189

事故は110番。火事は119番、虐待は189番です。

人は忘れるものです。どんなに辛いことや悲しいことがあっても、
時間とは恐ろしいものでして、時の流れと共に「どんな出来事」も忘れてしまいます。
逆に言えば心に深く残った傷でも「時が解決する」ともいえます。

300万人もの無辜の民が犠牲になったあの戦争すら、時と共に風化し、
いつの間にか「集団的自衛権」は認めるわ「兵器」の見本市を開くわ、
「人間とはそもそもが争いを好む生き物なのだ」と反戦の誓いの方がおかしいと
交戦を正当化させてしまう。悩ましい生き物です。

今月は「児童虐待防止月間」でした。
札幌のテレビ塔や長野の松本城が「オレンジ色」に染まり、啓発運動の促進に寄与しました。
ふるさとの街、岐阜のシンボル、金華山の頂きに聳える岐阜城も
「オレンジ色」にと努力してみましたが、今月は「糖尿病予防月間」と重なり
「ブルー」には染まりましたが、残念ながら、力不足で「オレンジ」に染めることは
できませんでした。来年こそは「できない理由」を潰して「実現したい」と思っています。

今年を振り返るのはまだ早いのですが、「幼子」が親の虐待で「尊い命」を
落とす悲惨な事件が相次ぎました。その都度、メデイアが報じ、人々の涙を誘いました。
児童虐待はとても難しい問題です。根底には躾や教育、夫婦、親子関係、ネグレクト、
そして貧困や格差の問題が横たわっています。簡単には解決しません。

しかし、難しいからと何もしないのは許されません。
事件が起こる度に、政府が対策を立て、国会が動き、行政対応が進んでいます。
でも、残念ですが「過去ではない」「今現実にどこかで起こっている虐待」なのに、
報道されなくなると、直ぐに忘れてしまいます。

忘れてはいけないことを忘れさせない。
そのためには、身体の一部に組み込む必要があります。
児童虐待を極力防ぐには、好きな言葉ではありませんが、近所の目です。監視です。
児童虐待ではと思ったら。189番に電話することです。事故なら110番。火事なら119番。

来月から189番は、110番や119番と同様に通話料が無料になります。
より通報・相談しやすくなりました。ぜひ、覚えて下さい。
189番は忘れたとか忘れないの問題ではありません。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2019年11月30日 05:08


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。