、代打に代走、そして、コーチボックスに立たせて、試合に出場させたと
考えれば意味がストンと落ちる。


ですから、この内閣は、消化試合である準決勝戦の布陣であって、
優勝戦を戦う体制ではない。来年の参院選までのつなぎ内閣です。
安倍首相の優勝とは憲法の改正です。その地ならしは党役員にあります。
そこに最も信頼できる人材を配置したようです。それをお友達人事との批判は当たらない。


この内閣の目玉は、菅官房長官が、拉致問題担当になったことです。
トランプ大統領と金正恩委員長が二度目の会談を行えば……
その後、安倍首相は北朝鮮を訪問するでしょう。そして拉致問題に一定の決着を
つけると思います。一心同体の官房長官を拉致問題担当にしたのはその覚悟でしょう。


成功すれば、シナリオは……参院選勝利、そして第5次安倍改造本格内閣発足。
派閥の領袖をすべて、閣内に取り込むでしょう。そして、憲法改正法案を
国会に提出、そして通過させ、国威発揚の東京五輪を成功させ、
国民投票を実施、過半数を得て、悲願の憲法改正を実現する。
そんなシナリオの最初のページが全員野球内閣だと思います。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月04日 05:07 | コメント (0)


ボランティア

2018年10月03日

東京五輪11万人のボランティア募集……


我がふるさと岐阜、夏の風物詩は二つ、一つは1400年の伝統を刻む長良川の鵜飼です。
(ちょっぴり嫌味ですが、岐阜市では100年前から1300年の歴史を……
と言っていますので、私が勝手に1400年と変えてみました)
今年は増水のため有史以来40日間を超える閉催となりました。


それと、もう一つは戦後から 続く「長良川の花火大会」です。
7月の最終土曜と8月の最初の土曜に二回開催されます。
なぜ、二回、同じ時間と場所(長良川の河原)で開催されるかと申しますと。


話せば長いのですが。簡潔に申します。
昭和21年、戦争の犠牲者を追悼し戦災からの復興を願い、
地元の岐阜新聞が鎮魂の花火をお盆に打ち上げました。
名称は「長良川全国花火大会」73回を数えます。それが8月の花火です。


昭和32年、ブロック紙を標榜する中日新聞が岐阜進出の目玉として、
岐阜新聞花火大会の一週間前に「全国選抜長良川中日花火大会」と銘打ちスタートしました。
今年で62回になります。戦後一貫して続いた新聞の地域戦争の名残が今尚続いています。

過去、両新聞社が花火大会を中止した年があります。
2011年、東日本大震災の年、華美なことは自粛しようと申し合い中止になりました。
そもそも花火とは「花を手向ける」死者への鎮魂の意味があります。
漆黒の大空に大輪の花を咲かせ、死者を悼むのです。


なぜ、2万5千人もの犠牲者が出た大震災の年に自粛するのか。
そもそもの花火大会の主旨が忘れられたのではと疑問に思ったモノです。
その年を契機に新聞社が主催して2回も打ち上げる必要があるのか。
そんな議論が両新聞社の間で持ち上がっていますが、幸いにして今年も開催されました。


しかし、花火のスケールは減少しているのに大会に掛かる経費が年々増え続けています。
いつまで続けて貰えるのか、花火大会を楽しみにする市民にとっては気掛かりです。
増え続ける大会経費でもっともかさむのは花火費用ではありません。
見物客の安全確保や、近在住民の苦情に備える警備費です。


これでは、主客転倒、新聞社も止めたいと思うのも無理はありません。
新聞戦争の時代は終わりました。両新聞社が知恵を出し、市民や行政を巻き込み
花火大会のあり方を考える時ではと思います。


私の思いでは、市民からボランティアを募って、
運営や警備に参画してもらい、新聞社が掛ける経費の大半が、
素晴らしい花火を打ち上げる費用になれば良いのにと思っています。


2020・東京五輪を支えるボランティアの募集が始まった。
読売新聞では、組織委員会は「学生が知見を広げる良い機会」だと
大学生の勧誘に力を入れ、大学側に協力を呼び掛けていると、大きく報じ。


朝日新聞では今の五輪は巨大な商業イベント、非営利や公共性といった
ボランティアの概念と矛盾すると、11万人を無償で使う魂胆に疑問を投げ掛けている。
両新聞社の東京五輪に対するスタンスの違いがでています。


五輪を商業主義とみるのか、国家発揚と見るかは自由ですが、
東京五輪でボランティア活動に参加をしたことは、その人にとって、
人生の思い出になることは間違いないでしょう。その意味でも価値があると言えます。


五輪のボランティア募集をきっかけに、多くの人が参加して、
ボランティアの意義を考えてくれるようになれば、国が成熟するのではないかと思います。
岐阜の夏の風物詩、長良川の花火大会も新聞社が現状をオープンにして、
市民と共に花火大会を作り上げれば、良いのにと思う。
私の感覚では、多くの市民がボランティアで参加すると信じます。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月03日 06:01 | コメント (0)


自己肯定感

2018年10月02日

戦争の自虐思想に問題の本質があると思うのだが……

ある親父たちの会話。「インスタバエが若い奴らの話題になっているんだって」
「ヘェ、そんな蠅って、しらねぇなぁ」「その蠅じゃないよ」
インスタっていうのはインスタグラム(instagram)というSNSのアプリのこと。


そのアプリに写真や動画を投稿して、見栄え良かったり、綺麗だったりして
映えるのを「インスタ映え」するって言うのだ。写真を褒めっこするってことだ。
2017年ユーキャン新語、流行語大賞を受賞したんだ、知らないのか。
多分だが、去年のもう一つの大賞「忖度(そんたく)」しか覚えてないのだな。


じゃ「ホメ写」って知っているかい。それもアプリのことか?
違う。教育の話。最近はスマホやデジカメで手軽に撮影できるだろ、
子どもの意欲や自信の元になるような写真を撮りプリントして、
自宅や居間に貼って、子どもに「褒めて、自己肯定感」を持たせる教育法。
それを「ほめ写」と言うんだ。


なぜそんなことをって。
内閣府の調査だが、日本、米国、英国、独国、仏国、韓国、スウェーデンの
7カ国の若者の「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」なるモノの結果が発表された。
なぜ、この7カ国なのかはよくわからないが………


「自分に満足している」と答えた日本の若者は全体の45.8%
米国86%、英国83.1%、独国92.3%に比べて低い。
人の前に出るのをためらう国民性を引いても、日本の若者は先進諸外国と
比較して自己肯定感が圧倒的に低い。


背景には親が子どもを積極的に褒めない姿勢があるのではと、
「ほめ写」がインスタグラムとは違って広まっているそうだ。
これも回りくどい説明になるが、国立青少年教育振興機構が18年に


「子どもの頃の体験が育む力とその成果に関する調査」によると、
自己肯定感は社会を生き抜くのに必要な「へこたれない力」「コミニケーション力」
「意欲」と深い相関関係があるとし、能力や存在意義を確認する機会を
家庭で意識的に設けることが、子どもの生きる力を高める原動力になると。


家中に頑張る子どもの写真をあちらこちらに貼って。
「あの時、あんたはすごかったねぇとか、この写真って、あんたの素晴らしい姿の
象徴だね」なんて、ほめて、ほめて褒めちぎると自己肯定感が醸造されるってこと。


「インスタ映え」も「ほめ写」も身勝手を助長するようで、
ピンと来ないのだが、若者の自己肯定感が低いのは、民主主義の名の下に、
戦前の日本を自虐的に否定してきたのが、本質だと思うのだが。
時代は、なにくそ!と思うより、褒めて、褒めて育つ時代なんだろうね。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年10月02日 05:45 | コメント (0)


否定するに値する文化か?

2018年10月01日

台風24号が日本列島を縦断しました。
被害を受けたみなさんには心よりお見舞い申し上げます。
この地方も夜半から、激しい暴風雨に見舞われましたが、
中心が南側を通過したようで、被害は最小で済んだようです。


エスカレーターに乗るときは、手すりにつかまって下さい。


私は田舎暮らし、出勤も近場の移動も大概が車です。
ですから、駅を利用するのは、東京など遠方の出張のときぐらいです。
その駅でも日々のウォーキング効果から滅多にエスカレーターには乗らず
階段を利用するのですが。


先日、名古屋駅の構内で「走ったりせず、手すりにつかまり立ち止まってご利用下さい」と
エスカレーターの空いている片側を早足で駆け上がる人に注意を促していた。
えっ。エスカレーターって、左側に立ち右側を空けて乗るのが、マナーじゃないのか?
と不思議に思ったのですが、最近、名古屋ではこの習慣を止めようとの動きが。


そもそもなんだが、この文化、発祥はどこなんだろう。
1990年代に名古屋から自然発生的に始まったことになっているそうなんだが、
どうもそうではないらしい。第二次大戦後、ロンドンの地下鉄がそうだったのを、
名古屋で誰かが言い出し、名古屋文化になったそうな。


それが、この数年、接触による事故や走って足を滑らせるなどの転倒事故が増え
同時に、高齢者から「右側を歩かれると怖い」そんな声が届き……
エスカレーターでは歩いたり走ったりしないようとの啓発運動がスタートした。
それが「手すりにつかまろう」運動だが、高齢社会ゆえの文化否定なんでしょう。


私の率直な感想だが。動く歩道でもそうですが、寸暇を惜しんで働く人たちにとって、
より早く目的地に行きたいのは当然のこと。
安全第一で、どんな些細な事故でもトラブルでも、全てが運行会社の責任にされる時代、
エスカレーターであれ階段であれ万が一の時の弁明が効くようにせねばならない。
そのせめぎ合いが、エスカレーター片側文化否定に繋がっているのではないか。


狭い日本、そんなに慌ててどうするそんな声も聞こえないではないが。
如何にも世知辛い世の中なったと思うと同時に、英国では今も淡々と
片側空けは実施されているのだが、日本の超高齢社会は、
エスカレーター片側を空ける文化まで否定される時代になったのだなぁと思うと、

まだまだ、自己責任の概念もなければ、頑張る人はマイペースな人を認め、
マイペースな人は頑張る人にエールを贈るような成熟した国には遠いかなぁと……
思わざるを得ない。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2018年10月01日 05:38 | コメント (0)