毎日新聞が読まれないわけ

「桜の会」をうんざりするほど追及するもう一つの理屈。

日本って凄い国だと思いませんか。そりゃ、四方を海に囲まれています。
その気になれば、徹底した水際作戦で「新型コロナウイルス」も止めることができます。
その証明が大型クルーズ船の感染予防体制です。

世界的に広がる感染です。日本政府も本腰を入れ、対策を強化しています。
折しも通常国会開会中、中国や東南アジアでは死者が次々に報告されています。
国民の生命に関わる問題です。議論をこの問題に集中すべきだと思うのですが、
新聞で知る「予算委員会」などの議論、野党は相変わらず「桜を見る会」を追及しています。
これでは政治不信と申しますか、野党支持は減るばかりです。

毎日新聞って、時々面白いことを言う「専門論説委員」がいるものです。
「桜ばかりやってる場合か。うんざりする」そんな批判の声に「それは違う」、
「命より重要だ」と、ムキになって反論しています。びっくりするより、
この人は、政権を批判することがジャーナリズムだと思い込んでいるのでしょうねぇ。
毎日新聞を読まない人が増えるのも「さもありなん」です。

理屈はこうです。
国会でうんざりするほど時間が費やされるのは「首相が真実を隠して
まともな答弁をしないからだ」ということは「ウイルス」問題でも
「都合の悪い情報を隠したりごまかしたりするはず」だから
「桜の問題をあやふやにするわけにはいかない」、
「緊急事態だから、棚上げにするわけにはいかない」という理屈です。

なんとも身勝手と申しますか。偏見、偏向の塊と申しますか、
「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の類いで、読むの耐えない理屈です。
ひと言で申します。「桜の会」は今年から中止です。それで良いじゃないですか。
それでも屁理屈を捏ねたいのなら「特別委員会」でもつくってワイワイやったらと思う。
それも、主催した歴代の首相をならべて。

私は日本って本当に凄い国だと思うのは、緊急事態に厚生省を始め医療機関はもとより、
警察・消防、そして自衛隊までが、「迎え撃つ」態勢を整えていることです。
幾度かの「震災」経験による危機管理体制のおかげです。
それと、この緊急時にも関わらず「桜の追及」をする野党と
それを後押しする新聞を容認する寛容さが凄い国だと思います。

この「専門編集委員」氏のような方が、「ウイルスに感染」すると、
我が身可愛さに「マスク」を買い占めて政府に助けてくれと、擦り寄るんでしょうねぇ。
そうそう、野党の国対委員長が東京都内発行の新聞6紙を控え室のドアに張り出し、
記事に「すばらしい」とか「クズでゼロ点」と採点し、書き込んで張り出したとか。


なんとも稚拙な。平和ボケか。新聞を論評してどうする。バカバカしい。
「桜の会」での質疑の模様を掲載した首相答弁の記事に
「素晴らしい」と花丸マークをデカデカとつけた新聞は、そうです。
もちろん、この専門編集委員氏の新聞です。
これでは、毎日新聞が売れないわけです。(因みにこのコラムは夕刊)やれやれ。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2020年02月07日 05:20


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。