2019年02月

ファッションと書

2019年02月28日

外観と内面を鍛え、綺麗な高齢者にならねば。


最近、思います。高齢者は綺麗であれと。
綺麗とは二つの意味がある。一つは、もちろん外観、もう一つは内面です。
老化してきますと、寒ければ格好など構っていられぬと重ね着し、
暑ければ、下着でウロウロするのも平気になります。


もちろん、ほどよい季節の春秋でも、着た切り雀で、在るものを適当に羽織っている。
それではダメです。老いれば老いるほどに綺麗でなければ。
理由は二つ。一つはこの国の高齢化は今や世界に冠たるモノです。
見た目がオシャレで格好良い、高齢者であることは国の誇りです。


日本の老人のように綺麗に年を重ねたい。日本の高齢者に憧れる。
そんな風に世界から見られることがこの国を際立たせるのです。
もう一つは綺麗な外観、即ち、ファッション、高齢者ファッションが文化となり、
日本の新たな産業創造につながるからです。


フランスはオシャレな国として、世界から注目されています。
先日亡くなったファッションデザイナー、カール・ラガーフェルドさん、
フランスを代表する数々の高級ブランドで一斉を風靡しました。
彼は尽きることない想像力で世界中の若い女性を魅了しましが、
彼の発想に、高齢者のファッションはありませんでした。


日本のデザイナーの中から、高齢者という視点で、シニアファッションが誕生し、
それを日本の高齢者が着飾れば、「綺麗な高齢者」という新たな概念が生まれ、
ファッションの国、フランスなど瞬く間に凌駕すると思います。


もう一つは、内面の美しさです。
こんな話があります。今年の現代書道二十人展、例年になく好評である。
理由は「読める書が少なくなかった」からだと言われています。
最近の書家は「表現こそ大切で何が書いて在るかわからない」
それが正論のように言われている。しかし、書いてあることが、
理解できれば書が何倍も生き生きします。


「若いということは、チャレンジ精神があり、より芸術性を求めるのだが、
真の書家は視覚性と文学性が一体となって、誰にも楽しんでもらえる書」が
書けるものです。なぜ書けるのか、それは内面が充実しているからです。


高齢者は過ごした時間だけ、内面が深くならねばならないのではないでしょうか。
その深さがより深ければ、それを綺麗と言います。
明日から3月、弥生です。高齢者こそファッションに気遣い、教養を身に付け、
外観と内面を綺麗に磨きたいものです。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年02月28日 05:05 | コメント (1)


食品が輸出の主流に

2019年02月27日

若いつもりでも、インスタントラーメンを食べましたが、消化不良に。


朝ドラご覧になっていますか。即席ラーメン誕生物語「まんぷく」です。
安藤さくらさんの名演技が評判です。ドラマとしては、わかっている話を、
くどいように、失敗を繰り返させる、その脚本には興醒めですが。


学生時代、来る日も来る日もインスタントラーメンを食べていたのを
苦笑いしながら思い出します。当時は安全で栄養豊富な食べ物だとは思っていませんでしたね。
廉価で手頃、そして空きっ腹の一時しのぎには持って来いでしたが。


ドラマのおかげで、世の中はインスタント、カップラーメンのみならず、
街の中華料理屋さんのラーメンもブームだそうです。
テレビの力って、凄いと思います。そのせいで、私も日清のチキンラーメン(当時食べてた)を
コンビニで買って食べてみました。懐かしい味。たまごの黄身を乗せる凹みが。
進歩しているなぁ、なんて美味しく頂きました。


コンビニには他にもカップラーメンが色々あり、ご当地ラーメンと申しますか、
行列のできる店のラーメンもカップに収まっています。
コンビニって全国に5万店あります。すさまじい過当競争が繰り広げられています。
だから、当時とは違い、安全であることは当然として、味にも徹底的に拘っているようです。


日経に、コンビニが商品開発に壮絶な取り組みをしている「あなたの知らないコンビニ」という
特集記事が掲載されました。朝ドラの立花萬平さんではありませんが、
コンビニに並ぶラーメンひとつ取ってもまさに競争、食の開発、発明なんですね。
だから、チキンラーメンも50年前の味を残しながら、更なる工夫が凝らされ、
おじさんでも美味いって思うのですね。


大きな話で恐縮ですが、「食文化」って、富と比例します。
中国料理が何千種類もあるのは、5000年の歴史で、時の皇帝、権力者たちが
食べることに「贅の限り」を尽くしたからです。乱暴に申しますが、「貧国」には
美味い料理がありません。


もう一つ。1月度の日本の貿易収支は1兆4千億円の赤字です。
原因は米中貿易摩擦の影響で、中国の景気が後退、日本からの工業製品輸入が
大幅に減ったことにあります。昨今貿易収支は原油価格に左右され、赤字が定番ですが、
本質は自動車以外、家電も含め輸出できるモノがないのが原因ではと思います。


日本の製品で東南アジアを中心に人気、今後大きな市場が形成できると言われるのは、
日用品や化粧品ですね。それに続く輸出商品が、私は食品ってことになるのではと思います。
それもコンビニが開発し、日本でヒットした食品が。
時代と共に輸出品が変わるのは必然。ぜひ、食品関係者には頑張って頂きたい。


因みにですが。チキンラーメンも含め、インスタントラーメンですが、
私は往年のつもりで頂きましたが、胃にもたれると申しますか、
消化に悪いのが、たまに傷です。食の研究者、発明家には
「消化に良い」ラーメンを開発テーマに加えてもらえればと思います。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年02月27日 05:13 | コメント (0)


従属国

2019年02月26日

ノーベル平和賞なんて、そんなに価値がありますかねぇ


毎日や朝日新聞ほどには批判もしないし驚きもしないが、
従順なポチといわれようが、バカにされようが、追従(ついしょう)せねば、
生きられぬほどに、落ちぶれた責任って、いったい誰にあるのでしょうかねぇ。


「おい、俺のおかげで、隣りから、石が飛んでこなくなっただろ」
「俺の力を町内会で表彰するよう、オマエから推薦状を出せよ」
「ハイわかりましたボス。最上級の称賛を報告します。でもこのことはご内密に」


そんなやり取りが、あったかどうか。
米朝会談がノーベル平和賞に値するか……まだ、明確な結果が出ていないうちに、
朝鮮半島に平和が訪れましたと言うのは、チト早い気はするが、
現状で、米政府から推薦状を出してくれと、頼まれれば、ノーと言える環境にはない。


そもそも論だが。ノーベル賞ってそんなに凄い賞なんですかねぇ。
取り分け、平和賞はいい加減なモノじゃないですか。政治的で恣意的。
映画「天才作家の妻……40年目の真実」」を観ましたか。
ノーベル文学賞作家の妻を演じるグレン・グロースの圧倒的な演技力に……思わず
引きずり込まれますが、文学賞の基準とか選考過程なんて、こんなモノか……が、
背景に潜む映画です。


ましてや、平和賞なんて。日本でも沖縄返還交渉に当たった首相が授与されましたが。
その時、毎日や朝日は批判してましたかねぇ。平和賞っていい加減な賞だって。
多分ですが、批判的ではなかったと思います。であれば、世界の異端国家のトップと、
敢えて首脳会談に挑み、核を廃棄させようとしていることを否定する必要はないと思う。
結果なんて、オバマさんだって。核兵器廃絶を唱えただけで平和賞なんだから。


問題は、平和賞への推薦状を書いたことではない。
日本という国は、米国の従属国であり独立国ではないってことを、改めて世界に
証明したこと。そして、経済的繁栄を維持するために、従属国を良しとする、
そうするしか、生き残る道はないと悲観的に思っている政治家が、問題ではないでしょうか。
もちろん、その政治家を選んでいるのは、平和ボケの国民なんですが。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年02月26日 05:28 | コメント (0)


予定稿

2019年02月25日

月曜の新聞を休刊しないなら、大胆な予定記事で埋めれば良いと思う。


月曜日の朝刊ほど、活気のない紙面はない。
原因は新聞社の「働き方改革」が不均衡なまま進んでいて、
記者不足にも関わらず無理矢理土日を休みにするからではと私は思っている。


だから、このブログで月曜日は全て休刊にしたらどうかと、再三訴えている。
その声が届いたのではと思わないが、朝日新聞の月曜紙面が変わった気がする。
いや、たまたま、2/18(月曜)の紙面がそう感じただけかも知れないのだが。


社会面に「平成代替わり」というコーナーができた。
社会面といえば、直近のニュースを扱うページ。記者が脚で稼がにゃならない。
それを予定稿で埋めれば土日に記者が頑張らなくてもよくなる。
だから、6段抜いての「10連休の話題を」の特集が。内容は10連休が嬉しい人35%、
嬉しくない人45%だったとの昨年10月の朝日新聞世論調査を参考にした面白い記事でした。


圧巻は……月曜連載企画「働く」がスタート。
週始めに「働く」という企画を持ってくるなんて、なんかの皮肉ではないかと思うのだが。
「職場のホンネ」コーナーで、大企業管理部門課長の弁「4月から法律で有給休暇が
義務化されることに伴い、部下に有給休暇を取らせろとの要請が下りてくるが、
スケジュール管理の不得意な部下に強要すると、逆ギレが起こる」
どうすればと悩んでるとの発言を掲載するのは、編集局のホンネがちらほらではと苦笑。

月曜の文化・文芸面。これも予定稿でいいですね。
「左派ポピュリズムという希望」なんてタイトルの寄稿。
ポピュリズムを大衆迎合主義と誤って解釈するのは問題である。
本来ポピュリズムとは既存政党からこぼれ落ち、阻害さた人々を
一つの政治勢力としてまとめ上げる、政治手法をさす言葉である。(そうかなぁ)


その限りでは、ポピュリズムこそ真に民主主義的である、という見方も当然なり立つ。
社会正義と平等を訴える政党が欧米で生まれている。
そのポピュリズムを「左派ポピュリズム」という。(本当かいなと思うのですが)
言論は自由だから、文化、文芸欄に何を載せようが自由。これって、面白い考え考え方ですが、
政治学の話ではないか。どこが、文化で、文芸なのか。これも月曜朝刊の余興ですかねぇ。


そうなんです。他にも「世代超えた絵本を世に出し続けた」老編集者の声などが。
読んで納得できる内容ですが、月曜向き紙面だとは思えない。
やっぱり、予定稿で穴埋めしている感が免れない。であれば……
予定稿の紙面が月曜朝刊とすれば、月曜の紙面は金曜までに作ってしまえば、
土日を休みにできますね。Goto

予定稿とは、
予め用意した原稿を新聞に掲載すること。

投稿者: 後藤 日時: 2019年02月25日 05:22 | コメント (0)


5G元年

2019年02月24日

ミリ波帯に着目した無線技術が時代を切り開く。


会議をテレビでやるのは普通になりました。
しかし、電波環境のせいなのか、システムなのか、それともコストか、
原因は色々ありますが、どうしても、送受信のタイムラグが気になります。


次世代通信規格「5G」が注目されいます。
4Gとどこが違うかと申しますと。実行速度が現行の通信規格と比べ、
100倍の超高速通信が可能なるってことで、
高精細な動画や大量のデータが今の100倍送れます。


テレビ会議のタイムラグなんてありえない。
通信の遅れなんて発生しない。大量のデータを一気に送ることもでき、
更には1平方キロあたり100万台までの機器接続が可能になります。


現行の通信速度の100倍ですよ。「5Gはあらゆる産業を一変する」と言われています。
具体的には、企業のデジタル化を支える社会インフラになるからです。
タイムラグが生じないのです。自動運転や遠隔医療、建機などの遠隔操作が可能になります。


人工知能(AI)が頭脳とすれば、あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」が視覚や
触覚などの第五感。だとすれば5Gは五感を頭脳に伝える高性能な神経網の役割です。
今や企業はデータを駆使したデジタル化の取り組みを怠れば生き残れない時代。


高精細な映像や大容量のデータを瞬時に伝送、それを業務効率化に生かせる5G……
この価値をいち早く利用したところが時代を制することになります。
その意味でも、2019年は「5G元年」と呼べるのではないでしょうか。


でです。飛行機がなぜ、あの重い機体で空を飛ぶのかを、考えても仕方ない。
飛行機をいかに利用して、社会生活を豊かにするかを考えるべきなのですが。
そもそも、5Gとは……をちょっとだけ、かじってみたい。


無線技術のことで。データを送受信する1つの電波を最大400メガヘルツ幅まで広げた技術。
携帯電話は電波を使って送受信しています。利用する電波は道路幅のようなモノで、
幅を広げれば、一気にデータが送れます。幅が2倍になれば、速度も2倍になります。

5Gはモバイル通信で使われてこなかった「ミリ波帯」という高い周波数帯を活用しました。
ミリ波帯は電波の空きも多いが、遠くまで飛ばないという欠点があります。
マッシブ・マイモと呼ばれるアンテナ技術が開発され、遠くに飛ばすことが可能となり、
欠点を補うことができました。


やっぱり難しいですね。(書いてる私も整理するに頭が痛い)
でも、5Gには今後の国家の命運を左右する力があることは確かです。
IT革命にも第4次産業革命といわれるAIにもIoTにも米中韓などの後塵を配している
日本が乗り遅れるわけにはいきません。


分からないなどというトンチンカンな政治家には、沈黙していてもらい、
規制権限を振りかざす官僚にも邪魔しないよう願い……ここは一番、
やる気の企業には、ドンドン研究開発に参入、世界を先駆けて欲しいと願います。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年02月24日 05:09 | コメント (0)


震度7、県内死者3700人

2019年02月23日

北海道震度6地震と、厚労省の統計調査変更のニュース、どっちが……


エッと、新聞を手に取りビックリしました。
21日、自宅に帰りひと息入れ、自室に入ろうとした21時半ごろ……
居間のテレビから緊急ニュースが……「北海道で震度6」の地震がと……


またか。昨年の9月……北海道の南西部で震度7の……
見渡す限りの山肌が同じ方向で土砂崩れ……42人が死亡、衝撃的な写真が脳裏を過ぎりました。
札幌の仲間、滝川の、旭川の支局、社員はその家族は……大丈夫かと、
思わずNHKの特別報道に見入りました。


22時14分、総務から「現地支局長と連絡が取れ、無事、直接的な被害はない模様」と
緊急連絡が入り、ホッと胸を撫で下ろした。……JLAA(一般社団法人・日本地域広告会社協会)の
札幌のメンバーには直接連絡、出張先だった彼、会社、家族とも大丈夫ですよと……
なんと言っても、厳寒の地です。被災された方に救助の手が瞬時に伸びますようにと、
祈るしかないのですが。NHKでは、北海道警では22時30分現在、負傷者3名、
死傷者の連絡は無しとの報道を聞いて……自室に戻った。


で、一夜明け。5時、ポストに新聞を取りに行って、地元新聞を見てビックリ。
一面、目に飛び込んできたのが、震度7、県内死者3700人と。エッ………
3700人の死者。あの後、とんでもない地震が北海道を襲ったのかと。


人間という奴は、いや私という奴は、そそっかしいたらありゃしねぇ。
岐阜県で内陸直下型の地震が発生した場合、被害想定を県独自で、算出したら、
そんな被害がでるとの公表記事でした。なーんだ、と自分の早とちりに苦笑したのだが。


でも、間が悪いと申しますか、昨夜の北海道地震の翌朝の朝刊……一面トップが…
驚いた岐阜新聞の読者は私だけでしょうかねぇ。
で、です。写真を参照願います。私が日々購読する6紙(朝日、毎日、読売、日経、中日、岐阜)の
一面を並べました。全紙一面には読売「厚真 震度6弱」朝日「北海道 震度6弱」
日経でも「北海道で震度6弱」朝刊の締切時間が割と早い毎日でも「北海道・厚真 震度6弱」と
一面で段抜き、第2トップで報じています。


それが、どうでしょうか。岐阜新聞は「震度7、県内死者3700人」のトップ記事の
見出しと被ると踏んだからなんでしょうか。北海道の地震は一面には掲載されていません。
社会面には他紙同様に地震の模様が掲載されていますので、
時間的に掲載が締切に間に合わなかったってわけではなさそう。整理部の判断なんでしょうねぇ。


だから、どうだってことではありませんが。
即効性を求める新聞の特徴、ニュースを追い求める新聞の姿からすると、
幸いに死者こそ出なかったが、北海道で震度6は、一面で外せないニュースではと
私は思うのですが。


私の感覚が間違っているのか、それとも、一面に掲載の厚労省、
統計問題の方が、北海道地震よりも重要なニュースと判断する整理部の感覚がおかしいのか。
その答えは読者が出すと思うのですが、ちょっとピントがねぇ。Goto

IMG_7758%20%28768x1024%29.jpg IMG_7756%20%28768x1024%29.jpg IMG_7755%20%28768x1024%29.jpg
IMG_7757%20%28768x1024%29.jpg IMG_7760%20%28768x1024%29.jpg IMG_7759%20%28768x1024%29.jpg

 

投稿者: 後藤 日時: 2019年02月23日 05:57 | コメント (0)


人権派のインチキ

2019年02月22日

校則の定義をよく読んで欲しい。校則が守られているか・いないかの調査なら……


こんなことまで、やってどんな意味があるのか?大いに疑問です。
岐阜県下の県立高校の校則を県教育委員会に情報公開請求して、
「ブラック校則」がないかどうか、粗探しする「人権ネットワーク」団体のことです。


人権といえば、聞こえは良いのですが。
何でもかんでも「ブラック」とつければ、悪であるとする風潮に便乗しているだけ。
「頭髪に関する規定がある学校は61校」…高校生らしい。端正、清潔であれ。
髪の脱色、染色、パーマ、エクステンション(つけ毛)は禁止規定となっている。
当然だと思うのだが、なぜ、ブラックに値するのか。


約3分の1の高校では、髪の長さを定めており男子生徒は「耳、目、眉、襟足にかからない」
女子生徒は「目にかからないこと」としている。
細かい規定は学習する上で必要なのかと疑問を投げかけている。
意味がある校則とは思わないが、目くじら立てるほどのことはなかろ。


服装については全校で規定がある。
写真や図で「正装」が示されていて、男子生徒はズボン裾、女子生徒はスカート丈、
ブラウスの下に着る肌着の色にも規定がある。
「髪型や服装は細かな規定が多く、学業と関係ないではないか」と団体はいきがるが……
そんなことを問題にすることが問題ではないか。


身嗜みも常に清潔であれば、学習意欲も湧くというものではないか。
自由にしたら、それこそ、着るものに困ってしまうのが現状ではないだろうか。
個性とか自由は内面から生まれるものであり、私服だと却って困るのが現状であろう。


二言目には、「性的少数者に配慮すべき」と如何にも人権派ぶるが、
高校生の制服とどういう関係があるのか、男女どちらの制服を着ても、
清潔であれば、何の問題もないと思うのだが。時流に乗っての調査こそ問題だ。

団体代表曰く「今後教育現場でもさらなる多様性が求められる。
今一度、時代に応じた校則になっているのか、そもそも校則の意義は
何なのかを見直すきっかけにしたい」と意気込むのだが。


私は思います。校則を点検することに何の意味もない。調査すべきは、
校則が有名無実になってはいないか。そのことを厳格にチェックすべきではないか。
守られていない校則ならば、意味がないのだから、どうすべきかを生徒を交えて
議論する。そして、新たな校則にするのか、それとも廃止するのか、
関係者で議論することが肝要ではと思う。


頭から、校則イコールブラックと決め付け、廃止が正しいとの結論がミエミエで、
鼻持ちならない。そんな団体のオモチャにされては、それこそ校則が可哀想だと
言わねばならない。Goto


追伸
校則とは「児童生徒が健全な学校生活を営み、より良く発展・成長していくために
各学校の責任と判断の下に定められる一定の決まり」と文科省は定義している。
内容や運用に関しては「児童生徒の実態や保護者の考え方、地域の実情、時代の
進展などを踏まえ、見直すことが大切」となっている。
学校の裁量で決められるのだから。なおさら、こんな馬鹿げた調査に意味がない。

投稿者: 後藤 日時: 2019年02月22日 05:32 | コメント (0)


みんな

2019年02月21日

この国って、一体全体、誰がリードしているのでしょうか。

古希の私には過ぎ去った話なのだが、「おじさんって何歳からか?」
そんな質問を男女1500人に尋ねたデータが、日経の春秋に。
実施したのは博報堂の総合研究所、広告企画の参考にしたのではと思うのですが。


答えは……43歳が分岐点だそうで。これが世間の常識。40代半ばの男性はチト淋しいかも。
では、「おばさんって何歳から?」不思議ですねぇ。そんな調査はしないそうです。
「セクハラ」になるから。そりゃそうですね。そんなことが無遠慮に訊けるなんて、
老害の域に達したおじさんを通り越したおじいさんぐらいですよね。


こんな質問も。「日本人口1億3千万人。何人以上の意見ならば、世論といえるか」
あなたなら、どう答えますか、平均値は4342万人ですが、結果はバラバラ、
グラフに山はなく、一番多い回答者は1億人。8%が5千人未満の数字だそうです。


最近の各級選挙。投票率が30%台がザラです。その中で当選者が決まります。
一体全体、それが世論でしょうか。みんなの意見なのでしょうか。
「みんながそう言っている」のみんなとは何を基準にしているのか、


ネット(ソーシャルメディア)でたった一人がそれも匿名で「身勝手な意見」を書き込む
そうすると、それが「みんな」の意見に様変わりしてしまう。そして、それがいつの間にか
「世論」として形成されてしまう。そのことで、社会が分断され、選挙も動く。
そのくせ、私のような老人が、名を名乗り、堂々と正論を吐こうものなら、
老耄を疑われ、袋叩きに合うのがオチである。


どこか間違っているのではと思うのだが、そんな時代だから仕方がないと黙るしかない。
という風潮が、いつの間にか、この国は実体がない「みんな」が支配するわけがわからない
変な国になりつつあるのではと思う。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年02月21日 05:39 | コメント (0)


遺憾である。

2019年02月20日

文政権の存在は韓国にとって、未来があるのか。

日韓は地政学上、切っても切れない、隣人である。
日本人が訪れる外国のNo.1は圧倒的に韓国が多い。
2018年の日本人訪韓旅行客数は295万人。前年比28%の増加である。


逆に訪日韓国人の客数は前年比6%増の754万人で中国人の838万人には及ばないが、
韓国としては過去最高を更新、好調に推移している。
民間レベルでは、観光よる相互理解が進んでいるのだが………


日韓両国の外交関係は昨年11月以降、急速に冷え込んでいる。
「不可逆的に解決」とした慰安婦問題のちゃぶ台返し。韓国軍艦船からの
レーダー照射事件、それに徴用工をめぐる韓国大法院の確定判決など、
文政権の反日強行姿勢による日韓関係の悪化は抜き差しならぬところにきている。


私は個別の問題において……例えば、照射問題など、
自衛隊が目を瞑り冷静な対応を取り……捨て置けばそれで終わったのではないか。
北朝鮮と中国が日米韓の共通の仮想敵国なのだから、韓国軍と事を荒げる必要はないのでは、
証拠があるからと、むきになっても、相手が屈服するわけでもないのだから……


などと思ったのだが。徴用工の大法院判決辺りから、
これは、文政権の反日方針が具現化されてきたのではないかと、
人の良い私でも思わざる得ない。いくら、日韓相互の民間観光外交が友好的でも、
これでは、北朝鮮を利するだけではと思うのだが、それもどうも甘い……


文政権は一体何を考えているのだろうか。所詮は同一民族。
韓国を北朝鮮に売り渡す勢いではないかと「首を傾げ」たい。
韓国民は本当に北朝鮮の政治体制や経済状況を受け入れるのであろうか。


そんな疑問が湧くのだが。日韓関係、これは、どうかと思う。
いや、本当なら日韓関係は「アウト」だ。
韓国国会議長が、慰安婦問題も含め、歴史問題、歴史認識のブレを解決するのは、
退位前に「天皇陛下」が謝罪すべきとの発言。日本国民は平和ボケで軟弱だが、
でも、この発言は一線を超えたようだ。


官房長官が「不適切な発言で極めて遺憾、強く抗議、謝罪と撤回を求める」と
間髪入れず反応した。当然である。韓国高官は「早期の日韓関係改善を願う、
議長の思いから出たもの、議長の本意ではない」と釈明した。
「そう発言した」ことには変わりはない。


「国民に寄り添う」ことが、象徴天皇のありようだと、30年に渡り務めてこられた、
天皇、皇后両陛下に対する国民の思いは、国父であり国母である。
その琴線に触れたのだから、この問題は簡単には収まらない。


国交断絶も軍事衝突も、あるいは、韓国世論に訴えるプロバガンダも
北朝鮮との平和条約締結もなんでもあり、そんな状態になるのではないか。
敢えて申せば、日本が他国に内政干渉などしないのだが、
天皇侮辱となると、持てる資源を投げ打ってでも、もちろん米国と組んで、
文政権打倒に舵を切るのではないか。そんな気がする。


我々庶民にとっては、韓国からの訪日観光客との友好関係をより深く結ぶことが、
最も有効な、もっとも民主的な活動だとは思うのだが。。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年02月20日 05:37 | コメント (0)


飛騨の匠から

2019年02月19日

木ではなく、綿棒で考えるとは、プチ贅沢がいいですね。


これぞ飛騨の匠かな。なんて思い飛騨高山市で開発された商品を。
飛騨の匠といえば、左甚五郎、有名なのは日光東照宮の「眠り猫」
あまりにリアルで、夜な夜な出没したとか。


甚五郎の作品といわれる彫刻は全国に100体以上もあり、1人ではなさそうですが、
江戸時代の大工、彫り師だということ以外はよくわからないのだが、有名な左甚五郎は
播磨生まれだが、修行は飛騨高山の叔父に学んだという説があります。


飛騨といえば木工。高山は木の国、山の国、
奈良、平安の都は飛騨の大工職人が作ったといわれ、今でも京へ向かった道がある。
左甚五郎がそんな飛騨人の流れを組むのは想像に難くない。


その高山で、木工家具とはひと味違うが、
伝統的な細かな手作業と繊細な創造性を発揮して画期的な……そんなものがと
クスッと笑う……なるほどと思う衛生商品が誕生したので、その話題を紹介しよう。


なぜか、女性よりも男性の方がよく使うらしい。
「固ければ表面を傷つけてしまう。柔らかすぎれば、機能を果たせない」
同時に乾燥しすぎるとアカがとれにくく、濡れ過ぎてもよくない」
ほどよい湿気があるものが好まれる。難しい注文です。


さて、そんな衛生商品って何でしょうか。
答えは高山市の綿棒会社が開発した「綿棒の片方がしゃもじのような耳かき」です。
商品名は「おとなの耳かきこっとん」(男性向け)と「ちょっと贅沢な綿棒」の2種類。
いずれも「耳掃除で日頃のストレスを解消して欲しい」とは開発者。


ほどよいしっとり感もあり、なかなかの評判。
販売も好調で想定の倍を超える売れ行きだとか。
左甚五郎の特徴はリアルがテーマ。耳かきなんて、どこの家にもある日用品ですが、
意外といい加減に済まし、そこらで売っているもので間に合わせるのが現状です。


そこに目を付け、木の耳かきではなくて、ちょっと贅沢な綿棒の耳かきを考えるとは、
リアルな発想ですね。左甚五郎さんが見ていたら、さすが飛騨人の発想は
面白いと、喝采するのではないでしょうか。私も買い求めてみます。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年02月19日 05:29 | コメント (0)


19兆円国際収支黒字

2019年02月18日

結構危険な状況下にあるのではないでしょうか。


大きなことを申しても、現実味がなくてピンとこないのですが、
でも、大きな枠で物事を見るのも大切ではないでしょうか。
個人でも家庭でも会社でも、それぞれの組織でもですが、
一つのユニットで収支があっているか、それとも赤字なのか。


月々でチェックし、対策を立てるのは誰もが、経験しているのでしょうが。
国家の単位となると、途端に自分とは関係ない、なんて気にも掛けない人がいますが、
考えてみて下さい。国家の収支が黒字であれば、国が潤っているのですから、
大局的には国民は幸せに暮らすことができます。
赤字になりますと、必ずどこかに歪みが生じます。
その意味でも国家の収支を気にしないといけませんね。

2018年の「国際収支統計」を財務省が発表しました。
財務省は毎月、国の収支を発表していますので、その集計です。合計すれば、わかる話です。
でも、いざ数字を見てみますと、やはり日本はしたたかに稼いでいます。


19兆932億円、年間のこの国の黒字額です。(多いと思うか、まだまだと思うか)
この3年間、順調に右肩を上げてきましたが、前年比では13%のマイナスでした。
原因は貿易収支が76.0%減だったから。でも黒字額は1兆1877億円です。


内容的には、米国向け自動車の輸出が鈍化。東南アジアなどへの半導体製造が振るわなかった。
と分析されていますが、本質は原油価格が年平均1バレル72ドル、
前年より34%上昇、原油や液化ガスが増えたからです。


そうなんです。貿易収支を左右するのは、輸入の中心である原油価格です。
原油が高騰すれば、貿易収支の黒字など、すぐにぶっ飛ぶのが現状です。
この軟弱な体質と流れを変えねばと、代替エネルギー対策などが行われているのですが、
結局は中途半端で終わっています。


しかし、時代は大きく変わっています。
日本の稼ぎは大きく二つ……海外の子会社から受け取る配当金などの直接投資が10兆308億円。
9兆8529億円が証券などの間接投資収益です。この二つを所得収支といい、伸び率は4.9%です。
この国の経常収支は所得収支によって支えられています。
そのことも、私達は理解しなくてはなりません。


貿易収支で気になるのは、半導体製造が東南アジアで振るわなかったことです。
一時期は日本の半導体は世界を席巻していました。それが、中国や台湾、韓国に追い上げられ、
そのシェアを著しく落としていることです。


半導体だけではありません。数字が小さいので表には出にくいのですが、
日本の中核的輸出製品、十八番だった、太陽電池、光ディスク、
リチウムイオンバッテリーなど軒並みに輸出額が減少しています。
通信の基幹技術5Gに至っては、輸出どころか、大半が輸入です。


貿易収支は、原油価格に左右されるのは今も昔も変わらないとしても、
技術国日本が黒字の源だったのが、今では、そこが危ない状況にあること……
そんな分析は表に出ないのですが……これこそが問題だと私は思います。


では、所得収支でもっと稼げば良いではないかとなりますと。
海外の子会社が稼ぐということは、国内に産業の基盤がなくなってしまうということです。
間接投資に至っては、それこそ、今後はAIやビッグデータが収益に貢献する時代です。
その技術でも大幅に遅れを取っている現状、いつかは間接投資でも稼げなくなります。


大きな話ですが。年間19兆円、稼げる今の内に、
国のあるべき姿を見出さないと、それこそ、あっと言う間に、
赤字国に転落してしまいます。杞憂に終われば良いのですが。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年02月18日 05:09 | コメント (0)


筋トレ

2019年02月17日

我らがドラゴンズ、今年こそは、根尾昂選手効果で日本一です。


球春ですね。スポーツ新聞だけでなく日刊紙もスポーツ欄を大きく割いて
プロ野球のキャンプ情報を連日報じています。
我らがドラゴンズ。今年こそはリーグ、シリーズ共に完全優勝間違いなしです。
毎年同じことを言い続けていますが。(笑い)


なんと言っても、監督が良い。言葉のボキャブラリーが豊富ですから。
誰とは申しませんが、自分の理解していることは、相手も当然分かっていて、
わからない奴がバカなんだと、身勝手その上ない監督が続きましたので。
因みに私は勝てばいいんだろと開き直って勝利に拘る生き方が好きですが。


それに。ドラゴンズやっとツキが回ってきましたね。
根尾昂君がいいねぇ。岐阜飛騨の出身がいい。飛騨の優秀な男は彼のように面構えがいい。
メディアに追っかけ回されても無駄口叩かぬが良い。運動センスが良い。
それに、ユニホームの上から見ても、なんと言っても「筋肉」がいいですねぇ。


キャンプでは、団体競技の特徴であるチームプレーが中心になっていますが、
各選手の基本は運動神経の源である筋肉を鍛える、筋トレです。
根尾選手は弾力性と粘りのある筋肉です。これをしっかり鍛えれば、
野手として3割、30本塁打!30盗塁のトリプルスリー間違いなし。
二刀流で投手もやれば、20勝間違いなし。彼に刺激され、他の選手も大奮起、
それで持って、優勝間違いなし。ドラファンの大願望は根尾選手がもたらしてくれます。


アスリートの特徴は、筋肉が強く発達していることです。
筋肉って、ご存知ですか。心臓や肝臓と同様に臓器です。
他の臓器と違うのは、どんな年齢になっても鍛えて増やすことができる不思議な臓器です。


適切な負担で筋トレすれば、90歳でも12週間(3か月のトレーニング)で
筋肉が147%増えた例もあります。(読売)
加齢で筋肉が落ちるのは細胞が減るから、でも計画的に筋トレすれば細胞が増えます。
特に加齢で衰える大腿筋は筋トレで鍛える価値があります。
スクワットが最も効果的だそうで。80歳代で日々、20回のスクワットを10本続けている人の
大腿筋は50代まで筋肉量がアップするそうです。


だとすると、素材が違うのですから、根尾選手にはなれないとしても。
高齢者は下肢から弱るって申しますが、下肢の筋肉が鍛えられれば、
転んだりしないってことになり、健康で生きられるってことになります。
筋トレこそが、健康で老いる重要な秘訣ってことに。

もちろん、私は毎朝、ウォーキングの途中でスクワットをやっています。
ドラゴンズ優勝祈願のお百度参りのつもりで。根尾選手頑張れ!Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年02月17日 05:58 | コメント (0)


大阪商人

2019年02月16日

お客さんが何を望んでいはるのか「ええもんを安く」それが基本とちゃいますか。

インフルエンザが大流行です。感染を防ぐにはどうすれば良いのか。
答えがあるようでない。敢えて申せば、湿度と温度が高いとウイルスが死滅する。
ということは、ポカポカ陽気で、長雨が降り湿度が高い春がくればってことに。


現実に、まだ春は遠い。防ぎようがない。では、感染してしまうとどうするのか。
医者に駆け込み、治療してもらうしかない。治療といってもインフルエンザだと
診断されれば、医者が処方する薬を飲むしかない。


製薬ほど日進月歩はない。去年のウイルスと今年のウイルスは多少違うらしい。
それも見抜いて、新薬が開発されている。私は去年、インフルエンザに襲われた、
主治医のもとに。診断グッズで、一発。ハイ、インフルです。これがいちばん効くと、
粉状の薬を鼻から吸引、第一三共の「イナビル」を。数日で全快した。


その前の年まではロッシュの「タミフル」が治療薬としては……
今年はシオノギの「ゾフルーザ」が国内市場を席巻しているようだ、
「1回1錠飲む」だけで効果抜群と人気に。国内シェアの半数を占めた。


シオノギは抗インフル薬市場で後発だが、感染症の研究開発では
半世紀以上の歴史を持ち、抗菌薬「シノミン」(1958)を発売、
ロッシュが世界販売しシオノギの力を示した。88年に新研究所を設立、
抗エイズウイルス薬の研究を始め、抗菌薬から異なる仕組みや大きさを持つ
「ウイルス」の知見を培ってきたことが、インフルの特効薬的効果を持つ、
ゾフルーザ誕生につながったようだ。(日経)


そう聞くと、ウイルスが多少違っても、ゾフルーザの効果が分かる気がする。
製薬業界は、世界市場争奪で再編やM&Aに揺れているが、
シオノギは1980年代には国内売上高で3位だったのが、2000年代には10位、
利益で下位に沈んだ。だが見事に復活した。現在のシオノギは、規模を追わず、
創薬にこだわり業界トップの高い利益率を上げる企業に変身した。


その秘訣は決して難しいことではない。
シオノギは大阪の企業。大阪の商人の教え、基本は患者(お客さん)が
何を望んでいはるのか。それを考え抜くと答えは「ええもんを安く」に
尽きるのではと、トップは語る。


データ。2018年3月期決算。売上高に占める営業利益率33%。
売上は業界10位だが営業利益額は3位、利益率は主要社でトップ、
「創薬型製薬企業」を掲げる1878年創業の異質な製薬会社。


シオノギが「お客さんのため、次、どんな薬を世に送り出すのか」楽しみである。
一つだけ、シオノギにお願いがある。このままでは、豚肉が庶民の台所から消えるかも、
豚コレラの特効薬はできませんかねぇ。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年02月16日 05:19 | コメント (0)


高嶺の花

2019年02月15日

日本一の消費量を誇るヤリイカ、環境に負けるな。

あまり嫌いな人がいない魚介類に「イカ」があります。
中でも「スルメイカ」は日本列島沿岸なら、季節ごと場所が変わりますが、
どこの漁場でも獲れ、日本人にとって最も消費量の多い魚介類でもあります。


私も「イカ好き」で寿司を食べるなら、お値打ちですから一番に注文します。
「スルメ」も好きで炙って、アチチなんて言いながら裂いて……
マヨネーズに醤油を垂らしたソースを付け頂きます。酒の肴に持ってこいです。


昔から「スルメ」は噛めば噛むほど味が出る。なんて言われ、
「私もそんな人間になりたい」などと思っています。
イカの干したモノをなぜ「スルメ」って言うんでしょうか。

「スルメ」の語源はイカは墨を吐く。群で動くを詰めて
「スミムレ」と呼ばれていたようです。それが訛って「スミレ」を経て「スルメ」と
なったようで、沿岸部で大量に穫れるイカを「スルメイカ」といいます。


ややこしいのですが、開きにして天日干しにした「スルメ」は「スルメイカ」を干して
「スルメ」と言います。他には寿司の高級ネタの「ヤリイカ」これを
干したものは「スルメヤリイカ」ってことになります。


イカには他に「ケンサキイカ」、頭が剣のような形になっているから、ケンサキイカですが、
干したものはスルメと言わないで、ケンサキと言います。不思議ですね。
他にも最高級とされる「アオリイカ」「ヤリイカ」も
あります。イカの解説はどうでも良いのです。


問題は、大量に獲れもっとも大衆的な「スルメイカ」が不漁だってことです。
1月、全国主要港の漁獲量は前年比6割。九州や山陰では全く獲れない。
年間の漁獲量は過去最低だった17年から3割減。その結果、卸値が過去最高となり、
希少価値の「ヤリイカ」を凌ぐ価格で店頭に並んでいます。


原因はよくわからないのですが「16年冬からの産卵場の海水温の低下や親イカの減少」が
影響しているのではと言われています。
ただし、イカの寿命は約1年。成長に適した海水温に恵まれ過剰に漁獲しなければ、
比較的資源の回復は早いとも言われています。


スルメイカが「高嶺の花」になるなんて、イカ好きの私には耐えられないですし、
ましてや、私が望む「噛めば噛むほど味のあるスルメのような男」になれるのは、
そもそもが、スルメイカが消費量日本一の大衆魚介類だからです。
「スルメイカ」が「高嶺の花」なんて、様になりません。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年02月15日 05:21 | コメント (2)


ルビーチョコ

2019年02月14日

自分へのご褒美は、第4のチョコだって。商魂逞しいですねぇ。


作家の宮本輝氏が37年の歳月を掛けて書き綴った
自叙伝的小説「流転の海」シリーズ(全9巻)が完結した。
実父松坂熊吾の人生流転を昭和の時代背景とともに綴った大作です。


作家と同世代、同じ時間、空気を吸って生きた一人として、胸に迫る大河小説です。
完結編「野の花」に熊吾がかつて世話をした男が、チョコレート職人として登場
戦後、高級菓子であったチョコレートがどのような経路で世の中に浸透していくか、
その経緯を垣間見ることができる。


その流れを汲んでいるとは思えないのだが。
その後、大手の菓子メーカーから売り出され、チョコレートはスイーツの定番として
広く大衆に普及した。そのチョコレートが復活、陽の目を見たのが、
「バレンタインデー」商戦ですね。でも、このところ、ブームが去ったのか市場は下降気味。


推計市場規模、前年比で約3%減の1200億円と、成熟期に入ったのか、
それとも飽きられたのか。昨年末実施した百貨店の意識調査では、
購入目的のトップは……いつのまにか「自分へのご褒美」61.8%に移り、
定番の義理チョコは35.2%と意外に低いのが現状。


となると、さすがに商魂逞しい菓子業界と小売各社、1200億円の市場を逃してなるものかと、
次に編み出したのが、チョコやパッケージを多様化、女性が自分のご褒美に楽しんで
選べるよう工夫。その注目が「ピンクのルビーチョコ」だそうです。

ルビーチョコなんて聞いたことがない、おっさんにはびっくりですが、
色素を添加してピンクにしたのではないらしい。ピンクの色素が多く含まれるカカオ豆から
製造する新種のチョコレートで、着色料を使わない天然のピンクと、ベリー類のような
酸味と香りが特徴だそうです。


因みにお勉強です。(毎日新聞から)
チョコレートは主に3種に分類されます。
粉乳とカカオ豆由来のカカオマス、ココアバターを含む「ミルク」
粉乳を抜いた焦げ茶色の「ダーク」。カカオマスを抜いた「ホワイト」です。


ルビーチョコ(ピンク)はホワイト以来80年ぶりの新類で「第4のチョコ」と呼ばれ、
スイスのメーカーが10年以上の歳月を掛け研究開発、17年に商品化。
昨年1月から限定商品が出回り、10月に業務用販売が……
そして、今年のバレンタインデーの「自分へのご褒美チョコ」に昇格、
百貨店の特設チョココーナーで6個入り2000円で販売されているそうです。

インスタグラムでの映えもよく、SNS用に売れるのではと、
百貨店では手ぐすね引いているようです。
なんとなくですが、若い女性が「自分へのご褒美」でルビーチョコを買って、
ネットに上げて、喜んでいる様って正常なんでしょうかねぇ……


それとも、バレンタイン義理チョコの下降に新たな商魂を発揮するチョコ業界が
賢いのでしょうか。松坂熊吾なら、これも「流転の海」だというのでしょうねぇ。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年02月14日 05:28 | コメント (2)


ネタ探し。

2019年02月13日

朝日新聞なら、記事盗用をこのように、追い掛けるのではと……


このブログ、今日で4148回、日々の日課ですから、
11年以上毎朝欠かさず続けていることになります。
ここ迄続けますと、生活のルーティンになっていますので、
「書かない」と調子が悪くなるのではと思っていますが、


そうは言っても、文章を書くってことですので、実のところ、机に向かっても
書こうと思うことが、思い浮かばぬ日も結構あります。
つまり、今日は書くネタがないってことです。


でも、10年続ければ何とかなるもので、新聞を捲っていれば、
そうだ、このことについて、私ならこう思う、なんて閃くと早速に取り掛かる。
そんな日々の繰り返しです。


私はどうしても書かねば、生活に困る、仕事ができないなんてことがないので、
気楽と言えば、気楽。趣味と言えば、それまでなので、深刻になる必要などないのですが、
ただ、死ぬまで続けようと思っていますので、途切れたら、どうなるか。
それが怖いので、ネタがなければ無理やり探してでも続けているのかも。


文章を書くことを生業としている文筆家や新聞記者は、そうはいかないようですね。
朝日新聞の北海道版地域面を担当している函館支局の記者が……書くネタがなくて困ったのか
意図して利用したのか、それとも了解を取る手間を省いたのか。本当に知らなかったのか。


こともあろうに、北海道新聞が2016年に出版した写真集から引用して記事にまとめ、
1月12日から始めた連載企画に盗用したそうな。よほど、切羽詰まったんでしょうか。
発覚は北海道新聞社から「この特集記事、03年の夕刊で掲載した記事が写真集に
収められているのと似通っている」との指摘があったから。

朝日は盗用を認め、連載を中止、記事を取り消した。
朝日東京本社編集長は刊行物からの引き写しは記者倫理に反する行為、
絶対に許されない。読者の信頼を裏切り申し分けない。
北海道新聞社及び関係者に深くお詫びすると、コメントとした。


朝日が発覚後、即座に謝罪して、記者を処分したのはさすがだ。
北海道新聞編集局長は「事実上の盗用を認め、真摯な説明と謝罪を受けた。
同じ報道機関として大変残念なことだと受け止めている」とコメント。

記者は「足で取材して記事を書く」のが原則、安易に盗用するのはご法度だが、
それで一件落着だろうか。穿った見方かも知れないが、背景に記者の過重労働は
なかったのか。あるいは、上司から記事を書けとの強要はなかったのか。
新聞社が購読数の減少結果、記者の数を制限しているなどの原因はないのか。

この問題に、朝日と道新の新聞戦争が潜んではいるのだろうが、
そんなややこしいことがあるハズないのだが、朝日新聞なら「記事盗用事件」として、
あれやこれやとこねくり回すのではないかと朝日の姿勢を思いながら、
私の4148回目のブログネタにさせて頂きました。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年02月13日 05:58 | コメント (0)


情報資本主義の危うさ。

2019年02月12日

新聞が買収される米国。情報・知識は市場競争原理に馴染んではいけない。


中日新聞に米国の新聞がファンドの餌食になっているとの記事が掲載、ふと思うことが。
1970年代。製造業を中心とする資本主義はもはや限界状態にある。
製造業中心の脱工業社会から、情報・知識中心の脱工業社会への移行が唱えられた。


社会学者のダニエル・ベルが著した「脱工業社会の到来」がそれである。
来るべき情報・知識社会とは市場競争一辺倒の社会ではなく、
公共的な計画によって人々の公共的な生活を向上させる社会だと唱えた。


その理由は情報・知識は本質的に公共性を持つため、それは市場競争の原理には
なじまないからである。私的利益の対象とみなすよりも、
それらを人々の公共的な生活の質の向上のために使うべきだと主張したのである。
(朝日・異論のススメから)


私の知る限りでは、この説、前段の部分、脱工業社会を日本で明確に唱えたのは、
堺屋太一氏で、同一規格、大量生産のものづくり時代は終焉を迎え、
今後先進国は知恵の価値が問われる「知価革命」時代が訪れると喝破。
日本も早く構造改革が必要と訴えた。米国に遅れること、20年、1990年代のことである。


資本主義が発達する過程で、情報・知識の公共性をいち早く認識し、
市場競争とは一線を隠し、資本主義への警鐘を鳴らしてきたきたのは、
新聞メディアだと私は認識している。


その新聞は公共性を堅持するが故に(そう思いたい)80年代に台頭する
新自由主義的な市場競争や90年代のIT革命によって、情報や知識が市場で
莫大な利益を生む強力な新産業へと成長したにも関わらず、新聞はその波に乗り遅れた。


ネットに広告収入を奪われた米国のローカル新聞は一気に衰退を始め、
本来の機能である情報・知識での影響力を低下させている。
その現状を見定めた、新産業群(IT大手)とファンド集団は一斉に新聞社の買収を仕掛けている。
彼らの狙いは、記者をリストラすることで、このビジネスモデルを
高収益体質に変貌させ、ビジネス果実を搾り取り、捨て去ることにある。


情報・知識の持つ公共性という発想は彼らにはない。
新聞メディアが存在しなくなれば、それこそ、情報資本主義は危機に陥る。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年02月12日 05:31 | コメント (0)


重箱の隅をつつく

2019年02月11日

「朝日のおわびします」って、相棒の木下右京さん、それとも本質が見えない嫌な奴。


重箱に盛ったお正月のおせち。四隅に残った料理を楊枝でつついて食べるようような、
余計なことや、つまらないことばかりに神経使う
こせこせした、いやらしい態度をあらわすこと。


別な視点で言えば、本質が見えず、どうでもよいようなものばかり取り上げて、
こまごまと煩くいう。本質が見えていない些細なことを詮索したがる人を
なじり揶揄することをいう。「重箱の隅をつつく人」の意味です。


何とも酷くていやらしい奴ですね。でも果たしてそうでしょうか。
重箱の隅に本質が隠れていることはないでしょうか。
例えば朝日テレビの長寿番組「相棒」主演の水谷豊さん演じる木下右京さん、
事件現場で関係者に「一ついいですか」「細かいことが気になる嫌な性分ですので」と
必ず聴きます。それが事件の鍵を解く決めてになります。
右京さんって、まさしく……「重箱の隅をつついて」いるのではないですか。


前置きが長くなりました。
「重箱の隅をつつく」話ですが。難事件を解決する右京さんなのか、
それともこせこせした嫌な奴なのか、ご判断はあなたが。


ちょっと古い話です。1/28付、朝日の夕刊に「訂正して、おわびします」との囲み記事が。
お詫びは2件です。25日付1面のイオンモールでの取引実態の調査に関する記事で、
小売業者の「62%」が利用料に不満があると回答した、とあるのは「38%」の誤りでした。
また、小売業者の「85%」が決済方法に不満があると回答した、とあるのは
「15%」の誤りでした。データを取り違えました。とのお詫び記事です。

これって、厚労省の「毎月勤労統計」データ誤認とどこが違うのか。
どちらも、一方は意図的にアベノミクスで賃金が上がっていると操作したかった。
このデータ取り違えも「小売業者」が現状に不満があると、問題を過大化させたいとの
思いが働いた記事で意図的にそうしたのではないでしょうか。


もう一つは25日付、映画面「メリー・ポピンズ リターンズに主演
エミリー・ブラントの記事でブラントさんの出演作「プラダを来た悪魔」とあるのは
「プラダを着た悪魔」の誤りでした。入力時に間違え、確認が不十分でした。


如何にも単純な入力ミスで済まそうとしていますが。
高級ブランド「プラダ」に対する偏見が根底にあったのではないか。
勘繰り過ぎなら、朝日の校閲部もこんなミスを犯すようでは、
焼きが回ったのか、それとも嫌々仕事しているのか。甚だ疑問です。


どうですか。この朝日の「訂正して、おわびします」
右京さんですか、それとも重箱の隅をつつく嫌な奴ですか。Goto


追伸
時代を鋭く切りとり、時代を読み込み、そして、時代を創造した
官僚出身でありながら、稀代の思想家・堺屋太一さんの
ご冥福をお祈り致します。合掌。

投稿者: 後藤 日時: 2019年02月11日 05:15 | コメント (0)


ラジコン建機

2019年02月10日

「ソサエティ5.0」時代に入りました。人手不足って、いつまで続くのでしょうか。


人手不足が限界だと、この4月から「改正入管法」が施行され、
外国人労働者を大量に雇用することになる。
確かに、「好況」(地方では実感が薄いですが)で労働人口がますます不足する時代です。


例えば2025年には建設技能者が130万人不足するといわれる……建設現場。
致し方ないとは思うのですが。もう少し長い目で(長いと言っても5年以内です)
「ソサエティ5.0」を見た方が良いと思うのですが。


来年、東京五輪に合わせ、選手や関係者の移動に自動運転車が実用されます。
そんな時代です。今のように建設現場で多くの労働者が働く姿が続くとは
とても思えません。建機などは、人がいなくても遠隔操作で動くなんて、
当たり前のことになるのではないでしょうか。


建機の技能者はスーツ姿でオフィスに出社。
モニターのスイッチを入れれば、臨場感溢れる現場が写し出される。
遠隔操作で建機は思いのままに動くことが日常茶飯事ってことに。


現実には高速大容量の次世代通信規格「5G」を活用して、
コマツやコベルコなど建機メーカーは20年以降には遠隔操作が可能になるよう、
実証実験を重ねている。5年を経たずとも多くの建設現場に省人化された
建機が動き回ることになる。


これは建機の技能者の話だが、建設現場ではロボットが導入され、
彼ら?が人間の代役をしてくれるのも時間の問題ではないだろうか。
となると、130万人の建設技能者が不足するって話も、議論の対象から
外れるのではないか。


建設現場に人がいなくて、作業が効率化され、そして24時間稼働、
工期が3分の一以下に短縮される。そんなことが遠い未来のことと思っていたら大間違いです。
5年後には少なくとも建機は遠隔操作で動くようになります。


ということは、省人化は建設現場だけではない。
あらゆる分野で省人化が起こるってことです。
人手不足は限界だ、求人倍率が史上最大だ、外国人に働いて貰わねば……などと、
鐘や太鼓で、求人応募をする時代って、今だけかも知れませんね。


この時代、我々はどんなスキルを身につければ、
生きていけるのか、そのことも視野に入れて、今を生きる必要があるのではと、
思う「ラジコン建機」の時代です。Goto


注、「ソサエティ5.0」
ネットとリアルを高度に融合させたシステムで、
経済発展と社会課題の解決を両立させ人間中心の社会(ソサエティ)のこと。

投稿者: 後藤 日時: 2019年02月10日 05:28 | コメント (0)


雑感・食感

2019年02月09日

オーストラリアでダイエットに「コンブチャ」が大ブームですって。


なんの脈絡もないのですが。食べ物や飲み物について、
面白い話がありますので、「雑感・食感」などいうタイトルで3点ほど
綴ってみたいと思います。


群馬の冬と言えば。赤城山から吹き下ろす「赤城おろし」と呼ばれる空っ風。
この冷たい風を利用して栽培される「チヂミホウレンソウ」です。
9月下旬にタネをまき、敢えて冬の低温に晒す。寒さに耐えようとして、
葉が肉厚でギュッと縮む。濃い緑色で顔の大きさほどに広がり、茎や根も太くなる。


「寒縮みほうれん草」「寒締めほうれん草」などとも呼ばれ、農水省によると、
東北、関東北部で気温が低い冬に栽培され、普通のほうれん草よりも、
甘くて(群馬伊勢崎の農家では糖度10以上が出荷基準)ビタミンCが豊富。


意識して食べたことはないが。ほうれん草と言えば「ポパイ」……力がでる野菜。
濃い甘みはベーコンと相性が良いとのこと。チャレンジしてみたい。
そうそう。生産者曰く、チヂミホウレンソウの葉を鍋にくぐらせてたべる
「しゃぶしゃぶ」がおススメだと。醤油をちょっぴり付け、燗酒の肴に。


チヂミホウレンソウがいつの時代から栽培されるようになったのか。
日本の風土に合わせての栽培、農家の知恵って素晴らしいですねぇ。
今夜は群馬の仲間から呑んでみたらと頂いた日本酒を封切り「しゃぶしゃぶ」といくか。


バカバカしい話だが。農水省の御達し。節分にその年の方角(この意味がわからない)に
向かって無言で食べると縁起が良くって願いごとが叶うとかで、ブームになった「恵方巻き」
……販売最盛期を前に需要に見合った量を生産、販売せよと、
スーパーなど小売業界7団体に通知した。


売れ残りが廃棄される「食品ロス」が社会問題になっていることに対する御達しです。
実は、小売各社は恵方巻きブームは去ったと思っているのではないか。
なぜなら、「恵方巻き」は関西の花街遊びで、縁起ものでも願いごとが叶うなんてことも
眉唾らしいと、大方の人がわかってきたからです。


そういえば、コンビニの駐車場に、華やかな「恵方巻き」ノボリがなかったですね。
空気を読めないといえば叱られそうですが。農水省の御達し、ピントが外れていませんかねぇ。
節分といえば、やはり星まつり、鬼払い、厄払いの豆撒き以外にはね。


もう一つ。オーストラリアで「KOMBUCHA」(コンブチャ)が大人気。
成人の肥満率が世界有数の豪州、健康的に体重をコントロールしたいと、
「腸内環境が良くなり便秘が改善した」と若い女性のブームが止まらないそうです。


「コンブチャ」は日本が元祖。ダイエットにそんなに良いならと、思うのですが。
どうも日本の昆布茶とは似て非なるものらしい。酸味の効いた発酵飲料で、
1980年代に日本で話題になった「紅茶きのこ」と同じものらしい。


紛らわしいのだが、ひょっとしたら、日本でも再ブームになるかも知れませんね。
ダイエットには、「少食、運動」以外にないと思うのですが。
雑感・食感、如何でしたか。さぁー。今朝もウォーキングだ。
上空はマイナス20度だとか。それにしても、寒いですねぇ。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年02月09日 05:52 | コメント (0)


笑って誤魔化すしか。

2019年02月08日

金融緩和による円安と財政出動頼みではねぇ。

政府は景気回復が「戦後最長となった」と1月の月例経済報告で発表した。
2012年12月から74ヶ月、この国の景気は右肩を上げ続けているのです。
6年と2ヶ月ですよ。安倍政権になって「ずーっと」です。凄いですねぇ。


厚労省の賃金統計がいい加減であり、意図的であったとしても……
成長率が「いざなぎ景気の11.5%やバブル景気の5.3%には及ばないが、
戦後最長だった小泉政権時代の1.6%」にも残念ながら届かないのですが、
それでも年平均の実質成長率は1.2%で、成長を続けている。やっぱり凄いことです。


この間、何が景気拡大を後押ししたのか。
企業の設備投資は18%伸び85兆円。輸出は31%増で92兆円凄いねぇ。
仕事さえ選ばねば、完全失業率は4.3%から2.5%に。女性の就業率も9.1%増です。


そのおかげで、政府の借金と日銀の資金供給は大膨張……
政府債務の対GDP比は229.0%から236.6%で7.6ポイント上昇。
マネタリーベースは138兆円から504兆円の3.7倍となった。これも凄いですねぇ。


一方、賃金と消費は、残念ながら弱く……
個人消費は293兆円から300兆円で、プラス2%にとどまり、
家計可処分所得は292兆円から303兆円の4%プラスにしか推移していない。
このアンバランスもなかなかですねぇ。

データは隠蔽しない限り、嘘つかないと思うのだが。
景気最長の理由はこのデータで明白ですね。
円安による輸出増と財政支出、それに日銀の金融緩和、更に賃金抑制によるものなんですね。

これでは、政府がいくら景気回復基調が続くなんて言っても、
大半の国民は「首を傾げ」、同時にこの状態がいつまでも続くハズがないのではとの
疑問と不安を募らせるのもまた、真実ではないでしょうか。

でもです。景気は回復基調から後退局面に入った。景気回復は当分見込めない。
なんて発表されるよりは、たとえ実感がなくとも、マインド的には良いってことです。
「日本経済を更に加速させ、景気回復の実感を高めたい」と、経済財政担当相は言うが……
問題は、どのようにして「更に加速」させるのかって、ことです。


それには企業の生産性を挙げるべく「労働投入」「資本投入」して技術進歩を
計る以外にはないのだが。その大きな足枷が「働くな、という働き方改革」であり、
一方では副業で働けという自己矛盾にあるのではないかと思うのですが。
取り敢えずは、最長景気だ、最長景気だと、笑って誤魔化すしかないようですね。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年02月08日 05:22 | コメント (0)


政治の仕組み

2019年02月07日

新聞メディアの力が弱くなりますと、民主主義も歪みます。

米国の話です。「メキシコとの国境に壁をつくる」トランプ大統領の公約です。
中間選挙で勝利した民主党。壁建設の費用が含まれない暫定予算を下院で策定。
トランプ大統領、そんな予算は承諾できぬと、拒否しました。


その予算には連邦政府職員の給与も。政府機関が閉鎖されました。
入国管理官、連邦捜査局の職員などが働かないと、国家維持の根幹が壊れ、
国家が成り立たなくなります。ですから、彼らは無給でも働いています。
が、他の人たちは自宅待機です。緊急予算で急場はしのいだのですが。異常事態です。


トランプ大統領です。壁建設費用を含んだ予算案が成立しなければ、
政府機関は今後も閉鎖が続くと凄み、民主党を牽制しています。
なんでこんなことになるのか。


米国では大統領に予算をつくる権限がありません。
「壁建設は公約だから予算に入れてくれ」と懇願しても、
予算編成する議会で多数を握る民主党が応じなければ、予算は組まれません。

でも、大統領が署名しなければ、これまた予算は成立しない仕組みです。
二元代表制を徹底する米国のシステムです。それが良いのか悪いのかは別として、
大統領を支持する共和党の議席がないと、こうなります。
今では、まるでチキンゲームのようです。

日本では予算案は内閣府がつくり、国会に提案します。
衆参で賛否が分かれても、議員内閣制ですから、衆院は与党が多数を持っていて、
首相を選びますので、衆院は通過します。衆院を通過すれば、
「衆議院の優越」という制度があり、新年度に間に合わないことがあれば衆院で
暫定予算を可決し、国家公務員の給与が支払われないことはありません。


日米のこの違いは政治体制の違いによって起こるのですが、
私はそれだけではないと思います。
二つのことを考えます。日本は律令国家です。建前と違い政治よりも官僚の方が力がある。
官僚が只働きをすることはないし、そんなことを世論、即ちメディアが許しません。


米国は民主主義制度の国です。選挙結果は国民が決めたことです。
この状態が起こっても、その責任は国民にあるとの自覚が根底にあります。
それと、米国の新聞メディアの力が、弱くなり過ぎて、正論が通らなくなりました。

新聞の大切さを思い知らされます。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年02月07日 06:06 | コメント (0)


地域みっちゃく生活情報誌2月号

2019年02月06日

ハッピーメディア「まま・ここっと」冬号を紹介します。

ハッピーメディア・地域みっちゃく生活情報誌2月号が出揃いました。
寒波で凍える日本列島、寒風を突いて、約900万世帯に地域みっちゃく生活情報誌を
元気にお届けすることができました。
これも関係各位のご尽力のおかげです。
誠にありがとうございます。衷心より厚く御礼申し上げます。

我が社が発行するハッピー・メディアは3種類です。
地域みっちゃく生活情報誌に次いで発行しているのは季刊誌(1、4、7、10月発行)で、
子育てママの応援本「まま・ここっと」です。紹介します。


発行エリアは、群馬版(6万部)、岐阜版(7万部)、三重版(5万部)
滋賀版(5万部)、鳥取版(3万部)の5県で展開、26万部を発行、
保育園、幼稚園の園児から直接にご家庭に届きます。


A5版サイズですが、各ページにはネットに直結する写真から動画が飛び出す
「フリモAR」が搭載、園児のバックにすっぽり収まるスモールサイズですが、
ネットと結び付き情報量は無限大に広がります。


タイトルは、ママと子供のハッピーのためにとの思いで「まま・ここっと」。
冬号の巻頭特集……鳥取版「冬でもお外で遊ぼうよ!冬の森遊び」。
三重版は、お伊勢さんのおがげ横丁で、ママと一緒にモノづくりの楽しさに触れる
「伊勢玩具の絵付け体験」を巻頭で。


群馬版は群馬の郷土料理「あんぴん餅をつくろう」とフリモARで
表紙の須田心春ちゃんの「お餅だいすき」とあんぴん餅を頬張る笑顔が可愛い。
滋賀版は「キッズマネースクール」での体験学習が特集されました。
日本こどもの生き抜く力育成協会が全国で開催している講座、
子どもたちが仕事体験を通して、お金の大切さや、感謝の心が学べます。


岐阜版は「わらべうたで遊ぼう」飛騨地方に伝わるわらべうたを学び、
親子の触れ合いを育む、保存会の理事長さんの歌声が心に沁みていく。
それぞれの地域で子どもに伝承したいこと、受け継いで欲しいことなどを
毎号丁寧に紹介しながら、子どもたちに人と地域の温もりを教えています。


ハッピーメディア「まま・ここっと」も地域みっちゃく生活情報誌同様、
この国の課題の一つである、子育てに真摯に向き合い、
地域のママたちになくてはならないメディアに育っています。
順次、全国で展開して参ります。乞う御期待です。


ハッピーメディア『地域みっちゃく生活情報誌」2月号。
北海道の旭川市・東川・東神楽町で「ぶりっじくらぶ」(5万部、第三火曜発行)
激寒の中元気に創刊しました。旭川に不可欠な情報誌として読者目線で、
心を込めて作って参ります。スタッフ一同意気軒昂です。Goto

IMG_7754%20%281024x768%29.jpg


20190201.jpg20190202.jpg20190203.jpg
20190204.jpg20190205.jpg20190206.jpg
20190207.jpg20190208.jpg20190209.jpg
20190210.jpg20190211.jpg20190212.jpg
20190213.jpg20190214.jpg20190215.jpg
20190216.jpg20190217.jpg20190218.jpg
20190219.jpg20190220.jpg20190221.jpg
20190222.jpg20190223.jpg20190224.jpg
20190225.jpg20190226.jpg20190227.jpg
20190228.jpg20190229.jpg20190230.jpg
20190231.jpg20190232.jpg20190233.jpg
20190234.jpg20190235.jpg20190236.jpg
20190237.jpg20190238.jpg20190239.jpg
20190240.jpg20190241.jpg20190242.jpg
VC20190201.jpgVC20190202.jpgVC20190203.jpg
VC20190204.jpgVC20190205.jpgVC20190206.jpg
VC20190207.jpgVC20190208.jpgVC20190209.jpg
VC20190210.jpgVC20190211.jpgVC20190212.jpg
VC20190213-01.jpgVC20190213-02.jpgVC20190214.jpgVC20190215.jpg
VC20190216.jpgVC20190217.jpgVC20190218.jpg
VC20190219.jpgVC20190220.jpgVC20190221.jpg
VC20190222.jpgVC20190223.jpgVC20190224.jpg
VC20190225.jpgVC20190226.jpgVC20190227.jpg
VC20190228.jpgVC20190229.jpgVC20190230.jpg
VC20190231.jpgVC20190232.jpg


投稿者: 後藤 日時: 2019年02月06日 06:02 | コメント (0)


施政方針演説

2019年02月05日

消費税増税を10月に実施すると明言しました。


通常国会が始まりました。安倍首相の施政方針演説お聞きになりましたか。
NHKで中継されましたが。私は時間がなくて聴いていません。
でも、翌日の新聞に演説が「全文」掲載されましたので、読みました。


施政方針演説とは、国政についての方針を述べる所信表明と違い、
その年の初めに召集される通常国会の冒頭において、首相が1年間の政府の基本方針や
政策についての姿勢を示すものです。衆参の本会議場で行われます。


不思議でならないのは、なぜ、同じ演説を二度もやる不合理をやめないのか。
米国の「一般教書演説」(年頭教書)は、上下両院議員と三権、軍の首脳が
一同に会して行われるのに。軍と三権は別として、無駄じゃないのか。


他にも外務、財務、経済政策の担当大臣も首相の施政方針演説の陰に隠れ
余り注目されませんが演説します。翌日も新聞には要約が報じられます。
合わせ政府4演説と言いますが、これらも、2度やる必要はないのではと思う。
理屈はあるでしょうが、所詮は、権威主義でしかありません。


施政方針演説の重要なことは、2019年度の政府方針が明確になることです。
ですから、予算もこの方針がベースになって決まることです。
年度途中に政権が変わっても、予算の組み替えは補正予算以外にはできませんので、
今年の流れはこの演説内容の通りに進みます。ですから、非常に重要な演説です。


ましてや、安倍首相は不慮の事故でもない限り、2021年まで自民党総裁の
任期があります。総選挙で倒す以外には、6年間の方針が継続されます。
その意味でも、施政方針演説が如何に重要かが分かります。


毎日新聞社説(29日付)、安倍首相の施政方針演説「自画自賛だけでは済まぬ」と批判。
読売は「次代に備え着実に成果を上げよ」と未来を見据えよとエールを送っています。
日経は敢えて、海外メディアの東京特派員のコメントを掲載、彼らが、安倍政権の
6年間をどう見ているかを報じています。


私は批判のための批判を繰り返す朝日や毎日の姿勢に、疑問を呈すると同時に、
読売の脚元を見ない、未来思考の評論にも首をかしげます。


特派員の評で日本の新聞が落としている点で、そうだなぁと思うのは、
10月消費増税に疑問の余地を残さず、前回の失敗を教訓に手を打つ姿勢を評価。
(ウォール・ストリート・ジャーナル)


保護主義への対抗を表明したことを評価する。G20で国際経済の発展を
上手くリードすれば、日本の国際的な地位も上がる。消費税の再延期なしは当然だろう
(中国・経済日報)


(韓国・中央日報)韓国への言及がゼロだったのは残念。日本のメディアは文大統領の演説で
冒頭に日本の話がでないのを批判したが、同じことを日本もやっている。
厳しい環境でも未来思考の日韓関係を築くと発言して欲しかった。


他にもロシア・タス通信も、日ロ関係への言及、踏み込み不足と。
など、特派員の評価は、その国の置かれている状況が分かり面白い。


長くなったが、今年の施政方針演説の特徴は、6年間の安倍政権は、
順調だから、この路線を力強く推し進めて行くとの方針を明確にしたものです。
だからこそ。施政方針演説を読み込むことが重要だと思う。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年02月05日 05:10 | コメント (0)


悲しいですねぇ。

2019年02月04日

親の虐待によって、また幼い命が奪われました。


メディアは誰かのせいにして、ニュースを報じますが、虚しいです。
私はメディアの責任が大だと思っています。
またまた、千葉で起こった「児童虐待殺人事件」のことです。


昨年3月、5歳の女児が「おねがいゆるして」と拙い文字で父親の虐待に
反省文を残して虐待死させられた事件に続き……今度は小学4年の女の子が。
事件の内容に触れる必要もない。大人の男が、それも父親が、
ただ泣くだけしか抵抗する術を持たない子供を殴り殺したのです。


昨年の事件を受け、我が社では、まず岐阜県で世帯の92%の家庭にお届けする
ハッピーメディア・地域みっちゃく生活情報誌(12誌、74万部発行)で、10月から、
「虐待だと思ったら、189(いちはやく)番へ」との虐待防止啓発活動を始めました。


1万枚のステッカーを配布、車や玄関に貼る活動。ポスターも作成、
県下の全ての薬局にも貼られ、県内各地で貼られるようになりました。
また、啓発のためのオレンジバッジを1万個、配布しています。
我が社の社員は全員が、胸にオレンジバッジを付けています。


11月の「児童虐待防止月間」には「児童相談所への支援」として、
岐阜県に150万円を寄付、担当部局の活動をバックアップしています。

その結果、岐阜県下の「189番」に対する認知度は飛躍的に向上、
「児童虐待防止への意識」が高まりました。この活動は一過性のものであってはならない。
恒常的に、毎月情報誌の紙面を使って訴え続け、県民の脳裏に、まずは189番が、
110番や119番と同様に意識付けされねばならないとの固い決意で取り組んでいます。


今年に入り、地域みっちゃく生活情報誌全誌、総発行部数930万部、150誌を通じ
「児童虐待などという、理不尽な社会を無くそう」と愛知県(265万部、県内80%シェア)
三重県(65万部、県内81%シェア)、滋賀県(県内シェア72%、43万部)から
順次啓発活動を続ける準備をしているところです。


我が社の発行する「地域みっちゃく生活情報誌」は、「経済を活性化するため」
「情報誌を通じて地域を元気にするメディア」だと位置づけています。
地域を元気にするには、地域の課題と向き合い、そこに暮らす人たちと
一緒に問題を解決しなければならない。それが全戸配布型のフリーメディアの
役割と考えています。だから、この国の課題、児童虐待を防止するために
紙面を活用するのは重要な使命だと思っています。


私は、千葉のこの「児童虐待殺人事件」を他人事にはしない。
フリーのメディアの責任として、地域みっちゃく生活情報誌を使って、
「児童虐待防止」のために、関係各位とともに継続的に取り組む覚悟です。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年02月04日 05:13 | コメント (0)


それがどうした

2019年02月03日

これから2年間「嵐最後の」なんて聞かされるのは如何にも鬱陶しい。


これって「働き方改革」の一つなのかねぇ。
メンバーを結成して20年、国民的グループになって10年以上。
絶大な人気ゆえ、仕事のペースを落とすこともできない。


自ら区切りをつけない限り、働き方を変えることができない。
だから、来年で活動を休止する。仕事を止めるってことですよねぇ。
そうです。人気グループ「嵐」が解散する話です。

「それがどうした。今は2019年の1月。来年いっぱいでやめるってことは、
2年間掛けて引退興行を打ち、関係者を儲けさせ、誰にも迷惑かけないようにして、
解散するってことじゃねぇか」ガキの精一杯の浅知恵だな。と………
毒ずくのは、芸能界の大御所、ビートたけしさん。


記者会見の翌朝、天下のNHKが朝の報道番組で流し、全国各紙は特集を組んで報じる。
たかが、アイドルグループの解散にしては、大仰過ぎないか。
国会では、国の命運を決める首相の施政方針演説が行われているのに。
そのニュースよりも優先して紙面や番組を裂く。凄いねぇと言って良いのか、
この国が平和ボケしている証と言えるのか。


でも、経済効果からすると、コンサートの地方公演でも全国からファンが
集まりグッズが飛ぶように売れ、2年間で1000億を優に越すっていうから、
経済ニュースには違いないし、「働き方改革」という視点では、
過重労働には退職で対処せよってことだから、時流に沿った行動なのかも。


彼らが、どんな歌を歌っていたのかも、どんなテレビ番組に
出演していたのかも、まったく知らない高齢者にとっては、
「たけし」さんの「それがどうした」の方がすんなりくる。


別段、目くじらを立てて「いやなおっさん」役をやりたくないが。
新聞各紙が、時の話題、大ニュースだと「嵐」2年後に解散を報じたとしたら
それこそ、スポーツ新聞や芸能週刊誌と同じ。そんなことだから、
新聞が売れねぇんだと、言わねばならないのではないか。


「平成最後の」という修飾語にいささか首を傾げる身としては
「嵐最後の」をこの2年間見聞きするのが如何にも……
辞めるならとっとと辞めちゃえよ。変わりなんて、なんぼでも。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年02月03日 05:41 | コメント (0)


レコンキスタ(領土回復運動)

2019年02月02日

イベリア半島がイスラム勢力からキリスト教国に戻るのに……800年掛かりました。

北方領土戻ってきますかねぇ。
安倍首相、プーチン大統領と25回目の首脳会談がモスクワで開催されましたね。
安倍首相の「北方領土返還」への熱い思いが通じるかどうかでしたが、


マスコミの報道では毎日「長期化必至」、他紙も「6月G20、大阪までには難しい」と
悲観的な論調です。唯一「平和条約締結交渉は順調」と語るのはロシア通の政治家
鈴木宗男新党大地代表だけのようですが、成果が表に出てこない。


報道されないのが、実は曲者で、相手は報道統制のロシアです。
日本のメディアが簡単に情報を得られるような国ではありません。
案外交渉は佳境に入っているのではと、確証は何もないのですが「勘が働く」のです。


ただ、こんな歴史の断面を覗くと、領土問題が両国の話し合いで解決するなんてこと、
起こり得ないのだと思った方が良い。万が一、北方領土が僅か80年ほどの間で、
二島であれ、返還されれば、それこそ、世界史に残る快挙でしょう。


えっ。でも、沖縄が米国から返還されたではないか。そんな声も聞こえますが。
だから、当時の佐藤栄作首相は、ノーベル平和賞を受賞、世界に名を成したではありませんか。
でも、です。よく考えて下さい。米国は日本を従属国から解放したわけではありませんね。


沖縄の基地を見れば、戦後75年経った今でも尚、米軍基地の建設が辺野古では
進んでいるではないですか。米国にしてみれば、沖縄の主権は日本に還したのですが、
沖縄は米国の基地の島、ハワイ諸島と同じ米国ですよ。


前置きが長いですが。ヨーロッパの話です。
現在のスペイン。イベリア半島は718年にイスラム教徒モーロ人が覇権を握り征服しました。
その直後からキリスト教徒たちは半島を取り返そうと、戦闘が続きました。戦争ですよ。


1492年、モーロ人が支配する半島最後の拠点、グラナダ要塞が、
スペインの君主が率いる軍隊によって攻略され、国土回復運動「レコンキスタ」が
終了しました。奪われた領土を回復する戦争「レコンキスタ」は実に、
800年の歳月を要したのです。


同時に、征服者となったキリスト教徒は……寛容ではなく容赦ない。
グラナダ陥落後、ユダヤ教徒もイベリア半島から追放し、数年後にはイスラム教徒にも
改宗するか出て行くかを命じ、800年間支配した半島から締め出しイスラム教国は消滅した。


この話と、北方領土とは全く関係はないのですが。
戦争によって取られた国土が無血で返還されることは
歴史上あり得ないのだという例としては、納得できるのではないでしょうか。


北方領土が日本に還ること「レコンキスタ」がいかに難しいことかを知るべきです。
そして、現政権が如何に真剣に返還しようと努力しているかを評価、支援すべきです。
戦争に負けたことは取り返しのつかぬ悲劇だったということを、
日本人は忘れてはならないと、私は思う。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年02月02日 05:07 | コメント (0)


立春大吉

2019年02月01日

「深は新なり」一つ一つを深く掘り下げられる四季を生きたい。


月日の経つのが早いこと速いこと、時計って、時を刻むスピードが、
人によって違うのではないのかと、疑いたくなるほどです。
まだ、正月の雑煮が、喉につかえているのに、もう2月です。


1月、私は何をしたのでしょうか。振り返る間もなく、時は過ぎ去ります。
先日、久しぶりに尊敬する方を訪ね謦咳の機会を賜りました。
傘寿を過ぎて尚、意気軒昂、自らを厳しく律しておられるその姿勢に、
改めて敬意を表するとともに、己の未熟さを再確認しました。


執務室に平積みの本から一冊。その本はビニールの袋に収められ、
外からゴムバンドで留めてありました。「これが人生の指南書だよ」と、
取り出された本は、丁寧に扱わねば、今にもバラバラになるような。
「裏表紙の裏、奥付の空白ページに、びっしりと日付が……


「この日付、この本を読んだ日だよ」その数120回。
「不思議だねぇ。何度読んでも新しい発見があるんだよ」
「この本に出会えたことが、私の人生の宝だよ」座右の書です。


「深は新なり、古壺新酒」そんな言葉があります。
感銘した一冊の本、何度も読み返すことによって、言葉の意味も、
行間もそして著者の洞察も、読んだその時々の自らの状況によって、
深まり、新たな気づき、味わいが湧き出てくる。本を古壺にするなら
読み返すことが「深は新なり」です。


私の人生で、心に響く本との出会いが数々ありました。
でも、本の綴じ糸が切れるまで、何度も何度も繰り返し読んだことはありません。
その方の周りに多くの人が集い、教えを乞うのは、一冊の本をそこまで、
深く読み込むことによって、古壺(人のことですが、失礼)を
日々磨いき続けておられるからだからと学びました。


ご多忙の日々、いつ本と向き合われるのですか。
朝3時半に起床、風呂を浴び、新聞を捲り、そして、5時ごろにはこの部屋に。
6時半には、関係者が尋ね、一日が始まりますと。その一・二時間ですね。
「日々新たなり」傘寿を過ぎて、この凛とした生き方。


今日は立春大吉です。
立春大吉とは、冬が去り春を迎える一年の始まりです。
かの方のように、一つことを深く突き詰めることによって、
新たな何かを掴む。走り去る凄まじい時の流れに翻弄されることなく、
「深は新なり」を実践したいと決意新たです。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年02月01日 05:20 | コメント (0)