プレハブ応急仮設住宅解消

大震災が風化することを受け入れたい。


どのように、このテーマを伝えたら良いのか。
苦慮しましたが、思い切って書いてみます。

東日本大震災で住まいを失った方々に供与されていた
石巻市のプレハブ応急仮設住宅が震災から丸9年、この17日、
最後の入居者が退去し、その役割を終えた。(石巻日日新聞から)

プレハブ仮設は宮城県が整備し石巻市内では震災から1ヶ月後の
平成23年4月から入居が始まり、134団地に建設され9月末に全7,120戸が完成。
最大時には1万6788人が入居した。

その後、集団移転団地や自宅再建、復興公営住宅などが徐々に建築され
入居者が減少していった。市は入居期間を当初の2年から1年ずつ一律に延長。
新たな住まいの受け皿である復興公営住宅は昨年の3月までに
全4456戸が入居できるようになった。

入居8年目以降は、特別な事情が認められた世帯だけに限られた。
仮設住宅の解消を図りたい行政は最後の1世帯に何度も転居を勧めたが応ぜず、
県は明け渡しを求め提訴、この17日に復興公営住宅に転居した。
最後の入居者は「最初は長くても5年くらいと思ったが、なかなかふんぎりがつかず
市にも迷惑を掛けた。震災前のように暮らせれば」と自宅再建へ前を向いた。

大震災の傷跡は消えるものではない。応急仮設プレハブよりも、誰が考えても
復興公営住宅の方が住みやすいに決まっている。でも、9年間動くに動けない。
その気持ちと申しますか、傷が少しでも癒えないかと、誰もが待った。
県の提訴が引き金となり、後ろ髪を引かれる思いで、退去した。

そのことを、誰が責められようか。
敢えて書こう。絶対に震災前には戻れない。そのことは本人が一番わかっている。
「時間を止めたまま」にしておいてあげたい。その時間が9年。
日本人と申しますか、行政でしょうか、何と優しいのでしょうか。

この世で起こったことはこの世で解決します。
もし解決できないことがあっても、それは時間が包み込んでくれます。
石巻のプレハブ応急仮設住宅が消えます。大震災が風化することです。
風化させてはいけない、そんな声もありますが、
生きとし生きるものの記憶に残ればよいと私は思う。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2020年01月25日 05:48


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。