2019年03月

春の女神

2019年03月31日

岐阜市には長良川の鵜飼以外にも素晴らしい観光資源がある。


岐阜市は山紫水明です。市の東部に司馬遼太郎が描いた「国盗り物語」の
舞台となった稲葉山城(現岐阜城)が聳える金華山がでんと構え、
四季折々の風情を醸し岐阜の象徴として市民に愛されている。


金華山の眼下には長良川が蛇行しながら、伊勢湾へと続く。
長良川上流にはダムもなく、奥美濃の山並みから滲みだす清流が滔々と流れる。
流域は世界農業遺産に登録されて、悠久の時代から川とともに人々が暮らす。
岐阜市民は長良川を母なる川と呼び、親しんでいる。山紫水明と言われる所以である。


その長良川で夏の風物詩として5月から10月中旬まで毎夜繰り広げられるのが「鵜飼」
12羽の鵜を操る鵜匠が、夜の帳が降りると鵜舟に篝火を焚き、
香魚といわれる「鮎」を追う「漁」を繰り返し川を下る。その様は1400年の歴史を刻む。


インバウンドが日本中を席巻する昨今、岐阜市には、金華山と長良川しかないのか、
他には観光資源はないのかと、訝る声がある。そんなことはない。
二つ紹介したい。一つは「大仏」である。大仏といえば奈良、東大寺と、
鎌倉の石大仏が有名だが、岐阜の大仏も一見の価値がある。
なんせ、竹で編み、経文を張り、漆を塗って作られた、張子の大仏だからである。
全長は15メートル。そのお顔は実に柔和で、思わず合掌したくなる。有り難い大仏である。


それともう一つある。「名和昆虫博物館」である。
岐阜公園の片隅にひっそりと立つ洋館は明治の建造物。
民間の昆虫博物館は非常に珍しい。岐阜公園の近くで育った私は、
夏休みの課題で昆虫の標本を作った。蝉やトンボなど取り立て珍しくもない、
虫を金華山で採り、名和昆虫博物館で標本の作り方を教わったモノである。


その名和昆虫博物館が年に一度だけ、世間の注目を集める季節がある。
「春の女神」といわれる蝶の中でも取分け「綺麗な」蝶、ギフチョウが羽化する。
博物館では「ここでギフチョウに親しみ、自然の奥深さを感じるきっかけに」と、
4月中旬まで観察することができる。


なぜ、名和昆虫博物館でギフチョウなのか。博物館を創館した初代館長、
明治16年の話だが、名和靖さんが岐阜県の郡上郡で採取したチョウの標本を
昆虫学会が、新種のチョウであると認定、「ギフチョウ」と任命されたからである。


その後、現在に至るまで、名和哲夫現館長は5代目、博物館はギフチョウのメッカとして、
チョウの研究が続けられている。この名和昆虫博物館を岐阜の観光資源と言わずして。
とは申せ、岐阜に暮らす私でさえ、この間、半世紀近く、昆虫博物館を訪ねていない。


これでは、観光資源もあったモノではない。
岐阜市で発行する地域みっちゃく生活情報誌「GiFUTO」で特集を組んで、
市民に再認識してもらおう。いや、その前に「春の女神」誕生の瞬間を
この目で見に行こう。(観察の問い合わせは058-263-0038)Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年03月31日 05:29 | コメント (0)


満開の桜とともに

2019年03月30日

女子プロゴルファー森口祐子さんの日本プロゴルフ殿堂入りを祝す。


御地ではどんな按配ですか、桜の咲き誇る状態は。当地では、真っ盛りです。
日本人はどうして、こんなに桜が好きなんでしょうか。
「そりゃ、パッと咲いて、サッと散る」「散る桜 残る桜も 散る桜」
「その華やかさがいいんじゃないか」そうですよねぇ。


今日は、この度「日本プロゴルフ殿堂入り」を果たした……
森口祐子プロのお祝いの会が満開の桜が咲き誇る岐阜関カントリー倶楽部で開催されます。
森口さんは18歳で関CCの井上清次プロに師事、20歳でプロテスト合格。


その後の活躍は、ゴルファーならずともご存知。日本女子オープン2勝など通算41勝。
結婚後、ママとなって23勝。仕事と家庭の両立が如何に大変か今頃問題ですが……
厳しい勝負の世界に身を置き、今も「おばあちゃん」プロとして輝き続ける。


私は、医師で岐阜関CC倶楽部の常務理事を務めるご主人の関谷均先生とは
30年以上に渡り公私ともにご指導を頂く良き先輩であり、ゴルフ仲間です。
先生の鷹揚にして、人を包み込む大きな人柄が森口プロの支えになったと思います。


森口さんの「殿堂入り」が報じられると、
女子プロで7人目の快挙。こりゃめでたいと、関谷・森口夫妻と昵懇の仲間たちから、
「お祝いの会」をやろうじゃないか。そんな声が自然発生的に上がりました。


彼女は高校卒業と同時に、生まれ故郷の富山からプロゴルファー目指し……
満開の桜咲く岐阜関CCに単身で。……当時女子ゴルフ界は樋口久子プロ時代。
日米通算69勝を誇る樋口プロが如何に強いか、想像するまでもない。


師曰く「森口、オマエ、プロになるなら、樋口久子を倒せるか」
ゴルフクラブを握ったばかり、まだほっぺが赤い森口少女。
「ハイ。樋口プロを倒します」、「そうかわかった、今から走れ」……
それが森口劇場の始まりでした。


1990年。折しも岐阜関カントリー倶楽部で開催された、
「第23回日本女子ゴルフオープン選手権」……森口プロは大接戦の末、
無敵を誇る樋口プロに逆転で勝利を掴む。


18番グリーン脇で戦況を見つめる師井上清次プロ、駆け寄る森口さん……
「先生、樋口さんに勝てました」「私を育ててくれた関カントリーが勝たせてくれました」………師弟の姿はNHKの女子ゴルフ日本オープン選手権初のライブ放送で全国に報じられた。


幾多のドラマを経て、レジェンド森口祐子プロ。あれから……45年。
「日本プロゴルフ殿堂入記念祝賀会」を開く今日、3月30日は奇しくも
関カントリー倶楽部の門を叩いた日……桜たちもこの日を祝っているのだろう。
例年になく、見事に咲き誇っている。


森口祐子さんは、プロゴルファーとして後進の指導にあたり、
ゴルフ界の発展に努めている。もちろん、今も現役である。
同時に、第2の故郷である岐阜、岐阜県のために「県の教育委員」も務める。


改めて森口祐子プロの「日本プロゴルフ殿堂入り」を心より祝うとともに、
今後益々のご活躍を祈念する。おめでとうございます。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年03月30日 05:21 | コメント (0)


ガチンコ相撲

2019年03月29日

親方去って、弟子実る。もう、大相撲占いは封印です。


「オマエの大相撲優勝占い、ほんとうに当たらないなぁ」
「所詮はど素人、好角家なんて恥ずかしいから言わない方がいいぞ」
なんて、あちこちから、非難轟々でがんす。


何事にも、調子乗ってはいけないと反省仕切りですが……
散々大阪場所は予想しないのかなんて煽られ、その気になったのです。
頰被りも癪に触るので、今週中にはブログにと、1週間近い遅れですが、
大相撲大阪場所についての所感を述べます。(というほどでもないですが)


それにしても、貴景勝関の大関昇進の口上とインタビューは良かったねぇ。
22歳の若武者が角界の大看板を背負うってハツラツ、大相撲人気も上がるのでは。
「横綱」を目指すと、言い切るのは、若いってことなんでしょうね。


別件ですが、インタビューといえば、引退を発表したイチロー選手。
会見は深夜に始まり2時間近く。どんな質問にも丁寧で動じることもない。
記者に敬意を払い、言葉の限りを尽くして答える。


イチロー節と言われるが深層心理に迫る言葉が溢れ、人間的な魅力と相俟って、
記者とカメラの先にいるファンを鷲掴みにしながら……
それもユーモアを決して忘れることなく、冷静で平常心を保ちつつ……
やっぱり、自信なんでしょうか。それとも、頭が良いのでしょうかねぇ。素晴らしい。


貴景勝関も寡黙だが、結構ボキャブラリーも豊富。頭も良さそうだし、
いずれはイチロー選手(引退したから選手じゃないか)の境地に到達して欲しいですね。


大阪場所です。まずは、15戦全勝。大横綱白鵬関の執念での優勝に敬意を表したい。
この数場所、結構取りこぼしがあり、負けると翌日までに気力が戻らない。
身体の張りもなく、力の衰えは明白、ボチボチかなぁ。
東京五輪までは、開会式には土俵入りをとの思いがあるようなので、
あと、8場所、騙し騙し、休場を交え土俵に上がるのかなぁ。なんて思っていたので、


今場所の優勝力士には挙げませんでした。それがどうですか。
「平成に誕生し平成に育てられた」平成への思いが、こんなに強かったなんて。
日本人以上に日本を理解しているのだと改めて思いました。


人は「目標」持ち、その目標を手にしたいとの強い意志があれば
新たな力が湧くものですねぇ。白鵬関に学びました。ありがとうございます。
千秋楽の結びの一番を見ましたが、右腕上腕筋の負傷。本人曰く「切れた」
そうですが。大事に至らねば良いがと思います。


5月場所は休場。名古屋場所に出場して、途中休場。半年後の9月場所から、
復帰ってことになるのではないでしょうか。東京五輪までの強い意志があるようなので。
その間に、貴景勝関の優勝があり、横綱昇進ってことに。(これは占いではありません)


大相撲は大関陣が充実していると面白いと言われます。
高安関の初優勝。豪栄道関のご当地場所での優勝。元大関の琴奨菊関の気迫。
三力士が元気でした。なかでも豪栄道関は速攻相撲を身に付け、来場所も期待できますね。
なぜ、そんな相撲が取れるようになったのか、遠慮がなくなったからではないでしょうか。
番付上位は上位なりの相撲をなんて考えていたのでは。
その意味では、考え方が幼かったのではないでしょうか。


栃ノ心関は、膝の怪我でしょうねぇ。何とか来場所10番勝って、復帰してもらいたい。
それと、御嶽海関も先場所の怪我を引きずっているのでは、あれだけ相撲にムラがあっては。
いつも言うのですが、正代関、あれだけの素質がありながら、あの立会いでは。
それと、逸ノ城関は、身体が締まり動きが良くなりました。
あの巨漢に積極性がでてきたのは怖い存在です。来場所はひょっとしたら。
いかんいかん。優勝力士占いは封印です。


それにしてもです。大相撲はほんとにガチンコになりましたね。
テレビ桟敷でも、スポーツ報道でも、みていて面白いです
貴乃花さんが、望んだ大相撲の姿かも知れません。
親方去って、弟子実る。人の縁とは不思議なモノですね。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年03月29日 05:36 | コメント (0)


買い切り方式

2019年03月28日

本の価格って、誰が決めるのか。いつの間にか、高額になっていないか。

賛否両論が渦巻く中、アマゾンは年内にも出版の
「買い切り」方式に踏み切る見込みらしい。
出版業界。本を販売する仕組みは非常に複雑である。


取次店という問屋が君臨、街の本屋さんは、この取次店から本を仕入れる。
仕入れるというのは間違いで、本を預かる。預かるのだから、当然、価格は
出版社の決めた定価で売ることになる。値引き販売はできないことに。


価格の自由度が認められない代わりに、売れ残れば返品することができる。
管理さえしっかりしていれば本屋さんのリスクは少ない。
2018年の書籍返品率は36.3%だそうで、取次店が卸した本の3分の1以上が
出版社に戻ることになる。


本の価格が全国一律でなければならないのは、「再販売価格維持制度」による。
出版文化を守るため、全国どの書店でも同じ価格で本を買える。独占禁止法の
適用外として認められている。新聞にもこの制度が適用されている。


「買い切り」方式とは、本や雑誌を取次店を通さないで直接出版社から購入、
売れ残っても返品しない。つまり、買ったものだから、価格も自由にすることができる。
出版界の慣習をぶち破る手法である。


とは申しても、出版不況の中、再販制度が形骸化しつつあるのが現実で、
特にネットでは「本」の定価販売は崩れつつある。
賛否両論あっても、世の中の流れは、定価販売の維持には無理があるのが現状だろう。


私は思う。まず、取次店がなぜ、ネット販売に踏み込まないのか。
アマゾンに対抗しないのか。遅きに資すると諦めてはいないか。
利権を守ることに汲々として時代の波に乗り遅れた結果の抵抗では情けない。


もう一つは、本の価格はいったい誰が決めるのか。そしてその価格には正当性があるのか。
もちろん、出版社が決めるのだが。それにしても、最近、高すぎないか。
「貧すれば鈍す」というが、大して内容もない新刊が、1500円以下では買えない。
スマホの月極め料金と比較するのに価値はないが、でも読んで見たいと思っても、
何冊も買えないのが現状だ。


アマゾンの「買い切り」方式が出版界に激震が走るのは、
出版不況にも関わらず、保守的な販売方法に甘え、手を打たなかった付けではないか。
そんな思いで状況を眺めている。因み私は月に5冊は本を買おうと決めている。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年03月28日 05:55 | コメント (0)


Deep Insight

2019年03月27日

日経新聞の4月紙面刷新、Opinion ページに期待です。


知的好奇心に応える深みのある紙面をお届けします。
紙のみならず、ビジュアルやデジタルと連動したコンテンツを展開します。
朝刊紙面を「より深く、よりスマートに」をキーワードに刷新します。


新年度からの「新紙面」に賭ける日経新聞の思いです。
みなさんはどうか私にはわかりませんが、日経は2015年、11/30英国の
経済紙ファイナンシャルタイムズ「FT」を買収してから紙面が充実した気がします。


取分け、Opinionのページに掲載されるDeep lnsight(火曜)。日経のコメンテーターが
執筆しているのですから、FTとは関係ないのですが、毎回読み応えがあります。
また、これもFTではないのですが、The Economist欄(英国エコノミスト誌の記事を翻訳
水曜付・掲載)も勉強になります。


もちろん、「ピンクペーパー」(FTの新聞紙の色がサーモンピンクなのでそう呼ばれています)
からの記事(水曜)も実に面白い、取分けEU離脱で混迷を深める英国事情の分析は
当事国の新聞です。経済のみならず庶民感情、政治的には「民主主義」の立場からも
良くわかる。ひょっとしたら、ホンダの英国工場撤退もFT経由の日経情報からかも知れない。


刷新される紙面で最も期待するのは、Opinionの更なる深掘りですね。
木曜2ページ増設。土曜も新たに1ページ掲載になるそうです。
Deep Insight とFT翻訳記事が週3回に増えるのは嬉しいですね。


有力エコノミストが寄稿する「エコノミスト視点」(金曜)は経済の現状を
ズバリ切り取りためになります。土曜に新たに「Asiaを読む」が新設、どんな切り口で
書かれるのか、このコーナーも楽しみです。


4月は新聞社の紙面刷新の時期です。各紙とも「読まれる新聞」づくりに腐心するのですが、
「より深く、よりスマート」にをキーワードに読んで学ぶ、
それも深くの日経には期待できますね。


因みにですが、一般のニュースを新聞から求める時代ではなくなりました。
新聞から学ぶのはニュースの「深層」ではないか思います。
日経の紙面刷新、取分けOpinionのページを楽しみにします。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年03月27日 05:26 | コメント (0)


顔の見える新聞とは

2019年03月26日

「信頼と共感のジャーナリズム」ってなんなの?


最近やたらと新聞記事に記者の名前が入るようになりました。
ネットで配信されるニュースでは当然かも知れませんが、どうなんでしょうか?
新聞はその「題字」が顔です。朝日は朝日の。読売は読売の……
毎日は、日経はそれぞれの「題字」が、新聞を形成していると思っています。
敢えて記事の末尾に記者名がいるのかと疑問に思うのですが。


朝日新聞が「顔の見える新聞とは」をテーマに「あすへの報道審議会」なるものを開催、
読者とパブリックエディターと編集部の三者の議論が報じられました。
そこで論じられたのは「新聞の顔」とはなんぞやです。


東京本社編集局長曰く……
「信頼と共感のジャーナリズム」の旗を掲げ、
記者の署名記事を増やすこと……


今までは客観性や正確性を重視するあまり「親しみにくいのが朝日」
そんなイメージがあったが、「親しまれ、共感され、そして客観性が高い」記事が
多く掲載されること、それは記者の署名入り記事、それこそ「朝日の顔」ではないかと。


因みにですが、パブリックエディター(PE)制度とは、社外の有識者3名と社員1名で構成、
内外の声に耳を傾け、日々の報道改善に生かすことを目的に2015年設けられた。
年3回開催され、読者代表として朝日新聞の報道を点検し、新聞社に説明と改善を求めている。
なぜ、社員がそこに加わっているのか、疑問だが、外部の声を聞く姿勢には敬意を表する。


PEのひとりは「朝日の顔は多様性ではないか。声をあげにくい人の思いをすくい、
権力に不都合な事実を暴くなど社会の多様性を担保すること」だと論ずる。
「新聞とは権力に抗い。弱者の側に立つ」のがそもそもの使命であって
権力に迎合する新聞を新聞とは呼ばない。権力の「機関紙」という。


私はこのブログを11年半、毎日書いている。
テーマは「新聞を読もう」である。新聞離れが急激に進んでいる。
理由は色々あるだろうが、私の考えは至ってシンプルである。
「読まれない」のは役立たないからである。今風に言えば「面白くない」からである。


同時に、情報が只の時代に、購読料金が高いからである。
この1月から読売新聞が値上げをした。今までだと、朝日が追従し、
ブロック紙が上げ、ローカル紙がその後に続く。でも、朝日は値上げの発表をしていない。


新聞の顔は「題字」である。記者の署名入り記事を多く掲載することで、
「顔が見える」のではない。新聞の本来の使命をより強固にすることが、
実は役立つ新聞であり、面白い新聞なのだと思う。


乱暴に言えば、PEの声など聞かなくて良い。大して意味はない。
「信頼と共感のジャーナリズム」などと生ちょろいことでは新聞の使命は果たせぬ。
朝日は朝日の「題字」を貫いて欲しい。それこそが「顔の見える新聞」ではないか。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年03月26日 05:12 | コメント (0)


角を矯めて牛を殺す

2019年03月25日

賃上げと時短は中小零細企業を押し潰す。


国柄も状況も背景も違うので比較するのに意味はないと思うのですが、
どこか日本の深層とダブるので、考えてみたい。
お隣、韓国で自営業者が苦境に喘いでいる話です。


韓国では自営業者のことを「小商工人」といいます。
家族経営の商店や下請け工場のことです。文政権、公約通りと申して良いのでしょうか。
保守系大統領の経済政策を「大企業財閥偏重」だと批判しての政権。


支持基盤とする労組の意向もあり、労働者のためにと最低賃金(時給換算)を
2017年の6470ウォンから8350ウォンに強引にあげた。
韓国経済が低迷する状況下での公約通りの賃上げ。「小商工人」にとっては、雇用者に対して、
賃金を上げるどころか賃金を払うのさえ厳しい状況、上げるなら解雇せざるを得ない。


合わせて、昨年7月、法定労働時間の上限を週68時間から52時間に下げた措置も
「小商工人」には大打撃。賃上すれば消費が増え、景気が上向く……甘い甘い。
結果的には市民の消費意欲喚起にならず、真逆で景気は悪化の一途……弱り目に祟り目。


その結果、解雇に拍車が掛り公約が薮蛇に。
で、経営者とは名ばかりの「小商工人」……商店や零細工場の親父さんや、
家族が長時間労働で支えなければ廃業することになる……韓国統計庁によれば、
自営業者は568万人、全就業者の21.3%。彼らの文政権への批判が高まった。


まぁ。かっこよく、働き方改革で、労働時間短縮を推し進め、報酬の引き上げを
やれば、「角を矯めて牛を殺す」結果になるってことの例かも知れない。
国情が違うのでと前置きするのですが。でも、働くな。賃金上げろでは、
一見すれば、納得できそうな政策だが、どこの国であろうと、
結果的には中小零細企業とその関係者、つまりは弱者にしわ寄せがいくのです。
隣国では「どの企業も急激に政権との距離を置き始めた」そうです。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年03月25日 05:27 | コメント (0)


夫唱婦随はダメ

2019年03月24日

校閲センターの凄さが新聞を彩っているのですね


新聞って、凄いと思うんです。朝日新聞がオピニオンのコーナーで
毎週掲載する「ことばの広場」……校閲センターから……を読んで改めて
新聞の素晴らしさを感じています。


新聞の表現、即ち「記事」ですが、記者が書いたモノを「生」で掲載することは
ありません。記事はデスクが内容を細かく吟味します。不穏当な言葉はないか。
筋立ては間違いないか。誰もが読んで理解できるかなどなどが修正されます。


その後、整理部に回され、再度チェックされます。それから字数が制限され、
更に校閲部(朝日は校閲センター)に回されて言葉の使い方や意味に問題がないかが
チェックされ印刷に回ります。


そんなことは知っていると思う方もいるでしょうが、何重もの人の目に晒されて後、
記事として掲載されます。日刊ですから、その作業は間断なく毎日続けられます。
ネット系の新聞と既存の新聞との根本的な違いがここにあります。
ですから、既存紙の新聞記事にフェイクニュースが流れる余地はありません。


「内助の功」という言葉があります。
ご存知ですよねぇ。戦国時代の武将、山内一豊の女房千代が夫を献身的に支える話です。
昨年末ですが。青森県五所川原市が長年実施してきた褒賞受賞者の妻に贈ってきた
「内助功労章」を廃止したと報じられた。


理由は「今は女性が男性を支える時代ではない。夫婦のあり方も変わり「章」の
名称運用も、行政が出すメッセージとしては誤解を招く恐れがある」と市長は語る。

朝日校閲センターの見解は「2000年以降、内助の功が朝日新聞の紙面には200件超登場、
まだまだ、現役のことばとして使われている」とそこまでしなくてもと、疑問を呈す。


「内助」とは「特に妻が家庭にいて夫の働きを助けること」ですが、
紙面ではスポーツ選手とマネージャー。首相を支える官房長官など
主役が夫で、サポート役が妻と見立てて使われています。


最近、記事原稿を校閲する中で、あからさまにな性差別や女性蔑視の表現を
見ることはまずないが、仕事と家庭の両立支援の記事で、
女性だけを想定したものが以前よりも大幅に増えている。


同時にノーベル賞報道では「妻の支え」が美談として強調されることへの
疑問も呈されるようになった。前向きな話題なのでつい見過ごされがちだが、
これも性的役割分業の意識を助長しかねないので、厳しくチェックする。


同時に「社内向けジェンダーガイドブック」では女性差別的な構図で
書かれがちな記事には、夫唱婦随を讃える印象にならないよう注意を喚起していると。
「夫婦とはこういうもの」との意識を押し付けてはならないと、記者に戒めているそうな。


新聞って、凄いと思いませんか。良妻賢母もダメ。夫唱婦随なんて持ってのほか。
そんなチェックを通って発行されているんですから。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年03月24日 05:57 | コメント (0)


魚食教育

2019年03月23日

四方を海に囲まれているが故に、海に甘えているのではないか。


岐阜県に生まれ、生かされている私です。岐阜は木の国、山の国。
海なし県です。海の知識がまったくありません。
そのせいか、海の雄大さには気後れ、海の幸には憧れがあります。


昨年12月に漁業法が70年ぶりに改正されたことも知らず、内容にも無頓着。
関係者たちが「水産資源の持続的利用」に心血を注いでいることも、
水産資源の管理はこの改正まで、国と都道府県が責任を持っていなかったことも
始めて知りました。ということは、漁協だとか、それにまつわる政治の力とか、
四方が海に囲まれている海洋国、海は海に面した地域が管理していたのですね。


なぜ、この時期に改正されたのか。興味深いものがあります。
日本の漁業者によるものではないようですが(中国、北朝鮮など)、乱獲によって、
水産資源が危機的状況にある。だから、漁獲量の制限をして、持続可能な状況をと
改正されたようです。


しかし、識者から見ると、この改正「理念は正しいが、現実にその方向に行くのか、
それは疑問だと」なぜなら、予算の付き方が、理念と合致せず、旧態依然とした
「漁港の整備などの利権絡み、公共事業が大幅に増額され、肝心な漁獲枠設定や
資源調査のためのソフト面の予算は低水準のまま」………これではと批判の声が。


現実は漁獲量の正確なデータってないそうです。
水産庁所管の研究所なるものが、水産資源管理を担当しているそうだが、
そもそも、漁獲報告の基準が曖昧、「魚1トン」の重さが港によってまちまち、
水や氷などが入ることを想定してやや多めに設定され1100キロもあれば、
1200キロもあるとか。「海の男たちのアバウトさ」で処理されているらしい。


今やIT時代です。農水省と水産庁がやる気になれば、
正確な数字を把握するのは難しいことではない。
そうならないのは、実のところ、四方海に囲まれる島国日本だから
「海」甘えているのではないか。


漁業関係者だけではなく、我々消費者も。
これまでの日本の魚育教育は、魚をたくさん食べることがゴールで、
多く、安く食べれれば良い。持続性など考えてこなかったのが現実です。


「法改正の理念に忠実であれ」などと子どもじみたことは言わないが、
スーパーの鮮魚コーナーは大半が赤字というではないですか。
少なくとも、漁師が激減する根本を考えれば、魚の価格は適正なのか。


漁港の公共事業も必要でしょうが、漁業の持続可能には、
海の大きな愛情に甘えるのではなく、消費者も未来につながる魚食教育に
真摯に向き合わねばと思うのですが。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年03月23日 05:24 | コメント (0)


通報

2019年03月22日

警察が児童虐待防止に本気で取り組む姿勢に敬意を表す。

警察庁の憤りが感じられます。
2018年、全国の警察が摘発した児童虐待事件は1380件。
被害にあった18歳未満の子どもは1394人。ともに過去最高で、うち死者36人。


夜間など緊急対応が必要で警察が緊急保護した数は4571人過去最多だったと、
警察庁が発表した。当局は子どもが命を奪われる事件が相次いでいることを受け、
虐待が疑われる事案に関与を強めている。


感情的になるつもりはないが、虐待を事件化して、未然に防ぐにはハードルが高い。
しかし「児童の安全を最優先とした対策を進めたい」とする警察庁長官の
積極的な姿勢が功を奏し、虐待で亡くなった子どもが前年より22人減った。

警察が摘発した人数は1419人。8割は身体的虐待、傷害と暴行容疑。
性的虐待226件、心理的虐待は難しい事案となり2.5%にとどまる。
摘発内訳、最多の実父622人、実母352人、義父、継父266人。内縁の男127人。
人間としてもっとも恥じるべきことは、抵抗できない弱者(子ども)に危害を加えることである。


今に始まったことではないのかも知れないが、実に情けない社会である。
解決するにはどうすれば良いのか。答えは簡単ではないが、
児童相談所は新たに整備された「児童虐待防止法」に基づき、
子ども安全確認時、警察官の同行が法制化されるなどの効果がでている。


同時にメディアなどの啓発活動が活発化した結果、国民の関心が高まり
児相への相談件数や情報提供者が前年よりも25.7%増えた。
虐待は陰湿です。近所の目、あるいは地域ぐるみでの監視で、児相や警察に
通報する市民が増えない限り解決の道はないのではないか。


我が社では、子ども虐待がある社会は「アンハッピー」な社会である。
なんとしても「虐待のない社会」を目指すべきとの思いで、
地域みっちゃく生活情報誌を通じて「虐待だと思ったら189番(いちはやく)に
通報する活動、189番認知運動を展開している。


通報などというと、監視社会を助長すると批判の声もあるが、
何を寝ぼけたことをいっているのだ、通報が遅れ「子どもが虐待で死亡」したら、
国の宝を失うことだ。通報で幼な子がひとりでも健全に育つことは
社会人としての責務じゃないか。


国民の安寧と幸せのために警察庁が虐待防止に本気で取り組んでくれることに、
心よりの敬意を表したい。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年03月22日 05:10 | コメント (0)


国民の半分が……

2019年03月21日

製薬会社は頑張っていると思うのですが、開発のスピードが遅いです。


都会の人混みを歩いた。街中の人がマスクを掛けているのではないか。
そんな錯覚に……どうなっているのだ。インフルエンザ対策と花粉症予防だそうだ。
そういえば、目を真っ赤に鼻をグズグズしている人が多い。


これをいうと、ほとんどの人が、疑いを持ちながら、納得する。
「バカは花粉症に罹らない」なぜそう言えるのか。理由などない。
私が良い例だが、感性が鈍くてバカが花粉症で苦しんでいないからだ。


花粉症の経験がない私が言うのも気が引けるが、
スギ花粉の時期が終わったと聞いたので花粉症のシーズンは峠を越えたと思ったら、
「何を惚けたことを」と叱られた。これから、夏場までが本場なんですって。


どこの調査か定かではないが毎日新聞によると、国民の半数近くが花粉症だとか。
そうすると、子供は比較的罹らぬようですから、層的には僅かな人が
「花粉症に罹らぬ「バカ」ってことになります。
そんなことはないですよねぇ。と言うことは「バカ説」も結構まともかも。


花粉症が社会現象になって、もう何年なりますかねぇ。
私の鈍い感性では、10年にはならないが、それに近いと思う。
私は問いたい。花粉症に悩まされている人って、年々増加を辿り
症状が現れる季節も長くなってはいませんか。これって、どう言うことでしょうか。


これもピンボケと言われそうですが。過敏になり過ぎではないか。
病は気からと申します。日本人って、どんな花粉にも反応する体質になっちゃったのでしょうか。
花粉症でないのに「花粉症シーズンになった」などとの報道を目にすると、
ついつい、心と身体のバランスが壊れている人が多くなったのではと思う。


ところで、これもあてにならない調査ですが。花粉症対策に掛ける費用は、
年間4000円以上。「花粉症市場」は1000億円を超えるそうです。
ドラッグストアでは、特設コーナーが設けられ、実に様々な商品が並ぶ。
定番の飲み薬(効かないらしい)や顔やマスクに振りかけるスプレー。


花粉付着を防ぐクリーム(化粧品)、マスクに塗る花粉対策製品、
トドマツから抽出した成分を配合した薬剤でマスク外側の鼻の付近に塗る(日用品)新商品。
まだある。極細のナノ繊維を網目状に組み合わせたフィルターで花粉などの微粒子の
侵入を防ぐマスク(製薬)といった、なんとも凄い商品で溢れている。

これもデータですが。花粉症状のある人、1000人聞いた。
5000円以上対策費を使う人が22.7%。その予防方法はマスク50.9%
病院での診断、処方箋医薬品36.8%、目薬35.4%、ヨーグルト34.5%だそうです。


私は毎朝、ヨーグルトを食べているからかなとも思うのですが。
乱暴に言います。この国で、です。花粉症で苦しむ人が、10年以上も増え続ける。
症状はほとんどが、目と鼻に集中する病気です。この病気を治せないなんて、
製薬会社は何をやっているのか。


インフルエンザでも、シオノギの「錠剤」一粒飲めば、快癒に向かうのに。
花粉症ぐらい、治療薬をつくってくださいよ。お願いします。
花粉症に罹らないバカだから、可哀想で見てられない。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年03月21日 05:18 | コメント (0)


様は敬称です。

2019年03月20日

名前は親が子供に書いた最初の手紙です。キラキラネームの深層……


大した問題でもないのですが、3/13、日経の春秋、読売の編集手帳……
両新聞の一面名物コラムに取り上げられたので、私も一言申し上げたい。


春秋は、森鴎外は子供達にユニークな名前を付けたことで有名。
長男の名前は於菟(おと)、寅年生まれ。於菟とは中国の古典、左伝から虎のこと。
一説ではドイツ留学で得た友人達の名前を無理矢理あてハメたとも
オットーさんがいて、於菟だったとか。それでも名付けた意味はある。


長女が茉利(まり)おしゃれですね。ジャスミンの花のことです。恋心を抱いた
英国女性がジャスミンだったとか。次女は杏奴(あんぬ)で、アンズを口にしたからだとか。


次男は不律(ふりつ)何事にも律せよってところでしょうか。
フリッツという独語風の響をあてはめたとか。最もらしいですが。やはり、律して生きろが。
末っ子は類(るい)と。類には一門、一族の意味もあり、森家を守れ、そんな意味かな。


鴎外が名付けたであろう5人の名前、調べてみると左様にそれぞれ意味があり、
春秋で取りあげるほどユニークでもない気がする。


編集手帳は、平成に入り親が付ける名前に変化がでてきた。
それが俗にいう「キラキラネーム」である。何を指してキラキラなのか、
太郎や花子じゃないからなのか、定かではないが、
それなりに社会に縛りがなくなり、身勝手な生き方が許されるからなのか。


こんな有名な広告がある「名前は親が子供に書いた最初の手紙」
噛み締めると、親子の絆を如実に示す、良いコピーです。もちろん、スポンサーはPILOTです。
何の話かお分かりでしょう。「親からもらった名前を改名したいと高校3年生が
甲府の家裁に申し立て、変更が認められた話です。


私も本当に……と疑ったのですが、「赤池王子様」がフルネーム。
王子様とはなんだ。王子までなら王様の子供であるのではとの意味もあるが。
様までが名前だとは、なんともまぁー乱暴な名付け。
母親が付けたそうですが。「名はタイを表す」と申します。
子供の将来をどんな風に描いての「手紙」だったのでしょうか。


「唯一無二」の存在になって欲しい。と母親は願ったと両コラムには。
本人は、出会う人にことごとく、驚かれ嘲笑される。生き難いと話す。
過去を断ち切って新しい人生を始めたい。そんな思いを意味する「肇」と改名した。


名付けた母親に聞きたい。そもそもだが「様」の意味は「ありよう」「ありさま」だが、
名前に付ける場合は、その人への敬意を表現する敬称である。
彼と出会った人たちが、彼に敬意を払う時、彼を王子様様ということになる。


それって、どう考えてもおかしいでしょう。
キラキラネームで、親が楽しむのは、自分の子供だから、勝手でしょうが、
ひょっとしたらですが、キラキラネームを許す社会が、実は児童虐待の深層ではないか、
そんな思いがする、王子様改名のニュースです。Goto

追伸
我が社では「児童虐待防止啓発活動」を地域みっちゃく生活情報誌で実施しています。
児童虐待ではと思ったら、事件なら110番と同様に189番(いちはやく)に電話して下さい。
虐待のない社会になるには、あなたの目が。


投稿者: 後藤 日時: 2019年03月20日 05:17 | コメント (0)


別離

2019年03月19日

スマホの功罪を論じはしないが、スマホ中心で生きているなんて……


「おい久しぶりに一杯やるか」なんて若い人に言うと、
「お願いします」なんて元気な声が返って来たものだが……
最近は「車ですから」「飲めませんが付き合います」と断りが入る。


これって、「酒離れ」なんでしょうかねぇ。
この地方は田舎です。公共交通機関がバスしかなく、どうしても車社会になる。
でも、都市部の若い人たちは車に興味がないと「車離れ」が……
野村総研、生活者1万人アンケート。20代男性で積極的に車に金を使いたい割合は
2000年で38%、18年には24%まで減少。


因みに博報堂生活総研が92年から2年ごと実施している「生活定点」調査で、
ドライブを楽しむ割合は92年の34%から18年には18%まで下降線を辿っている。
これも「車離れ」の象徴かも知れない。


「若者の様々な離れ」で言えば、他にも海外に行きたがらない。留学はイヤなどとの
内向きな「海外離れ」も気になるところです。その理由を毎日が夕刊で分析している。
なるほどと、面白かったので、紹介してみます。


若者の離れ現象、経済的な理由で価値観が変化したのが一因だといわれるが、
(この分析も通り一辺倒ですが)スマホの影響ではないかと。
2017年、明治の長寿スナック菓子「カール」がピークの3分の一となり発売を中止した。


時代にマッチしなくなり、役目を終えたのではというのが、メーカーの総括だが、
それもあるが、他に「ベタつく指でスマホに触りたくない」から食べない。
そんな驚く声が根底にあったようだ。同種類のポテトチップスの売り上げが芳しくないのも、
同じ理由らしい。「スマホ症候群」がもたらす「スナック菓子離れ」です。


メーカーも承知で「スマホの影響で若者が離れるのは大きな課題」と
スマホ利用者を対象に「トング」をおまけで付けて販売するキャンペーンを試みているとか。
大量消費の時代は家族団欒のテーブルに「ポストチップス」が鎮座、家族でワイワイが。
今では一人に一台。スマホ。菓子もスマホメインに沿って自分のスタイルで食べるようだ。
それを菓子業界では「だんらん離れ」と苦慮しているとか。


スマホに罪があるとは思わないが、スマホがあれば「一人でいても充実」しているなんて
価値観が定着したようで、テレビのトレンディードラマが若者の恋愛感情を高めた面が
あるのだが「テレビ離れ」で恋愛モードも下り坂のようです。


テレビだけじゃない。映画や音楽鑑賞などの趣味も「スマホを長時間見ているから
ほかのことを楽しむ時間がない。通信費が定額だとお金もかからない」と「趣味離れ」も
加速している。社会に対する関心も薄れ、スマホがあれば「人付き合いは面倒」と
「人離れ」が進み。「社会のために役立ちたい」なんて考えたくもない「社会離れ」も
止まるところを知らない。


これで良いのか。とムキになるつもりはないが、別離の痛みがわからない若者たちに
スマホが役立つことはないのではと思わず天を仰ぐ。
それにしても、春ですねぇ。樹木が蠢く夜明けが美しいです。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年03月19日 05:36 | コメント (0)


AIアナウンサー

2019年03月18日

ナナコさん。トミーさん。荒木ゆいちゃん、アオイエリカ女史ってだれ。

ジワジワと社会生活に侵食してきましたね。人工知能(AI)のことです。
もはや、人間とAIの違いだとか、AIにはできない人間の優位性だとかを
議論することの意味がある時代ではない、AIは日常化され身の回りに
驚くほど入り込んできているのではと思う。


業界の話です。ナナコさん。ゆいちゃん。エリカ女史、トミーさん。
これらの女性、飲み屋のおねえさんの名前ではありませんよ。
全国の放送局で活躍するAIアナウンサーの名前です。男性名がないのが不思議ですが。


ナナコさんはエフエム和歌山所属。面目躍如となったのは、
昨年9月、関空を孤立させ、関西地方で甚大な被害もたらした台風21号。
和歌山県では停電が発生、不安な一夜を明かす和歌山市民に………
気象や避難所情報を一晩中繰り返し伝えたのがAIアナウンサーのナナコさんです。


仕組みはこうだ。独自に開発されたプログラムでニュースや天気予報の原稿を
自動生成し、指定した時刻に読み上げる「オンタイムプレーヤー」システムを使い
米IT大手アマゾンウェブサービスが開発した「ダカーポ」(音声合成システム)を
ナナコさんが読み続ける。人手不足の早朝や深夜はナナコさんの出番。
ナナコさんは予算も人材も少ないFM放送局の天使ともいわれ、防災情報のアナウンスを
したおかげで全国20のFM放送局にAIアナウンサーができたとか。


他にもSNSの情報解析をするIT企業で生まれたAIアナウンサーの「荒木ゆい」さんは
独立UHFテレビのびわ湖放送の情報番組に出演中。ゆいさんは27歳のフリー
アナウンサーという設定で、決められた原稿なら完璧に読みこなすそうです。


東京のFM局JーWAVEでは金曜夜の番組にはAIアシスト「トミーさん」が出演。
会話は挨拶程度だが、テーマに相応しい選曲をするそうで好評です。


日テレでもアンドロイドアナウンサー「アオイエリカ」女史を起用、
台本のやり取りやアドリブでの対応も織り交ぜ「大概のセリフ」をこなすそうです。
女子アナの中核になるのも遠くないかも。


他にもNHK。「ニュースチェック11」に4月から、AIリポーターとして
「ニュースのヨミ子」さんが登場。キャスターと丁々発止やりあっています。
NHKでは限られた要員を最大限生かすため、AIで間に合うところはAIで、
それ以外の取材や地元との触れ合いは人間のアナウンサーにと、棲み分けているとか。


放送局のニュースの読み手だけでなく、キャスターになったり、
バラエティにもAIアナウンサーやアンドロイドアナウンサーが
登場するようになる日はそこまできていますね。
意外にも、AIの日常化はメディアからってことになるのでしょうか。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年03月18日 05:07 | コメント (0)


日本経済の地盤沈下が心配

2019年03月17日

国民生活に支障をきたさないようにと10連休を決めた政府がいうなんて。


実にバカバカしい話だと思いませんか。いやこんな言い方は不遜かも。
皇位継承に伴う4月下旬から5月初旬迄の10連休。慶事なのですから、喜ぶべきなんですが。
有史以来、休日が10日も続くのです。様々な弊害がでるのは致し方ない。


政府は、国民生活の混乱を避けるため、病院の受け入れ体制や家庭ゴミの収集日など、
生活に密着した分野に万全を期すべく対処方針を発表しました。
でも、考えて見ますと、10連休なんて乱暴なスケジュールを決めたのは、政府です。


自分で決めて置いて、国民生活に支障が起きないよう対策を練るとは、
なんとも無様な話ではないですか。私は思います。国民生活の支障なんて起こりませんよ。
だってスーパーは連日営業するでしょうし、24時間営業が問題になっている
コンビニだって年中無休体制は変えない、そのために物流は動くでしょう。
政府がわざわざ閣議で対処方針を決めるなんて、やはり馬鹿げていますね。


ただ、10日間、日本国内での主たる生産がストップする被害は甚大です。
ものづくりには継続が必要です。本当に日本中の工場が止まれば、
再開にはその倍の日数が必要になるのではないでしょうか。
(政治家は製造現場を知りませんからね)


10日間、国際経済の連続性が遮断されると、大きなビジネスをチャンスを失います。
世界での経済戦争は生半可ではありません。技術力が落ちたと言われる日本です。
このブランクは痛手になるのではと心配します。

日本の国際収支の黒字は所得収支が支えています。
金融機関が10日間休業すれれば、どうなるんでしょうか。
私には理解できませんが、びっくりするほどの損害がでるのは必定です。
政府は、そんなこと、大したことでないとタカを括っているのではないでしょうか。
でも、10日間の停止、上半期の決算に影響がでることは間違いないと思います。


政府を批判するつもりはありません。
しかし、日本経済全体が地盤沈下の速度を早めるのではと心配です。
国民には慶事です。10連休に浮かれ遊び呆てくだされば良いと思います。

でも、です。政府のポピュリズムのおかげで………
のんびりと休む人のために、「余計に働かなければならない人たち」がいて、
そのひとたちが、この国の怠惰と衰退を必死に防御していることを
忘れないで欲しいと思います。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年03月17日 05:22 | コメント (2)


希望とは。

2019年03月16日

60年も前の実話映画が今を描く。グリーンブック……。


希望を持たない社会は衰退し滅びる社会です。
混乱し低迷する社会に活力をもたらすのは「希望」です。
人は希望を抱くことによって生きていけます。


久々に映画に酔い知れました。
今年、アカデミー賞作品賞に輝いた「グリーンブック」です。
1960年代、人種差別が色濃く残る米国を舞台に、白人のガサツな運転手兼ボディーガードと
黒人天才ピアニストが、黒人が利用できる施設を記した旅行ガイド(グリーン・ブック)を
片手に米国南部への演奏ツアーに出掛ける物語。


物語は実話です。60年前の米国南部。人種差別が公然となされていた。
黒人が泊まれるホテルは限られて、トイレも白人とは別、レストランも黒人は入れない。
究極の人種差別を背景に違うタイプの二人が、8週間の旅を通じ、
お互いの足らざるを補完しあいながら「人間の尊厳と向き合って行く」……
その重いテーマをユーモアを交え映画は進む。

映画に酔いながら、なぜか、現実に逆タイムスリップします。
民族の坩堝であるがゆえに、強固な民主主義を根底にせねばならぬ米国が、
「移民敵視」の政策を……今とっている。60年の時を経て、人種差別は解消されたのか。
歴然と残る現状。その象徴がメキシコの壁ではないか。


映画は静かに語る。違うタイプの二人が、旅を通じ、語り合い、お互いを理解し、
認め共通点を見出し変化して行く。そこに、今また激しくなる分断国家………
その米国の病巣を治癒するのは「希望」ではないかと、問う。


希望は「今を生きるエネルギー」です。
この映画で、私は、私にももっとやらねばならないことがある。
そんな「希望」がふつふつと湧き、エネルギーをもらいました。


さすがに、映画のメッカ。ハリウッドが主催するアカデミー作品賞です。
あなたも、どこかで時間を見つけ、ぜひ、「グリーンブック」をご覧に……
映画は最高です。…Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年03月16日 05:40 | コメント (0)


ライドシェアが遠い

2019年03月15日

やっと、思い腰をあげて、営業車の相乗りを認める国交省。

誰が考えても、こんな素晴らしい仕組みは早くやるべきだ。
なんて思っても、なかなか進まないのが、今の状況ですね。
これが、この国をどんどん縮小させ、世界から置いてけぼりにさせるんですね。


シンプルに申します。街を走る車。一台あたり何人が乗車しているでしょうか。
少なくとも、朝の通勤ラッシュ。9割以上が運転手だけです。
普通車は大概が4人は同乗できます。同じ方面から、同じ方向へ向かう人がいれば
乗り合わせれば、随分の無駄が排除できると思うのですが。


ライドシェアってご存知ですよねぇ。
移動したい人とドライバーを結び付け、車移動をシェアするサービスです。
米国発ですが、今や世界中で実施されています。


仕組みは至って簡単。アプリでライドシェア登録。目的を通信するだけ。
GPSで現在地が確認され、そちら方面に向かう車がピックアップする。
システムはAIが自ら判断し、意思決定する。
もちろん、有償だが、システム会社が支払う仕組みで、トラブルはない。


そんな、昔でいう白タク(営業車でない車)で営業したら、タクシー会社も
バス会社も成り立たなくなる。そんな憤りが聞こえるが、タクシー利用者って、
全国で06年には19億万人だったのが、17年には3割減の13億万人に減少。
次の手を打たねばジリ貧は免れぬ。であれば餅は餅屋、この仕組みをタクシー会社が
いち早く取り入れて実施すれば良いだけではと思う。


だが、現実はなかなかそうはならないのだが、国交省もやっと重い腰を上げ始めた。
スマホを通じて他人同士がタクシーに乗れる「相乗り営業」を全面解禁する。
解禁するのは既存のタクシー事業者が運行する車のみで、一般ドライバーが
マイカーを使うライドシェアは認めない。


とは申せ、さすがに国交省も業界団体の方ばかり向いているのではない。
認めれば公共交通の運営に苦慮する過疎地での高齢化対策になる。
取り敢えずは市町村やNPOが運営することを条件に、マイカーで一般ドライバーが
有償で住民を運ぶサービスを認めるようにした。


それでも、規制するという官僚の概念がしつこく残り、
地域住民以外は乗車させてはダメだとか、市町村長の承認が必要だとか、
タガをはめているが、それも、容易化せねば、追っつかない状況に地方はある。
そこで、仕方なく出した結論が、20年中には法令を改正するとの方向で検討する案である。


世界の潮流は、ライドシェアですよ。
AIを活用した効率的で利便性の高い手段なのに……Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年03月15日 05:10 | コメント (0)


風の力に期待。

2019年03月14日

日本の機械メーカー、風力発電機の製造中止。


この地方でも1週間ほど前になりますが、春一番が吹きました。
強風ですが、どこかしこに春の匂いが感じられ、厳しい冬も……
この風とともに、静かに去って行くのかと思うと感慨深く感じます。


激しい風の中にも季節が移り変わる希望のような……そんな可能性を。
面倒な話ですが、春一番って条件があるのか。そんなことを思います。
2月から3月中旬……つまり立春から春分の間に吹く風ことで……

北日本と沖縄を除く日本列島で、日本海を進む低気圧に向かって南側の高気圧から
初めて吹く南寄りの強い風(10分間平均8m/キロ以上)。
前日比で気温が上昇するのが条件だそうです。そうかと思うよりも「春一番」
なんておしゃれな言い方です。もう少し情緒はないのかって、感じですが……


風といえば風力発電、太陽光発電と並んでクリーンエネルギーの代表格ですね。
山頂や洋上でブレード(羽)が回る様は壮大です。エネルギーを原油輸入に依存する日本です。
「再生可能エネルギー」として、大いに期待されているのですが……


世界では風力発電機市場は拡大傾向にあります。しかし、先月の話です。
国内有力メーカーの日立製作所が風力発電機の自社生産からの撤退を表明。
三菱重工業、日本製鋼所などの企業も既に事業継続を事実上、断念しており、
国内では「風力発電機」を製造するメーカーがなくなります。


ちょっとビックリじゃないですか。
風力発電機を製造する企業が日本にないなんて。
原因は何なんでしょうか。世界の潮流から乗り遅れたからです。
世界では建設の制約の少ない広い平地や洋上を中心に、発電量あたりのコストが安い
大型の発電機が主流。日本のメーカーは建設に適した地域が少ない国内で風力発電を
展開してきた。日本の風土に合わせ、小型の発電機を開発してきた。


その結果、大型化競争についていけなくなった。日立の発電機、最大の出力5200キロワット。
スペインや米国のメーカーは1万キロワット級の大型風力発電機が主流。
今から開発投資を進めても手遅れ、利回りが確保できない。よって撤退に。


風力発電の国際的団体「世界風力会議」によれば、風力発電の総出力は
01年2300万キロワットから、17年5億3900万キロワットに、22年には8億4100万に
拡大すると予想されているが、日本勢不在となる。


世界に冠たる技術力を誇る日本の機械製造の大企業が、
風力発電の世界情勢を見誤ったとは思えないのだが。
私の率直な考えは「原発」が原因。日本はクリーンエネルギーよりも「原発」が
主流になると踏み、再生可能エネルギーに真摯に向き合ってこなかったからだとは言えないか。


背景は、原発に前のめりになり過ぎた、経産省と電力会社にあると思う。
東電福島の原発事故を契機に日本での 原発建設はもはや有り得ない。
だとすると、遅きに失するが、ここは一番、国家を上げて
風力発電機の大型化に取り組むべきではないだろうか。


時代は間違いなく「再生可能エネルギー」へ動いている。
日本の技術陣が高い志を持てば世界の風力発電を凌駕することなど、
難しくはないと思う。そんな志も失ったのかとは思いたくない。
頬を撫で、髪をそよらす(髪は少なくなったが)春一番に、風の偉大力に期待したい。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年03月14日 05:19 | コメント (0)


職場は戦場です。

2019年03月13日

小姑っぽいですが。新社会人へ一つには勉強を、二つには身嗜みをと呼びかけます。


卒業式のシーズンですね。田舎街でも近在の女子大生なんでしょうか、
卒業証書を入れた黒い筒を胸に寄せ、袴姿で笑談しながら歩く様には、
思わず、学生生活は謳歌できましたか。「おめでとうございます」と声を。


いよいよ社会人です。人生本番です。いずれは会社、組織のみならず
社会を担うのだとの自覚を持ち、堂々たる仕事をして欲しいと願います。
そのためには、いくつかの心構えが必要です。


一つは、勉強しなさいってこと。勉強なんて、学生への叱責に聞こえますが。
そうではありません。仕事では分からないことだらけです。
いち早く覚えるには、勉強せねばなりません。仲間のだれにも負けない努力が必要です。


そして、身嗜みに気を付けろってこと。古臭いことを申します。
社会人は「一歩外に出たら七人の敵がいます」……敵に隙を見せてはなりません。
それには、身なりを整えることです。こんな話があります。
今は「君、その格好はなんだね」なんて、先輩が指摘すると、すかさず「それパワハラ」
なんてことになります。ですから、昨今の職場では注意されません。


実は「人は見た目」で判断するものです。ですから、自分では「カッコいい」などと
思っているファッションでも減点対象になっていることが多い。


男性、「髪型は短髪。額と眉はだすべし」スマートに見えるから。
「シャツは清涼感のある白が原則。上着にはフケがないかをこまめに確認する」
「ポケットのフラップは左右揃える」「スマホや財布でポケットを膨らませない。
不恰好で幼稚に見える」足元を見られても良いよう「靴下はスーツと同色で脛が見えぬように」
「靴は毎日磨く、何足は交互に履くと傷まぬ」……こんな程度は常識です。


女性、「メークは職場の雰囲気と調和するように」「つけマツゲやアイラインは控えめに」
「小顔に見えるようにと横髪を長くして頬を覆う髪型は髪が垂れてみっともない」
「同僚が目のやり場に困るような服装は避ける」「シャツやカットソールなどのインナーは
胸元が開き過ぎず、体にぴったりしすぎないタイプものを」「樹脂を爪に塗るジェルネイルや
付け爪は控える」「ストッキングもサイズがあっていないと足首や踵でだぶつき、
だらしなく見える」「パンプスのヒールは3センチから5センチが疲れにくい」……などなど
鬱陶しい話です。


そして男女共有です。口臭体臭の予防もマナー。
食後の歯磨きや口臭予防のタブレットは必需品です。
昨今は消臭の制汗剤もある。


口煩く聞こえますか。
めんどくさいと思いますか。これらは日経に掲載された「新社会人」応援講座の切り取りです。
職場は憩いの場でもプライベートでもありません。戦場です。
身嗜みは、戦士の最低限の嗜みです。

職場で周りを見渡してごらん。不快に思う身嗜みの先輩がいたとしたら、
会社の限界が見えたと思いなさい。業績は横ばい以下ですから。


社会人は一に勉強です。勉強は自分でコツコツやれば良い。
しかし、二の身嗜みは外見です。身嗜みは癖です。
清潔感あふる身嗜みで、好感度、信頼感をアップして下さい。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年03月13日 05:32 | コメント (0)


大阪春の陣

2019年03月12日

懲りずに、大相撲大阪場所、優勝力士を占います。


大相撲、大阪場所が始まった。さて、今場所の優勝力士は誰か。
好角家であるだけで見る目がない私、何度占っても、当たらない。
もうやめようかな。なんて思うのだが。外れは承知だ。「やれって」お声が掛かるので。


大相撲は神事です。力士は神さまに使える身です。力士規定には、「身体を清潔に
保たなければならない」とあります。このほど、協会は全力士に「見苦しくないように」と
伸びた爪、入れ墨、無精髭などを禁じ、身嗜みを整えることと規定を改革しました。

ご存知、遠藤、御嶽海、貴景勝、大関豪栄道、横綱鶴竜……相撲協会の看板力士たち。
彼等に共通するのは、ケガをしてもテーピングをしていないことです。
力士が土俵に上がり礼をしてから徳俵で蹲踞し、両手を開いて柏手を打つのは、
「対戦相手に敬意を払い、ご覧の通り危険なモノは何も身に付けていません」との意思表示。


テーピングもモノによっては危険な凶器になる。
白鵬の立会い。硬質のサポーターを肘に巻き、カチ上げを顔面に入れ、
鼻血を出し脳しんとうを起こした力士が続出したことがあります。
その意味では、テーピングも禁止すべきですが、
とりあえずは「見苦しくないように」と肌色に限るとの指導に。
どんなことでも、改革するには、時間と労力がいるモノです。


話は変わりますが。
大相撲の大阪場所とは違う、大阪春の陣が急遽開催されることになりました。
大阪府知事と市長が辞職。4月の統一地方選挙に知事、市長が入れ替わって出馬する戦いです。
この奇策に自民党が大慌てで、不戦敗だけはと知事選に対戦相手を決めましたが、
私は、この大阪ダブル選挙「賛成」です。


私の肌感覚では、昨今の大阪は万博も決まり、インバウンドも多くて元気です。
その原因は橋下徹前大阪市長らの大阪改革にあります。
その仕上げの一つが「大阪都構想」の実現です。
ここは一番、府民に二重行政の無駄を問い、大阪の再興を不動にして欲しいと思う。


前回府民が否定したのだから、二度も問うのはおかしいと政治評論家やコメンテーター、
朝日、毎日新聞などが執拗に批判するが、無責任な批判のための批判はやめた方が良い。
大阪府民は前回、15年から4年間、やっと、都構想が理解できたのではないか。
政治とは、いや改革とは、強い意志を訴え続ける覚悟がなければ実現しない。


話戻ります。
今場所の優勝力士は誰か。三人に絞ります。
大阪出身の大関豪栄道関、芦屋出身の貴景勝関、そしても一人は、
そうです。婚約者の比嘉真美子プロが開幕戦で優勝、刺激を受ける大阪出身の勢関です。
三人での巴戦になって、大阪場所を盛り上げてくれればと……Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年03月12日 05:41 | コメント (0)


あの時を忘れない。

2019年03月11日

ちょっぴり不遜かも知れませんが、風化させないために。


殺伐とし過ぎていませんか、世の中。
原因がどこにあるかは、様々で答えは見つからないのですが。
はっきりしていることがあります。僅か8年ですが。損を粋だという概念が薄くなった。


愛読のみやざき中央新聞からです。
「粋」なんていうと、「なんじゃそりゃ」と思う人が多いでしょうが、
江戸時代の江戸ッ子の美学で、「粋でいなせな若い衆」なんて言葉があります。
「あの人は粋だね」なんて言われると、最高の褒め言葉だった。


その一つに「金離れが良い」がある。「金離れが良い」とはお金に執着しない。
「金は天下の回りモノ」一度出ていったお金にはとやかく言わない。
金離れの良い人たちによる「循環型の経済社会」の象徴です。


だから時代劇では……「お代官様これを」……「越後屋お主もなかなかじゃのう」
なんてシーン。金を貯めこむ、商人は「粋ではない」悪人といわれます。
「落語」の「三方一両損」は損を粋だとする江戸ッ子の美学です。


神田の左官職人、金太郎が三両(今の20万円ほど)入った財布を拾う。中に「書付」が。
そこに落し主、吉五郎の名が。金太郎、吉五郎にわざわざ届けに行く。
吉五郎「一旦懐から出したモノは俺のもんじゃねぇ」「おめぇのモノだ」と受けとらない。


突き返された金太郎「人様のお金を拾い、それをもらい受けて喜ぶのは
江戸っ子じゃねぇ」と譲らず、挙げ句の果てに喧嘩。お互い奉行所に訴えた。
裁くはかの名奉行「大岡越前」、双方の話を聞いて「三両奉行所で引き取る」とした。


そして自分の懐から一両加えて四両に。「二人の心意気への褒美」であると、
二両づつ与える。吉五郎は三両戻るところが二両に。金太郎三両もらえるのが二両。
奉行も自分で一両出し。三者が共に一両づつ損をの名裁きで円満解決。


これを「粋だね」っていう。お金は粋な使い方をした時、
その価値が発揮されるっていうもの、これが江戸文化で、
日本人の「損を粋だね」っていう概念です。


あの大震災から8年。日本人は「何とかしなきゃ」と……誰もが心を痛め、
ある人は被災地にボランティアで駆け付け。ある人は手持ちの金を復興にと寄付し、
ある人は物資を送り届け、ある人は神に祈った。


こんな表現をするには亡くなった人とその関係者を思うとあまりにも虚しいが。
あの時、世界中の人が「日本人って」と驚いたのは事実です。
その根底に江戸っ子の「粋」があったのではと思う。
3/11。我々はまだ、やらねばならない「粋」な計らいがあるのでは。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年03月11日 05:42 | コメント (0)


ブランド米を食べよう

2019年03月10日

新潟・魚沼産「コシヒカリ」特A復帰に歓喜の声が。


私は原則、炭水化物は摂取しません。
ということは基本的には「コメ」を食べないってことです。
でも、ダイエットしたいからではありません。
この40年私の体重は73キロ前後で変わらないからです。


貧乏性だからでしょうか「コメ」でお腹を膨した時代が長かったせいか、
できれば、腹いっぱいになるなら、「コメ」じゃなくて、野菜とか副食でと、
思っていたのが、いつの間にか、コメとかパンを食べなくなったようです。
でも、最近は昼食を簡易に済ませたいと、コンビニのうどんや蕎麦を啜ることもあります。


コメ農家にしてみれば、主生産のコメやムギを食べない、若者は、
私と同じろくでなしですね。日本人はちゃんと「コメ」を食べろ。ですね。


日本穀物検定協会が2018年産の「コメ」の食味ランキングを発表しました。
出品数は154で「こりゃ美味い」と大方の消費者が「納得する」コメには
「特A」のランキングが与えられます。


「コメ」の食味ランキングは減反政策が本格化した頃、良質なコメを普及させ、
消費を喚起する目的もあり、1971年産から始まった。
ランキングは、全国のJAや自治体の要請をもとに協会がコメを購入、
総勢100人のエキスパートが基準となるコメを食べ比べ「香りやねばり」など
6項目を判断する。評価は5段階で最高位の特Aだとスーパーなどで表示される。


特Aは米作り農家の勲章。気象環境に左右されるコメ作り。品質を保つ期間の
刈り取りを考案したり、食味に関わる土壌づくりを惜しまぬ方針を貫いたり、
タンパク質含有量を重視して一定基準の商品でないと流通させないとか、
「これぞ日本のコメづくり」と世界が認める、地道で徹底した努力が重ねられている。


で、2018年産の「特A」称号は出品全体の3分の1が獲得。
1989年特A基準が創設されてから28年間連続で取得し、去年初めて陥落した
新潟・魚沼産コシヒカリが特Aに復帰、関係者は歓喜に沸いた。(日経)


初出品では山形産「雪若丸」、岩手県中地区の「銀河のしずく」がともに初特Aに
輝いた。関係者の努力に敬意を表したい。
しかし、コメの消費量は「ブランド米」評価とは別に市場規模は増えていないと、
関係者は嘆く。一方では中食、外食が求める手頃な価格帯が不足しているという。


ランキング競争が白熱するのと裏腹に需給のバランスが整わないまま、
コメ離れが進行するようでは、本末転倒にならないかとの不安の声も聞かれるが、
高品質のコメづくりを目指すことこそ、日本農業の柱であって良いと思う。
コメは食べないなんていう私、反省です。今日の昼はコンビニの「特A米」の
おにぎりにします。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年03月10日 05:54 | コメント (0)


勝ち組になれ。

2019年03月09日

我が若き友たちよ。二極化の時代です。負け組になってはいけません。


春の読書週間が始まりました。
「あなたが、今、読んでいる本はどんな本ですか。ぜひ、教えて頂きたいと思います」と
問うのは、とある大学での調査です。結果はご案内の通り「読んでいることよりも」
本そのものを読まないどころか手元に置かない大学生が6割に達するというじゃないですか。


本はいいですよと、どれほど若者たちに奨励しても…「本離れ」を防ごうと思っても、
全国大学生協連の2018年調査では「大学生の読書時間は1日あたり
読書時間「0」の学生は50%を突破しているとか。嘆かないで下さい。


ということは、新聞を購読して読むなんて、そんな貴徳な学生も
皆無に近づきつつあるってことです。でも、何も驚くことはありません。
そもそもですが。本を読まなくても学生になれる時代であるというだけ。
それが良いとは思わないが、定員割れの大学が全国で4割です。


猫も杓子も、大学生にはなれるのです。そうです。
出席さえ取れば、卒業できるのですから、別段、本を読まなくても良いのです。
でも、本物のとは、と申しませんが、約半数の本を読む大学生は、
ちゃんと本を読んでいるのです。彼らが大学で学問を極め、専門性を高め、
将来「社会を背負って立つ」人材です。


その絶対数は、今も昔も変わらないのではないでしょうか。
別な表現で申せば、「読書の二極化」と言えるのではないでしょうか。
私は思うのです。資本主義って、ある程度成熟してくると、何事も二極化するのだと。
東京と地方の二極化は益々進み、貧富の差や、格差も拡大しています。


最近使わない言葉になりましたが、以前はそれを「勝ち組」と「負け組」いいます。
本を読まない人は、大方が「負け組」です。もちろん、本を読む学生が全て
「勝ち組」になれるわけではありませんが「勝ち組」になれる確率は高いです。


でも、です。社会は実に自由を謳歌できる時代です。
「勝ち組」になろうと思えば、本を読めばその条件の一つが満たされます。
そうなんです。学生であろうと社会人であろうと、
「勉強」して、いや「本を読んで」努力すれば、誰でもが「勝ち組」になれる時代です。


「春の読書週間」なんてありません。
春です。陽光は明るさを増し草木は芽吹きます。
さぁー、素晴らしい季節です。自らを奮い立たせ、本を読み、
未来を切り拓こうではありませんか。我が若き友たちよ。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年03月09日 05:39 | コメント (0)


新聞の効用

2019年03月08日

人生の指標に新聞記事をビリっと破いて、活用を。


この地方、桜の開花予想が、1週間ほど早くなった去年よりも
更に早まり、20日には見頃を迎えるとのこと。春の訪れがだんだん早くなります。
なかなかピンと来ませんが、これも地球温暖化の影響なんでしょうねぇ。


3月って、三寒四温を繰り返し、花咲き乱れる春を迎える準備をするのですが。
桜といえば、4月。そんなイメージは過去の話……3月散って仕舞えば……
一足飛びに初夏の気配が漂うようになるんでしょうか。


春の話題ではないのですが。
朝日の「ニュースを生き抜く力に」のコーナーで、ジャーナリストというよりは、
「事象の解説者」と呼んだ方が良いのではと、新聞紙面を賑わす池上彰さんが、
新聞を人生を考えるきっかけにして欲しい。そのためには、気になる記事に出会ったら、
その場で、ビリと破って手元に置きなさいとアドバイス。

春は人生の節目とでも申しましょうか。出会いと別れが入り交じる季節です。
若い人たちは、次のステップの学校や社会人へと夢が膨らみますが、
セカンドライフを迎える高齢者にとっても、実は希望の季節なのです。


そのためには、自分がどんな人生を歩むのか。
その足掛かりは新聞の情報から得るのがベターです。
気になる記事があれば、その日のためにも切り抜いておく必要があります。
それが、新聞の効用っていう奴です。


高校生や大学生も将来何がやりたいのか。どんな職業に就きたいのか。
わからない時、悩む時、新聞を読んでいれば、「こんな仕事もあるんだ」とか
「こんな面白い仕事をやっている人がいる」とか、教えてくれます。
興味や関心のある記事をスクラップすることで、自分を客観的に見ることができます。


そうでないと、季節が来たから仕方なしにとか、出会い頭とか思い付きで行くとか、
乱暴に人生を決めてしまうことになります。それはそれで良いのかも知れませんが、
最近、どの職場でも離職率が高いといわれますが、本当にやりたいことの情報が
不足しているから、直ぐに辞めるってことになるのではないでしょうか。


日本新聞協会の広告です。
「全国学力・学習状況調査」では新聞を読む子の学ぶ力が高いという結果がでています。
政府は2017年度から、公立学校の図書館へ新聞を配備するための
地方財政措置を倍増しました。しかし、この地方交付税、使い道は自治体に
委ねられているため、図書館に新聞がある小中学校は4割程度です。


新聞を購読しない家庭が増えました。
新聞が人生を考える上で如何に必要か、大切かを「新聞が訴えても」
新聞を子供が、いや、大人も、目にしないようでは、宝の持ち腐れです。


学校の図書館に新聞を購読せよと、日本新聞協会が力むのは、消費税軽減税率に
新聞を加えるのと同様に些か興醒めですが………
でも、この春から、新聞を読み、記事をビリと破いて、
自分の人生設計の指標にするのも、一考かと思います。
どんどん早くなる季節の巡りに負けぬよう。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年03月08日 05:41 | コメント (0)


日銀の思惑か。

2019年03月07日

働き方改革が原因とは申したくないのですが、物価が異常なスピードで上昇しています。

とんでもない話を聞いた。本当ならゆゆしき問題です。
大手ゼネコンの見積もり書に「働き方改革費」という項目が付いたそうな。
それも、設計監修とか管理と同様、総見積もりの21%で一率だとか。


それってなんだ。建築現場でブッラクを避けるため、「残業不可」は当然ですが、
労働時間短縮「労働時間法定内厳守」ひとり親方の下請け禁止(労基法に違反する可能性あり)
建築現場で働くなというんですから………
そうなれば、当然工期が伸びる。その分人件費を筆頭に全てのコストが上がる。
それを吸収するのが「働き方改革費」ということです。


もちろん、その負担は施主が担う訳ですから、必然的に「総工費」は20%アップになります。
建築産業は裾野が広い。日銀の思惑通り成長率は2%どころではなく上がることになります。
しかし、二つの大きな問題が起こります。


一つは、大幅な建築費のアップで、需要が減少する。そうなれば景気が冷え込む。
そして、もう一つは労働者の働く意欲がますます減退する。
国民こぞって働かない国なんて、どんな国になるのだろうか。


これも日銀の思惑か。
3月から、食品メーカーが一斉に商品の値上げに踏み切っています。
消費税を前に事前の策に出ているのか、それとも未曾有の人材難で、
「人件費や物流の上昇が異常進んでいる」からか。


極洋が鯖缶16品の出荷価格を3/1から10%アップ。昨年の9月値上げしたが、
わずか半年で異例の再値上げに。理由は健康志向の高まりで原料の国産サバが高騰している。
ポッカサッポロフードビバレッジは6/1からペットボトル飲料計15品目の
小売希望価格を一律20円引き上げると発表。他社の追従は必定です。


他にもサンヨー食品が日清食品に続き即席麺40商品の希望小売価格を6/1出荷分から
約5~8%値上げを発表。即席ラーメン作りを題材にしたNHKの朝ドラ
「まんぷく」にあやかったのか。朝ドラ便乗値上げも珍しいですが、
やはり、物流費、燃料費、原材料の高騰を企業努力では賄いきれないのが、原因。


例年ですと、値上げの話題は4月からジワジワと家庭に影響と
メディアが一斉に報じるのですが。今年は勝手が違うようです。
全てを「働き方改革」とは申しませんが、異常な値上げラッシュの背景には
この国の唯一の財産である勤勉、その勤勉を否定する社会風潮があるのではと危惧する。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年03月07日 05:21 | コメント (0)


沖縄問題解決は、これだ。

2019年03月06日

前大阪市長、橋下徹さんは日本を救う稀代のリーダーですね。

「安全保障の負担は等しく国民が担うもの。国民全体で考えないと、
根本的な解決はない」沖縄で実施された辺野古基地賛否を問う県民投票の
結果を受けて、沖縄県知事はこう述べた。

沖縄の米軍基地問題。
沖縄県民が出した結論は明確です。「基地はノー」です。政府はそれにどう応えるのか。
「辺野古につくらないということになれば、普天間はそのままになっていく」
安倍首相の返答は連れないモノであり、虚しく響きます。


政治は「理想と現実」の狭間にあります。
沖縄から、いや、日本国内から、米軍基地がなくなる。
そして、東アジアに平和が訪れる。理想です。そうなれば良いがと誰もが思います。
しかし、現実は、防衛力を持って国の安全を守らなければ、他国からの侵略を受けます。
独自でできないなら同盟国に守って貰わねばなりません。

同時に、同盟国の思惑を甘受せねばなりません。
日本は米国の従属国です。決して、独立国ではありません。
国内に外国の軍隊が駐留する国は独立国とは申しません。


しかし、戦後74年。日本は日米安保条約によって、軍事費に予算を費やすことなく、
国の繁栄を築いてきたのも現実です。沖縄は地政学上、政治力学上、米軍の軍事基地が
必要です。もしも、米軍が駐留しなければ、覇権主義を貫く中国の意のままになるでしょう。


「安全保障」を国全体で考えるべきとの沖縄県知事の発言は重いモノがあります。
県民投票の結果が示す沖縄県民の意志を無視することはできません。
安倍首相の「普天間基地の返還を求め、代替地を辺野古に置かざる」を得ないとの
今の日本政府の立場も理解できます。


ではどうすれば良いのか。
朝日新聞って、面白い新聞ですね。直接民主主義と間接民主主義が
憲法上どうなっているのかを論じながら、県民投票の合憲を訴え、
正当性を主張しています。そんなことはどうでも良い。などと乱暴なことは申しませんが、
この現実をどう解決するのですか。新聞は権力を批判して、理想論を語っていれば良い。
そんな段階ではありません。


朝日には嫌いな政治家のひとりでしょうが、前大阪市長の橋下徹さんが、
沖縄問題を一刀両断。これで沖縄は再生する「沖縄問題、解決策はこれだ!」
を朝日出版社から上梓しました。彼が沖縄で講演した内容を軸にしながら、
再生しつつある大阪を例に、現実的な手立てを示します。


なるほど、これしかないな。なんて思いながら、読みました。
それにしても、政治家がその気になれば、沖縄問題、この未曾有の大問題でも、
解決の道はあると知りました。


私もこの策が最良。現況からして沖縄の未来を睨んで、
これ以上明確な解決策はないと思います。
ぜひ、日本人なら沖縄の問題を我が事として、橋下さんの提言に乗って、
一緒に解決しようではありませんか。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年03月06日 05:36 | コメント (0)


Happy Media「地域みっちゃく生活情報誌」3月号

2019年03月05日

暮らしている土地(地域)に寄り添い(密着)活き活きと生きる(生活)のための情報を提供する。


地域みっちゃく生活情報誌、3月号が出揃いました。
春です。どの表紙にも地域で頑張る人々の笑顔が輝いています。
取分け高校の部活に励む若人の爽やかな笑顔には思わずエールを送ります。


3月号での新規創刊は2誌です。
「甲賀フリモ」滋賀県・湖南・甲賀市、24,900部、全戸配布。
甲賀フリモの創刊で滋賀県の総発行部数は450,963部となり
県内世帯配布率は76.4%。岐阜県の91%、三重県81%、愛知県80%に次いで、
全国4番目の配布普及率となりました。


もう一誌は、兵庫県の2誌目です。姫路市の「はりなび姫路」(129,000部、姫路市)
に次いでの創刊で「あかしる」(47,500部・明石市)です。
兵庫県では念願の2誌目になります。


創刊にあたりご尽力頂いた各位に感謝と敬意を表します。
両誌が、一日も早く、先輩誌に学び、地域の読者に待たれる
「地域を元気にする」ための不可欠なメディアに育つよう願います。


周年号は、群馬県で発行の「伊勢崎フリモ」(63,000部)と「前橋フリモ」(122,000部)が
5周年。「玉村フリモ」(15,500部)、「渋川フリモ」(33,000部)がともに
4周年を迎えることができました。ありがとうございます。

愛知県では44誌、2,678,670部が毎月ご家庭に配布され、愛知県80%の
ご家庭に届く情報誌に成長しています。「名古屋フリモ守山版」(名古屋市67,000部)が
7周年、春日井市で発行の「はるる」(113,400部)が6周年。小牧市「ぶるぅむ」(57,700部)と
刈谷市「Cocon」(60,000部)が4周年。「ひまわり」(長久手、日進市、39,500部)が3周年です。
周年を迎えるほどに、地域から期待の声を頂き感謝です。

滋賀県、近江八幡、東近江市「オウティ」(69,786部)が8周年。
愛媛県、西条市「ふぁぶーる」(50,000部)が2周年を迎えることができました。
関係各位のご尽力の賜物です。改めて感謝、御礼申し上げます。


Happy Media「地域みっちゃく生活情報誌」発行の目的は
「地域の広告情報を通じ、地域経済を活性化する」ことにあります。
そのためには、「暮らしている土地(地域)に寄り添い(みっちゃく)
活き活きと生きる(生活)ための情報を提供する(情報誌)」ことをしっかりと
築きあげねばならないと決意を新たにしています。Goto

20190301.jpg20190302.jpg20190303.jpg
20190304.jpg20190305.jpg20190306.jpg
20190307.jpg20190308.jpg20190309.jpg
20190310.jpg20190311.jpg20190312.jpg
20190313.jpg20190314.jpg20190315.jpg
20190316.jpg20190317.jpg20190318.jpg
20190319.jpg20190320.jpg20190321.jpg
20190322.jpg20190323.jpg20190324.jpg
20190325.jpg20190326.jpg20190327.jpg
20190328.jpg20190329.jpg20190330.jpg
20190331.jpg20190332.jpg20190333.jpg
20190334.jpg20190335.jpg20190336.jpg
20190337.jpg20190338.jpg20190339.jpg
VC20190301.jpgVC20190302.jpgVC20190303.jpg
VC20190304.jpgVC20190305.jpgVC20190306.jpg
VC20190307.jpgVC20190308.jpgVC20190309.jpg
VC20190310.jpgVC20190311.jpgVC20190312.jpg
VC20190313.jpgVC20190314.jpgVC20190315.jpg
VC20190316.jpgVC20190317.jpgVC20190318.jpg
VC20190319.jpgVC20190320.jpgVC20190321.jpg
VC20190322.jpgVC20190323.jpgVC20190324.jpg
VC20190325.jpgVC20190326.jpgVC20190327.jpg
VC20190328.jpgVC20190329.jpgVC20190330.jpg
VC20190331.jpgVC20190332.jpg

投稿者: 後藤 日時: 2019年03月05日 05:16 | コメント (0)


官庁統計

2019年03月04日

平均値と中央値の違い。統計は注意深く見る必要がありますね。


ちょっと整理してみましょう。通常国会が始まってから
延々と議論が続き、新聞を賑わしている……厚労省の「毎月勤労統計」の調査が
正しく実施されていなかった問題です。


この調査は「統計法」という法律に則り、大正12年からスタート。
厚労省が管轄し、国民の重要統計調査であり基幹統計調査と位置づけられています。
目的は「賃金、労働時間、雇用の変動を明らかにすること」です。


政府が推し進める「働き方改革」の基幹データとなっています。
その調査がまやかしであり、手抜きによるものであれば、政策の根本が揺らいでしまいます。

官製春闘と揶揄されての賃金の上昇
求人倍率が全国平均でも1倍を越し、失業率が数パーセントに減少した。
あるいは、ブラック企業追放とメディアが書き立てる「労働時間」の短縮など、
安倍政権が声高に叫ぶ「アベノミクス」の成果が疑われることになります。


安倍政権の経済政策の三本の矢と称して、金融緩和、財政出動されたことにより、
時給が上昇したことは確かです。景気と関係があるのでしょう未曾有の求人難、
雇用が促進されているのも事実です。

株価が上がり、円安効果で輸出企業が元気になり景気が回復、
「戦後最長の好況」であることも、これまた、統計的に明らかです。
但し、この統計も不正があるのではと思いたいほど、実感と乖離しています。

実感と調査結果といえば……日本の世帯平均所得(平成28年、厚労省調査)
560万2000円だそうですが。納得できますか。そんな……とため息では。
問題は「平均」です。分母に関係なく、所得の高い人がいると「平均」が急上昇します。


「中央値」という統計の取り方があります。
一世帯あたりの所得を高い順に並べ、その真ん中の所得はと計るのです。
そうすると、560万は、424万に下ります。そうかと思える人が増えるでしょう。


整理します。「毎月勤労統計」の調査は、従業員500人以上の事業所は
「全数調査」が基本なのですが、厚労省は勝手に3分の1だけを抜粋して調査していたのです。
アベノミクスによって賃金が上昇したと言いたいばかりに、
所得の高い人ばかりを集めて平均値を上げていたのではと…野党が追及しています。


実体は定かではありませんが。統計の定義からしますと、
「多数の構成要素からなる集団において、各要素の観察によって得た数値を処理して
集団の性質傾向を明らかにする」のが統計です。
単発で調査する静態統計と継続して調査を続ける動態統計があります。


「毎月勤労統計」は厚労省が継続的に調査する統計法に沿った「官庁統計」です。
これが揺らいでは、とてもじゃないが、何を信頼して良いのか、わかりませんね。
時の政権が思うに任せていじるならば、それこそ、大問題です。
ましてや、厚労省が忖度して、いじったなら。とても健全な国家とは言えません。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年03月04日 05:13 | コメント (0)


人たらし

2019年03月03日

夕刊の紙面って、抜群に面白いですよ。


夕刊って、本当に面白い。各社とも趣向を凝らし、内容が豊富。
なぜ、こんなに真剣に作れられた「夕刊」が読まれないのか。
発行部数がどんどん減少し採算が合わないのに発行を続ける……


その不合理を新聞社の矜持と考えて良いのか。
それとも、時代遅れであろうがなかろうが、今までやってきたビジネスモデルは変えない、
そんな頑なさ、頑固さに拍手を送るべきなのか。戸惑うのですが。


それでも、夕刊発行を続ける、新聞各社の勇気に敬意を表するとともに。
「夕刊作り」に真摯に取り組む、編集局各位に畏敬の念を抱きます。
で、私の率直な夕刊感想です。夕刊って、読み物として最高です。


毎日新聞の「特集ワイド」読み応えがあります。時の政権には絶対におもねない姿勢が
貫かれています。2/22特集ワイドは1/29死亡した風雲作家、橋本治さんを。
この人「バカ」っていう言葉を頻繁に使う。バカの定義は「天動説に生き、
社会と切り離された根拠のない自我だけが勝手に膨らんでしまった人たち」と明確。


なんて内容が2面に溢れます。身勝手に言いたい放題の人を取り上げ、読者など
いてもいなくても構わない、というその反骨の姿勢が良い。
私的には、こんな乱暴な記事が掲載できるのは、編集局のマスターベーションですが、
そこまで夕刊に影響力がない故に、好き放題やっているといえます。


日経夕刊……「あすへの話題」というコラム欄に「私は女優よ」と題した
女流漫画家の執筆が…。営業No.1の女子から聞いた成功の秘訣は「人たらし」たれ。
飛び込み戸別訪問での新規開拓「高齢者には田舎出の純朴若者を装い。独身の
男性には疑似恋愛に持ち込む」……エッと驚く私にNo.1女子曰く


「どんな相手にも必ずひとつは好きになれそうな要素はある。その一点を足掛かりに
恋心を奮い立てる。女の子に好意を持たれ嫌な男なんていない。すぐ契約してくれる。
すぐ忘れる恋だ」……様々な職業の女性に仕事と恋愛感を聞くルポの仕事の一コマだが、
ルポでどの職場もNo.1女性はこう言う「職場は、舞台、私は女優」だと。


ざっとこんな内容のコラムだが。営業の要諦と申しますか、女性の武器を活用、
確信を突いているのだが。この夕刊コラム。女流漫画家が書くので、許されるのだが、
このご時世、男性が真面目にこんなコラムを書いたなら、怪しげな週刊誌じゃあるまいし
日経は絶対に掲載しないだろう。


日経もやはり夕刊となると、平気で「女性の営業は人たらし」なんて、
日頃思っていることを、掲載するんですね。
「夕刊」って面白い新聞でしょ。ぜひ、夕刊を読もうじゃありませんか。
ひな祭りの話題には相応しくなかったですね。お許しを。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年03月03日 05:23 | コメント (0)


しなやかな血管

2019年03月02日

一酸化窒素って奴は良い奴なのか。悪い奴なのか?


「人は血管とともに老いる」……医学界で長く定説とされた言葉です。
血管も筋肉と同じで、老化とともに、収縮が鈍くなり硬くなるそうです。
また、体が硬い人は血管も硬いとのデータもあるそうです。


学生の話ですが、陸上部の選手と一般の学生(運動習慣のない)との
動脈の硬さを比較すると、陸上選手の方が柔らかい。
運動しない血管の硬い学生に1日1時間の自転車漕ぎを2ヶ月続けさせたら、
運動開始前と後では明らかに動脈が柔らかくなった。(筑波大スポーツ医学)


なぜそうなるのか。メカニズムはこうだ。運動すると血液の巡りが良くなるので、
血管内側を覆う内皮細胞が血流で擦られ、その刺激で血管を柔らかくする
一酸化窒素が放出される。では、運動選手は血管が柔らかくて
老化しないってことになりいつまでも若々しいってことになる。
言われてみれば、往年のスポーツ選手って、どなたも元気ですよねぇ。

この話。ポイントは一酸化窒素にありそう。
有機物が燃える過程で発生、自動車の排ガスや工場の排煙などに含まれ、
光化学スモッグや酸性雨の原因といわれ有害物質のことだが。
体内ではどうも違うらしい。血管を広げる働きをして血行を良くする効果をもたらし、
血圧を下げるなど、治療への応用が期待されるそうな。実に奇妙な奴だ。


で、この一酸化窒素が体内で放出されることを「有酸素運動」といって、
運動すると湧き出てくるらしい。だから、運動をしましょうってなる。
つまり「運動することよって血管が若返る。いや老化防止なる」ってこと。


若い人は血管そのものが柔軟だから、運動しなくても良いのだが、
問題は高齢者である。それも、高齢者って、だんだん根気が続かず、飽きっぽくなるので、
有酸素運動で一酸化窒素を放出することが、健康で老い防ぐ秘訣と頭で分かっても
体が思うように動かないし、意思が持続しない。だから、結果的にはやらない。
でも、何もしない、やらない人はその人の勝手。私がとやかく言う問題ではない。


「人は血管ともに老いる」いい言葉だ。その意味も分かった。
だから、私は、今朝も今朝とて、寒風を突いて、速足ウォーキングと、
血管を柔らかくするためのストレッチと、そして日の出に心をときめかせたい。
健康で老いることが、自分と自分の周りの幸せだと信じるから。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年03月02日 05:18 | コメント (0)


おんさい(岐阜弁でお越しください)

2019年03月01日

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館で「はやぶさ2」の実物大模型をご覧になりませんか。


若い人が現実的になった。夢とか理想とか追わなくなって、
今日が良ければそれで良い。あるいは、未来など今の延長でしかないと言い。
どんどん刹那主義になっているのが気になります。

2014年12月に打ち上げられた「はやぶさ2」……目的は地球から2億8千万キロ
離れた小惑星「リュウグウ」に行って「岩石や砂」を持ち帰ってこいというもの。
我々のような凡人には宇宙の彼方に行くなんて想像だにできない。
「月は愛でるもの」であり「星の輝きは憧れるもの」ですが……


科学者たちにとっては、研究対象であり、ワクワクする冒険です。
「リュウグウ」なんていう惑星は大宇宙の中で僅か直径が900メートルほどの
小さな惑星です。そこへ行って見ようなんて発想に私は限りない畏敬の念を抱きます。


子供達に、いや、全ての人たちに「大空への憧憬、大宇宙への夢」を持って欲しい。
日本人よ「小さく固まるな」子供達よ「大空に羽ばたこう」そんな願いを込め……
全国でも屈指の「航空都市・岐阜県各務原市」に誕生したのが……


「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」(愛称・宇宙博・そらはく)です。
……戦前、各務原市の川崎航空機で作られた「戦闘機ゼロ戦」を始め、
34機の航空機が展示され(いずれも本物です)ています。
昨年のオープン以来40万人が押し掛け大盛況。壮観な飛行機に子供も大人も
目を輝かす様……若い人が現実的になったなんて……何かの間違いではと思えます。


「宇宙博・そらはく」は二つのゾーンに分かれ、もう一つのゾーンは宇宙への誘い。
実物大の宇宙を旅するロケットや、月の石などが展示してあります。
その一つに「はやぶさ2」の実物大模型とともに、最新の活動状況が紹介されています。


宇宙航空開発研究機構は「はやぶさ2」が2/21に「リュウグウ」に着陸。
ミッションである「石や砂の採取」に成功したと発表。(世界で2例目)
日本中が快挙に沸いた。今年の末に惑星を離れ、2020年末に帰還予定だそうだが、
太陽系天体への往復探査技術の確実性を日本が証明することになる。


持ち帰ったサンプルを解明すれば、太陽系の誕生の秘密や、生命誕生の
真相も明らかになるかも知れない。ワクワクを通り越し、ゾクゾクしませんか。


で、です。「かかみがはら・航空宇宙博物館」で開設1周年記念のイベントが
3月21日から開催されます。宇宙飛行士の山崎直子さん、毛利衛さん、油井亀美也さんの
3名が次々に来場、「宇宙への夢を駆り立ててくれる」(写真参照)楽しみですね。


いきなりですが。国会での審議、厚労省の統計の正当性だとか、
トランプさんにノーベル平和賞の推薦状を書いたのはおかしいとか…
予算の審議をせねばならないのに、なんとも、こまごましたことばかりを審議しています。


私は思うのです。
国会議員のみなさん、「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」に
「おんさい(岐阜弁でお越しください)」そして、はやぶさ2の実物大模型をご覧になり、
大宇宙への夢を科学者たちが如何に実現しようとしているのかを、
その目で見て、その頭で感じてもらえませんか。


壮大な大宇宙を学んでいただたいと思います。
国をリードする政治家たちが夢や理想を語れば、若者たちも現実主義、
刹那主義から脱却できると「はやぶさ2」に学んでいます。。Goto


20190228173913_00001%20%28724x1024%29.jpg 20190228173913_00002%20%281024x724%29.jpg

投稿者: 後藤 日時: 2019年03月01日 05:22 | コメント (0)