あるがまま

グレーヘアって、髪の毛がある人の話ですかねぇ。


最近、あちらこちらで、人生100年時代と言われるようになりましたね。
私の率直な感想では、人口分布で、そろばん玉のもっとも膨らんだ部分だと
揶揄されている「団塊世代」が古希を迎え………この層って、なかなか死なないのでは。
人生100年時代の謂れではないか。なんて思っています。


団塊世代って、30歳の時、平均寿命が60歳台を超しました。35歳で70歳台に、
40歳で人生80年時代になるんですね。
…そうなんです。なかなか、人生の折り返し点に到達しなかったのです。


そのせいだと私は思うのですが。節目の歳を迎えても
まだまだ、人生半分残っている。不思議な世代なんです。
それが「団塊世代」がいつまでも元気な源ではないかと思っています。


さすがに、古希までくると、同じ世代だと言っても、見た目が随分違ってきました。
テレビのニュースなどで、事件の容疑者、その年齢がフリップででたりしますと、
エッ、「70歳、私と同い年があんな、ジジィ」なんて驚いたり、
逆に「どう見ても50代じゃないか」なんて人もいたりで差が激しいです。


日経の春秋です。
広告会社のデザイナーを定年退職した夫と専業主婦だった妻が、
ネットでインスタを投稿し始めたら、今やフォロワー数が77万人を越す人気だと。
二人のトレードマークがグレーヘア(白髪)と色鮮やかなファッションですって。


この1年で2人の暮らしやファッションを紹介する本が3冊出版され、
加齢による変化を楽しむ姿が支持を広げているそうです。
元フジテレビの女性アナウンサーも「グレーヘア」で登場して話題になり、
今年の新語・流行語大賞候補にもノミネートされています。


「年を重ねれば中身も顔もくたびれてくる。外見だけでも若く見せたいなんて、
そんな考え方はおかしい」「グレーヘアは懸命に生きた証」
若さに価値を見出し老いを否定する感覚は、自分に呪いをかけること。


加齢をマイナスと見るかプラスと捉えるかで、暮らしの充実度も
広告の伝わり方も、職場の空気も変わるものです。
人生100年時代のヒントがグレーヘア人気に垣間見えるのですが。(11/19)


グレーヘアも髪が頭部に残っている人の話ですね。
私のように、残り香が僅かなモノにとっては、黒でも白でもグレーでも、
存在することが羨ましい気がしますが、私の感覚では変に装っても、
中身が伴わねば、それはそれだけのこと。

年を重ねることを嘆き、若作りするようでは、まだまだ、人間ができていない。
この夫婦が訴えたいのは人生「あるがまま」がいちばんだってことでしょうか。
人生100年時代、団塊世代がその担い手になれば良いのでは。私は意気軒昂です。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年11月30日 05:49


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。