朝ドラ短縮

NHKは1日の放送時間を短縮してはどうですか。

取り立てて、とやかく言う積もりもないのだが。
どうにも解せないのが、NHKが来春から、朝の連ドラを
週休2日制にして、土日は休みにすると発表したこと。


なぜだ……「NHKが進めているスタッフらの働き方改革を徹底するには、
物理的に無理だから」が理由だそうです。えっって、驚きませんか。
世の中、何でもかんでも「働き方改革」と称する「働かない改革」です。


こんなNHKだから「NHKをぶっ壊せ」なんて物騒なイシューの党派が
90万票以上もの支持を集めるのではないでしょうか。

どうせ、NHKなんて見ないのだから、朝ドラが週5日に短縮しようがどうってことない。
「スクランブル放送」なんて簡単にできるのだから、見たい人だけ視聴料を払えば良い。
そんな主張が共感を得るのではないでしょうか。


朝ドラについてです。単純な疑問です。
NHKはあの朝ドラにいったい幾らの予算を掛けているのでしょうか。
民法のドラマと比べれば、雲泥の差ではないでしょうか。
その予算は、NHK視聴料と言う名の税から捻出されるのです。


テレビ番組、取り分けドラマは、見る人によって価値観がマチマチです。
幾らの予算を掛けるのが妥当かは基準などありません。
ですから、ドラマ制作にこれ以上スタッフを裂くと「働き方改革」に逆行、
だから、週5日制の理屈が通らない。だったらコストを削減するとか、
生産性をあげる努力をするとか、真面目に努力すれば良いではないでしょうか。
あまりにも知恵がない。


でも、NHKの本分がドラマの制作にあるとは思えません。
国営放送としての役割と使命は他にあると思います。


週5日制でも6日でも一向に構わないのですが、「働き方改革」などと、
ふざけた理由はやめて欲しい。では、申し上げます。
放送時間も「働き方改革」で8時間にしてはどうですか。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年07月31日 05:21


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。