平和

映画「アルキメデスの大戦」を観てきました。


お隣の国と険悪な気配が漂います。経済戦争の様相を深めています。
まさか、武力衝突なんて事態にはならないと思いますが……
110年前の朝鮮併合まで持ち出し「負けてたまるか」と口角泡を飛ばす……現大統領、
「どこか時代がかっていますが」……大丈夫ですかねぇ。


歴史を紐解くまでもなく、戦争に至るきっかけは、実にたわいないことです。
時の権力者が「己の我欲や保身を背景」に「経済的不利益を解消」するため
大衆を煽ることで起こります。

映画「アルキメデスの大戦」を観てきました。
久々に満員。席が無くて前から2列目、戦艦「大和」が撃沈されるところから
物語が……ど迫力に度肝を抜かれましたが……それにしても映画館って、涼しいですねぇ。


日本の戦争という奴は「日清、日露の戦争」で勝利した「成功例」が
権力者や軍人を狂わせるのですね。人は愚かです。三べん成功すると
それが自信過剰になり、謙虚さを忘れてしまいます。


私たちは74年前、大失敗しました。その教訓を忘れず。
いかに理不尽なことが起こっても、二度と戦争だけは起こさないようにしたいものです。

昨年も、長野県の宝石・時計店のポスター「にんげんの時間」を
書きましたが、やはり、今年も終戦記念日に書かずにはいられない。


「にんげんの時間」


ひとりがすると1時間かかることを、
ふたりでやれば30分で終わる。


ひとりがすると1ヶ月かかることを
30人でやれば1日で終わる。


人類が何千年かけても
まだできないこと。


みんなでやれば
1日で終わるかも知れない。


そう、平和なんて、
1日あればできるはず。


あの戦争で300万人に及ぶ無辜の民が亡くなりました。
隣国との関係ひとつとっても平和の難しさをひしひしと感じますが……
みんなでやれば、1日で平和にすることはできるハズです。
共存共栄するにはどうしたら良いのか。


超大型の台風が日本列島を横断しています。
そして、隣国を襲おうとしています。
我々はお隣同士です。切っても切れない間柄です。
冷静に考えてみたいものです。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年08月15日 05:18


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。