時間を大切に

この世の出来事で解決しないことなど何もない。


今年は閏年です。1日儲けたのか、損をしたのか。あなたはどちらですか。
えっ。「別段、考えてもいない」ですって。「もったいない、ですね」
だって、2月が24時間増えたんですよ。大儲けじゃないですか。


4年に一度の閏年です。なぜって。今更ですが。おさらいです。
地球が太陽の周りを回る日数は「365.2422」。0.2422を時間に換算すると5時間38分46秒。
4年ごと、2月に1日増やして調整するので2月は29日があります。

太陽が東の空に昇ります。神々しいです。一日の始まりです。
今日はどんな一日になるのか。ワクワク、ドキドキしませんか。
私は早朝ウォーキングを12年も続けているのは、朝のこの一瞬が好きだからかも。

文系の私にしてみれば、閏年は五輪イヤー。だから今年は東京オリンピック。
それで良いと思っているのですが。天文学者と申しますか、数学者の間では、
そんな大雑把な感覚を許しません、100年単位で地球の回転を計算すれば、
4年に一度、閏年があるわけではない。だから、閏年イコール五輪は間違い。
なんて、固いことをいいますが。閏年イコール五輪でいいじゃないですか。

で、です。今年は1日儲かったと私は思っています。いつものルーティンの他に
「2020年の2月29日にこんなことを」と言えるような、記憶に残る1日にしたいものです。
亡くなりましたが、私が尊敬する思想家に仁科明彦さんという方がおられました。

「君は去年の今日何をしていましたか」「答えられますか。答えられるなら、
君は時間を大切に生きています」「答えられないなら人生を満喫していません」
「せっかくの人生です。限られた人生を大切に生きて下さい」
そんな話を聞き、考えさせられたものです。

もちろん、考えただけで、去年の今日のことも、その前の年の今日のことも、
特別な日以外は全く記憶にありませんが。でも、そう言われれば、
毎日が充実している人は、時間を大切にしている人で、
そういう人は、記憶に残る日が多いはずです。

2月29日、それだけでも記念日ですが、さて、今日をどんな日にするか。
最近私は思うことがあります。
この世の中で起こること、どんな難問でも、事件でもですが、全ては解決します。
失敗や間違いでドジを踏んだことが心の傷となっても、
取り返しのつかない大きな事件や災害に巻き込まれ、
信じられないような不幸な目にあっても。

乗り越えられないような障害に打ちひしがれても。それらは全て解決します。
「えっ。そんなことはない」と、言われるかも知れないが、それは渦中にいるからです。
自然災害が永遠に続くことはありませんし、朝の来ない夜はありません。

そうなんです。この世で起こっていることは、全て「時間が解決」するのです。
そう考えますと、この世のことは「全て善し」ではないでしょうか。
ということは、裏返せば「時間を大切」するってことです。
2020年・閏年・2月29日。今日から私は「時間を意識して生きる」その記念日にします。
では、ウォーキングに行ってきます。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2020年02月29日 05:38


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。