スポGOMI大会

ゴミを拾うことは問題解決能力を磨くこと。


「オマエの趣味はなんだ」と聞かれれば何もございません。
敢えて申せば仕事でしょうか、なんてキザに答えるつもりはありません。
なぜなら、経営者なんて奴は寝ても覚めても、どこかしらで仕事を考えているものです。

ですから、趣味が仕事ではなく、仕事は人生そのものです。
三度の飯よりも、仕事です。遊びと申しますか、余暇に心を許してしまうなんて、
考えられません。趣味で仕事を忘れることができる経営者は幸せだと思います。

でも、現実にはそんな人はいませんよ。心まで休んでしまったら経営者としては失格。
あり得ない話ではないでしょうか。
厳しいようですが、それでもこの社会で企業が生き残るのは難しい時代です。

でもです。そうは言っても何か趣味はあるだろうと重ねられれば。
うぅーんと唸らねばなりませんが。「早朝ウォーキングでのゴミ拾い」でしょうか。
私のウォーキング七つ道具。その一つに「ゴミ袋」があります。

10年も続けていますと、癖ですね。
「ゴミ袋」を持たずにウォーキングを始めると不安になります。
同時に道路に拾うべきゴミがないと、ついつい別の道へとコースを変えたりします。
不思議なものです。

ウォーキングをされる方はお分かりだと思うのですが。ウォーキング中って、
色んなことが考えられます。解決できない難しい問題から、面白いひらめきまで。
そんな最中にゴミを拾うって、問題解決能力を養うことに繋がるのではないかと思っています。

そこにタバコの吸い殻が落ちている。そこにコンビニの領収書が捨てられている。
気が付いて素通りするのは簡単ですが、気になります。
気になって拾わないと、何故拾わなかったのだろうと後悔します。結構気を病むものです。
でも、拾い上げて「ゴミ袋」に入れると「問題が解決した」とスッキリします。

世の中には色んな人がいるものだと感心するのが、
「ゴミ拾いをスポーツ」にしようと会社まで辞めて打ち込んでいる人がいます。
そんなものスポーツになるはずがないと、懐疑的ですが。

ご本人は至ってまじめ。決められたエリアをチームで歩き回り、
60分間で拾ったゴミの量を競う。名称を「スポGOMI大会」といい、
開催されて11年になるという。会場はお台場や江ノ島など各地で883回開かれ
約8万9千人が参加、集まったゴミの量は71万トンにのぼるとか。

サッカーの国際大会で日本代表のサポーターが試合終了後に、青いビニール袋を持って
スタジアムのゴミを拾う風景は世界から絶賛されています。
綺麗な空間を作ることは「文化」のバロメーターです。

「ゴミを拾う」なんて、その気になれば何でもないことですが。
スポーツにまで高めるとなると、それは趣味ではなくて国づくりです。
我が社でも三重県松阪市で発行する「ふぁみんぐくらぶ編集室」の仲間が
11月3日、松阪氏郷祭り会場で開催された「スポGOMI大会in松阪」に
参加してくれました。感謝です。


「ハッピーメディア・地域みっちゃく生活情報誌」の各編集室は
各地で「ゴミを拾う」ボランティアをしています。
「地域を元気にする」情報誌の目的を深化させるために。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2019年11月24日 05:31


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。