定年70歳時代

「人間は働くから人間である」生涯現役で………


私が古希を迎えるから、言うのではありません。
人手不足を解消する手っ取り早い方策だから言うのでもない。
人生100年時代の基本設計だから、申し上げたいのです。


何がかって?
「人間は働くから人間である」私の哲学です。
哲学だなんて、大仰なようですが、「生きる」ってことは生産することです。
生産とは「働く」ことです。だから人間は働くから人間なのです。


日本は世界に冠たる長寿国となりました。先進国ではダントツです。
だったら、長寿に合致した働き方が必要だと思いませんか。
それが、現実は、60歳で定年。雇用延長で65歳まで働けますが、それで打ち止めです。


成長戦略の立案を担う政府の未来投資会議が
施策の方針をまとめた中間報告案を発表しました。
これが、安倍政権の実質的な経済成長戦略の第三の矢にあたります。


項目は多義に渡りますが、何といっても、目玉は……
「企業の継続雇用年齢を70歳までの就業機会確保に向けた法制度を整備する」だと思います。
古希までは「働きなさい」としたことです。
手順は、未来会議で70歳雇用延長の方針を決定、厚労省の審議会を経て、
2020年に関連法案を国会に提出、議論されてのち可決、改正されます。


いよいよ70歳まで働く時代を迎えます。
年金の支給開始も70歳になるでしょう。働き方改革も70歳が基準になるでしょう。
企業も70歳を定年として、雇用を考え、経営戦略を練ることになるでしょう。
社会も70歳を一つの節目として構成されるようになるでしょう。


人生100年時代、70歳まで働くことが当たり前になります。
それでもまだ、30年間は「働かない」時間を過ごすことになりますが、
少なくとも、60歳より若い人は、70歳まで働く覚悟が必要になります。
そのために新たな人生設計を立てねばなりません。スキルを磨かねばなりません。


「人間は働くから人間である」70歳で雇用を切るのも、
おかしな話だと思うのですが、60歳で定年になった人が、
リタイアした人たちが、何をやっているのか。結局は今までと違う何らかの形で、
仕事を求め、働こうともがいています。「働くとは」如何なることか。
ぜひ、考えてみて欲しいモノです。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年11月28日 05:17


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。