いい大人めざして。

自分の殻に閉じこもらず、もっと変化を楽しみたい。

朝日新聞社と宝島社の「GLOW」との合同企画、
Aging Gracefullyが稲垣吾郎さんをアンバサダーに迎え今年もスタートしました。
この時期です。関係者たちはどうするか、随分迷ったと拝察します。

なんせ、主旨が人生100年時代。私たちはまだ、序章の40代、50代、人生これから
一緒に「いい大人」になりましょう、っていう「粋な雑誌の企画」です。
さすが、不況の出版業界でひとり気を吐く、女性雑誌の宝島社です。面白い。

内容を覗いてみます。
20・30代はかけがいのない時間だったが、もう同じことはできない。
46歳、大人です。好きなこと、好きな服、好きな人、自分のスタイルができてます。


でも、できたスタイルに満足しちゃうと怖いです。芯の部分は変わらないが、
マイナーチェンジというかアップデートなどの変化は必要じゃない。
若い人を見て羨ましいと思うけど、人は歳とともに深みを増すはずです。

自分の殻に閉じこもらず、人と出逢い、語り合えば、色んなことが整理されます。
変わることを楽しめる「新しい大人へ」性別も世代も超えた皆さんと
集まって励まし合い、与え合うプロジェクトです。
と、こんな主旨です。

コロナ騒動で「ステイホーム」と叫ばれる緊急事態宣言の最中に、
変化を恐れるな、集って励まし合おうと訴える勇気は素晴らしいです。
さすがに奇抜なアイデアの宝島社と朝日新聞社です。

誤解しないで下さい。批判しているのではありません。
コロナ禍で落ち込んでいる人たちへのエールだと思います。
私もですが、何となく、イライラ・ギスギスしています。
「いい大人めざして」フランクに参りましょう。Goto

200423%20%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E-%E5%AE%9D%E5%B3%B6%E7%A4%BE%E3%80%8CGLOW%E3%80%8D.jpg

投稿者: 後藤 日時: 2020年05月10日 05:48


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。