消費者心理

コロナ禍です。安易な情報に流されないよう、新聞から正確な情報を掴みたい。

メディアの功罪について、私の考えを申し上げます。
新聞メディアは常に社会的な影響を念頭に文字(記事)によって作られますので、
じっくり読めば、その意図が自ずと理解できます。
ですから、フェイクニュースやデマなどには冷静な報道がなされます。

しかし、テレビやネットニュースは「動画」によって視覚的に報じますので、
事実がストレートに伝わる代わりに、その場面が現実化する傾向にあります。
例えばトイレットペーパーの買い占めなどがその象徴です。

1973年のオイルショックのときスーパーや百貨店の店頭からトイレットペーパーが消えました。
同時に原料が石油に由来する商品にも消費者が押し寄せました。
2011年の東日本大震災の折にも買い占め騒動が起こりました。
他にも缶詰めなどの食料品の奪い合いも発生しました。

今は収まっていますが、このコロナ禍でもトイレットペーパーが店頭から消えました。
マスクや消毒薬については未だに品薄状態が続いています。
でも、なぜ、いずれの危機時にもトイレットペーパーが買い占めの対象になるのでしょうか。

テレビのニュースで、店頭の棚にあるはずのトイレットペーパーが空になっている状態が
繰り返し映されますと、トイレットペーパーは生活必需品。新聞紙では代役が効かない。
我が家の買い置きはどの程度だったか。今はロールが5本あるが、これだと半月しかもたない。
万が一消費してしまって・・・そう思うと「買わねば」そんな心理が働きます。
ですから、店頭に走るってことになります。

そして、通常の倍以上の購入をします。
そうなりますと、前年実積をベースにメーカーや流通業者は動いていますので、
突発的に販売数が増えても、すぐに対応できなくなります。店頭は品薄状態になります。
それに輪をかけてSNSなどで様々な憶測が流れます。そうなるとパニックです。
これが、トイレットペーパー買い占めの消費者心理です。

マーケティング的に考えれば。
消費者の心理状態を微妙に操作すれば、生活必需品は大量に売れるってことになります。
そんな混乱を来さないためにも、正確な情報を得る必要があります。
それには、新聞を読む価値があると思うのですが。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2020年05月12日 05:30


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。