ラジオ体操とかんぽ

郵政民営化の後遺症ではないでしょうか。


「直近まで重大な問題だと認識していなかった」……かんぽ生命の経営陣。
この問題、結構根が深いのではと危惧します。
メディアが指摘するように、まずは経営陣の総入れ替えからしかスタートできないのでは。


昨年他界した老母も加入していた……そもそも論で恐縮ですが、
日本全国で約3千万件の契約がある「かんぽ」ってどんな保険なのかな。
逓信省が始めた「政府保証付き」の「簡易な生命」のこと。


簡易とは「医師の診断が不要」職業的な制約がなく「誰でも加入」できる
小口保証の保険。逓信省主導で1916年スタート。公務員が勧誘するので信頼度が高い。
郵政民営化以降、政府の保証はなくなったが「気軽に加入」できる点は変わらない。


そうなんです。この問題の本質は郵政民営化から15年近く経ったのに、
残念ながら、その体質は「旧郵政」のまま、特に営業スタイルは「お上」の
「保険勧誘」が罷り通っていた結果の産物です。


メディアは「営業現場に課せられた過大な新規獲得ノルマ」が背景にあり、
そのために「高齢者らが不合理な契約を強要され、二重、三重の払い」まで生じ
不利益契約に繋がったと報じるが、それはそうですが。「ノルマ」の問題に
すり替えては見方を間違えます。


「ノルマ」は営業職員の収益源泉です。ですから「ノルマ」ではなく仕事です。
実態が明らかになるでしょうが、過大な収入を得ている職員が多数います。
それを否定しては、事業が成り立ちません。ですから本質ではない。


問題は、民営化が中途半端であることです。
他の保険会社と同じ条件にすることが重要であるにも拘らず、
ある部分では、「公営」の特権を残したまま、民営化したことによって、
民間企業でありながら、体質は官営です。そこを解決する必要があります。


「かんぽ生命」のキャッチフレーズは「保険のことなら、かんぽさんに話を」
私は「かんぽ生命」は日本に不可欠な事業だと思います。早急に健全化をお願いしたい。
思い起こすと、日本人の健康維持にラジオ体操を普及させたのも「かんぽ」です。

ラジオ体操のマスコットキャラクター「ラジ坊」は「かんぽ」そのものです。
この問題簡単には解決しないでしょうが、営業現場の人たちには、
ぜひ、高齢者をラジオ体操に引っ張りだしてもらいたい。
それこそが、「かんぽ」の生い立ちですから。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年08月09日 05:30


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。