令和狂騒曲

中日新聞の5/1付、夕刊広告「はじまりのこえ」紙面に覚悟をみた。


令和元年がスタート、日本中、取分け都会での若者たちの狂騒ぶりを
テレビが面白ろ可笑しく報道、いやが上にも平成から令和に移行したことが、
国民の関心事の中心に位置した一日でした。。


正直に申しまして、新天皇の即位って、そんなにも国民的行事ですかねぇ。
平成への御代代わりは昭和天皇の崩御で、沈痛な面持ちでした。
今回の御代代わりには、隠居された上皇を惜む声は聞けど……田舎では意外と冷めています。

令和を騒ぐ若者たちは新天皇のことも、新皇后のこともあまり知らない。
それはそれで良いと思うのだが、テレビ局各社は「令和」誕生特別番組での
取材合戦になったようです。私の率直な感想ですが、「歯の浮くような
解説者の世辞」にですが、如何にも如何にもです。


それに引き換え、新聞社は違いますねぇ。
各紙が一斉に「号外」を発行、冷静な判断の元、新天皇のお言葉を掲載しました。
お言葉の全文を丁寧に読んでみました。(新聞の良さのひとつです)


お言葉には「象徴天皇」として如何にあるべきかを自ら問うことこそ
天皇の勤めであるとして「国民を思い寄り添いながら」と述べたくだり、
そして「世界平和」を希望されたこと、上皇の意志を受け継ぐ姿勢が滲んでいました。


天皇は日本国にとって如何なる存在なのか。
新聞には真摯に追い求めて欲しいものです。


昨日の中日新聞の夕刊。広告ジャックされました。
「はじまりの「こえ」新しい時代に、これから何をはじめようか」の
タイトルで、8社のスポンサーが「新しい時代のはじまりは、
これから考える良い機会ではないでしょうか」と同じデザインの企画に同調、
画期的広告紙面になっています。広告局の覚悟に敬意を表します。


新しい時代がスタートしたのです。
過去にとらわれない。形に拘らない。自由奔放な時代になって欲しい。
中日新聞が「古い上着」を脱ぎ捨てて、新たな「新聞広告」の有り様を
示したことにびっくりですが、一過性に終わらずチャレンジして欲しい。

令和狂騒曲で、もっとも面白い企画は、岐阜県郡上市が開催した「郡上踊り」では
ないでしょうか。1万5千人の人たちが郡上八幡に集結、
「かわさき」を徹夜で踊り令和を祝った、その発想に驚いています。Goto


IMG_7983.JPG

IMG_7984.JPG

IMG_7985.JPG

IMG_7987.JPG

IMG_7988.JPG


IMG_7986.JPG

IMG_7989.JPG
5/1 中日新聞 夕刊

投稿者: 後藤 日時: 2019年05月02日 05:14


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。